伊東 千尋 (イトウ チヒロ)

写真a

所属

役員

職名

学長

兼務

紀伊半島価値共創基幹(基幹長)

emailアドレス

emailアドレス

プロフィール

物質は原子あるいは分子が秩序化したものです。物質はそれを構成する分子(原子)の特徴を反映した特徴を示しますが,分子単独には見られない特性を持ちます。金属,半導体といった性質は正にその現れです。物質中の分子(原子)の配列,秩序を制御できれば,物質の性質を変えることが可能になります。このような性質を示す典型的な物質に、カーボンナノチューブに代表されるナノカーボンがあります。カーボンナノチューブはその巻き方により、金属的あるいは半導体的な性質を示すことが知られています。物質の秩序を変えると、その性質が変化する。この現象自体とその方法を研究しています。

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学   Graduate School, Division of Natural Science   Depertment of Physics  

  • 名古屋大学   理学研究科   物理学専攻  

  • 名古屋大学   Graduate School, Division of Engineering   Depertment of Crystalline engineering  

  • 名古屋大学   工学研究科   結晶材料工学専攻  

  • 名古屋大学   工学部   原子核工学科  

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

  • 工学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
     
     

    和歌山大学   システム工学部   教授

  • 1999年04月
    -
    継続中

    和歌山大学システム工学部 助教授   Faculty of Systems Engineering

  • 1999年04月
    -
    2011年03月

    和歌山大学   システム工学部   助教授

  • 1995年03月
    -
    1999年03月

    名古屋大学理学部 助手   School of Science

  • 1994年06月
    -
    1995年02月

    旭化成工業(株)ポリマー開発研究所 課長代理

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

  • ナノテク・材料 / 応用物性

  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2018年度   統計力学   専門教育科目
  • 2018年度   技術者倫理   専門教育科目
  • 2018年度   ナノサイエンス特論Ⅰ   専門教育科目
  • 2018年度   ナノサイエンス特論Ⅱ   専門教育科目
  • 2018年度   量子力学Ⅱ   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度   南紀熊野サテライト授業「紀伊半島学㈼」   教養教育科目
  • 2011年度   みんなの科学入門   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2017年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2017年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2017年度   凝縮系物性論   博士前期
  • 2017年度   システム工学研究ⅠA   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度   紀伊半島学Ⅱ   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 飛行時間型過渡光伝導測定

  • 分子構造

  • 光誘起相転移

  • photo-induced phase transition

  • 赤外反射分光

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 誘電体光学材料の損傷 3 誘電体における点欠陥の生成

    伊東千尋

    プラズマ・核融合学会誌   94 ( 10 ) 496‐500   2018年10月

  • Emission of the ferrocene molecules encapsulated in single-walled carbon nanotubes by X-ray irradiation

    Atsushi Honda, Toshiya Murakami, Chihiro Itoh

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms ( Elsevier B.V. )    2018年  [査読有り]

     概要を見る

    We studied X-ray irradiation effects of the single-walled carbon nanotubes (SWNTs) encapsulating ferrocene (Cp2Fe) molecules. Cp2Fe was encapsulated into SWNT by thermal treatment at 200 °C for 12 h in a vacuum-sealed glass tube. Raman scattering spectroscopy revealed that the SWNT after the encapsulation showed a high-frequency shift of the radial breathing modes (RBMs). The similar high-frequency shift was reported for the Cp2Fe encapsulated SWNT, and therefore we concluded that the Cp2Fe molecules were successfully encapsulated in SWNT. The exposure of the encapsulated SWNT with 1.25 keV X-ray gave the enhancement of the defect-related band, D band, but not shift the RBM peak in the Raman scattering spectra. The energy dispersive X-ray spectroscopy revealed that the X-ray irradiation reduced the atomic concentration of Fe from 0.24% to 0.15%. The result suggests that the X-ray irradiation leads to the emission of Cp2Fe molecules.

    DOI

  • Origin of a Raman scattering peak generated in single-walled carbon nanotubes by X-ray irradiation and subsequent thermal annealing

    Toshiya Murakami, Mitsuaki Matsuda, Kenji Kisoda, Chihiro Itoh

    AIP ADVANCES ( AMER INST PHYSICS )  6 ( 8 )   2016年08月  [査読有り]

     概要を見る

    We have found that a Raman scattering (RS) peak around 1870 cm(-1) was produced by the annealing of the X-ray irradiated film of single-walled carbon nanotubes (SWNTs) at 450 degrees C. The intensity of 1870-cm(-1) peak showed a maximum at the probe energy of 2.3 eV for the RS spectroscopy with various probe lasers. Both the peak position and the probe-energy dependence were almost identical to those of the one-dimensional carbon chains previously reported in multi-walled carbon nanotubes. Consequently, we concluded that the 1870-cm(-1) peak found in the present study is attributed to carbon chains. The formation of carbon chains by the annealing at temperature lower than 500 degrees C is firstly reported by the present study. The carbon chains would be formed by aggregation of the interstitial carbons, which are formed as a counterpart of carbon vacancies by X-ray irradiation diffused on SWNT walls. The result indicates that the combination of X-ray irradiation and subsequent thermal annealing is a feasible tool for generating new nanostructures in SWNT. (C) 2016 Author(s).

    DOI

  • バイオテクノロジーの将来展望 カーボンナノチューブにおける放射線誘起欠陥の評価と積極的活用

    伊東千尋, 村上俊也

    ケミカルエンジニヤリング   61 ( 7 ) 520‐527   2016年07月

  • Comparison of Electronic-Excitation-Induced Structural Modification of Carbon-Based Nanomaterials with that of Semiconductor Surfaces

    Noriaki Itoh, Chihiro Itoh, Jun'ichi Kanasaki

    NANO ( WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD )  11 ( 6 ) 1630001   2016年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Modification by electronic excitation of semiconductor surfaces and carbon-related quasi-two-dimensional (2D) nanostructured materials, namely graphene, carbon nanotubes is reviewed. Defect creation in these materials takes place not by low-intensity photoirradiation, but by laser or electron irradiation. The defect creation processes are different from ordinary photochemical processes in molecules or in some solids like alkali halides, which can be modified by a localized exciton. It is pointed out that there are common features in defect creation by electronic excitation in semiconductor surfaces and carbon-related quasi-2D nanomaterials: the yield-intensity relation shows strong superlinearity for laser irradiation near the bandgap energies and linearity or weak superlinearity for higher energy electron or photon irradiation. These results are explained in terms of multi-hole localization, in which bonds are weakened more strongly and more energy is available upon recombination with trapped electrons in comparison with excitons. The multi-hole localized state is considered to be realized by the creation of dense excitons or by cascade excitation for laser irradiation and by multiple excitations or multiple exciton generation by single impacts for electron irradiation. The review includes also polymerization of C-60 films by electronic excitation, which is induced by low-intensity photoirradiation as well as by laser or electron irradiation. The experimental observation that laser or electron irradiation polymerize C-60 films differently from low-intensity photoirradiation is explained in terms of multi-hole localization similar to the defect formation mechanism. Although fragmentation of C-60 is due to electronic excitation of the molecule, it is included in the review because its yield is strongly superlinear for laser irradiation near bandgap energies and weakly superlinear for high-energy electron or photon irradiation as for other cases.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • グラフェン酸化物の製造方法

    出願日: 2019年08月05日 ( 特願2019-143615 )   公開日: 2021年02月22日 ( 特開2021-024759 )  

    発明者: 伊東千尋、笹嶋貴雄  出願人: 国立大学法人和歌山大学

  • 電磁波や粒子線による物質破壊および被内包物質の取り出し手法

    出願日: 2015年07月24日 ( 特願2015-146261 )   公開日: 2017年02月02日 ( 特開2017-25033 )  

    発明者: 村上俊也、伊東千尋  出願人: 国立大学法人和歌山大学

研究交流 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブワイヤーの研究

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

    共同研究

  • 時間分解回折法によるポリジアセチレンの色相転移の研究

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

    共同研究

  • 和歌山大学ナノカーボンテクノロジー拠点

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    共同研究

  • 木質炭素を活用するグリーンデバイステクノロジーの展開

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    共同研究

  • π電子系有機半導体における光誘起構造相転移ダイナミクスの研究

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    共同研究

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 洞穴(嫌光性)物質の探索

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    挑戦的萌芽研究  分担

  • 時間分解フーリエ変換赤外分光法による光誘起相の分子構造の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 遷移金属酸化物の光キャリアの遍歴性と光機能発現

    2005年04月
    -
    2008年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 擬一次元電荷移動錯体TTF-CA結晶における光誘起新構造相

    2001年04月
    -
    2004年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • ジアセチレン結晶における光誘起自己組織化とその制御

    1999年04月
    -
    2001年03月
     

    奨励研究(A)  代表

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • 第11回 絶縁体における照射効果国際会議参加

    2000年04月
    -
    2001年03月
     

    代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金((財)村田学術振興財団研究助成)

    2009年04月
    -
    2010年03月
     

    研究助成  代表

  • システム工学部寄附金((財)住友財団研究助成)

    2003年04月
    -
    2006年03月
     

    研究助成  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 執筆者

    2021年01月28日
     
     

    IDE大学協会

     詳細を見る

    寄稿

    「IDE-現代の高等教育」
    2021年4月号(2021/4/1発行)
    【特集テーマ:コロナ禍と新入生の受け入れ】

  • 評議員

    2020年12月16日
    -
    2024年12月15日

    一般財団法人 雑賀技術研究所

     詳細を見る

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    決算の承認、役員の選任等

  • 和歌山東ロータリークラブ例会 講師

    2020年12月10日
     
     

    和歌山東ロータリークラブ

     詳細を見る

    講演講師

    例会において、幅広く会員の教養を高め、社会奉仕や職業奉仕の一助としていただくよう、卓話(講演)を行っていただく。

  • 第41回志龍塾講師

    2020年10月27日
     
     

    静岡県韮山高等学校

     詳細を見る

    講演講師

    講師依頼
    演題「物理の面白さ・楽しさ」(仮)

  • 顧問

    2020年10月01日
    -
    2022年09月30日

    和歌山・ミャンマー友好協会

     詳細を見る

    グローバル化支援

    重要事項決定の総会や会長招集の臨時総会等に出席し、学識経験者として、議題や運営方針等に対して指導及び助言を行っていただきます。

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 地域と国の発展を支え世界をリードする国立大学の機能強化を促進するガバナンス制度改革ワーキンググループ

    2020年07月22日
    -
    2021年06月30日
     

    国立大学協会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    国立大学法人が経営戦略に基づき、資源を効果的に活用して、地域と国の発展を支え世界をリードする国立大学の機能強化を促進するためのガバナンス制度改革の在り方について検討する。

  • 和歌山県私立学校審議会委員

    2020年07月10日
    -
    2024年07月09日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    審議会委員

    県内の私立学校の認可、廃止申請等について県知事に答申を出す。

  • 理事

    2020年04月01日
    -
    2021年06月30日
     

    一般社団法人国立大学協会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    国立大学協会の理事に就任していただく

  • アドバイザー

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    南紀熊野ジオパーク推進協議会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    南紀熊野ジオパーク推進協議会の運営を支援する。
    (年1回1時間程度の総会等に出席し、助言等を行う。)

  • 評議員

    2019年12月
    -
    2020年12月
     

    一般財団法人雑賀技術研究所

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    評議員,任期:2019年12月~2020年12月

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • NEDO中小企業・ベンチャー企業支援事業説明会

    2018年01月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    NEDO、近畿経済産業局の事業説明会に参加

  • 鳥取大学/和歌山大学合同ビジネス連携交流会

    2017年09月
     
     

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    合同のビジネス連携交流会の第1回目開催を主導し、グランフロント大阪で開催した。,実施者:和歌山大学、鳥取大学

  • 池田泉州銀行ビジネス交流会への参加

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    イノベーションセンター長として表記会合へ参加し、産官学金の各組織との交流を深めた。

  • わかやま産業振興財団 テクノサロン参加

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    わかやま産業振興財団が開催するテクノサロンに、2回参加した

  • 和歌山 創業セミナーの共催

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    和歌山県が主催する創業セミナーを和歌山大学共済とした。,実施者:和歌山県

全件表示 >>