井伊 博行 (イイ ヒロユキ)

写真a

所属

システム工学部 環境科学メジャー

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学   自然科学研究科   環境科学  

  • 千葉大学   Graduate School, Division of National Science and Technology  

  •  
    -
    1982年

    千葉大学   理学部   地学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学修士

  • 博士(理学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年
    -
    1999年

    和歌山大学 助教授

  • 1996年
    -
    1999年

    和歌山大学

  • 1989年
    -
    1996年

    清水建設(株) 研究員

  • 1989年
    -
    1996年

    Shimizn corporation, Researcher

  • 1987年
    -
    1989年

    日本原子力研究所 研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本鉱物学会

  • 日本地下水学会

  • 日本水環境学会

  • International Association of Hydrogeologists

  • 日本沙漠学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 水工学

  • 環境・農学 / 環境動態解析

  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   生態環境実験実習Ⅰ   専門教育科目
  • 2021年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2021年度   地球科学Ⅰ   専門教育科目
  • 2021年度   水土環境実験実習B   専門教育科目
  • 2021年度   生態環境実験実習Ⅱ   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2016年度   海藻を用いた鉱山での金属汚染指標

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   システム工学グローバル講究Ⅰ   博士後期
  • 2021年度   システム工学特別研究   博士後期
  • 2021年度   システム工学特別講究Ⅱ   博士後期
  • 2021年度   システム工学特別講究Ⅰ   博士後期
  • 2021年度   システム工学研究ⅡB   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   紀伊半島学Ⅰ   その他
  • 2017年度   紀伊半島の環境と災害   その他
  • 2011年度   紀伊半島学Ⅰ   その他
  • 2008年度   自然環境・環境保全研究(サテライト科目)   その他
  • 2007年度   自然環境・環境保全研究(サテライト科目)   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 水文学

  • 地球化学

  • 環境地質学

  • Hydrology

  • Geochemistry

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ASSESSING BENTHIC ANIMAL AND WATER PLANT USE IN ESTIMATING RIVER AL AND CR CONTAMINATION IN THE KINOKAWA RIVER CATCHMENT

    Takuma Kubohara, Hiroyuki Ii

    International Journal of GEOMATE   22 ( 94 ) 59 - 65   2022年06月  [査読有り]

    DOI

  • Modeling of the groundwater flow system in excavated areas of an abandoned mine

    Shingo Tomiyama, Toshifumi Igarashi, Carlito Baltazar Tabelin, Pawit Tangviroon, Hiroyuki Ii (担当区分: 責任著者 )

    Journal of Contaminant Hydrology ( ELSEVIER )  230   103617 - 103617   2020年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This study evaluated the assumption that back-filled excavated areas of old mine workings can be modeled as porous media, where groundwater flow is governed by Darcy's law. The Yatani mine, located in Yamagata Prefecture, Japan, was selected for this study because several mining methods were used during its operation and detailed drawings of the excavated areas of the mine are available. The model was calibrated using combinations of hydraulic conductivities (k), with the best-matched case being selected by comparing calculated and measured AMD fluxes. Modeled AMD fluxes along the drainage tunnel (−2 L level) were consistent with measured data when the excavated areas were considered to be porous media with a specific hydraulic conductivity, and the presence of faults and permeability were taken into account. The model also successfully predicted the increasing trend of AMD flux from the shaft to adit mouth. In the numerical model, the back-filled excavated areas were assumed to behave as porous media, which was shown to be a valid assumption in this mine. The model demonstrated that back-filling the excavated areas and drainage tunnel with low permeability materials could reduce the flux of Zn in AMD by up to 61%.

    DOI

  • ZN AND FE CONTAMINATION INDEX FOR RIVER USING RIVER INSECTS AND WATER PLANTS IN THE KINOKAWA RIVER CATCHMENT

    Takuma Kubohara, Hiroyuki Ii (担当区分: 責任著者 )

    International Journal of GEOMATE ( GEOMATE INT SOC )  19 ( 75 ) 76 - 83   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    It has not been studied whether river insects and water plants are useful for an index of Zn and Fe contamination in the Kinokawa River catchment. Useful species as an index of Zn and Fe contamination needs a high concentration in a contaminated area, a low concentration in a non-contaminated area and a high and a wide range of their concentrations. Zn and Fe concentrations of crane fly larva around the closed Cu mine were high (88 to 420 and 1,300 to 9,300 mg/kg-dry fo rZn and Fe). Zn and Fe concentrations of bryophyte around the closed Cu mine were high (34 to 8,900 and 110 to 58,000 mg/kg-dry for Zn and Fe). Crane fly larva (81 to 420 and 110 to 9,300 mg/kg-dry for Zn and Fe) in river insects and bryophyte (24 to 8,900 and 110 to 58,000 mg/kg-dry for Zn and Fe) in water plants had high and a wide range of Zn and Fe concentration. Therefore, it was thought that crane fly larva and bryophyte were useful species for an index of Zn and Fe contamination. Zn concentrations of Pottiaceae and Fe concentrations of Brachytheciaceae around the Cu mine area (75 to 8,900 for Pottiaceae and 940 to 58,000 mg/kg-dry for Brachytheciaceae) were high. Pottiaceae (75 to 8,900 mg/kg-dry for Zn) and Brachytheciaceae (220 to 58,000 mg/kg-dry for Fe) had high and a wide range of metal concentration. Therefore, Pottiaceae for Zn and Brachytheciaceae for Fe were useful species for an index of metal contamination.

    DOI

  • Relationship between rain clouds direction, topography and amount of precipitation in between the Osaka Plain and the south Ikoma Mountains, middle of Japan

    Hiroki Nishiwaki, Hiroyuki Ii (担当区分: 責任著者 )

    International Journal of GEOMATE ( GEOMATE INT SOC )  18 ( 65 ) 34 - 40   2020年  [査読有り]

     概要を見る

    The area between from the Osaka Plain to the Ikoma Mountains faces sea at only west direction and is surrounded by mountains at the other directions. Then, rain clouds can directly encounter the Ikoma Mountains only from west direction before crossing any mountains. On the other hand, rain clouds cannot encounter the Ikoma Mountains from the other directions before crossing surrounding mountains. Only when rain clouds migrated from west direction, amounts of precipitation in the Ikoma Mountains were observed to be 41 % higher than in the Osaka Plain. The altitude difference between both areas is about 400 m. When rain clouds migrated from the other directions, both amounts of precipitation for the Ikoma Mountains and the Osaka plain were almost the same. Therefore, altitude effect of amounts of precipitation for foot of mountain and top of mountain was observed only when rain clouds directly encountered the mountain before crossing the other mountains.

    DOI

  • Zooplankton species richness and abiotic conditions in Thirlmere Lakes, New South Wales, Australia, with reference to water-level fluctuations

    Tsuyoshi Kobayashi, Martin Krogh, Hiroyuki II, Russell J. Shiel, Hendrik Segers, Joanne Ling, Simon J. Hunter, Timothy Pritchard (担当区分: 責任著者 )

    Australian Zoologist   41 ( 1 ) 107 - 123   2020年  [査読有り]

     概要を見る

    Water-level fluctuations can have significant effects on lake biological communities. Thirlmere Lakes are a group of five interconnected lakes located near Sydney. Water levels in Thirlmere Lakes have fluctuated over time, but there has been a recent decline that is of significant concern. In this study, we examined over one year the species composition and richness of zooplankton (Rotifera, Cladocera and Copepoda) and abiotic conditions in Lakes Nerrigorang and Werri Berri, two of the five Thirlmere lakes, with reference to lake water level. We recorded a total of 66 taxa of zooplankton, with the first report of the rotifer Notommata saccigera from Australia, and the first report of the rotifers Keratella javana, Lecane rhytida and Rousseletia corniculata from New South Wales. There was a marked difference in abiotic conditions between the two lakes, with more variable conditions in Lake Nerrigorang. There was a significant positive correlation between zooplankton species richness and lake water level but only for Lake Nerrigorang. Although the two lakes are closely situated and thought to be potentially connected at high water levels, they show distinct ecological characters and the effect of water-level fluctuations on zooplankton species richness seems to differ between the lakes.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 水文環境図「紀の川平野」

    町田 功, 井伊博行( 担当: 共著,  担当範囲: 地下水の水質)

    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター  2021年02月 

  • 日本の水環境 5 近畿編

    技報堂出版  2000年 

  • 沙漠工学

    森北出版(株)  1999年 

  • 建設のニューフロンティア構想と先端材料

    大浜, 嘉彦, 三橋, 博三, 井伊, 博行

    技報堂出版  1995年06月  ISBN: 4765524183

  • Geological Basis for Radioactive Waste Disposal

      1995年 

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 休廃止鉱山を対象とした地下水流動のモデル化に関する研究

    富山眞吾, 井伊博行, 五十嵐敏文

    資源・素材学会春季大会(Web)   2017   2017年  [査読有り]

  • 紀の川の水環境 紀の川の概要

    井伊博行 (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    水環境学会誌   40(A) ( 7 )   2017年  [査読有り]  [招待有り]

  • Cu, Zn and As pollution of river insect, plant and water along the metal mine tailing in Waidani area, Okayama prefecture, Japan

    Hiroyuki Ii, Shota Kumano, Akio Nishida (担当区分: 責任著者 )

    International Conference on Marine and Freshwater Environments, iMFE 2014     2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Comparing metal concentration and distribution for river insect larva in metal contaminated and not contaminated areas, dobsonfly was clarified to be an effective indicator for metal contamination. The Waidani area was selected as metal contaminated area. Although the maximum concentration of effluent for Cu, Zn and As was 0.18, 1.5 and 0.07 mg/l, under the Japanese Effluent Standard, the maximum metal load for Cu, Zn and As reached 35, 250 and 9 kg per year, abundant of Japanese diving beetles, were only found and then specialized condition was thought to be made by the effluent. Cu, Zn and As concentrations of dobsonfly and the other river insect larva were measured in the mine areas including the Waidani mine, limestone area and not contaminated area. Dobsonfly, just one specie, Protohermes grandis, was able to cover wide concentration range for Cu (several 10 to several 1000 ppm), Zn (several 100 to several 1000 ppm) and As (0.000 to 400 ppm) and had a wide distribution. Then, its concentration was depended on metal contamination. Although the other insects had wide concentration ranges and wide distributions as well as dobsonfly, they have many kinds of species. Therefore, their concentration did not depend on metal contamination but also species.

  • 酸素同位体比を利用した低湿度環境における表層水の蒸発率測定法の提案

    宮原 啓, 井伊 博行, DAHLHAUS Peter

    水工学論文集 土木学会水工学委員会 編 ( 土木学会 )  58   1603 - 1608   2014年

  • 釧路湿原における湧水帯の推定及び水質による池沼等の類型化

    土原健雄, 井伊博行, 吉本周平, 石田聡

    日本地下水学会講演会講演予稿   2014   2014年

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • アジア内陸部起源の風送ダストの発生メカニズムおよび長距離輸送過程

    1999年
     
     

  • アクチノイド環境動態解析のための地表水及び地下水の地球化学

    1999年
     
     

  • Studies on origin and transport of aeolian dust and its impact on climate

    1999年
     
     

  • Geochemistry of surface water and groundwater about actinide

    1999年
     
     

  • 物質トレーサによる水循環調査の新たな手法の開発

    1996年
    -
    1998年

全件表示 >>

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 支部功労表彰

    受賞者:  井伊博行

    2014年12月   (公社)水環境学会   関西支部での幹事として長年水環境学会の発展と環境保全の普及に貢献した点の評価  

  • 最高論文賞

    受賞者:  井伊博行

    2014年11月   2014年 国際地質技術・建設材料・環境会議   志津木鉱山、鉛山鉱山の海藻中の銅、亜鉛、砒素汚染  

  • 環境科学会 論文賞

    受賞者:  小川祐美, 中杉修身, 西川雅高, 井伊博行, 平田健正

    2003年05月   環境科学会   GISを用いた茶栽培流域における水質評価法の検討  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 紀の川流域のアルミニウム、クロム汚染に対しての指標底生動物と植物について

    窪原拓馬, 井伊博行

    11th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment, Kyoto, Japan  2021年11月04日  

  • 生育場所の重金属環境を変えた場合の大阪湾の牡蠣の重金属濃度の変化

    深野哲也, 井伊博行

    9th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment, Tokyo, Japan  2019年11月21日  

  • 岡山、鳥取東部の河川水の同位体比と苔中の銅、亜鉛、鉛、砒素濃度のマッピング

    井伊博行, 吉村雅仁

    4th Int. Conf. on Science, Engineering & Environment (SEE) Nagoya, Kyoto  2018年11月13日  

  • セミの殻と苔を使った銅、亜鉛、鉛、砒素、ニッケル、クロム汚染の新しい生物指標の有効性について

    井伊博行

    4th Int. Conf. on Science, Engineering & Environment (SEE) Nagoya, Kyoto  2018年11月13日  

  • 奈良県御所市の水泥、新田東佐味トンネル周辺の水の同位体とヒ素濃度

    井伊博行

    7th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment, Mie, Japan  2017年11月23日  

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 砂採取用補助器具

    特許番号: 3694748

    登録日: 2005年07月08日 

    出願日: 2003年05月13日 ( 特願2003-134488 )   公開日: 2004年12月02日 ( 特開2004-340604 )  

    発明者: 石塚正秀、井伊博行、平田健正  出願人: 国立大学法人和歌山大学

  • 蒸発率推定方法、蒸発率推定システム、蒸発率推定用プログラムおよび記録媒体

    出願日: 2010年08月16日 ( 特願2010-181967 )   公開日: 2012年03月01日 ( 特開2012-42255 )  

    発明者: 井伊博行、宮路和葉、宮原啓  出願人: 国立大学法人和歌山大学

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 豪州、ビクトリア州の硝酸性窒素汚染の解明

    2018年03月
     
     
     

    国際研究交流

  • 豪州、ビクトリア州の硝酸性窒素汚染の解明

    2018年03月
     
     
     

    国際研究交流

  • 豪州、ビクトリア州の硝酸性窒素汚染の解明

    2018年03月
     
     
     

    国際研究交流

  • 豪州、ビクトリア州の硝酸性窒素汚染の解明

    2018年03月
     
     
     

    国際研究交流

  • 豪州、ビクトリア州の硝酸性窒素汚染の解明

    2018年03月
     
     
     

    国際研究交流

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • トンネルを使った大規模、長期排水実験による地下構造物が地下水に与える影響評価

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 簡易窒素同位体分析による大和川流域の窒素循環の解析

    2004年04月
    -
    2006年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 水素・酸素同位体比を用いた大気中の水循環システムの解析

    2001年04月
    -
    2002年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 汚染された地下環境修復技術の評価と最適化に関する研究

    1999年04月
    -
    2002年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 環境同位体を用いた地下環境における物質の動態と起源の解明

    1998年04月
    -
    2001年03月
     

    基盤研究(C)  分担

全件表示 >>

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金(株式会社アート科学)

    2022年05月
     
     
     

    寄附金  代表

  • システム工学部寄附金(綾羽株式会社)

    2022年04月
     
     
     

    寄附金  代表

  • システム工学部寄附金(株式会社アート科学)

    2021年05月
     
     
     

    寄附金  代表

  • システム工学部寄附金(DOWAエコシステム株式会社)

    2015年11月
     
     
     

    寄附金  代表

  • システム工学部寄附金(DOWAエコシステム株式会社)

    2014年11月
     
     
     

    寄附金  代表

全件表示 >>

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • 模擬月土の模擬特性向上に関する研究 月の高地模擬土原料の調達性評価(その2)

    2018年06月
    -
    2019年03月
     

    受託研究  代表

  • 模擬月土の原料選定に関する研究

    2018年02月
    -
    2018年03月
     

    受託研究  代表

  • 模擬月土の模擬特性向上に関する研究 月の高地模擬土原料の調達性評価

    2017年09月
    -
    2018年02月
     

    受託研究  代表

  • 和歌山平野における地下水の化学性状把握

    2017年05月
    -
    2018年03月
     

    受託研究  代表

  • 和歌山平野における地下水の化学性状把握

    2016年05月
    -
    2017年03月
     

    受託研究  代表

全件表示 >>

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 研究業績評価会審査員

    2022年03月03日
     
     

    国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 人事部

     詳細を見る

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    当機構おいて任期付の研究員を採用するにあたり、応募者がこれまで行ってきた研究業績について審査し、採用の可否の審議を行う。

  • 令和3年度農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究「炭素貯留能力に優れた造林樹種の効率的育種プロジェクト」審査委員会委員

    2021年03月16日
     
     

    農林水産省 農林水産技術会議事務局

     詳細を見る

    農業

    上記職名欄公募研究課題に係る提案書の審査及び委託予定先の決定

  • 講演講師

    2020年11月06日
     
     

    和歌山県立向陽高等学校

     詳細を見る

    実験 実習

    本校生徒を対象に、実習等を交えた講座を担当していただく。

  • 非常勤講師

    2019年08月
    -
    継続中

    東京大学アイソトープ総合センター

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2019年8月~

  • Adjunct professor

    2019年04月
    -
    2020年03月

    University of Ballarat

     詳細を見る

    国際交流事業

    大学院学生の指導,相手国:豪州

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 和歌山県河川整備審議会委員

    2021年10月01日
    -
    2023年09月30日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    地域包括支援センター

    和歌山県が管理する河川の整備に関する方針、計画及び評価についての重要事項
    の調査審議

  • 和歌山県リサイクル製品認定審査会委員

    2021年09月01日
    -
    2023年03月31日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    廃棄物 リサイクル

    和歌山県リサイクル製品認定適否について、知事への意見具申

  • 脱炭素型農業実現のためのパイロット研究プロジェクト運営委員会運営委員

    2021年04月27日
    -
    2025年03月31日
     

    農林水産省 技術会議事務局

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究課題に係る研究実施計画案の策定及び研究推進方策の検討

  • 和歌山市入札監視委員会委員

    2021年04月01日
    -
    2023年03月31日
     

    和歌山市役所

     詳細を見る

    公共事業

    建設工事に係る入札及び契約手続きの運用や状況についての審議

  • 和歌山県建設工事等実績認定審査会

    2021年04月01日
    -
    2023年03月31日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    県が発注する建設工事及び建設工事に係る委託業務の条件付き一般競争入札における実績条件と同等の能力を有すると認められる者についての審査に関する事務

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 豪州 メルボルン東部の硝酸性窒素汚染の解明

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    メルボルン東部の農地の土壌水の研究,実施者:オーストラリア ビクトリア州 水資源省 michael

  • 豪州 メルボルン東部の硝酸性窒素汚染の解明

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    メルボルン東部の農地の土壌水の研究,実施者:オーストラリア ビクトリア州 水資源省 michael

  • タスマニア島の鉛、クロム汚染による地下水、河川水、植物の汚染について

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    デイキン大学と和歌山大学でお互い持ち出しで水循環の野外調査、水質分析を行っている。,実施者:豪州 ビクトリア州 デイキン大学 John Sherwood名誉准教授

  • 豪州 メルボルン東部の硝酸性窒素汚染の解明

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    メルボルン東部の農地の土壌水の研究,実施者:オーストラリア ビクトリア州 水資源省 michael

  • タスマニア島の鉛、クロム汚染による地下水、河川水、植物の汚染について

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    デイキン大学と和歌山大学でお互い持ち出しで水循環の野外調査、水質分析を行っている。,実施者:豪州 ビクトリア州 デイキン大学 John Sherwood名誉准教授

全件表示 >>