伊東 千尋 (イトウ チヒロ)

写真a

所属

役員

職名

学長

兼務

紀伊半島価値共創基幹(基幹長)、国際イニシアティブ基幹(基幹長)

emailアドレス

emailアドレス

プロフィール

物質は原子あるいは分子が秩序化したものです。物質はそれを構成する分子(原子)の特徴を反映した特徴を示しますが,分子単独には見られない特性を持ちます。金属,半導体といった性質は正にその現れです。物質中の分子(原子)の配列,秩序を制御できれば,物質の性質を変えることが可能になります。このような性質を示す典型的な物質に、カーボンナノチューブに代表されるナノカーボンがあります。カーボンナノチューブはその巻き方により、金属的あるいは半導体的な性質を示すことが知られています。物質の秩序を変えると、その性質が変化する。この現象自体とその方法を研究しています。

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学   理学研究科   物理学専攻  

  • 名古屋大学   工学研究科   結晶材料工学専攻  

  • 名古屋大学   工学部   原子核工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士

  • 理学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
     
     

    和歌山大学   システム工学部   教授

  • 1999年04月
    -
    2011年03月

    和歌山大学   システム工学部   助教授

  • 1995年03月
    -
    1999年03月

    名古屋大学理学部 助手   School of Science

  • 1994年06月
    -
    1995年02月

    旭化成工業(株)ポリマー開発研究所 主査

  • 1990年02月
    -
    1994年06月

    旭化成工業(株)ポリマー開発研究所 研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理

  • ナノテク・材料 / 応用物性

  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2018年度   統計力学   専門教育科目
  • 2018年度   技術者倫理   専門教育科目
  • 2018年度   ナノサイエンス特論Ⅰ   専門教育科目
  • 2018年度   ナノサイエンス特論Ⅱ   専門教育科目
  • 2018年度   量子力学Ⅱ   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度   南紀熊野サテライト授業「紀伊半島学㈼」   教養教育科目
  • 2011年度   みんなの科学入門   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2017年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2017年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2017年度   凝縮系物性論   博士前期
  • 2017年度   システム工学研究ⅠA   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度   紀伊半島学Ⅱ   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 光誘起反応制御

  • 単原子層物質

  • 光キャリア

  • ESEEM

  • ジアセチレン結晶

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigation of GaAs and AlAs atomic-layer epitaxial growth mechanism based on experimental results and first-principles total energy calculation

    Nobuyuki Ohtsuka, Masato Oda, Takashi Eshita, Ichiro Tanaka, Chihiro Itoh

    Japanese Journal of Applied Physics   59 ( SG )   2020年04月  [査読有り]

     概要を見る

    In GaAs and AlAs atomic-layer epitaxy (ALE), it was experimentally found that the AlAs layer is deposited in two monolayers (2 ML) per ALE cycle, while the GaAs layer is deposited in 1 ML. In order to elucidate this growth mechanism, we compared the stability of Ga and Al atoms on the GaAs(100) surface by the first-principles total energy calculation based on density functional theory. Comparing adsorption energies, we found that Ga and Al stably adsorbed on the As-Terminated GaAs surface in 1 ML. It was also revealed that Al can adsorb on an As-Terminated GaAs(100) surface in 2 ML because excess Al atoms can be adsorbed by forming a metallic Al(110) plane-like structure. These results well explain the experimental results for ALE-GaAs and ALE-AlAs.

    DOI

  • One-Minute Joule Annealing Enhances the Thermoelectric Properties of Carbon Nanotube Yarns via the Formation of Graphene at the Interface

    Masaki Hada, Taisuke Hasegawa, Hirotaka Inoue, Makito Takagi, Kazuki Omoto, Daiki Chujo, Shogo Iemoto, Taihei Kuroda, Taiga Morimoto, Takuma Hayashi, Toru Iijima, Tomoharu Tokunaga, Naoshi Ikeda, Kazuhiro Fujimori, Chihiro Itoh, Takeshi Nishikawa, Yoshifumi Yamashita, Toshihiko Kiwa, Shin ya Koshihara, Satoshi Maeda, Yasuhiko Hayashi

    ACS Applied Energy Materials   2 ( 10 ) 7700 - 7708   2019年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Interfaces in nanocarbon materials are highly important, as they determine the properties of carbon-based devices. In terms of carrier and thermal transport properties, the interfacial features are often more important than the intrinsic characteristics. Herein, we describe how 1 min Joule annealing of carbon nanotube (CNT) yarns can convert the interfacial amorphous carbon into graphene fragments. After 1 min Joule annealing, we have obtained multiwalled CNT yarns with extremely high Seebeck coefficients (±100 μV/K) and high thermoelectric power factor (400 and 1000 μW/mK ) at room temperature, both with or without polyethylenimine doping. Theoretical simulations and experimental measurements helped to determine the optimal annealing conditions in terms of a rapid transformation of the interfacial amorphous carbon between the bundled CNTs in the yarn into graphene fragments at â¼2000 K. The present approach represents significant progress in energy materials science, as it provides a guiding principle for the design of interfaces in nanocarbon materials with potential applications in energy-harvesting systems. 2

    DOI

  • Selective Reduction Mechanism of Graphene Oxide Driven by the Photon Mode versus the Thermal Mode.

    Masaki Hada, Kiyoshi Miyata, Satoshi Ohmura, Yusuke Arashida, Kohei Ichiyanagi, Ikufumi Katayama, Takayuki Suzuki, Wang Chen, Shota Mizote, Takayoshi Sawa, Takayoshi Yokoya, Toshio Seki, Jiro Matsuo, Tomoharu Tokunaga, Chihiro Itoh, Kenji Tsuruta, Ryo Fukaya, Shunsuke Nozawa, Shin-Ichi Adachi, Jun Takeda, Ken Onda, Shin-Ya Koshihara, Yasuhiko Hayashi, Yuta Nishina

    ACS nano   13 ( 9 ) 10103 - 10112   2019年09月  [査読有り]

     概要を見る

    A two-dimensional nanocarbon, graphene, has attracted substantial interest due to its excellent properties. The reduction of graphene oxide (GO) has been investigated for the mass production of graphene used in practical applications. Different reduction processes produce different properties in graphene, affecting the performance of the final materials or devices. Therefore, an understanding of the mechanisms of GO reduction is important for controlling the properties of functional two-dimensional systems. Here, we determined the average structure of reduced GO prepared via heating and photoexcitation and clearly distinguished their reduction mechanisms using ultrafast time-resolved electron diffraction, time-resolved infrared vibrational spectroscopy, and time-dependent density functional theory calculations. The oxygen atoms of epoxy groups are selectively removed from the basal plane of GO by photoexcitation (photon mode), in stark contrast to the behavior observed for the thermal reduction of hydroxyl and epoxy groups (thermal mode). The difference originates from the selective excitation of epoxy bonds via an electronic transition due to their antibonding character. This work will enable the preparation of the optimum GO for the intended applications and expands the application scope of two-dimensional systems.

    DOI

  • Emission of the ferrocene molecules encapsulated in single-walled carbon nanotubes by X-ray irradiation

    Atsushi Honda, Toshiya Murakami, Chihiro Itoh

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms ( Elsevier B.V. )  435   219 - 223   2018年11月  [査読有り]

     概要を見る

    We studied X-ray irradiation effects of the single-walled carbon nanotubes (SWNTs) encapsulating ferrocene (Cp Fe) molecules. Cp Fe was encapsulated into SWNT by thermal treatment at 200 °C for 12 h in a vacuum-sealed glass tube. Raman scattering spectroscopy revealed that the SWNT after the encapsulation showed a high-frequency shift of the radial breathing modes (RBMs). The similar high-frequency shift was reported for the Cp Fe encapsulated SWNT, and therefore we concluded that the Cp Fe molecules were successfully encapsulated in SWNT. The exposure of the encapsulated SWNT with 1.25 keV X-ray gave the enhancement of the defect-related band, D band, but not shift the RBM peak in the Raman scattering spectra. The energy dispersive X-ray spectroscopy revealed that the X-ray irradiation reduced the atomic concentration of Fe from 0.24% to 0.15%. The result suggests that the X-ray irradiation leads to the emission of Cp Fe molecules. 2 2 2 2 2

    DOI

  • 誘電体光学材料の損傷 3 誘電体における点欠陥の生成

    伊東千尋

    プラズマ・核融合学会誌   94 ( 10 ) 496‐500   2018年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • X線照射によるSWNTガスセンサの感度変化

    松山美聡, 伊東千尋

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   67th   2020年

  • 窒素含有有機物を原料とするCVD法によるグラフェンの作製とその物性

    伊佐彰洋, 伊東千尋

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   67th   2020年

  • 多層カーボンナノチューブ紡績糸のインピーダンス特性

    岡本宣仁, 伊東千尋, 井上寛隆, 家元章伍, 林靖彦

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   67th   2020年

  • Novel approach for Growth Mechanism of Atomic Layer Epitaxy of GaAs and AlAs

    Nobuyuki Ohtsuka, Masato Oda, Takashi Eshita, Ichiro Tanaka, Chihiro Itoh

    2019 International Conference on Solid State Devices and Materials     F-5-03   2019年09月  [査読有り]

  • 陽極酸化法による酸化タンタルナノ構造の作製

    餅越葵, 関山早紀, 伊東千尋

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   66th   2019年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • グラフェン酸化物の製造方法

    出願日: 2019年08月05日 ( 特願2019-143615 )   公開日: 2021年02月22日 ( 特開2021-024759 )  

    発明者: 伊東千尋、笹嶋貴雄  出願人: 国立大学法人和歌山大学

  • 電磁波や粒子線による物質破壊および被内包物質の取り出し手法

    出願日: 2015年07月24日 ( 特願2015-146261 )   公開日: 2017年02月02日 ( 特開2017-25033 )  

    発明者: 村上俊也、伊東千尋  出願人: 国立大学法人和歌山大学

研究交流 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブワイヤーの研究

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

    共同研究

  • 時間分解回折法によるポリジアセチレンの色相転移の研究

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

    共同研究

  • π電子系有機半導体における光誘起構造相転移ダイナミクスの研究

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    共同研究

  • 和歌山大学ナノカーボンテクノロジー拠点

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    共同研究

  • 木質炭素を活用するグリーンデバイステクノロジーの展開

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    共同研究

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 洞穴(嫌光性)物質の探索

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    挑戦的萌芽研究  分担

  • 時間分解フーリエ変換赤外分光法による光誘起相の分子構造の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 遷移金属酸化物の光キャリアの遍歴性と光機能発現

    2005年04月
    -
    2008年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 擬一次元電荷移動錯体TTF-CA結晶における光誘起新構造相

    2001年04月
    -
    2004年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • ジアセチレン結晶における光誘起自己組織化とその制御

    1999年04月
    -
    2001年03月
     

    奨励研究(A)  代表

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • 第11回 絶縁体における照射効果国際会議参加

    2000年04月
    -
    2001年03月
     

    代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金((財)村田学術振興財団研究助成)

    2009年04月
    -
    2010年03月
     

    研究助成  代表

  • システム工学部寄附金((財)住友財団研究助成)

    2003年04月
    -
    2006年03月
     

    研究助成  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 組織運営体制等検討WG委員

    2022年02月18日
    -
    2023年03月31日

    一般社団法人 国立大学協会

     詳細を見る

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    国立大学協会における組織運営体制等に関する課題を検討。

  • 大学の強みや特色を伸ばす取組みの強化に向けた検討WG委員

    2022年02月10日
    -
    2023年03月31日

    一般社団法人 国立大学協会

     詳細を見る

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    地域中核・特色ある大学の強みやその特色を伸ばす取組みへの支援策としてどうあるべきかを検討する。

  • 第1回大学EXPOフォーラム

    2021年10月14日
     
     

    一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構

     詳細を見る

    EXPO2025

    プレゼンテーション及び座談会のご登壇依頼

  • 執筆者

    2021年07月09日
    -
    2021年08月09日

    大学マネジメント研究会

     詳細を見る

    寄稿

    弊会会誌『大学マネジメント』2021年8月号へ以下の趣旨沿って、ご寄稿いただきたい。

    趣旨:地方に立地する国立大学が、地方の社会、経済の発展に果たす役割は極めて大きいものがあります。第二次安倍政権以降、「地方創生」は政府の重要な政策テーマとなり、大学を核とした地方活性化策が次々と実施に移されてきました。COCなどの政府補助金、東京23区の大学入学定員抑制策、最近ではSTEAM分野に限定するなどの条件は付いていますが、国立大学の学部入学定員の増を認めるなどです。また、北海道3大学の法人統合など地方国立大学の法人統合の動きも急です。一方、財務省を中心に、運営費交付金のうち1千億円を教育、研究、運営に関する改革状況に応じて再配分するなど実績ベースの資金配分の動きも出てきています。そうした中で、地方国立大学がどのような課題を抱え、今後それらにどのように取り組み、地方の発展にどのように貢献されようとしているのか、最近注目度の増している大分大学、山梨大学、和歌山大学の学長に自由にご執筆をいただき、関係者の参考に供したいというものです。

    掲載枚数 6800から10200字。程度 4から6ページ分
     図表写真がある場合にはそのスペースも含みます。
     文量が多くなった場合はページ数を増やして掲載いたしますので、目安としてご参考ください

    ご執筆の締切 2021年8月3日

    原稿様式 ワード版で「である調」横組み、ファイルはパスワードなしでのメールにてご送付をお願い申し上げます。英数字は半角でご入力ください。 匿名での掲載をご希望の場合はその旨をお知らせ下さい。
      
    タイトルの次行に、掲載時のお肩書き・お名前フルネームを明記ください。
    著者写真  お写真 正面・jpeg。色・サイズ・範囲はこちらで変更しますので、加工せずそのままお送りください
    ご 経 歴 西暦表記・お名前の英語表記含む150字以内

    送付方法 メールでご送付お願い申し上げます。図表・写真を掲載される方は、原本 ワード・エクセル・パワーポイント・jpeg等 もご送付ください。

  • 地域と国の発展を支え世界をリードする国立大学の機能強化を促進するガバナンス制度改革ワーキンググループ委員

    2021年07月01日
    -
    2023年06月30日

    国立大学協会

     詳細を見る

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    国立大学法人が経営戦略に基づき、資源を効果的に活用して、地域と国の発展を支え世界をリードする国立大学の機能強化を促進するためのガバナンス制度改革の在り方について検討する。

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 和歌山県産業技術戦略会議委員

    2022年03月01日
    -
    2025年02月28日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    産業技術戦略

    会議への出席。

  • 関西広域連合協議会委員

    2021年09月01日
    -
    2023年03月31日
     

    関西広域連合

     詳細を見る

    関西広域連合

    協議会への参加。

  • 運営費交付金に係る評価検討部会委員

    2021年08月06日
    -
    2023年06月30日
     

    一般社団法人国立大学協会(運営費交付金に係る評価検討部会)

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    第4期中期目標における運営費交付金の在り方をはじめとする諸課題を整理し、それらを検討すること。

  • リサーチ・アドミニストレーター等のマネジメント人材に係る質保証制度の実施審査・評価委員会

    2021年07月09日
    -
    2022年03月31日
     

    文部科学省科学機技術・学術政策局

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    支援対象の質保証期間を運営する事業実施機関候補の審査・選定にかかる書面審査及び合議審査(WEB)

  • 第4期中期目標期間における運営費交付金検討WG委員

    2021年07月01日
    -
    2023年06月30日
     

    一般社団法人 国立大学協会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    会議への参加、課題を整理し検討する等。

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • NEDO中小企業・ベンチャー企業支援事業説明会

    2018年01月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    NEDO、近畿経済産業局の事業説明会に参加

  • 鳥取大学/和歌山大学合同ビジネス連携交流会

    2017年09月
     
     

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    合同のビジネス連携交流会の第1回目開催を主導し、グランフロント大阪で開催した。,実施者:和歌山大学、鳥取大学

  • 池田泉州銀行ビジネス交流会への参加

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    イノベーションセンター長として表記会合へ参加し、産官学金の各組織との交流を深めた。

  • わかやま産業振興財団 テクノサロン参加

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    わかやま産業振興財団が開催するテクノサロンに、2回参加した

  • 和歌山 創業セミナーの共催

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    和歌山県が主催する創業セミナーを和歌山大学共済とした。,実施者:和歌山県

全件表示 >>