木曽田 賢治 (キソダ ケンジ)

写真a

所属

教育学部 科学教育

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

プロフィール

ここが空白だから埋めろと言われても大して書くこともないし、記入したら科研費を当ててくれるわけでもない。科研費研究者番号が間違っているとかなら私のミスだから訂正するがここ書いて意味あるのか疑問しかわかない。

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年
    -
    1988年

    京都工芸繊維大学大学院   工芸学研究科   電子工学  

  • 京都工芸繊維大学   Graduate School, Division of Engineering and Design   Electronics  

  • 京都工芸繊維大学   工芸学部   電気工学  

  • 京都工芸繊維大学   Faculty of Engineering and Design   Electrical Engineering  

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士

  • 博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
     
     

    - Wakayama University, Professor

  • 2009年
     
     

    - 和歌山大学教授

  • 2007年
    -
    2009年

    和歌山大学准教授

  • 1999年
    -
    2009年

    和歌山大学

  • 1999年
    -
    2007年

    和歌山大学助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • フラーレンナノチューブ学会

  • アメリカ物理学会

  • 日本物理学会

  • The Japan Society of Applied Physics

  • American Physical Society

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   物理学実験   専門教育科目
  • 2021年度   理科教育ゼミナール(物理C)   専門教育科目
  • 2021年度   初等理科教育法   専門教育科目
  • 2021年度   理科   専門教育科目
  • 2021年度   理科教育ゼミナール   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   【選択】エネルギーの科学   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】エネルギーの科学   教養教育科目
  • 2017年度   エネルギーの科学   教養教育科目
  • 2016年度   エネルギーの科学   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   電磁気学特別演習   修士
  • 2021年度   システム工学グローバル講究Ⅰ   博士後期
  • 2021年度   システム工学特別研究   博士後期
  • 2021年度   システム工学特別講究Ⅱ   博士後期
  • 2021年度   システム工学特別講究Ⅰ   博士後期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2008年度   理科実験観察実習IB   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ラマン分光法

  • 原子層科学

  • Quasi-low-dimensional conductors

  • Nanoscience

  • カーボンナノチューブ

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Optical Characterization of MoS$_{2}$ sputtered thin films

    木曽田 賢治

    Journal of Physics: Conference Series   1220   012057   2019年  [査読有り]

  • Raman imaging studies on perforated MoS$_{2}$ films prepared by RF sputtering method

    木曽田 賢治

    Journal of Physics: Conference Series   1220   012036   2019年  [査読有り]

  • Origin of a Raman scattering peak generated in single-walled carbon nanotubes by X-ray irradiation and subsequent thermal annealing

    Toshiya Murakami, Mitsuaki Matsuda, Kenji Kisoda, Chihiro Itoh

    AIP ADVANCES ( AMER INST PHYSICS )  6 ( 8 ) 085303   2016年08月  [査読有り]

     概要を見る

    We have found that a Raman scattering (RS) peak around 1870 cm(-1) was produced by the annealing of the X-ray irradiated film of single-walled carbon nanotubes (SWNTs) at 450 degrees C. The intensity of 1870-cm(-1) peak showed a maximum at the probe energy of 2.3 eV for the RS spectroscopy with various probe lasers. Both the peak position and the probe-energy dependence were almost identical to those of the one-dimensional carbon chains previously reported in multi-walled carbon nanotubes. Consequently, we concluded that the 1870-cm(-1) peak found in the present study is attributed to carbon chains. The formation of carbon chains by the annealing at temperature lower than 500 degrees C is firstly reported by the present study. The carbon chains would be formed by aggregation of the interstitial carbons, which are formed as a counterpart of carbon vacancies by X-ray irradiation diffused on SWNT walls. The result indicates that the combination of X-ray irradiation and subsequent thermal annealing is a feasible tool for generating new nanostructures in SWNT. (C) 2016 Author(s).

    DOI

  • Formation of carbon-nanostructure from X-ray induced defect in single-walled carbon nanotubes

    Toshiya Murakami, Satoshi Isozaki, Kenji Kisoda, Chihiro Itoh

    DIAMOND AND RELATED MATERIALS ( ELSEVIER SCIENCE SA )  65   65 - 68   2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We have studied annealing effects on X-ray irradiated single-walled carbon nanotubes (SWNTs) by confocal micro-Raman scattering spectroscopy. The SWNT films irradiated with 1254-eV X-ray were annealed in argon atmosphere with increasing the temperature from 200 degrees C to 500 degrees C by 100 degrees C. We found that a new Raman peak at similar to 1130 cm(-1) came into existence after the annealing at 300-400 degrees C. The 1130-cm(-1) peak was grown by the annealing exclusively in the X-ray irradiated sample. It is presumable that the 1130-cm(-1) peak is ascribed to carbon nanostructure formed by the annealing of the X-ray irradiated SWNT. Based on the comparison of spatial images of Raman intensity, the nanostructure responsible to the 1130-cm(-1) peak is likely formed by aggregation of interstitial carbon atoms diffused on SWNT surface. Because of the comparison of the probe wavelength dependence of the peak frequency with previous reports, we concluded that polyacetylene-like structures are formed by the post-irradiation annealing of SWNT. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • 原子層層状物質の光デバイスへの応用に関する研究

    木曽田 賢治 (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    京都府中小企業技術センター技報   44 ( 44 )   2016年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • フェロセン内包単層カーボンナノチューブの作製とそのX線照射効果

    本田惇, 村上俊也, 木曽田賢治, 伊東千尋

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th   2017年

  • ラマン分光法によるMoS<sub>2</sub>原子層薄膜の酸化過程

    南野達哉, 木曽田賢治, 伊東千尋, 鴨井督, 蓮池紀幸

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th   2017年

  • レーザーシニングによるMoS<sub>2</sub>単原子層膜作製のその場PL観察

    南野達哉, 村上俊也, 木曽田賢治, 伊東千尋

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   77th   2016年

  • フェロセンを内包した単層カーボンナノチューブへのX線照射効果

    本田惇, 村上俊也, 木曽田賢治, 伊東千尋

    光物性研究会論文集   27th   2016年

  • 原子層薄膜MoS<sub>2</sub>の低温フォトルミネセンス評価

    南野達哉, 村上俊也, 木曽田賢治, 伊東千尋

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   63rd   2016年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • レーザー光励起による SiC(0001)表面上グラフェン層の剥離: 光による単層グラフェン創製

    堀江亮介, 石田健人, 金﨑順一, 木曽田賢治, 高橋和敏

    2020年日本表面真空学会  2020年11月19日  

  • レーザー光励起によるSiC(0001)表面上多層グラフェン領域からの選択的層剥離:光励起による単層グラフェン創製

    堀江亮介, 石田健人, 金﨑順一, 木曽田賢治, 高橋和敏

    第81回応用物理学会秋季講演会  2020年09月09日  

  • How Intrinsic Localized Modes were Produced

    木曽田 賢治  [招待有り]

    International Symposium on Intrinsic Localized Modes 30th Anniversary of Discovery  2018年01月25日  

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 研究成果発表会

    2016年08月
     
     
     
  • 二国間交流事業への応募

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    共同研究

  • カーボンナノチューブの光学的研究

    2007年04月
    -
    2008年03月
     

    国際研究交流

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 極限時空間分光法の開発と光誘起構造相転移研究への応用

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    挑戦的萌芽研究  分担

  • 時間分解フーリエ変換赤外分光法による光誘起相の分子構造の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 時間分解フーリエ変換赤 外分光法による光誘起相 の分子構造の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • オイルレス環境に適した摺動部材およびその膜質に関する研究

    2022年01月
    -
    2022年10月
     

    共同研究  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師

    2021年04月01日
    -
    2022年03月31日

    国立大学法人京都工芸繊維大学

     詳細を見る

    非常勤講師

    本学工芸科学部で授業を行う。(各全16回)
    【前期】
    「物理学Ⅰ」毎週金曜3限
    「物理学Ⅰ演習」毎週金曜5限
    【後期】
    「物理学Ⅱ」毎週金曜4限
    「物理学Ⅱ演習」毎週金曜5限

  • 論文査読

    2020年11月29日
    -
    継続中

    米国化学会

     詳細を見る

    査読

    The Journal of Physical Chemistry に投稿された論文の審査

  • 非常勤講師

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日

    国立大学法人 京都工芸繊維大学

     詳細を見る

    非常勤講師

    京都工芸繊維大学工芸科学部にて「物理学Ⅰ」「物理学Ⅰ演習」「物理学Ⅱ」「物理学Ⅱ演習」の講義を行う。

  • 講師

    2019年12月
    -
    継続中

    和歌山県立海南高等学校SSH第2学年冬季特設課外授業

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年12月~

  • 講師

    2019年08月
    -
    継続中

    きのくにオリンピック科学力向上ゼミ

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年8月~

全件表示 >>

教員免許状更新講習、司書教諭講習等(受託事業) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   【選択】エネルギーの科学(教員免許状更新講習)
  • 2020年度   【選択】エネルギーの科学(コロナ対策のため開講中止)(教員免許更新講習)

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 外部評価委員

    2017年12月
     
     
     

    兵庫県立大学教員選考委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    外部評価委員

  • 理事

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

    物理教育学会近畿支部

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員