野村 孝徳 (ノムラ タカノリ)

写真a

所属

システム工学部 電気電子工学メジャー

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   工学研究科   応用物理学  

  • 大阪大学   Graduate School, Division of Engineering  

  • 大阪大学   Faculty of Engineering  

  • 大阪大学   工学部   応用物理学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    継続中

    和歌山大学システム工学部教授   Faculty of Systems Engineering

  • 2009年
     
     

    -date Professor, Faculty of Systems Engineering, Wakayama University

  • 1999年
    -
    2009年

    Asscosite Professor, Faculty of Systems Engineering,

  • 1999年
    -
    2009年

    和歌山大学システム工学部助教授・准教授   Faculty of Systems Engineering

  • 1998年
    -
    1999年

    Visiting Associate Professor, Faculty of Engineering,

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本光学会

  • SPIE (The International Society for Optics and Photonics)

  • OPTICA (formerly OSA)

  • レーザー学会

  • 応用物理学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 光工学、光量子科学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   光学   専門教育科目
  • 2020年度   ディジタル信号処理   専門教育科目
  • 2020年度   電気電子工学研究実習   専門教育科目
  • 2020年度   電気電子工学実験A   専門教育科目
  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   【選択】身近なモノを使って光学を学ぼう   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】身近なモノを使って光学を学ぼう   教養教育科目
  • 2015年度   身の回りのデジタル機器のしくみ   教養教育科目
  • 2011年度   身の回りのデジタル機器のしくみ   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2020年度   光情報工学   博士前期
  • 2020年度   システム工学研究ⅠA   博士前期

全件表示 >>

受賞(教育活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 2008年度   グッドレクチャー賞システム工学部部門   和歌山大学   国内
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 情報フォトニクス 光セキュリティ 光応用計測

  • Information Optics Optical Information Processing Optical Instrumentation

論文 【 表示 / 非表示

  • Roadmap on Recent Progress in FINCH Technology

    Joseph Rosen, Simon Alford, Vijayakumar Anand, Jonathan Art, Petr Bouchal, Zdeněk Bouchal, Munkh-Uchral Erdenebat, Lingling Huang, Ayumi Ishii, Saulius Juodkazis, Nam Kim, Peter Kner, Takako Koujin, Yuichi Kozawa, Dong Liang, Jun Liu, Christopher Mann, Abhijit Marar, Atsushi Matsuda, Teruyoshi Nobukawa, Takanori Nomura, Ryutaro Oi, Mariana Potcoava, Tatsuki Tahara, Bang Le Thanh, Hongqiang Zhou

    Journal of Imaging ( MDPI AG )  7 ( 10 ) 197 - 197   2021年09月  [査読有り]

     概要を見る

    Fresnel incoherent correlation holography (FINCH) was a milestone in incoherent holography. In this roadmap, two pathways, namely the development of FINCH and applications of FINCH explored by many prominent research groups, are discussed. The current state-of-the-art FINCH technology, challenges, and future perspectives of FINCH technology as recognized by a diverse group of researchers contributing to different facets of research in FINCH have been presented.

    DOI

  • Pupil-modulation ghost phase imaging

    Takafumi Ito, Koshi Komuro, Takanori Nomura

    Applied Optics   60 ( 15 ) 4398 - 4403   2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Computational ghost imaging (CGI) allows us to reconstruct images under a low signal-to-noise-ratio condition. However, CGI cannot retrieve phase information; it is unsuitable for observation of transparent objects such as living cells. A phase imaging method with CGI architecture is proposed. The proposed method realizes phase imaging with a simple optical setup by introducing pupil modulation differential phase contrast (PMDPC) to CGI. In PMDPC, phase information can be obtained from intensity distributions, which have phase gradient information, and its optical setup is similar to that of CGI. Therefore, the two methods are highly compatible, and the introduction of PMDPC to CGI can be easily achieved. Numerical simulation and an optical experiment demonstrated the feasibility of the proposed method.

    DOI

  • Single-shot higher-order transport-of-intensity quantitative phase imaging based on computer-generated holography

    NARU YONEDA, AOI ONISHI, YUSUKE SAITA, KOSHI KOMURO, TAKANORI NOMURA

    Optics Express ( OPTICAL SOC AMER )  29 ( 4 ) 4783 - 4801   2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    The imaging quality of quantitative phase imaging (QPI) based on the transport of intensity equation (TIE) can be improved using a higher-order approximation for defocused intensity distributions. However, this requires mechanically scanning an image sensor or object along the optical axis, which in turn requires a precisely aligned optical setup. To overcome this problem, a computer-generated hologram (CGH) technique is introduced to TIE-based QPI. A CGH generating defocused point spread function is inserted in the Fourier plane of an object. The CGH acts as a lens and grating with various focal lengths and orientations, allowing multiple defocused intensity distributions to be simultaneously detected on an image sensor plane. The results of a numerical simulation and optical experiment demonstrated the feasibility of the proposed method.

    DOI

  • Spatially divided phase-shifting motionless optical scanning holography

    Naru Yoneda, Yusuke Saita, Takanori Nomura

    OSA Continuum ( OPTICAL SOC AMER )  3 ( 12 ) 3523 - 3535   2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Motionless optical scanning holography (MOSH) has been proposed for threedimensional incoherent imaging in single-pixel holography with a simple optical setup. To reduce the measurement time in MOSH, a spatially divided phase-shifting technique is introduced. The proposed method realizes measurements four times faster than the original MOSH, owing to the simultaneous lateral and phase shifts of a time-varying Fresnel zone plate. A hologram reproduced by the proposed method forms a spatially multiplexed phase-shifting hologram similar to parallel phase-shifting digital holography. The effectiveness of the proposed method is numerically and experimentally verified.

    DOI

  • Single-shot in-line Fresnel incoherent holography using a dual-focus checkerboard lens

    Shota Sakamaki, Naru Yoneda, Takanori Nomura

    APPLIED OPTICS ( OPTICAL SOC AMER )  59 ( 22 ) 6612 - 6618   2020年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Fresnel incoherent correlation holography (FINCH) is a technology that can acquire three-dimensional information of incoherent objects such as fluorescence with an in-line optical system. However, it is difficult to apply FINCH to dynamic phenomena, since FINCH has to detect phase-shifted holograms sequentially to eliminate twin and zero-order images. In this paper, a method in which the phase-shifted holograms can be obtained simultaneously with an in-line setup by using an optimized simulated diffraction optical element (sDOE), realized by a phase-only spatial light modulator, is proposed. The optimized sDOE is an optical device with a dual-focus lens, 2D grating, and spatial phase shifter. Therefore, the sDOE is called a dual-focus checkerboard lens. The optical experiment confirms the feasibility of the proposed method. (C) 2020 Optical Society of America

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Applications of Digital Holography for Information Security (Springer)

    Optical and Digital Techniques for Information Security (Springer)  2005年 

  • Applications of Digital Holography for Information Security (Springer)

    Optical and Digital Techniques for Information Security (Springer)  2005年 

  • Polarization Encoding for Optical Security Systems

    Optical and Digital Techniques for Information Security (Springer)  2005年 

  • Optical Image Encryption Using Optimized Keys

    Optical and Digital Techniques for Information Security (Springer)  2005年 

  • Optical Image Encryption Using Optimized Keys

    Optical and Digital Techniques for Information Security (Springer)  2005年 

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Simultaneous measurement of two parameters of the spherical lens by low-coherence interferometry

    Ying Sun, Takanori Nomura

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering ( SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING )  11548   2020年  [査読有り]

     概要を見る

    To measure different parameters of a spherical lens simultaneously, a method by low-coherence interferometry with a low temporal coherent light source is proposed. This proposed method can obtain both the radius of curvature and the central thickness of a spherical lens in a single optical system. Owing to the property of low temporal coherence, the contrast of interference fringe pattern, hologram, varies with the optical path difference of an object beam and a reference beam. This enables the central thickness of the test lens to acquire with a Michelson interferometer. Simultaneously, the spherical shape of the test lens, namely the radius of curvature, can be obtained from a hologram which contains information of the wavefront curvature from the reected beam of the spherical surface of the test lens.

    DOI

  • Numerical evaluation of transport-of-intensity phase imaging with oblique illumination for refractive index tomography

    Koshi Komuro, Yusuke Saita, Yosuke Tamada, Takanori Nomura

    Proceedings Digital Holography and Three-Dimensional Imaging 2019     2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A scanless phase retrieval method based on the transport of intensity equation is proposed for refractive index tomography. A phase distribution is measured from defocused intensity distributions obtained with oblique illumination of different tilt angles.

    DOI

  • Computer-generated-hologram-based holographic data storage using a transport of intensity equation

    Naru Yoneda, Yusuke Saita, Koshi Komuro, Teruyoshi Nobukawa, Takanori Nomura

    Optics InfoBase Conference Papers   Part F125-OPJ 2018   2018年  [査読有り]

     概要を見る

    Utilization of phase information can increase the recording density of holographic data storage. In this paper, a transport of intensity equation is introduced to computer-generated-hologram-based holographic data storage, which can obtain the phase datapage while keeping an optical setup simple and compact. Moreover, two defocused intensity distributions for the transport of intensity equation can be simultaneously obtained by using a conjugate beam from the computer-generated hologram.

    DOI

  • Deep-learning-based phase retrieval for pure phase objects in computational ghost imaging

    Koshi Komuro, Alexandre Goy, Takanori Nomura, George Barbastathis

    Optics InfoBase Conference Papers   Part F125-OPJ 2018   2018年  [査読有り]

     概要を見る

    A deep-learning-based phase retrieval method is proposed for computational ghost imaging (CGI). In the method, a defocused intensity distribution of an object is obtained by the CGI. An object's phase distribution is retrieved from the intensity distribution by a trained deep neural network. The advantage of the method is that the phase retrieval can be achieved with a low signal to noise ratio. The effects of noise level and defocus distance are investigated.

    DOI

  • ホログラフィックディスプレイにおけるスペックル低減法 (「ホログラフィによる立体テレビ技術の現状と展望」特集号)

    森 裕, 野村 孝徳

    レーザー研究 = The review of laser engineering : レーザー学会誌 ( レーザー学会 )  44 ( 7 ) 429 - 433   2016年07月

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 織編物の光学的透過特性に関する研究

    2005年
     
     

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • Fellow

    2022年01月   OPTICA  

  • Fellow

    受賞者:  野村 孝徳

    2014年03月   SPIE  

  • 第19回画像工学コンファレンス優秀ポスタ賞

    1988年    

特許 【 表示 / 非表示

  • デジタルホログラフィを利用した変位分布計測方法

    特許番号: 4069204

    登録日: 2008年01月25日 

    出願日: 2004年03月16日 ( 特願2004-74444 )   公開日: 2005年09月29日 ( 特開2005-265441 )  

    発明者: 森本吉春、野村孝徳、藤垣元治、高橋功  出願人: 国立大学法人和歌山大学

  • 応力分布計測方法

    特許番号: 3362182

    登録日: 2002年12月25日 

    出願日: 2000年07月06日 ( 特願2000-204573 )   公開日: 2002年01月23日 ( 特開2002-22559 )  

    発明者: 森本吉春、野村孝徳、藤垣元治、松井亮  出願人: 国立大学法人和歌山大学

  • 光学装置、撮像システム、分析システム、方法、及び空間光変調素子

    出願日: 2019年12月12日 ( 特願2019-224774 )  

    発明者: 最田裕介、野村孝徳、米田成  出願人: 国立大学法人和歌山大学

  • 布帛の透け難さの評価方法

    出願日: 2008年04月30日 ( 特願2008-118142 )   公開日: 2009年11月12日 ( 特開2009-263830 )  

    発明者: 田村篤男、藤堂良、野村孝徳  出願人: 国立大学法人和歌山大学、帝人ファイバー株式会社

研究交流 【 表示 / 非表示

  • ホログラフィックディスプレイ,コンピュータ合成ホログラムに関する打ち合わせ

    2019年11月
     
     
     

    国際研究交流

  • 計算イメージングに関する研究打ち合わせ,ディジタルホログラフィに関する特別講演

    2019年09月
     
     
     

    国際研究交流

  • ディジタルホログラフィや強度輸送方程式を用いた位相計測に関する研究打ち合わせ

    2019年04月
     
     
     

    国際研究交流

  • 計算イメージングに関する研究打合せ,Computational ghost imaging using random amplitude modulationの特別講演

    2018年09月
     
     
     

    国際研究交流

  • 計算イメージングに関する研究打合せ,Computational imaging using random amplitude/phase modulationの特別講演

    2018年09月
     
     
     

    国際研究交流

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • ランダム位相変調によるインライン型光学系を用いた瞬時複素振幅情報取得法

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 単一露光一般化並列位相シフト法を用いた多次元複素振幅情報取得に関する研究

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 波面符号化並列位相シフト法による瞬時複素振幅情報取得に関する研究

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • ワンショット位相シフト法を用いた低コヒーレントディジタルホログラフィの開発

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 光秘匿データ記録蓄積および圧縮伝送システムに関する研究

    2002年04月
    -
    2004年03月
     

    基盤研究(C)  代表

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • 認証機能を有する光暗号化ホログラフィックメモリ

    2006年04月
    -
    2007年03月
     

    代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金(財団法人旭硝子財団研究助成)

    2008年04月
    -
    2010年03月
     

    研究助成  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • OSA MNIT Student Chapter webinar講演

    2020年07月20日
     
     

    国立マラヴィア工科大学(インド)

     詳細を見る

    応用光学,情報フォトニクス,計測技術

    位相計測技術に関するオンライン講演

  • メキシコ国立自治大学南行洋教授訪問対応

    2019年12月
     
     

    その他

     詳細を見る

    国際交流事業

    12/2から12/10まで和歌山大学に滞在された南教授の対応(授業見学のスケジューリング,交渉など).,相手国:メキシコ合衆国

  • SPIE Visiting Lecturer

    2018年09月
     
     

    SPIE Student Chapter at Indian Institute of Space Science and Technology

     詳細を見る

    国際交流事業

    Visiting Lecturerとしての講演(Indian Institute of Space Science and Technology)および大学院生との学術交流,相手国:India

  • SPIE Visiting Lecturer

    2018年09月
     
     

    SPIE Student Chapter at Indian Institute of Space Science and Technology

     詳細を見る

    国際交流事業

    Visiting Lecturerとしての講演(Government Engineering College, Trivandrum),相手国:India

  • 編集査読委員

    2018年08月
    -
    継続中

    Optics and Lasers in Engineering査読

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • Program Chair

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    International Symposium on Optical Memory

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    シンポジウムに投稿された論文の査読,プログラムの設定,任期:3年

  • Program Chair

    2018年04月
    -
    2019年04月
     

    Information Photonics 2019 (IP2019)

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    講演会プログラムの作成,管理,任期:1年

  • Optical Review Editor in Chief

    2018年02月
    -
    2020年02月
     

    日本光学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    日本光学会機関誌Optical Review 責任編集,任期:2年

  • general co-chair

    2017年10月
    -
    2018年03月
     

    The 7th Korea-Japan Workshop on Digital Holography and Information Photonics

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    general co-chair,任期:1年

  • Co-chair

    2017年04月
    -
    継続中
     

    The Optical Society and The Optical Society of Japan

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    OSJ – OSA Joint Symposia on Digital Photonics

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • システム工学部同窓会出席

    2018年10月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    社会連携推進活動

  • システム工学部同窓会出席

    2017年11月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    社会連携推進活動

  • 第6回システム工学部同窓会

    2016年10月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    第6回システム工学部同窓会に出席し,卒業生の交流を図った.

  • システム工学部創立20周年記念式典

    2015年10月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    システム工学部創立20周年記念式典に出席し,卒業生との交流を図った.

  • システム工学部同窓会近況報告会

    2014年10月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    システム工学部同窓会近況報告会に出席し,卒業生との交流を図った.

全件表示 >>