木曽田 賢治 (キソダ ケンジ)

写真a

所属

教育学部 科学教育

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

http://www.wakayama-u.ac.jp/~kisoda

プロフィール

ここが空白だから埋めろと言われても大して書くこともないし、記入したら科研費を当ててくれるわけでもない。科研費研究者番号が間違っているとかなら私のミスだから訂正するがここ書いて意味あるのか疑問しかわかない。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年
    -
    1988年

    京都工芸繊維大学大学院   工芸学研究科   電子工学  

  • 京都工芸繊維大学   Graduate School, Division of Engineering and Design   Electronics  

  • 京都工芸繊維大学   工芸学部   電気工学  

  • 京都工芸繊維大学   Faculty of Engineering and Design   Electrical Engineering  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

  • 工学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
     
     

    - Wakayama University, Professor

  • 2009年
     
     

    - 和歌山大学教授

  • 2007年
    -
    2009年

    和歌山大学准教授

  • 1999年
    -
    2009年

    和歌山大学

  • 1999年
    -
    2007年

    和歌山大学助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • フラーレンナノチューブ学会

  • アメリカ物理学会

  • 日本物理学会

  • The Japan Society of Applied Physics

  • American Physical Society

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノ構造物理

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   理科教育ゼミナール   専門教育科目
  • 2019年度   理科教育ゼミナール   専門教育科目
  • 2019年度   物理学実験   専門教育科目
  • 2019年度   物理学実験   専門教育科目
  • 2019年度   理科   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   【選択】エネルギーの科学   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】エネルギーの科学   教養教育科目
  • 2017年度   エネルギーの科学   教養教育科目
  • 2016年度   エネルギーの科学   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   電磁気学特別演習   修士
  • 2019年度   課題研究(木曽田賢治)   修士
  • 2019年度   探究のための教材開発-水   修士
  • 2018年度   電磁気学特論   修士
  • 2018年度   電磁気学特論   修士

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2008年度   理科実験観察実習IB   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Graphene

  • Carbon Nanotubes

  • 低次元物質

  • ナノサイエンス

  • グラフェン

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Optical Characterization of MoS$_{2}$ sputtered thin films

    木曽田 賢治

    Journal of Physics: Conference Series   1220   012057   2019年  [査読有り]

  • Raman imaging studies on perforated MoS$_{2}$ films prepared by RF sputtering method

    木曽田 賢治

    Journal of Physics: Conference Series   1220   012036   2019年  [査読有り]

  • Origin of a Raman scattering peak generated in single-walled carbon nanotubes by X-ray irradiation and subsequent thermal annealing

    Toshiya Murakami, Mitsuaki Matsuda, Kenji Kisoda, Chihiro Itoh

    AIP ADVANCES ( AMER INST PHYSICS )  6 ( 8 ) 085303   2016年08月  [査読有り]

     概要を見る

    We have found that a Raman scattering (RS) peak around 1870 cm(-1) was produced by the annealing of the X-ray irradiated film of single-walled carbon nanotubes (SWNTs) at 450 degrees C. The intensity of 1870-cm(-1) peak showed a maximum at the probe energy of 2.3 eV for the RS spectroscopy with various probe lasers. Both the peak position and the probe-energy dependence were almost identical to those of the one-dimensional carbon chains previously reported in multi-walled carbon nanotubes. Consequently, we concluded that the 1870-cm(-1) peak found in the present study is attributed to carbon chains. The formation of carbon chains by the annealing at temperature lower than 500 degrees C is firstly reported by the present study. The carbon chains would be formed by aggregation of the interstitial carbons, which are formed as a counterpart of carbon vacancies by X-ray irradiation diffused on SWNT walls. The result indicates that the combination of X-ray irradiation and subsequent thermal annealing is a feasible tool for generating new nanostructures in SWNT. (C) 2016 Author(s).

    DOI

  • Formation of carbon-nanostructure from X-ray induced defect in single-walled carbon nanotubes

    Toshiya Murakami, Satoshi Isozaki, Kenji Kisoda, Chihiro Itoh

    DIAMOND AND RELATED MATERIALS ( ELSEVIER SCIENCE SA )  65   65 - 68   2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    We have studied annealing effects on X-ray irradiated single-walled carbon nanotubes (SWNTs) by confocal micro-Raman scattering spectroscopy. The SWNT films irradiated with 1254-eV X-ray were annealed in argon atmosphere with increasing the temperature from 200 degrees C to 500 degrees C by 100 degrees C. We found that a new Raman peak at similar to 1130 cm(-1) came into existence after the annealing at 300-400 degrees C. The 1130-cm(-1) peak was grown by the annealing exclusively in the X-ray irradiated sample. It is presumable that the 1130-cm(-1) peak is ascribed to carbon nanostructure formed by the annealing of the X-ray irradiated SWNT. Based on the comparison of spatial images of Raman intensity, the nanostructure responsible to the 1130-cm(-1) peak is likely formed by aggregation of interstitial carbon atoms diffused on SWNT surface. Because of the comparison of the probe wavelength dependence of the peak frequency with previous reports, we concluded that polyacetylene-like structures are formed by the post-irradiation annealing of SWNT. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • 原子層層状物質の光デバイスへの応用に関する研究

    木曽田 賢治

    京都府中小企業技術センター技報   ( 44 )   2016年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 1P1-6 2元スパッタリング法によるScAIN薄膜の形成

    藤井 知, 隅坂 将大, 岡田 行彦, 蓮池 紀幸, 木曽田 賢治, 播磨 弘, 大森 達也, 橋下 研也

    超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集 ( 特定非営利活動法人 超音波エレクトロニクス協会 )  36 ( 0 ) _1P1 - 6-1_-_1P1-6-2_   2015年

  • Observation of A 1(LO), E 2(high) and B 1(high) phonon modes in In x Ga 1-xN alloys with x = 0.11-0.54

    J. G. Kim, Y. Kamei, A. Kimura, N. Hasuike, H. Harima, K. Kisoda, T. Hotta, K. Sasamoto, A. Yamamoto

    Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   9 ( 3-4 ) 730 - 732   2012年03月

     概要を見る

    Phonon spectra of A 1(LO), E 2(high) and B 1(high) modes were observed in a series of hexagonal In x Ga 1-xN alloy films (x = 0.11-0.54) by Raman scattering using a deep-UV laser at 266 nm for excitation. The A 1(LO) and E 2(high) modes both showed one-mode type variation with x. The B 1(high) mode, which is Raman-forbidden in ideal binary wurtzite compounds, has been first observed in In x Ga 1-xN alloy in a clear manner. Its frequency variation is in line with a theoretical prediction of one-mode type behavior. © 2012 WILEY-VCH Verlag GmbH &amp
    Co. KGaA, Weinheim.

    DOI

  • 20aAH-1 二層カーボンナノチューブにおける軟X線照射欠陥生成(20aAH 格子欠陥・ナノ構造(点欠陥・照射損傷・水素・炭素系),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    村上 俊也, 山本 勇樹, 伊東 千尋, 木曽田 賢治

    日本物理学会講演概要集 ( 一般社団法人 日本物理学会 )  67 ( 0 )   2012年

  • Effective mass of InN estimated by Raman scattering

    Jung Gon Kim, Yasuhito Kamei, Noriyuki Hasuike, Hiroshi Harima, Kenji Kisoda, Kouhei Sasamoto, Akio Yamamoto

    Physica Status Solidi (C) Current Topics in Solid State Physics   7 ( 7-8 ) 1887 - 1889   2010年

     概要を見る

    We have estimated the longitudinal effective mass (m//) of electron in n-type InN films by Raman scattering. The samples were grown by MOVPE (metal organic vapor phase epitaxy) with free carrier concentration of n=6.7×1018 -9.9×1018 cm-3 according to Hall measurement. A weak Raman signal observed at ∼430 cm-1 at room temperature was sharpened and shifted to higher frequency toward the A 1(TO)-phonon mode at 447 cm-1 with increasing n. This mode was assigned to the lower branch (L-) of the longitudinal-optic-phonon-plasmon- coupled (LOPC) mode. The line shape was carefully analyzed by a semi-classical line-shape fitting analysis assuming deformation potential and electro-optic coupling mechanisms for the light scattering process. A line-shape fitting analysis was conducted by adjusting three major parameters
    electron density, effective mass and plasmon damping rate. The analysis well reproduced values of electron density and mobility deduced by Hall measurement. Electron effective mass of m//*/m0 = 0.05 (±0.01) was also obtained as the best-fit parameter. The result agrees well with previous data obtained by other optical methods. © 2010 Wiley-VCH Verlag GmbH &amp
    Co. KGaA.

    DOI

  • Synthesis and characterization of Mn-doped BiFeO3 nanoparticles

    H. Fukumura, S. Matsui, N. Tonari, T. Nakamura, N. Hasuike, K. Nishio, T. Isshiki, H. Harima, K. Kisoda

    Acta Physica Polonica A ( Polish Academy of Sciences )  116 ( 1 ) 47 - 50   2009年

     概要を見る

    BiFeO3 is a multiferroic material showing antiferromagnetic ordering and ferroelectric behavior simultaneously. Here, Mn-doped BiFeO 3 nanoparticles were synthesized up to 10% of Mn composition by a, sol-gel process. The samples showed high crystallinity with no secondary phase up to 2% of Mn doping. A phonon peak at 1250 cm-1 in undoped BiFeO3 showed anomalous intensity enhancement in the magnetically ordered phase below TN = 643 K due to a spin-phonon coupling. This behavior was less pronounced in the Mn-doped samples, suggesting a suppression of magnetic ordering between Fe3+ spins by Mn doping.

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • How Intrinsic Localized Modes were Produced

    木曽田 賢治  [招待有り]

    International Symposium on Intrinsic Localized Modes 30th Anniversary of Discovery  2018年01月25日  

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 研究成果発表会

    2016年08月
     
     
     
  • 二国間交流事業への応募

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    共同研究

  • カーボンナノチューブの光学的研究

    2007年04月
    -
    2008年03月
     

    国際研究交流

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 極限時空間分光法の開発と光誘起構造相転移研究への応用

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    挑戦的萌芽研究  分担

  • 時間分解フーリエ変換赤外分光法による光誘起相の分子構造の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 時間分解フーリエ変換赤 外分光法による光誘起相 の分子構造の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 講師

    2019年12月
    -
    継続中

    和歌山県立海南高等学校SSH第2学年冬季特設課外授業

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年12月~

  • 講師

    2019年08月
    -
    継続中

    きのくにオリンピック科学力向上ゼミ

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年8月~

  • 非常勤講師

    2019年04月
    -
    2020年03月

    国立大学法人京都工芸繊維大学

     詳細を見る

    非常勤講師等

    平成31年度非常勤講師,任期:2019年4月~2020年3月

  • 査読

    2018年04月
    -
    継続中

    Japanese Journal of Applied Physics Rapid Communication/応用物理学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読

  • 論文査読

    2018年04月
    -
    継続中

    Applied Physics Express (APEX)/応用物理学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    論文査読

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 外部評価委員

    2017年12月
     
     
     

    兵庫県立大学教員選考委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    外部評価委員

  • 理事

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

    物理教育学会近畿支部

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員