村田 順子 (ムラタ ジュンコ)

写真a

所属

教育学部 家政教育

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 奈良女子大学   人間文化研究科   社会生活環境学専攻  

  • 奈良女子大学   家政学研究科   住環境学専攻  

  • 奈良女子大学   家政学部   住居学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士

  • 家政学修士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2012年05月
    -
    継続中

    日本家庭科教育学会

  • 2011年04月
    -
    継続中

    国際家政学会

  • 社団法人 都市住宅学会

  • 日本建築学会

  • 日本家政学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   住生活論   専門教育科目
  • 2020年度   住まいの計画   専門教育科目
  • 2020年度   教師のための生活環境学   専門教育科目
  • 2020年度   初等教育内容論(家庭)   専門教育科目
  • 2020年度   初等教育演習(家庭)B   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   【選択】学校生活における児童・生徒の健康と安全   教養教育科目
  • 2019年度   【選択】小学校家庭科の授業づくり   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】学校生活における児童・生徒の健康と安全   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】小学校家庭科の授業づくり   教養教育科目
  • 2017年度   小学校家庭科の授業づくり   教養教育科目

全件表示 >>

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   課題研究(村田順子)   修士
  • 2020年度   探究のための教材開発-生活者視点の授業づ   その他
  • 2020年度   住居学特別演習   修士
  • 2019年度   住居学特論   修士
  • 2019年度   住居学特別演習   修士

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • The Elderly

  • 居住環境

  • 高齢者

  • 福祉施設

  • Housing Needs

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 小・中学校における家庭科住居領域の指導内容の変遷 : 学習指導要領と教科書の記述から

    村田 順子, 山本 奈美

    和歌山大学教育学部紀要. 自然科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編 ( 和歌山大学教育学部 )  68 ( 1 ) 55 - 61   2018年01月

     概要を見る

    小・中学校における家庭科住居領域は指導の困難さが指摘されている。その一因として、住居領域で何を指導すべきかが分かりにくいことがある。本研究は、住居領域における学習内容の明確化に向けた検討の基礎的資料に資することを目的とし、これまで住居領域で指導されてきた内容の変遷と課題について、学習指導要領および教科書の分析から明らかにした。

    DOI

  • THE HOME CARE SITUATION AND CAREGIVER’S CONSCIOUSNESS OF ODORS A Study of Odors in Home Care Environments

    Junko Murata, Megumi Mitsuda, Toshimi Tanamura (担当区分: 筆頭著者 )

    The Fifth International Conference on Human-Environment System ICHES2016 Nagoya     1 - 5   2016年11月  [査読有り]

  • 在宅介護の実態と介護環境の評価:在宅介護環境下におけるにおいに関する研究

    村田 順子, 光田 恵, 板倉 朋世, 毛利 志保, 棚村 壽三 (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    日本建築学会環境系論文集 ( 日本建築学会 )  81 ( 725 ) 599 - 606   2016年  [査読有り]

     概要を見る

     As post-war baby boomers reach old age, Japan is becoming a super aged society. Under these circumstances, the country's policy on welfare for the elderly has shifted toward the support of home- and community-based alternatives to nursing-home placement. Improving the home care environment is very important for family caregivers in order to lighten their burden.<br> The condition of a home environment affects its residents' quality of living. This study focused on the odors of elder care environments, as odors are one of the most important issues in long-term care environments. However, in home care for elderly people, insufficient data exists on evaluations of long-term care environments. The aim of this report is to clarify the actual condition of home care and how caregivers evaluate the care environment.<br> From December 2010 to January 2011, we conducted a questionnaire survey of caregivers living together with elderly who use long-term care insurance. Participants were 343 caregivers. The questionnaire was constructed with the basic attributes of the elderly and caregiver, care level and activities of daily living of the elderly person, care burden, odorous environments of the house, condition of the house, subjective evaluations of odors in the home care environment, and so forth.<br> The results were as follows;<br> 1) Nearly 40% of the caregivers were daughters of the elderly; 30% were daughters-in-law. More than 70% of the elderly were over 80years old, and 28% were certified as care level 4 or 5, which means they require substantial care or support in daily life. A total of 52% of the caregivers cared for the elderly without any support from other family members. Despite various services being available, most elderly people used only day services.<br> 2) Irrespective of the care level, home care for the elderly was a burden to the caregiver. Over 60% of the caregivers thought that it was difficult to contact their friends, maintain their social life, and invite people home.<br> 3) Among “the evaluation of residence as the care environment, ” the items caregivers were the most dissatisfied with were, in order, “many steps within the house, ” “ease of using bath, ” and, fourth, “the odors in the home.” Regarding the state of the elderly individual's room for the caregiver, the rate of dissatisfaction with the odor in the room was the highest.<br> 4) Excreta had the strongest and most unpleasant odor of all odors emitted in the home. A higher level of odor discomfort came from, in order, garbage, drainage, mold, and the body odor of the elderly (including hair, sweat, and bad breath). The odor intensity of excreta is related to the levels of certified care needed.<br> 5) Caregivers considered that urine, feces, and body odors were problematic in the care environment. The higher the care level became, the stronger the odors. Persons with higher care levels have low independence in excreta; this means that they have incontinence or use more portable toilets or diapers. A caregiver's consciousness of odor in the home was influenced by way of excreta.<br><br> This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 22360244

  • 伝統的木造住宅における維持管理の変遷と今後の継承:―ヒアリング調査による維持管理の実態把握と今後の課題―

    藤平 眞紀子, 村田 順子, 田中 智子

    日本家政学会誌 ( 一般社団法人 日本家政学会 )  66 ( 6 ) 272 - 283   2015年  [査読有り]

     概要を見る

    After assessing the current state of maintenance, performed primarily by residents, of traditional wooden houses along major streets, we examined the challenges for maintaining such wooden houses in the future, taking the streetscape into account. <br>  Residents work regularly and continually to keep their houses in good condition. To ensure that they can live in the house for a long time, they carry out repairs and improvements and take measures to prevent or retard deterioration of parts and materials. In this way, the continuity of occupation is maintained. Survey responses show that many residents incorporate regular home care as part of their daily schedule. On the other hand, the attitudes of residents regarding maintenance have changed over the years due to factors such as changes in family structure, aging of residents, and feelings regarding streetscapes and neighborhoods. Awareness of the need for maintenance and the importance of its continuity are required since it is connected to regular home care. It is also necessary to consider the long-term, not simply maintaining the house as a building, but also preserving tradition by adapting the feelings of family and past generations to contemporary life. Further study is needed on ways to facilitate not only self-help, but also cooperative and public assistance.

  • スウェーデンの介護予防事業に関する事例考察 高齢者の在宅生活継続を可能にする支援のあり方に関する研究

    村田順子, 田中智子

    日本建築学会計画系論文集 ( 日本建築学会 )  75 ( 652 ) 1423 - 1432   2010年06月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 高齢社会における在宅生活支援のあり方に関する研究 平成16年度~平成18年度科学研究費補助金、基盤研究(C)研究成果報告書

      2007年 

  • 高齢者の在宅生活継続のための居住環境整備に関する研究(博士論文)

    奈良女子大学  2007年 

  • 平成16年度 木津町における介護予防・介護サービスに関する住民利用意向調査報告書 第4次木津町老人保健福祉計画・第3次木津町介護保険事業計画の策定にあたって

    NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫  2005年 

  • 平成13年度 木津町における介護予防・介護サービスに関する住民意向調査報告書 第三次木津町老人保健福祉計画・第二次木津町介護保険事業計画の策定にあたって

    NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫  2002年 

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の在宅生活を支援する地域密着型サービスに関する研究

    2007年
    -
    2009年

  • スウェーデンにおける高齢者の在宅継続支援に関する研究

    2005年
    -
    2007年

  • 高齢社会における在宅生活支援のあり方に関する研究

    2004年
    -
    2006年

  • 虚弱高齢者の自立生活支援に関する研究

    2004年
     
     

  • 在宅高齢者の生活と住要求に関する研究~東大阪市の場合~

    2003年
    -
    2004年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • マイカー依存地域における高齢者の交通ニーズについて 第2報地域住民の外出支援ニーズ

    村田順子, 田中智子, 藤平真紀子

    日本家政学会第71回大会  2019年05月25日  

  • マイカー依存地域における高齢者の交通ニーズについて 第1報外出実態について

    田中智子, 村田順子, 藤平眞紀子

    日本家政学会第71回大会  2019年05月25日  

  • 5089 アンケート調査による街かどデイハウスの現状と課題 高齢者の地域居住に関する研究 その1

    村田 順子, 田中 智子

    建築計画  2018年07月20日   日本建築学会

  • 5090 訪問調査による街かどデイハウスの現状と課題 高齢者の地域居住に関する研究 その2

    田中 智子, 村田 順子

    建築計画  2018年07月20日   日本建築学会

  • 教員養成課程における授業実践力の育成事例:ーICTを活用した家庭科の授業づくりを通してー

    村田 順子, 山本 奈美, 今村 律子

    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集  2018年   一般社団法人 日本家政学会

     概要を見る

    <b>目的</b>:教員養成課程においては、学生の授業実践力の向上が課題である。授業実践力は「教える教科内容の理解と授業を行う力(授業を構想・準備し、授業の中で実現する力)」とされ、理解した教科内容を授業として再構築していくことが求められる。本報では、授業の「構想・準備」段階に焦点をあて、学生が主体的にICTを用いて授業・教材づくりを行い、実践力の育成を試みた事例を報告する。<br><b>方法</b>:中学校家庭科の住生活領域「災害に備える」を題材に、冬季に発生した災害を想定し、身近にある物で暖かく過ごす工夫について考える授業を構想するよう指示した。生徒が科学的根拠をもとに、効果的な方法や工夫を考えられる手立てとなるような教材づくりを目指した。用いた機材は、iPad、赤外線サーモグラフィカメラ、電子黒板である。学生の指導は教科教育・教科専門が連携して行った。授業の構想、教材づくりの過程を観察し、学生の気付きに着目し分析を行った。<br><b>結果</b>:授業の構想・準備の中で、学生には様々な気付きがあり、構想と準備を行きつ戻りつしながら授業に対する意識をスパイラル的に深めて行った。学生の気付きを教科内容と授業構想の双方の視点から意味づけられるよう支援することが必要であると考えられた。授業づくりにおけるICTの活用は学生の試行錯誤を促し、効果的な使い方を考えることが授業の構想・準備段階での授業実践力を高めることにもつながっていた。

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 高齢者住宅入居者の再転居を防ぐ「住まい」と「生活支援」に関する研究

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 住民参加型在宅福祉サービスにおける制度外介護予防事業参画の条件に関する研究

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 地域居住の継続に必要な「住まい」と「生活支援」に関する研究

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 住民の主体的活動による在宅生活支援システム構築に関する研究

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師

    2020年08月25日
     
     

    学校法人青葉学園 東京医療保健大学 和歌山看護学部

     詳細を見る

    非常勤講師

    本学講義「生活健康科学」

  • 非常勤講師

    2019年04月
    -
    2019年09月

    東京医療保健大学

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2019年4月~2019年9月

  • メディア出演等

    2013年06月29日
     
     

    ニュース和歌山

     詳細を見る

    研究成果に係る新聞掲載、テレビ・ラジオ出演

    土曜講座

  • 和歌山大学土曜講座

    2013年04月
     
     

    和歌山大学地域創造支援機構地域連携・生涯学習センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    コンセプト3.11人口減少社会への挑戦 地域で支える高齢期の生活,日付:6月1日

  • 第60回わだい浪切サロン

    2013年04月
     
     

    和歌山大学岸和田サテライト

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    高齢化する地域社会を考えるシリーズ② 地域で支える高齢期の生活,日付:平成26年3月19日

全件表示 >>

教員免許状更新講習、司書教諭講習等(受託事業) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   【選択】小学校家庭科の授業づくり(教員免許更新講習)
  • 2020年度   【選択】学校生活における児童・生徒の健康と安全(教員免許更新講習)

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 和歌山県大規模小売店舗立地審議会委員

    2020年06月01日
    -
    2022年05月31日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    和歌山県大規模小売店舗立地審議会委員に就任し、専門的立場から意見をいただく。

  • 指導助言者

    2018年11月
    -
    継続中
     

    第57回近畿地区中学校技術・家庭科研究大会(滋賀大会)分科会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    指導助言者,任期:2018年11月~

  • 和歌山県大規模小売店舗立地審議会委員

    2018年06月
    -
    2020年05月
     

    和歌山県大規模小売店舗立地審議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    和歌山県大規模小売店舗立地審議会委員,任期:2018年6月~2020年5月

  • まちづくり政策研究会委員

    2018年06月
    -
    2019年03月
     

    岬町まちづくり政策研究会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    まちづくり政策研究会委員,任期:2018年6月~2019年3月

  • 委員

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    日本家政学会 関西支部

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    役員,任期:2年

全件表示 >>