原 祐二 (ハラ ユウジ)

写真a

所属

システム工学部 環境科学メジャー

職名

准教授

プロフィール

ライフワークとしては、低地大都市の地形改変定量・類型化、人新世のランドスケープ評価に挑んでいます。単発土砂関連災害への対処療法(人命救助の意味で重要であることはもちろんです)に止まらない、理学的体系的な人工土地改変、土の流れ、切土盛土残土のつながり、土の流れが生み出すエネルギー、そして人工改変ランドスケープの生態系サービス評価、データベース化、グローバル指標化を見据えています。

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年
     
     

    スイス連邦工科大学  

     備考を見る

    最先端分野学生交流推進制度

  • 2001年
    -
    2005年

    東京大学   大学院農学生命科学研究科   生圏システム学専攻  

     備考を見る

    修士修了 - 博士課程中退

  • 1999年
    -
    2001年

    東京大学   理学部   地学科地理学課程  

  • 1997年
    -
    1999年

    東京大学   教養学部   理科2類  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年03月
    -
    2016年10月

    ニュースクール大学   フルブライト研究員

  • 2013年08月
    -
    2013年11月

    デルフト工科大学   特定国派遣研究者

  • 2013年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   システム工学部   准教授

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    和歌山大学   システム工学部   講師

  • 2005年10月
    -
    2009年03月

    東京大学   IR3S/TIGS   特任助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 循環型社会システム

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

  • 環境・農学 / 自然共生システム

  • 人文・社会 / 地理学

全件表示 >>

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   水土環境実験実習A   専門教育科目
  • 2021年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2021年度   水土環境実験実習B   専門教育科目
  • 2021年度   環境科学演習   専門教育科目
  • 2021年度   環境情報演習A   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   世界農業遺産   連携展開科目
  • 2018年度   GISを利用したオープンデータアプリ開発   教養教育科目
  • 2017年度   世界農業遺産   教養教育科目
  • 2015年度   地図で地域をみる・発信する   教養教育科目
  • 2013年度   紀州郷土学A   教養教育科目

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2014年度   耕作放棄地におけるトンボ池造成効果の検証
  • 2010年度   耕作放棄地における植生と復田における労働力について
  • 2009年度   「ごうら」の研究

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2021年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2021年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2021年度   システム工学研究ⅠA   博士前期
  • 2021年度   システム工学研究ⅠB   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   紀伊半島の環境と災害   その他

受賞(教育活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 2011年度   グッドレクチャー賞   システム工学部   国内
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 建設発生土

  • 洪水

  • エネルギー

  • 土地造成

  • 盛土

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Mapping Uncounted Anthropogenic Fill Flows: Environmental Impact and Mitigation

    Yuji Hara, Chizuko Hirai, Yuki Sampei (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Land   11   1959   2022年11月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    Fill material flows created by land development earthworks are anthropogenic agents that generate massive energy use from their heavy loads. However, formal quantification of these flows has been neglected. We use Osaka Prefecture in Japan as a case study to quantify fill flows and associated CO2 emissions. We collected data on fill flows, including fill generation and acceptance. We mapped these publicly uncounted fill flows and calculated the CO2 emissions from the associated energy use. We also simulated a scenario in which optimized shortest-distance matching is achieved between fill generators and acceptors. We estimated the current fill flows based on distance and weight and broke down the total by type of site and activity. We compared our estimates of current fill flows with estimates from our matching simulation and found the simulation could achieve an 8448 km reduction in flow length and a 5724 t-CO2 reduction in emissions associated with transportation. We discussed the implications of flexible matching, especially in different construction sectors, and the importance of continuous, spatially geo-referenced monitoring of these fill flows toward further environmental impact mitigation. The approach presented here could apply to assessing environmental loads arising from landform changes in other cities and lead to development of a new regional- and global-scale fill material science in the Anthropocene.

    DOI

  • Plant Diversity in the Dynamic Mosaic Landscape of an Agricultural Heritage System: The Minabe-Tanabe Ume System

    Yuji Hara, Shinji Oki, Yoshiyuki Uchiyama, Kyuichi Ito, Yuto Tani, Asako Naito, Yuki Sampei (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Land ( {MDPI} {AG} )  10 ( 6 ) 559 - 559   2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    The Minabe-Tanabe Ume System in central Japan is defined as a Globally Important Agricultural Heritage System (GIAHS) by the United Nations Food and Agriculture Organization. This study examined relationships between parcel-level plant diversity and land use, management, and development in traditional sloped Ume (Japanese apricot; Prunus mume) orchards and adjoining level orchards recently developed through large-scale cut-fill land development. We constructed and overlaid past (1974) and present (2015) digital land-use maps to assess land use and topography. We conducted field vegetation surveys in land parcels with different development and management histories. Although 249 ha (4.6% of the total 2015 area) were developed using cut-fill methods, 5148 ha remain a traditional orchard surrounded by coppice forests. Vegetation surveys and a two-way indicator species analysis revealed that traditional orchards had more native species and a higher plant diversity index. Cut-fill orchards contained a higher proportion of alien species; however, the degree depended on parcel history and management. Overall, this area remains a dynamic mosaic landscape containing a core of long-standing Ume orchards. We suggest that biodiversity conservation in this area should focus on conservation measures such as indirect land-use regulations, including some acceptable landform transformations, to promote continued farming of this ecologically important area.

    DOI

  • 有田川中流域における1953年大縮尺空中写真を用いた棚田データの作製と現状土地被覆間の空間解析

    岡野 友哉, 原 祐二 (担当区分: 最終著者, 責任著者 )

    農村計画学会誌 ( 農村計画学会 )  38 ( 2 ) 128 - 135   2019年09月  [査読有り]

     概要を見る

    In order to conserve terraced paddy landscapes in mountainous areas in Japan, strategic land-use zoning for terraced paddies, surrounding forests and villages is important. For this purpose, it is essential to understand spatial distribution of original terraced paddy parcels before intensive afforestation and mechanism of land-use changes. In this study, we interpreted large-scale 1953 aerial photographs and constructed vector parcel dataset, and conducted spatial analysis in consideration of landforms and the current land covers. As the results, we identified that many terraced paddy parcels in 1953 were very tiny lots with its sizes were less than 100m^2. It was suggested that terraced paddy parcels in nearby areas along the Arida River tended to be still cultivated until now, whereas those on the steep slope over 20 degree in upper river area are mostly abandoned. And our results also showed 40% of the parcels were planted with conifer trees and 40% could be changed into broadleaf forests as natural forest succession in this area. Our parcel dataset could contribute to develop a deeper understanding of the land use change process of terraced paddy field and its backgrounds, and to make a new conservation strategy with not only conceptual design but also numerical goals based on scientific evidence.

    DOI

  • Assessing urban agriculture potential: a comparative study of Osaka, Japan and New York City, United States

    Yuji Hara, Timon McPhearson, Yuki Sampei, Brian McGrath (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    SUSTAINABILITY SCIENCE ( SPRINGER JAPAN KK )  13 ( 4 ) 937 - 952   2018年07月  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, we examined urban agricultural production potential in New York city (NYC) in the United States and Osaka in Japan in a comparative study not only due to their similarities in population and region size but also differences in historical geographies and urban formation processes. We utilized available high-resolution land-use-and land-cover data to map and empirically compare size, land use, and spatial patterns of sites of current urban agriculture as well as land areas with potential for expanding urban agriculture. By linking current vegetable production data, and potential future urban agriculture land with per capita vegetable consumption data, we were able to estimate the total potential population that could be supported by locally produced vegetables. Our results showed that by scaling up current vegetable production in existing NYC community gardens, potential agricultural productivity on other underutilized or vacant land was 0.26 kg/m(2)/year for NYC. For Osaka, existing rice and dry fields could produce in comparison 0.54 and 0.74 kg/m(2)/year, respectively. By combining potential urban and peri-urban vegetable production measures with estimated needed vegetable caloric intake per person per year, we show that the current vegetable production levels in Osaka can feed approximately 0.50 million people. However, if the region maximizes existing underused speculative dry fields, urban and peri-urban agriculture could feed approximately 3.4 million people per year. In NYC, current vegetable production in community gardens is estimated to feed only 1700 people per year. However, if NYC maximized all available urban vacant lots and other open spaces, potential vegetable production could provide food annually for 0.55 million people. We discuss how though both community gardens in NYC and remaining rice and dry fields in Osaka have been out of formal city planning with clear land-use definition in zoning, these agricultural practices have nonetheless emerged as important sources of local food production and nutrition on the one hand, and sites of social benefit on the other.

    DOI

  • The Minabe-Tanabe Ume System: Linkage of Landscape Units by Locals

    Yuji Hara, Yuki Sampei, Hirotaka Tanaka (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    SUSTAINABILITY ( MDPI )  10 ( 4 )   2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper focuses on the Minabe-Tanabe Ume system, which was designated as a Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS) in December of 2015. Because landholdings reflect historical social connections among various landscape units, we quantitatively examined the landscape characteristics of the system by preparing digitized spatial data and performing geographic information system analysis. We also examined the consensus building process among different stakeholders toward GIAHS recognition, as well as the emergent local spatial structure of the stakeholder network through interviews with key stakeholders and participatory monitoring. Our spatial analysis of the landscape generally supported the traditional knowledge of the area as a watershed-based mosaic of coppice forests on ridges, Ume orchards on sloped areas, and villages with rice paddies and dry fields in the plains. Our stakeholder network visualization identified several key persons as important nodes that could connect different types of land use now and may have done so in the past. Moreover, because our GIAHS site has compact agglomerations of watersheds with ranges within a similar to 30-min drive, most stakeholders, who turned out to have graduated from the same local school, are able to maximize their social capital to reorganize the remaining nodes among different land uses, thereby contributing to the formation of the land-use system and its further promotion through dynamic conservation measures.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 食がデザインする都市空間

    小野 芳朗, 岩本 馨( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 都市からひろがるフードスケープ)

    昭和堂  2019年03月  ISBN: 9784812218266

  • Sustainable landscape planning in selected urban regions

    Makoto Yokohari, Akinobu Murakami, Yuji Hara, Kazuaki Tsuchiya( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer  2017年  ISBN: 9784431564430

  • 蘭島及び三田・清水の農山村景観保存計画

    有田川町教育委員会(和歌山県)( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 土地利用と景観の変遷)

    有田川町教育委員会  2013年03月 

  • 持続可能なアジアの展望

    小宮山, 宏, 武内, 和彦, 住, 明正, 花木, 啓祐, 三村, 信男( 担当: 分担執筆,  担当範囲: アジアの都市・農村―循環型社会を創造する)

    東京大学出版会  2011年03月  ISBN: 9784130651257

  • Southeast Asian water environment 2

    H. Furamai, F. Kurisu, H. Katayama, H. Satoh, S. Ohgaki( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Landfill development causes changes in distribution of flood-prone areas: a case study in Laguna Plain, Metro Manila, the Philippines)

    IWA Pub.  2008年02月  ISBN: 9781843391241

全件表示 >>

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞

    受賞者:  原 祐二

    2016年   農村計画学会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 地方大学における敷地を活用した環境教育による地域貢献の可能性

    三甁由紀, 原 祐二

    日本造園学会関西支部大会  2020年10月25日   (ZOOM) 

  • Assessing supply-demand balance of nitrogen toward local-scale organic material circulation: a case study of suburban residential district in Metro Manila

    Yuji HARA, Yuki SAMPEI

    AAG Annual meeting  2018年04月12日   (New Orleans)  American Association of Geographers

     概要を見る

    This study focused on assessing supply-demand balance of nitrogen in compost/vegetable productions at vacant lots in subdivisions as well as in barangays, in Quezon City in Metro Manila. We obtained data on the recommended rate of fertilizer application per each vegetable from the precedent studies. The analysis of composition of sample compost was conducted and a total nitrogen amount of locally produced compost was estimated. GIS was used for understanding spatial characteristics of nitrogen balance. We found that almost half of the subdivisions were faced to oversupply though several subdivisions were deemed to be in quite short supply. Cooperation among subdivisions in each barangay had a potential of better nitrogen balance; however, the current centralized composting facilities might not be good support for continued compost recycle system because of their distribution patterns. We proposed that the current barangay-based policies on organic waste management and urban agriculture should be more flexible and more attentions to coordinating system between subdivisions across barangay boundaries. This scheme can contribute to further organic material recycling within living spaces, thereby promoting sustainable living spaces in the suburban residential area.

  • Transformation of irrigated agricultural landscapes along with urbanization and its impact to distribution of frog species in Sakai City, central Japan

    Yuji HARA, Masatoshi TANI, Yuki SAMPEI

    IFLA APR Bangkok  2017年11月03日   (Bangkok)  IFLA APR

  • 工場立地法における既存不適格工場の緑地の抽出と地理的特性

    山神勧, 原祐二, 三瓶由紀

    日本造園学会関西支部大会  2014年10月  

  • 近畿都心部における市街地内民有緑地の空間分布特性

    三瓶 由紀, 原 祐二, 山神 勧

    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  2014年07月   公益社団法人 日本都市計画学会

全件表示 >>

研究交流 【 表示 / 非表示

  • フルブライト研究員 食農ランドスケープ国際比較

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    国際研究交流

  • アジア都市郊外における湿地生態系サービスに関する共同調査

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    国際研究交流

  • レイテ島・タクロバン市における土地利用変化と高潮被害調査

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    国際研究交流

  • バンコク首都圏における湿地生態系サービスに関する共同調査

    2014年04月
    -
    2015年03月
     

    国際研究交流

  • バンコク首都圏における地形改変と緑地環境の変容に関する共同調査

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

    国際研究交流

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な地域実現へむけた保育所での里山保全・資源循環事業の連携効果と行政の役割

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • アジア大都市郊外における都市農村生物資源循環をうながす緑地環境計画

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • アジア大都市郊外における都市農村生物資源循環をうながす緑地環境計画

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • アジア大都市周縁における人工地形改変と景観計画

    2006年04月
    -
    2009年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • 東南アジア巨大都市における緑地保全に関する計画論的研究

    2003年04月
    -
    2006年03月
     

    特別研究員奨励費  代表

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • 最先端・次世代研究開発支援プログラム

    2011年02月
    -
    2014年03月
     

    代表

  • 地球環境研究総合推進費

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

    代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金(公益財団法人鴻池奨学財団研究助成)

    2022年03月
    -
    2024年03月
     

    研究助成  代表

  • 生涯学習部門寄附金(みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会)

    2018年05月
     
     
     

    寄附金  分担

  • システム工学部寄附金(公益財団法人旭硝子財団研究助成)

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    研究助成  代表

  • 南紀熊野サテライト寄附金(みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会)

    2017年07月
     
     
     

    寄附金  分担

  • システム工学部寄附金(公益財団法人高橋産業経済研究財団研究助成)

    2015年04月
    -
    2016年03月
     

    研究助成  代表

全件表示 >>

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • 「ビヨンド・”ゼロ・カーボン”を目指す”Co-JUNKAN”プラットフォーム」研究拠点に関する国立大学法人和歌山大学による研究開発

    2022年04月
    -
    2024年03月
     

    受託研究  分担

  • 「ビヨンド・”ゼロ・カーボン”を目指す”Co-JUNKAN”プラットフォーム」研究拠点に関する国立大学法人和歌山大学による研究開発

    2022年04月
    -
    2024年03月
     

    受託研究  分担

  • 低地大都市の地形改変定量・類型化:人新世のランドスケープ評価に挑む

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    共同研究  代表

  • 世界農業遺産みなべ・田辺の梅システムにおけるランドスケープ履歴と植物多様性の関係から視覚化する持続可能な土地利用管理モデルの提案

    2017年04月
    -
    2021年06月
     

    受託研究  代表

  • フィリピン台風30号被災地域における人工地形改変を伴う土地利用変化と高潮被害の関係解明

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    受託研究  代表

全件表示 >>

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 和歌山市四季の郷公園エントランス水景魅力アップ事業

    2021年04月26日
    -
    2022年03月31日

    株式会社KUUMA

     詳細を見る

    公園管理

    四季の郷公園の魅力アップを目的に、より多くの来場者が四季の郷公園にある自然や生態系の魅力を知り、それらの保全活動及び利用方法を知ることができる場をつくっていきたい。そのため、現状活用されていない山資源の生態系調査につながるアドバイスをお願いしたい。

  • 読売新聞 防災協力農地特集 有識者コメント

    2021年01月31日
     
     

    読売新聞社

     詳細を見る

    防災協力農地

    自身の既発表論文を起点とした有識者としての取材対応

  • みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会 有識者

    2020年07月01日
    -
    2022年03月31日

    みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    世界農業遺産

    ・みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会による農業遺産申請に係る助言・指導
    ・農業遺産認定後の活動に対する助言・指導

  • 高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会 有識者

    2020年07月01日
    -
    2021年06月30日

    高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    世界農業遺産

    ・高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会による農業遺産申請に係る助言・指導
    ・農業遺産認定後の活動に対する助言・指導

  • 下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会 有識者

    2020年07月01日
    -
    2021年06月30日

    下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    日本農業遺産

    ・下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会による農業遺産申請に係る助言・指導
    ・農業遺産認定後の活動に対する助言・指導

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 和歌山県役務提供総合評価審査委員会委員

    2022年02月14日
    -
    2022年05月31日
     

    和歌山県庁

     詳細を見る

    地理情報

    令和4年度和歌山県地理情報システム・関連システム導入及び賃貸借の総合評価方式による一般競争入札に係る以下の職務
    ①落札者決定基準の審査
    ②落札者決定基準に基づく評価点の決定に係る審査

  • 岸和田市環境審議会委員

    2020年09月01日
    -
    2022年08月31日
     

    岸和田市

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    本市の環境施策について調査及び審議のため

  • 地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会委員

    2020年08月16日
    -
    2022年03月31日
     

    国土交通省国土地理院近畿地方測量部

     詳細を見る

    地理情報

    近畿地区における地理空間情報に係る課題認識と情報の共有や効果的な整備・更新・活用に関する検討において、学術関係者としての意見を賜りたい。

  • 執筆委員

    2019年02月
    -
    2019年03月
     

    KYOTO Desing Lab ライブラリー

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    執筆委員,任期:2019年2月~2019年3月

  • 有識者

    2019年01月
    -
    2020年06月
     

    高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    有識者,任期:2019年1月~2020年6月

全件表示 >>