原 祐二 (ハラ ユウジ)

写真a

所属

システム工学部 環境科学メジャー

職名

准教授

プロフィール

ライフワークとしては、低地大都市の地形改変定量・類型化、人新世のランドスケープ評価に挑んでいます。単発土砂関連災害への対処療法(人命救助の意味で重要であることはもちろんです)に止まらない、理学的体系的な人工土地改変、土の流れ、切土盛土残土のつながり、土の流れが生み出すエネルギー、そして人工改変ランドスケープの生態系サービス評価、データベース化、グローバル指標化を見据えています。

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年
     
     

    スイス連邦工科大学  

     備考を見る

    最先端分野学生交流推進制度

  • 2001年
    -
    2005年

    東京大学   大学院農学生命科学研究科   生圏システム学専攻  

     備考を見る

    修士修了 - 博士課程中退

  • 1999年
    -
    2001年

    東京大学   理学部   地学科地理学課程  

  • 1997年
    -
    1999年

    東京大学   教養学部   理科2類  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年03月
    -
    2016年10月

    ニュースクール大学   フルブライト研究員

  • 2013年08月
    -
    2013年11月

    デルフト工科大学   特定国派遣研究者

  • 2013年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   システム工学部   准教授

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    和歌山大学   システム工学部   講師

  • 2005年10月
    -
    2009年03月

    東京大学   IR3S/TIGS   特任助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 循環型社会システム

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

  • 環境・農学 / 自然共生システム

  • 人文・社会 / 地理学

全件表示 >>

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2020年度   環境情報演習B   専門教育科目
  • 2020年度   環境情報演習A   専門教育科目
  • 2020年度   水土環境実験実習B   専門教育科目
  • 2020年度   水土環境実験実習A   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度   GISを利用したオープンデータアプリ開発   教養教育科目
  • 2017年度   世界農業遺産   教養教育科目
  • 2015年度   地図で地域をみる・発信する   教養教育科目
  • 2013年度   紀州郷土学A   教養教育科目

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2014年度   耕作放棄地におけるトンボ池造成効果の検証
  • 2010年度   耕作放棄地における植生と復田における労働力について
  • 2009年度   「ごうら」の研究

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学特別講究Ⅱ   博士後期
  • 2020年度   システム工学特別研究   博士後期
  • 2020年度   システム工学グローバル講究Ⅰ   博士後期
  • 2020年度   システム工学グローバル講究Ⅱ   博士後期
  • 2020年度   探究のための教材開発-米   修士

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   紀伊半島の環境と災害   その他

受賞(教育活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 2011年度   グッドレクチャー賞   システム工学部   国内
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 建設発生土

  • 洪水

  • エネルギー

  • 土地造成

  • 盛土

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Plant Diversity in the Dynamic Mosaic Landscape of an Agricultural Heritage System: The Minabe-Tanabe Ume System

    Yuji Hara, Shinji Oki, Yoshiyuki Uchiyama, Kyuichi Ito, Yuto Tani, Asako Naito, Yuki Sampei (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Land ( {MDPI} {AG} )  10 ( 6 ) 559 - 559   2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    The Minabe-Tanabe Ume System in central Japan is defined as a Globally Important Agricultural Heritage System (GIAHS) by the United Nations Food and Agriculture Organization. This study examined relationships between parcel-level plant diversity and land use, management, and development in traditional sloped Ume (Japanese apricot; Prunus mume) orchards and adjoining level orchards recently developed through large-scale cut-fill land development. We constructed and overlaid past (1974) and present (2015) digital land-use maps to assess land use and topography. We conducted field vegetation surveys in land parcels with different development and management histories. Although 249 ha (4.6% of the total 2015 area) were developed using cut-fill methods, 5148 ha remain a traditional orchard surrounded by coppice forests. Vegetation surveys and a two-way indicator species analysis revealed that traditional orchards had more native species and a higher plant diversity index. Cut-fill orchards contained a higher proportion of alien species; however, the degree depended on parcel history and management. Overall, this area remains a dynamic mosaic landscape containing a core of long-standing Ume orchards. We suggest that biodiversity conservation in this area should focus on conservation measures such as indirect land-use regulations, including some acceptable landform transformations, to promote continued farming of this ecologically important area.

    DOI

  • Assessing urban agriculture potential: a comparative study of Osaka, Japan and New York City, United States

    Yuji Hara, Timon McPhearson, Yuki Sampei, Brian McGrath (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    SUSTAINABILITY SCIENCE ( SPRINGER JAPAN KK )  13 ( 4 ) 937 - 952   2018年07月  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, we examined urban agricultural production potential in New York city (NYC) in the United States and Osaka in Japan in a comparative study not only due to their similarities in population and region size but also differences in historical geographies and urban formation processes. We utilized available high-resolution land-use-and land-cover data to map and empirically compare size, land use, and spatial patterns of sites of current urban agriculture as well as land areas with potential for expanding urban agriculture. By linking current vegetable production data, and potential future urban agriculture land with per capita vegetable consumption data, we were able to estimate the total potential population that could be supported by locally produced vegetables. Our results showed that by scaling up current vegetable production in existing NYC community gardens, potential agricultural productivity on other underutilized or vacant land was 0.26 kg/m(2)/year for NYC. For Osaka, existing rice and dry fields could produce in comparison 0.54 and 0.74 kg/m(2)/year, respectively. By combining potential urban and peri-urban vegetable production measures with estimated needed vegetable caloric intake per person per year, we show that the current vegetable production levels in Osaka can feed approximately 0.50 million people. However, if the region maximizes existing underused speculative dry fields, urban and peri-urban agriculture could feed approximately 3.4 million people per year. In NYC, current vegetable production in community gardens is estimated to feed only 1700 people per year. However, if NYC maximized all available urban vacant lots and other open spaces, potential vegetable production could provide food annually for 0.55 million people. We discuss how though both community gardens in NYC and remaining rice and dry fields in Osaka have been out of formal city planning with clear land-use definition in zoning, these agricultural practices have nonetheless emerged as important sources of local food production and nutrition on the one hand, and sites of social benefit on the other.

    DOI

  • The Minabe-Tanabe Ume System: Linkage of Landscape Units by Locals

    Yuji Hara, Yuki Sampei, Hirotaka Tanaka (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    SUSTAINABILITY ( MDPI )  10 ( 4 )   2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper focuses on the Minabe-Tanabe Ume system, which was designated as a Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS) in December of 2015. Because landholdings reflect historical social connections among various landscape units, we quantitatively examined the landscape characteristics of the system by preparing digitized spatial data and performing geographic information system analysis. We also examined the consensus building process among different stakeholders toward GIAHS recognition, as well as the emergent local spatial structure of the stakeholder network through interviews with key stakeholders and participatory monitoring. Our spatial analysis of the landscape generally supported the traditional knowledge of the area as a watershed-based mosaic of coppice forests on ridges, Ume orchards on sloped areas, and villages with rice paddies and dry fields in the plains. Our stakeholder network visualization identified several key persons as important nodes that could connect different types of land use now and may have done so in the past. Moreover, because our GIAHS site has compact agglomerations of watersheds with ranges within a similar to 30-min drive, most stakeholders, who turned out to have graduated from the same local school, are able to maximize their social capital to reorganize the remaining nodes among different land uses, thereby contributing to the formation of the land-use system and its further promotion through dynamic conservation measures.

    DOI

  • Dynamic wetland mosaic environments and Asian openbill habitat creation in peri-urban Bangkok

    Yuji Hara, Keita Yamaji, Shigehiro Yokota, Danai Thaitakoo, Yuki Sampei (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    URBAN ECOSYSTEMS ( SPRINGER )  21 ( 2 ) 305 - 322   2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    This study examined the spatial relationships between various types of wetland and the distribution of Asian openbills (Anastomus oscitans) as an indicator species in a peri-urban industrial area of Bangkok. We (1) mapped the study area by using a time series of aerial photographs combined with field validations, (2) conducted a 2-year line census of Asian openbills in the field, (3) interviewed local farmers and residents about Asian openbill populations and spatial distributions, and (4) conducted an overlay analysis to statistically identify land-use factors related to spatiotemporal changes in the Asian openbill population and distribution. We found that the number of ponds increased from 1980 to 1999 and then decreased from 1999 to 2010, but the remaining ponds were relatively temporally stable in their numbers and volumes. Paddy fields were primarily replaced by aquaculture ponds, and excavated soil was used as fill in adjoining built-up areas. The number of coconut, banana, mango and other trees planted around the ponds increased during the period, providing Asian openbill habitat. The openbills fed in the remaining paddy fields, and the simultaneous existence of various rice cultivation stages in the area provided a stable year-round source of food. Overall, the results indicated that this expanding urban-rural mosaic landscape could include further spatial distribution of Asian openbills in the future. This study of Asian openbills reveals just one example of the ecosystem services provided by developments creating pond-fill landscapes, and the methods used may be applicable in other similar continental delta regions.

    DOI

  • Post-disaster recovery linked with pre-disaster land development and damage density of Typhoon Yolanda: Toward better land-use planning in Tacloban City, the Philippines

    HARA Yuji, OHSUGI Tasuku, TSUCHIYA Kazuaki, MURAKAMI Akinobu, PALIJON Armando M. (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Journal of Environmental Information Science ( 一般社団法人 環境情報科学センター )  2017 ( 2 ) 1 - 12   2018年03月  [査読有り]

     概要を見る

    Coastal cities in Asia face increasing risks of extreme climate events and urgently need to develop risk-reduction plans to mitigate the harmful socioeconomic consequences of such events. In this study, we undertook geographical analyses and conducted interviews with stakeholders in the Tacloban City area, the Philippines, to investigate the relationships among building types, storm-surge inundation and post-disaster recovery after 2013 Typhoon Yolanda. Squatter settlements in low-lying urban and coastal areas were destroyed by the typhoon, but were rapidly rebuilt by squatters using debris from the typhoon. Government programs relocated some of the affected squatter populations to new socialized housing developments on safe higher ground that were some distance from the squatters' former urban and coastal livelihoods, thus causing reluctance to relocation. Our GIS analysis of available geo-spatial data, coupled with extensive stakeholder interviews, showed that there were enough vacant lots within pre-existing housing subdivisions to house more than 7000 squatters and provide them with plots for urban vegetable farming that would provide their livelihood. Interviews with stakeholders suggested that this approach would not encounter excessive resistance. Thus, our study demonstrated that comprehensive GIS analyses and stakeholder involvement can contribute to effective land-use planning for community resilience.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 食がデザインする都市空間

    小野 芳朗, 岩本 馨( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 都市からひろがるフードスケープ)

    昭和堂  2019年03月  ISBN: 9784812218266

  • Sustainable landscape planning in selected urban regions

    Makoto Yokohari, Akinobu Murakami, Yuji Hara, Kazuaki Tsuchiya( 担当: 共編者(共編著者))

    Springer  2017年  ISBN: 9784431564430

  • 蘭島及び三田・清水の農山村景観保存計画

    有田川町教育委員会(和歌山県)( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 土地利用と景観の変遷)

    有田川町教育委員会  2013年03月 

  • 持続可能なアジアの展望

    小宮山, 宏, 武内, 和彦, 住, 明正, 花木, 啓祐, 三村, 信男( 担当: 分担執筆,  担当範囲: アジアの都市・農村―循環型社会を創造する)

    東京大学出版会  2011年03月  ISBN: 9784130651257

  • Southeast Asian water environment 2

    H. Furamai, F. Kurisu, H. Katayama, H. Satoh, S. Ohgaki( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Landfill development causes changes in distribution of flood-prone areas: a case study in Laguna Plain, Metro Manila, the Philippines)

    IWA Pub.  2008年02月  ISBN: 9781843391241

全件表示 >>

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞

    受賞者:  原 祐二

    2016年   農村計画学会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究交流 【 表示 / 非表示

  • フルブライト研究員 食農ランドスケープ国際比較

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    国際研究交流

  • アジア都市郊外における湿地生態系サービスに関する共同調査

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    国際研究交流

  • レイテ島・タクロバン市における土地利用変化と高潮被害調査

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    国際研究交流

  • バンコク首都圏における湿地生態系サービスに関する共同調査

    2014年04月
    -
    2015年03月
     

    国際研究交流

  • バンコク首都圏における地形改変と緑地環境の変容に関する共同調査

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

    国際研究交流

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な地域実現へむけた保育所での里山保全・資源循環事業の連携効果と行政の役割

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • アジア大都市郊外における都市農村生物資源循環をうながす緑地環境計画

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • アジア大都市郊外における都市農村生物資源循環をうながす緑地環境計画

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • アジア大都市周縁における人工地形改変と景観計画

    2006年04月
    -
    2009年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • 東南アジア巨大都市における緑地保全に関する計画論的研究

    2003年04月
    -
    2006年03月
     

    特別研究員奨励費  代表

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • 最先端・次世代研究開発支援プログラム

    2011年02月
    -
    2014年03月
     

    代表

  • 地球環境研究総合推進費

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

    代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • 生涯学習部門寄附金(みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会)

    2018年05月
     
     
     

    寄附金  分担

  • システム工学部寄附金(公益財団法人旭硝子財団研究助成)

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    研究助成  代表

  • 南紀熊野サテライト寄附金(みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会)

    2017年07月
     
     
     

    寄附金  分担

  • システム工学部寄附金(公益財団法人高橋産業経済研究財団研究助成)

    2015年04月
    -
    2016年03月
     

    研究助成  代表

  • システム工学部寄附金(公益財団法人住友財団研究助成)

    2014年11月
    -
    2016年11月
     

    研究助成  代表

全件表示 >>

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • 低地大都市の地形改変定量・類型化:人新世のランドスケープ評価に挑む

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    共同研究  代表

  • 世界農業遺産みなべ・田辺の梅システムにおけるランドスケープ履歴と植物多様性の関係から視覚化する持続可能な土地利用管理モデルの提案

    2017年04月
    -
    2021年06月
     

    受託研究  代表

  • フィリピン台風30号被災地域における人工地形改変を伴う土地利用変化と高潮被害の関係解明

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    受託研究  代表

  • 蘭島文化的景観保存調査

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    受託研究  分担

  • 平成22年度蘭島文化的景観保存調査業務

    2010年11月
    -
    2011年03月
     

    受託研究  分担

全件表示 >>

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 読売新聞 防災協力農地特集 有識者コメント

    2021年01月31日
     
     

    読売新聞社

     詳細を見る

    防災協力農地

    自身の既発表論文を起点とした有識者としての取材対応

  • 高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会 有識者

    2020年07月01日
    -
    2021年06月30日

    高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    世界農業遺産

    ・高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会による農業遺産申請に係る助言・指導
    ・農業遺産認定後の活動に対する助言・指導

  • みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会 有識者

    2020年07月01日
    -
    2021年06月30日

    みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    世界農業遺産

    ・みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会による農業遺産申請に係る助言・指導
    ・農業遺産認定後の活動に対する助言・指導

  • 下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会 有識者

    2020年07月01日
    -
    2021年06月30日

    下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    日本農業遺産

    ・下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産推進協議会による農業遺産申請に係る助言・指導
    ・農業遺産認定後の活動に対する助言・指導

  • 藤戸台小カブクワ環境教育

    2018年07月
     
     

    その他

     詳細を見る

    小・中・高校生を対象とした学部体験入学・出張講座等

    本学に隣接する藤戸台小2年生を対象に、カブトムシ・クワガタムシを導入話題として、里山保全の意義について、座学と本学内雑木林現地演習を通じて伝えた。成果は学会公表するとともに、受験雑誌「螢雪時代」に掲載された。

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 岸和田市環境審議会委員

    2020年09月01日
    -
    2022年08月31日
     

    岸和田市

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    本市の環境施策について調査及び審議のため

  • 地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会委員

    2020年08月16日
    -
    2021年03月31日
     

    国土交通省国土地理院近畿地方測量部

     詳細を見る

    地理情報

    近畿地区における地理空間情報に係る課題認識と情報の共有や効果的な整備・更新・活用に関する検討において、学術関係者としての意見を賜りたい。

  • 執筆委員

    2019年02月
    -
    2019年03月
     

    KYOTO Desing Lab ライブラリー

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    執筆委員,任期:2019年2月~2019年3月

  • 有識者

    2019年01月
    -
    2020年06月
     

    高野山・有田川流域世界農業遺産推進協議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    有識者,任期:2019年1月~2020年6月

  • 委員

    2018年05月
    -
    2019年03月
     

    地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2018年5月~2019年3月

全件表示 >>