村瀬 浩二 (ムラセ コウジ)

写真a

所属

教育学部 保健体育

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス


学歴 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学   教育学研究科   保健体育専攻  

  • 横浜国立大学   教育学部   生涯教育課程社会体育コース  

学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   教育学部   教授

  • 2014年
     
     

    和歌山大学   教育学部   准教授

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    和歌山大学   教育学部   准教授

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    和歌山大学教育学部   講師

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    大阪国際大学人間科学部講師   講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会

  • 日本体育科教育学会

  • 日本教育心理学会

  • スポーツ教育学会

  • 日本スポーツ心理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / スポーツ心理学

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学 / 体育科教育学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   中等運動指導実習C   専門教育科目
  • 2019年度   体育演習C2   専門教育科目
  • 2019年度   スポーツ実習A1   教養教育科目
  • 2019年度   体育   専門教育科目
  • 2019年度   野外実習スキー   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   【選択】ネット型ボール運動の導入から展開   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】ネット型ボール運動の導入から展開   教養教育科目
  • 2017年度   ネット型ボール運動の導入から展開   教養教育科目
  • 2016年度   ネット型ボール運動の導入から展開   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   教職実践研究A   修士
  • 2019年度   保健体育科教育特論   修士
  • 2019年度   保健体育科教材論   修士
  • 2019年度   課題研究(村瀬浩二)   修士
  • 2018年度   教職実践研究A   修士

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • competence

  • 遊び

  • 勤勉性

  • 自己概念

  • play of children

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 水泳授業における没頭度の変化 : 小学校2 年生を対象に

    村瀬浩二, 狹間俊吾, 冨嶋瑛 (担当区分: 筆頭著者 )

    和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究   4   59 - 65   2020年03月

  • ゴール型ゲーム単元でのTDC改訂版(TDC-r)の実践と効果の検証

    村瀬浩二, 古田祥子, 井沼瑶 (担当区分: 筆頭著者 )

    和歌山大学教育学部紀要. 人文科学   70   99 - 104   2020年02月

  • ゴール型ゲームにおける子どもの学び : 児童の対話と教師の働きかけからの検証

    井沼 瑶, 村瀬 浩二 (担当区分: 最終著者 )

    和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編 ( 和歌山大学教育学部 )  69   91 - 95   2019年02月

     概要を見る

    本研究では、小学校体育において、児童が「対象(教材)」、「他者」、「自己」との「かかわり」を経験することよって、生まれる学びについて検証した。ボールゲーム単元のゴール型ゲームにおいて、対象グループとした児童5名の行動や発言、対話の様子などを中心に文字に起こした。このデータを分析する中で、単元を通して大きな変化が見受けられる児童Mを抽出した。単元序盤、ゲームでの動き方がわからずに戸惑う様子が見られた児童Mが、教師や仲間からの指示・誘導により、ゲームでの動きを習得し、単元終盤には自分から仲間にゲームでの動き方を指示することができた。この児童の具体的な行動を、3つのカテゴリーに分類し、単元を通した変化過程を時系列に沿って検証した。これらの検証の結果、児童が学びを実現させる中で生じる「葛藤」や「まさつ」が明らかになり、これらが学びの実現につながる過程には、教師の学習課題に則した働きかけや仲間からの働きかけが大きく影響していることが明らかになった。

    DOI

  • ビーチバレーボール選手のスパイクジャンプに関する3次元動作解析 : バレーボール選手と比較して

    道本 祥宜, 矢野 勝, 本山 司, 山口 明紀, 植田 真帆, 村瀬 浩二

    和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編 ( 和歌山大学教育学部 )  68 ( 2 ) 173 - 180   2018年02月

     概要を見る

    本研究は、男子のビーチバレーボール選手とバレーボール選手を対象に、スパイクジャンプにおける助走・踏切局面に着目した3次元動作分析からそれぞれのスパイクジャンプ動作の違いを明らかにし、今後の指導の一助とすることを目的とした。被験者は、男子ビーチバレーボール選手(平均26.2±4.4歳)とバレーボール選手(平均23.6±1.8歳)、各5名とした。それぞれスパイク動作を全力で行い、1歩助走と被験者が一番高く跳べるフリー助走の2種類を行った。その結果、踏切右足が接地する際、ビーチバレーボール選手の足の裏の面は砂に対してフラットとなっているのに対し、バレーボール選手は踵接地で足の裏の面はネットに向いていることが明らかになった。また、ビーチバレーボール選手はバレーボール選手に比べ、踏切歩幅が狭く踏切時に膝関節と股関節が屈曲し、膝関節および股関節の可動域を大きく活用して跳躍していることが示唆された。腕振りに関しては、ビーチバレーボール選手は両足に力を加えるために腕を振り下げているのに対し、バレーボール選手は右足に力を加えるために腕を振り下げており、両者とも体をあげるために腕の振り上げ動作を行っていると考えられる。

    DOI

  • 体育分野における小中接続を円滑にするために各領域に求められる資質・能力 : 新学習指導要領の実技内容に対応して

    村瀬 浩二, 林 修, 片渕 美穂子, 池田 拓人

    和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編 ( 和歌山大学教育学部 )  68 ( 2 ) 7 - 15   2018年02月

     概要を見る

    体育分野における小中の円滑な接続を、小中の各領域において実践すべき内容を明示し、小学校までに習得することが望ましい資質・能力と、中学校で新たに求められる資質能力について各領域を対象に考察した。このなかで、各領域それぞれの資質・能力と人間性に関わる能力の重要性が示唆された。さらに、全領域において認識や表現、メタ認知を強化する補助器具としてICT機器の必要性も示唆された。

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 教師のためのアドラー心理学(連載) パーソナリティの統一性

    ( 担当: 単著)

    大修館書店『体育科教育』第68巻第5号58-59  2020年04月 

  • 真正の「共生体育」をつくる

    梅澤秋久, 苫野一徳, 村瀬浩二, 他16名( 担当: 共著,  担当範囲: 第9章、第19章、第20章)

    大修館書店  2020年03月  ISBN: 4469268860

     概要を見る

    第9章 「気になる子」と周囲の関わり
    第19章 中学校体育でのアダプテーションゲーム-チーム全員が活躍するために
    第20章 複式学級に見る異年齢の共生体育

  • 教師のためのアドラー心理学(連載) 優越性の追求と共同体感覚

    ( 担当: 単著)

    大修館書店『体育科教育』第68巻第4号 58-59  2020年03月 

  • 中学校体育でのアダプテーションゲーム

    村瀬 浩二( 担当: 単著)

    大修館書店、体育科教育(67)6  2019年05月 

     概要を見る

    中学校体育授業における男女共習や体力差など、様々な「差」を包括しようとする試みである、アダプテーションゲームの実践報告を記した。

  • 複式学級に見るインクルーシブ体育

    村瀬 浩二( 担当: 単著)

    大修館書店、体育科教育(66)9  2018年09月 

     概要を見る

    複式学級における観察から、様々な差を吸収しようとする子ども達の学びにおける「みんなで楽しむ雰囲気」を取り上げ、これを生涯スポーツへの能力として捉えた。

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 学校体育に関する生徒の意識調査(高校生の意識)

    神奈川県立体育センター 

    2008年03月
     
     

  • 学校体育に関する生徒の意識調査(3年継続研究のまとめ)

    神奈川県立体育センター 

    2008年03月
     
     

  • 学校体育に関する生徒の意識調査(中学生)

    神奈川県立体育センター 

    2007年03月
     
     

  • 国民体育大会神奈川県代表選手の健康管理と健康調査事業(平成6年-21年)

    1995年
     
     

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Resistance to Adaptation game :A practical study of Adaptation Games in a unit of Basketball

    村瀬 浩二

    6th International Game Sense Conference, Tokyo  2019年11月  

  • 和歌山大学での教育実践による地域活性化事業の取り組み―感想文の分析から―

    村瀬浩二, 本山貢, 寺川剛央, 豊田充崇, 永井邦彦

    日本教育大学協会研究集会  2019年10月05日  

  • Consideration of causal relation between industry and exercise competence

    村瀬 浩二

    24th European College of Sports Science,Prague  2019年07月  

  • ゴール型ゲームにおける児童の学びと人間関係の変化:小学校高学年を対象として

    井沼 瑶, 村瀬 浩二, 古田 祥子

    日本体育学会大会予稿集  2019年   一般社団法人 日本体育学会

     概要を見る

    <p> 本研究では、小学校体育のゴール型ゲーム単元における児童の学びと人間関係について検証した。単元を通して、対象としたグル―プの児童5名の行動や発言を観察、記録した。観察記録をもとに、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)による分析を行った。</p><p> 本研究においては、学びの中でも特に、「作戦」に焦点を当て、対象チームの作戦タイムで話し合う内容の変化や、作戦タイムでの話し合いがゲーム場面にどう反映しているかを明らかにすることとした。単元序盤、対象チームの児童は、チームでの作戦タイムにおいて、ゲームの出場メンバーに関する話し合いのみであった。しかしチームの中に、授業に消極的な態度を見せる児童Aがおり、チームの3人のメンバーは、児童Aを練習やゲームに参加させようと働きかけを行っていた。しかし、児童BはAに対し、否定的態度をもっており、チームから排除しようとする行動や発言が見られた。単元中盤に、児童Aがゲームの中で活躍を見せる場面があった。これ以降、チームのメンバーは児童Aを中心にチームの作戦を立てて実行し、作戦タイムにおいて作戦について話し合うようになった。</p>

  • 11教-11-ポ-16 中学校バスケットボール単元におけるアダプテーションゲームの実践:アダプテーションの変化を中心に

    村瀬 浩二, 井沼 瑶, 古田 祥子

    日本体育学会大会予稿集  2019年   一般社団法人 日本体育学会

     概要を見る

    <p> 中学校1年生のバスケットボール単元を対象に、アダプテーションゲーム(Henninger & Richardson,2016)を実践した。アダプテーションは「調整」を意味し、ゲームにおいて成功を収めなかったチームが、ルールや場の調整を要求できるゲームであり、それらを考える場面に学びが生まれる。例えば、最初に得点をもらう、人数を減らすといった要求である。本単元は、1年生2クラスを対象とし、10時間で実践された。単元の序盤4時間は得意なレイアップシュートコースを見つける、見つけたコースからシュートを打つといった技能の獲得に充てられた。アダプテーションゲームは5時間目から導入され、チームに対するアダプテーションから個人に対するアダプテーションへと展開した。本来のアダプテーションゲームではチームに対するアダプテーションの要求であったが、本実践はこれを個人化することを試みた。本研究は、この単元の中での生徒から出されたアダプテーションの変化から、生徒に生まれた学びを分析する。</p>

全件表示 >>

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 日中の子どもの体力比較

    2016年08月
     
     
     

    国際研究交流

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 異学年合同・複式授業の「指導と評価の一体化」を推進する遠隔研修プログラムの開発

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 広義のインクルーシヴ体育における資質・能力育成の実証的研究-ケアに着目して

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 体育授業におけるフロー体験につながる自律的な勤勉性の育成

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 学校体育における教育学的ケアリングに関する実証的研究

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 体育学習におけるフロー体験を支える勤勉性とそれに影響する要因

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    基盤研究(C)  代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • 教育学部寄附金(公益財団法人マツダ財団)

    2020年11月
    -
    2023年03月
     

    研究助成  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 講師

    2019年11月
    -
    継続中

    和歌山県庁 令和元年度「武道等指導充実・資質向上支援事業」に係る令和元年度体育・保健体育指導力向上プログラムモデル校授業研究会

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年11月~

  • 令和元年度体育・保健体育指導力向上プログラムモデル校授業研究会

    2019年11月
     
     

    和歌山県教育委員会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    研究授業における指導・助言,日付:2019年11月7日

  • 和歌山大学附属小学校教育研究協議会指導助言者

    2019年11月
     
     

    和歌山大学附属小学校

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    事前に行われた公開研究授業を対象とした解説。

  • 講師

    2019年10月
    -
    継続中

    和歌山県庁 令和元年度「武道等指導充実・資質向上支援事業」に係る令和元年度体育・保健体育指導力向上プログラムモデル校授業研究会

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年10月~

  • 講師

    2019年10月
    -
    継続中

    和歌山県庁 和元年度「武道等指導充実・資質向上支援事業」

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2019年10月~

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 委員

    2020年03月
    -
    2021年03月
     

    「小学校体育(運動領域)指導の手引」作成協力者会議

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2020年4月~2021年3月

  • 助言・指導

    2020年02月
    -
    2021年02月
     

    スポーツ庁「小学校体育(運動領域)指導の手引」作成協力者

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    助言・指導,任期:2020年2月~2021年2月

  • 育成プログラム作成委員会委員

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    平成31年度和歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    育成プログラム作成委員会委員,任期:2019年4月~2020年3月

  • 理事

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    大阪体育学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員,任期:2

  • 委員

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    平成30年度和歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト育成プログラム作成委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2018年4月~2019年3月

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 梶取保育園運動実践及びボランティア派遣

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    梶取保育園における運動実践と夏祭り等へのボランティア派遣,実施者:和歌山市梶取保育園

  • 梶取保育園運動実践及びボランティア派遣

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    梶取保育園における運動実践と夏祭り等へのボランティア派遣,実施者:和歌山市梶取保育園

  • 梶取保育園運動実践及びボランティア派遣

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    梶取保育園における運動実践と夏祭り等へのボランティア派遣,実施者:和歌山市梶取保育園

  • 梶取保育園運動実践及びボランティア派遣

    2016年04月
    -
    2017年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    梶取保育園における運動実践と夏祭り等へのボランティア派遣,実施者:和歌山市梶取保育園