2024/06/21 更新

写真a

マグレビ ナビル
Nabil Maghrebi
所属
経済学部 経済学科
職名
教授
兼務
副学長、国際イニシアティブ基幹(副基幹長)
emailアドレス
emailアドレス
ホームページ
外部リンク

学歴

  • 1991年
    -
    1994年

    大阪大学   経済学研究科   経済学  

学位

  • Doctor of Economics

所属学協会

  • 1995年04月
    -
    継続中

    日本経営財務研究学会

  • 1994年04月
    -
    継続中

    日本経済学会

  • 1994年04月
    -
    継続中

    日本ファイナンス学会

研究分野

  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス / 市場価格変動性 グローバルイスラム金融

  • 人文・社会 / 経済政策 / 金融政策と金融市場 金融安定性

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む)

  • 2023年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2023年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2023年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2023年度   発展演習   専門教育科目

  • 2023年度   卒業研究   専門教育科目

  • 2023年度   専門演習   専門教育科目

  • 2023年度   International Financial MarketsB   専門教育科目

  • 2023年度   International Financial MarketsA   専門教育科目

  • 2022年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2022年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2022年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2022年度   発展演習   専門教育科目

  • 2022年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2022年度   専門演習Ⅱ   専門教育科目

  • 2022年度   卒業研究   専門教育科目

  • 2022年度   International Financial Markets B   専門教育科目

  • 2022年度   International Financial Markets A   専門教育科目

  • 2021年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2021年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2021年度   発展演習   専門教育科目

  • 2021年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2021年度   専門演習Ⅱ   専門教育科目

  • 2021年度   International Financial MarketsA   専門教育科目

  • 2021年度   International Financial MarketsB   専門教育科目

  • 2021年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2020年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2020年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2020年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2020年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2020年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目

  • 2020年度   発展演習   専門教育科目

  • 2019年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2019年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2019年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2019年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2019年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2019年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2019年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2019年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2019年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2019年度   専門演習Ⅱ   専門教育科目

  • 2019年度   卒業研究   専門教育科目

  • 2018年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2018年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2018年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2018年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2018年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2018年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2018年度   発展演習   専門教育科目

  • 2018年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2018年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2018年度   専門演習Ⅱ   専門教育科目

  • 2018年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2018年度   外国書講読-Readings in Finance and Economy   専門教育科目

  • 2018年度   専門演習A-Modern Finance Theory-   専門教育科目

  • 2018年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2018年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2018年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2017年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2017年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2017年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2017年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2017年度   発展演習   専門教育科目

  • 2017年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2017年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2017年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2017年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2017年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2017年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2017年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2017年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2016年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2016年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2016年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2016年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2016年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2016年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2016年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2016年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2016年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2016年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2016年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2016年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2016年度   専門演習A-Finance Theory -   専門教育科目

  • 2015年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2015年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2015年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2015年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2015年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2015年度   専門演習A-Finance Theory-   専門教育科目

  • 2015年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2015年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2015年度   基本文献研究   専門教育科目

  • 2015年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2015年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2015年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2014年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2014年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2014年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2014年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2014年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2014年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2014年度   International Financial Markets   専門教育科目

  • 2014年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2014年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2014年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2014年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2014年度   専門演習A-Finance Theory -   専門教育科目

  • 2014年度   外国書講読-Capital Markets and Financial Institutions   専門教育科目

  • 2014年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2013年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2013年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2013年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2013年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2013年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2013年度   基礎演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2013年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2013年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2013年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2013年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2013年度   専門演習A-Finance Theory -   専門教育科目

  • 2012年度   教職員海外派遣(長期)プログラムのため、教育活動の免除   教養教育科目

  • 2012年度   教職員海外派遣(長期)プログラムのため、教育活動の免除   教養教育科目

  • 2011年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2011年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2011年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2011年度   基礎演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2011年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2011年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2011年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2011年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2011年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2011年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2011年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2011年度   卒業論文(EC)   専門教育科目

  • 2010年度   ファイナンス論Ⅱ(ファイナンスⅡ)   専門教育科目

  • 2010年度   基礎演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2010年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2010年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2010年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2010年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2010年度   専門演習(EC)Ⅱ【専門演習Ⅱ及び卒業論文】   専門教育科目

  • 2010年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2010年度   ファイナンス論Ⅰ(ファイナンスⅠ)   専門教育科目

  • 2009年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2009年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2009年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2009年度   Japanese Finance and Economy   専門教育科目

  • 2009年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2009年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2009年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2009年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2009年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2009年度   投資分析   専門教育科目

  • 2009年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2009年度   Seminar on Social Science   専門教育科目

  • 2009年度   EC演習   専門教育科目

  • 2009年度   Mark Holmes教授の招待講義   専門教育科目

  • 2008年度   証券投資論   専門教育科目

  • 2008年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2008年度   外国書講読〔英〕   専門教育科目

  • 2008年度   投資分析   専門教育科目

  • 2008年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2008年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

  • 2008年度   専門演習Ⅱ及び卒業論文   専門教育科目

  • 2008年度   Seminar on Social Sciences   専門教育科目

  • 2008年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2007年度   投資分析   専門教育科目

  • 2007年度   外国書購読   専門教育科目

  • 2007年度   専門演習(3年)   専門教育科目

  • 2007年度   専門演習(4年)   専門教育科目

  • 2007年度   夜間主コース・専門演習   専門教育科目

  • 2007年度   Seminar on Social Sciences   専門教育科目

  • 2007年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2006年度   Seminar on Social Sciences   専門教育科目

  • 2006年度   国際化時代の文化と思想   教養教育科目

  • 2006年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2006年度   Foundations of Finance   専門教育科目

  • 2006年度   外国書購読   専門教育科目

  • 2006年度   証券投資論   専門教育科目

  • 2006年度   専門演習(3年)   専門教育科目

  • 2006年度   専門演習(4年)   専門教育科目

▼全件表示

【大学院】授業等

  • 2023年度   Islamic Law of Transactions   修士

  • 2023年度   ファイナンス   修士

  • 2023年度   Islamic Political Economy   修士

  • 2023年度   イスラーム金融・銀行   修士

  • 2023年度   Islamic Capital Markets   修士

  • 2023年度   イスラームファイナンス演習   修士

  • 2023年度   専門研究Ⅰ   修士

  • 2023年度   専門研究Ⅱ   修士

  • 2023年度   修了研究   修士

  • 2022年度   Islamic Law of Transactions   修士

  • 2022年度   ファイナンス   修士

  • 2022年度   Islamic Political Economy   修士

  • 2022年度   イスラーム金融・銀行   修士

  • 2022年度   Islamic Capital Markets   修士

  • 2022年度   イスラームファイナンス演習   修士

  • 2022年度   専門研究Ⅰ   修士

  • 2022年度   専門研究Ⅱ   修士

  • 2022年度   修了研究   修士

  • 2021年度   Islamic Political Economy   修士

  • 2021年度   Islamic Law of Transactions   修士

  • 2021年度   ファイナンス   修士

  • 2021年度   Islamic Capital Markets   修士

  • 2021年度   イスラーム金融・銀行   修士

  • 2021年度   イスラームファイナンス演習   修士

  • 2021年度   専門研究Ⅰ   修士

  • 2021年度   専門研究Ⅱ   修士

  • 2021年度   専門研究Ⅱ及び修士論文   修士

  • 2020年度   専門研究Ⅰ   修士

  • 2020年度   ファイナンス特殊問題   修士

  • 2019年度   エネルギー市場演習   修士

  • 2018年度   ファイナンス特殊問題   修士

  • 2017年度   ファイナンス特殊問題   修士

  • 2017年度   専門研究Ⅱ及び修士論文   修士

  • 2016年度   ファイナンス特殊問題   修士

  • 2016年度   専門研究Ⅰ   修士

  • 2015年度   ファイナンス特殊問題   その他

  • 2014年度   ファイナンス特殊問題   その他

  • 2013年度   ファイナンス特殊問題   その他

  • 2012年度   教職員海外派遣(長期)プログラムのため、教育活動の免除   その他

  • 2011年度   ファイナンス特殊問題   その他

  • 2010年度   ファイナンス特殊問題   その他

  • 2009年度   ファイナンス論   修士

  • 2009年度   Mark Holmes教授の招待講義   修士

  • 2008年度   ファイナンス特殊問題   修士

  • 2007年度   イスラミック資本市場Islamic Capital Markets   修士

  • 2007年度   ファイナンス特殊問題   修士

  • 2006年度   ファイナンス特殊問題   修士

▼全件表示

研究キーワード

  • 金融市場, エネルギー市場, 金融安定性, 市場ボラティリティ指数, グローバル イスラム金融

  • 国際金融市場・ファイナンス実証研究・オプション市場

論文

  • The Linkage between Stock Market and Government Responses to the Disease Outbreak

    Nabil ElMaghrebi

    Annals of the Economic Society of Wakayama University     2021年

  • Financial market impact on the real economy: An assessment of asymmetries and volatility linkages between the stock market and unemployment rate

    Mark J. Holmes, Nabil Maghrebi

    Journal of Economic Asymmetries ( Elsevier )  13   1 - 7   2016年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Using a GARCH-in-mean VAR procedure applied to US data, we find that stock market volatility impacts positively on the unemployment rate. We further identify asymmetries insofar as positive and negative shocks to stock market returns give rise to contrasting responses in unemployment consistent with both short-run complementarity and substitutability between capital and labour. Moreover, the impact from a negative shock is consistent with complementarity. The impact from a positive stock market shock is also consistent with complementarity albeit in the very short-run, whereas evidence consistent with substitutability between capital and labour predominates soon after thereby increasing the unemployment rate.

    DOI

  • Risk Sharing and Shared Prosperity in Islamic Finance

    Mirakhor, A, Nabil El Maghrebi

    Islamic Economic Studies   23 ( 2 ) 85 - 115   2015年  [査読有り]

  • Financial instability and the short-term dynamics of volatility expectations

    Nabil Maghrebi, Mark J. Holmes, Kosuke Oya

    Applied Financial Economics   24 ( 6 ) 377 - 395   2014年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This study provides new evidence of nonlinearities in the dynamics of volatility expectations during financial crises using Markov regime-switching models of model-free volatility indices. The regimes of changes in implied volatility in international financial markets are defined as function of market sentiment and a realignment process following forecast errors consistent with rational expectations. The results indicate that market returns and changes in forecast errors have indeed the potential of influencing the formation of volatility expectations. But the main force driving the dynamics of volatility expectations during periods of financial instability lies rather in the correlation with returns, reflecting market sentiment. The insignificance of the realignment process may be reflective of consensus beliefs that past information does not provide useful guidance during financial crises. It is forward-looking macroeconomic information and contemporaneous price movements that are more likely to shape the dynamics of volatility expectations. © 2014 © 2014 Taylor & Francis.

    DOI

  • Nonlinear adjustments of volatility expectations to forecast errors: Evidence from Markov-regime switches in implied volatility

    Kazuhiko Nishina, Nabil Maghrebi, Mark J. Holmes

    Review of Pacific Basin Financial Markets and Policies   15 ( 3 ) 1 - 23   2012年09月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper tests for nonlinearities in the behavior of volatility expectations based on model-free implied volatility indices. Using Markov regime-switching models, the empirical evidence from the German, Japanese and U.S. markets suggests that there are indeed regime-specific levels of volatility expectations. Whereas the regimes seem to be governed by the degree of serial correlation and adjustment to forecast errors, there is no evidence of significant leverage effects. The frequency of regime shifts in volatility expectations is affected by the onset of financial crises, which have the effect of increasing the likelihood of regimes driven by lower autoregressive effects and faster speeds of adjustment. The evidence suggests that despite the heterogeneous beliefs of market participants, implied volatility indices provide a measure of consensus expectations that can be useful in understanding the nonlinear behavior of volatility expectations during periods of financial instability. © 2012 World Scientific Publishing Co. and Center for Pacific Basin Business, Economics and Finance Research.

    DOI

  • Model-free implied volatility: From surface to index

    M. Fukasawa, I. Ishida, N. Maghrebi, K. Oya, M. Ubukata, K. Yamazaki

    International Journal of Theoretical and Applied Finance   14 ( 4 ) 433 - 463   2011年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose a new method for approximating the expected quadratic variation of an asset based on its option prices. The quadratic variation of an asset price is often regarded as a measure of its volatility AR, and its expected value under pricing measure can be understood as the market's expectation of future volatility AR. We utilize the relation between the asset variance and the Black-Scholes implied volatility AR surface, and discuss the merits of this new model-free approach compared to the CBOE procedure underlying the VIX index. The interpolation scheme for the volatility AR surface we introduce is designed to be consistent with arbitrage bounds. We show numerically under the Heston stochastic volatility AR model that this approach significantly reduces the approximation errors, and we further provide empirical evidence from the Nikkei 225 options that the new implied volatility AR index is more accurate in predicting future volatility AR. © 2011 World Scientific Publishing Company.

    DOI

  • Are there asymmetries in the relationship between exchange rate fluctuations and stock market volatility in pacific basin countries?

    Nabil Maghrebi, Mark J. Holmes, Eric J. Pentecost

    Review of Pacific Basin Financial Markets and Policies   9 ( 2 ) 229 - 256   2006年06月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper examines asymmetries in the dynamic relationship between foreign exchange fluctuations and stock market volatility in Pacific basin countries. The methodology is based on a dynamic covariance modelling that accounts for leverage effects and the asymmetric impact of currency fluctuations. There is evidence that appreciations are more conducive to lower volatility in currency markets than depreciations of equal magnitude. Market volatility tends to be ceteris paribus, more sensitive to bad news about equity than good news and more responsive to currency depreciations than appreciations. The results also suggest that bad news about equity accompanied with currency depreciations are likely to generate higher volatility in currency markets and have the potential of affecting the significance of leverage effects in stock markets. © World Scientific Publishing Co. and Center for Pacific Basin Business, Economics and Finance Research.

    DOI

  • Asian real interest rates, nonlinear dynamics, and international parity

    Mark J. Holmes, Nabil Maghrebi

    International Review of Economics and Finance   13 ( 4 ) 387 - 405   2004年  [査読有り]

     概要を見る

    This study tests for nonlinearities in the real interest differentials of four South East Asian economies with respect to Japan and the United States. The logistic and exponential smooth transition regression models are applied to monthly data over the sample period 1977M1-2000M3. There is evidence of nonlinearities in Asian real interest differentials where nonlinearities are often captured by the logistic smooth transition autoregressive (STAR) model. The extent of nonlinearities varies across the sample with the Singapore-Japan and Thailand-Japan differentials exhibiting the sharpest transition from one regime to another. Large shocks to real interest parity (RIP) are more likely to lead to the reestablishment of parity at a faster rate than small shocks. Modeling the nonlinear stochastic dynamics of RIP can thus be useful for policymaking purposes in recovering information on monetary and financial crises. © 2003 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI

  • Non-linearities, regime switching and the relationship between Asian equity and foreign exchange markets

    Mark J. Holmes, Nabil Maghrebi

    International Economic Journal   16 ( 4 ) 121 - 139   2002年  [査読有り]

  • Some Perspectives on the Shifting Dynamics of Economic Systems and the Changing Role of Faculties of Economics

    Nabil ElMaghrebi (担当区分: 筆頭著者 )

    和歌山大学経済研究年報   26   197 - 224   2022年09月

  • Preliminary Evidence on the Relation between Economic Uncertainty, Financial Stress and Liquidity Risk

    Nabil ElMaghrebi

    和歌山大学経済理論   408   17 - 34   2022年03月

  • Liquidity Traps and the Limits of Monetary Easing during Balance-Sheet Recessions

    Nabil ElMaghrebi (担当区分: 筆頭著者 )

    和歌山大学経済理論   400   47 - 62   2020年03月

  • Reconsidering the Role of Tobin’s Q: Nonlinearities in the Adjustment of Investment Expenditure

    Mark Holmes, Nabil Maghrebi

    Studies in Economics & Finance   32 ( 2 ) 222 - 234   2015年  [査読有り]

  • Conceptual Analysis of Islamic Home-Financing Models

    Holmes M.J, K. Oya, Nabil El Maghrebi

    ISRA International Journal of Islamic Finance   5 ( 1 ) 29 - 88   2013年  [査読有り]

  • Some Preliminary Evidence on the Relation between Market Volatility Expectations and Leading Indicators of the Japanese Economy

    Nabil El Maghrebi, Holmes, M.J

    Wakayama Economic Review ( 和歌山大学 )  367   87 - 105   2012年

    DOI

  • Market Volatility and Financial Regulation

    Nabil El Maghrebi

    Wakayama Economic Research Annals ( 和歌山大学 )  14   175 - 186   2010年

  • Reflections on the U.S. Housing and Credit Crisis

    Nabil El Maghrebi

    The Wakayama Economic Review ( 和歌山大学 )  351   23 - 41   2009年

  • Is there a connection between monetary unification and real economic integration? Evidence from regime-switching stationarity tests

    Mark J. Holmes, Nabil Maghrebi

    JOURNAL OF INTERNATIONAL MONEY AND FINANCE ( ELSEVIER SCI LTD )  27 ( 6 ) 958 - 970   2008年10月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigate the extent of real convergence among G7 economies in terms of long-rum real interest parity. A novel approach is applied where unit-root tests of real interest differentials are embedded within a Markov regime-switching framework. Whereas standard univariate unit-root tests provide little support for parity, we find real convergence is present after allowing for regime switches in real interest misalignments. However, differentials across members of the euro zone are likely to exhibit greater persistence despite nominal convergence. It is non-sequitur to infer from monetary unification that nominal convergence is necessarily conducive to real interest realignments or preventive of misalignments. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • The Bank of Japan monetary policy meetings and the behaviour of the Nikkei225 implied volatility index

    Nabil Maghrebi

    Osaka Economic Papers ( 大阪大学経済学会 )  57 ( 4 ) 84 - 99   2008年

    DOI

  • An Introduction to the Nikkei 225 Implied Volatility Index

    Nabil El Maghrebi

    The Wakayama Economic Review   336   35 - 55   2007年03月

  • The KOSPI200 implied volatility index: Evidence of regime switches in volatility expectations

    Nabil Maghrebi, Moo-Sung Kim, Kazuhiko Nishina

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF FINANCIAL STUDIES ( KOREAN SECURITIES ASSOC )  36 ( 2 ) 163 - 187   2007年  [査読有り]

     概要を見る

    This study develops a new KOSPI200 implied volatility index and examines its informational content and nonlinear dynamics. The construction of this new benchmark for volatility expectations follows the methodology for calculating the new VIX index from S&P500 options. The empirical evidence suggests that the expected level of volatility in the Korean stock market has been steadily falling since the inception of option trading and the onset of the Asian financial crisis. Implied volatility is found to reflect useful information on future volatility that is not contained in the history of returns, even after allowing for leverage effects. Markov regime-switching models suggest that nonlinearities in volatility expectations are not likely to be driven solely by the asymmetric impact of news but also by regime-dependencies in the realignment mechanism adjusting for forecast errors. The adjustment process is likely to be significant during regimes of lower volatility expectations but financial crises seem to elevate the level of anticipated volatility and impair its adaptive dynamics.

  • Are international real interest rate linkages characterized by asymmetric adjustments?

    Mark J. Holmes, Nabil Maghrebi

    Journal of International Financial Markets, Institutions and Money   16 ( 4 ) 384 - 396   2006年10月  [査読有り]

     概要を見る

    This study tests for asymmetries in the adjustment mechanism towards real interest parity using monthly data over the period 1973-2004 for the U.S. and a sample of other OECD economies. There is stronger evidence of long-run cointegrating relationships when an explicit distinction is made between decreasing and increasing deviations from equilibrium. The speed of mean-reversion tends to be fastest when momentum gathers for increasing rather than decreasing deviations. This evidence is consistent with asymmetric monetary policy responses where close linkages with respect to the U.S. are likely to be less prevalent in a regime of rising nominal interest rates and falling inflation. © 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • The dynamics of volatility transmission in real interest rates: How integrated are the G7 economies?

    Mark J. Holmes, Nabil Maghrebi

    European Review of Economics and Finance   4 ( 2 ) 43 - 64   2005年  [査読有り]

  • Issues in Financial Globalization

    Nabil El Maghrebi

    The Modern World and Japanese Economy, Wakayama University Press     71 - 78   1997年

  • Return dynamics of Japanese stock index options

    Kazuhiko Nishina, Nabil Maghrebi

    Japanese Economic Review ( 学術雑誌目次速報データベース由来 )  48 ( 1 ) 43 - 64   1997年  [査読有り]

  • Information Technology and Financial Issues

    Nabil El Maghrebi

    Research Notes of the Center for Information Science, Wakayama University   1   17 - 20   1997年

  • Some Preliminary Evidence on the Intermarket Pricing Relationship between Nikkei Stock Index Derivatives

    Nabil El Maghrebi

    Osaka Economic Papers ( 大阪大学 )  43 ( 2 ) 76 - 92   1994年

  • On Skewness Preference and Persistence Hypotheses

    Nabil El Maghrebi

    Japan Financial Review ( 日本証券経済研究所 )  15 ( 15 ) 17 - 34   1992年  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • Revisiting Islamic Economics: The Organizing Principles of a New Paradigm

    Nabil El Maghrebi, Abbas MIrakhor, Tarik Akin, Zamir Iqbal( 担当: 共著)

    Palgrave Macmillan; Switzerland  2023年12月  ISBN: 9783031411335

  • Handbook of Analytical Studies in Islamic Finance and Economics

    Nabil El Maghrebi, Tarik Akin, Zamir Iqbal, Abbas Mirakhor (Editors)( 担当: 共編者(共編著者))

    De Gruyer Publishing House, Berlin, Germany  2020年08月 

  • Intermediate Islamic Finance

    Nabil Maghrebi, Abbas Mirakhor, Zamir Iqbal( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2016年 

  • Islamic Finance: Political Economy, Performance and Risk (Editors Mehmet Asutay;Abdullah Turkistani)

    Muto Koji, Nabil Maghrebi, Abdullah Q. Turkistani( 担当: 共編者(共編著者),  担当範囲: Volume 1, Chapter 12- Understanding the Values and Attitudes in Islamic Finance and Banking)

    Gerlach Publishers, Berling, Germany  2015年02月 

  • Globalization and Civil Society

    Nabil Maghrebi( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Chapter- Ibn Khaldun Classic Theory of Development and the Globalization Process)

    International Institute for Advanced Studies  2011年  ISBN: 9784906671786

  • Advances in Pacific Basin Financial Markets vol.4

    Theodore Bos, Thomas A. Aetherston( 担当範囲: Chapter 13- Futures margin regulation and stock market volatility: Evidence from the Nikkei225 options market)

    Emerald Group Publishing Limited  1998年01月 

  • Issues in Contemporary Economies and Societies vol.2

    Hiroyoshi Kono, Kengo Uno, Mitsuru Suzuki( 担当範囲: Option Pricing in Japanese Markets)

    Toyokeizai Shimbunsha Publishers  1994年 

▼全件表示

Misc

  • The Nikkei225 Implied Volatility Index and the Behavior of Volatility Expectations in the Japanese Stock Market

    Nabil El Maghrebi, Nishina, K, M.S. Kim

    Proceedings of the 15th Annual Meeting of the Nippon Finance Association,Keio University, June 16-17, 2007, Tokyo, Japan     218 - 227   2007年06月

  • The International Linkage between Implied Volatility Indices and the Dynamics of Return Correlation

    Nabil El Maghrebi, Nishina, K

    Proceedings of the Asian Finance Association Conference 2005, July 11-13, 2005, Kuala Lumpur, Malaysia     2005年07月

  • The Impact of the Information Technology Bubble on Asian Equity Markets

    Nabil El Maghrebi, Nishina, K

    Proceedings of Asia Pacific Economics and Business Conference 2002, vol. 1, October 2-4, Kuching, Malaysia,     490 - 499   2002年10月

受賞(研究活動に関するもの)

  • リテラティ賞受賞者

    2021年12月   エメラルド出版   優秀評論家リテラティ学賞  

講演・口頭発表等

  • Economic Uncertainty, Natural Disasters, and Risk Sharing

    Nabil ElMaghrebi  [招待有り]

    International Conference on Climate Change, Sustainability, and International Cooperation (CLICS); Duzce University, Turkiye  2024年02月21日  

  • The Economics of Disease Outbreaks, Policy Responses and Challenges

    Nabil El Maghrebi  [招待有り]

    Online International Conference of Covid-19 (Concovid)  2020年06月12日  

  • Risk Sharing, Islamic Finance, and Economic Development

    Ibn Khaldun University Seminar Series, September 27, 2017, Istanbul, Turkey  2017年09月27日  

  • Risk Sharing and Shared Prosperity in Islamic Finance

    Nabil Maghrebi, Mirakhor, A

    Inaugural Conference of the World Bank Global Islamic Finance Development Center, WBGIFDC, September 8-9, 2015, Istanbul Turkey  2015年  

  • Conceptual Analysis of Islamic Home-Financing Models

    Seminars Series of the Islamic Economics Institute, King AbdulAziz University, Jeddah, Saudi Arabia, Malaysia, February 23, 2013  2013年02月23日  

  • Understanding the Values and Attitudes in Islamic Finance and Banking

    Nabil El Maghrebi, Muto K, A.Q. Turkistani

    Gulf Research Center Meeting, University of Cambridge, United Kingdom, July 11-14, 2012  2012年  

  • Economic Uncertainty and Model-Free Volatility Expectations

    BK, Seminar Series, College of Business Administration, Pusan National, University, March, Pusan, Korea

      2012年  

  • The Formation of Volatility Expectations during Financial Crises: Evidence from Markov-Regime Switches in Implied Volatility Indices

    Nabil Maghrebi, Nishina, K, M.J. Holmes

    APAD 2011, The 7th Annual Conference of the Asia-Pacific Association of Derivatives, August 25~26, 2011, Korea Derivatives Association, Seoul, Korea  2011年  

  • Risk Hedging and Derivatives Markets in Islamic Finance

    Industry Talk, International Center for Education in Islamic Finance, October 26, 2017, Kuala Lumpur, Malaysia  2017年  

  • Conceptual Analysis of Islamic Home-Financing Models

    Industry Talk Seminars Series of the International Center for Education in Islamic Finance, INCEIF, The Global University for Islamic Education, Kuala Lumpur, Malaysia, February 18, 2013  2013年02月18日  

  • Model-Free Volatility Expectations and Risk Perceptions during Financial Crises

    Nabil Maghrebi, Nishina, K, M.S. Kim

    The 5th International Conference on Asia Pacific Financial Markets, December 4, 2010, Korean Securities Association, The Westin Chosun Hotel, Seoul, Korea  2010年  

  • Monetary Policy Meetings and Market Volatility Anticipations

    BK21 Seminar Series, College of Business Administration, Pusan National University, February 26, 2010, Pusan, Korea  2010年  

  • Market Volatility Expectations around the Bank of Japan‘s Monetary Policy Meetings

    Nabil Maghrebi, M.S. Kim, Nishina, K

    Monetary Economics Workshop, Osaka University, Japan, May 29, 2010  2010年  

  • Perspectives on financial crises and economic globalization

    Seminar Series on Globalization and Civil Society, International Institute for Advanced Studies, February 13-14, 2009, Kyoto, Japan  2009年  

  • Estimation of Japanese equity risk with the model-free Nikkei225 implied volatility index

    Applied Statistics Workshop, The University of Tokyo, January 23, 2009, Tokyo, Japan  2009年  

  • Global financial crises and financial market volatility

    BK21 Seminar Series, College of Business Administration, Pusan National University, February 20, 2009, Pusan, Korea.  2009年  

  • Measuring economic uncertainty with the model-free Nikkei225 implied volatility index

    The 20th Anniversary of the Equity Index Futures Symposium of the Nikkei225 Futures, Osaka Securities Exchange, Osaka University and Nikkei Newspaper Digital Media, September 2, 2008, Osaka, Japan  2008年  

  • Market expectations of economic uncertainty around the Bank of Korea monetary policy meetings

    International Conference of the Asia-Pacific Association of Derivatives, June 26-27, 2008, Pusan, Korea (with Kazuhiko Nishina and MooSung Kim)  2008年  

  • The stochastic behavior of the Nikkei225 implied volatility index

    Center for the Study of Finance and Insurance, CSFI Workshop 2007, Osaka University, December 1-2, 2007, Osaka, Japan, (with Kazuhiko Nishina and MooSung Kim)  2007年  

  • The Nikkei225 implied volatility index and the behavior of volatility expectations in the Japanese stock market

    The 15th Annual Meeting of the Nippon Finance Association, Keio University, June 16-17, 2007, Tokyo, Japan, (with Kazuhiko Nishina and MooSung Kim)  2007年  

  • The Kospi200 implied volatility index and the dynamics of volatility expectations in the Korean stock market

    The BK21 Seminar Series, College of Business, Pusan National University, February 22, 2007, Pusan, Korea, (with MooSung Kim and Kazuhiko Nishina)  2007年  

  • New perspectives on the implications of globalization for civil society and human civilization

    Seminars on Globalization and Civil Society, International Institute for Advanced Studies, Nov. 17-18, 2006, Kyoto, Japan.  2006年  

  • Islamic Finance

    Research Seminars, Graduate School of Economics, Wakayama University, December 14, 2006, Japan  2006年  

  • The Kospi200 implied volatility index: evidence of regime shifts in expected volatility

    The First International Conference on Asia-Pacific Financial Markets, Dec. 8-9, 2006, Seoul, Korea, (with MooSung Kim and Kazuhiko Nishina)  2006年  

  • The international linkage between implied volatility indices and the dynamics of return correlation

    Asian Finance Association Conference 2005, July 11-13, 2005, Kuala Lumpur, Malaysia, (with Nishina Kazuhiko)  2005年  

  • The Dynamics of Volatility Transmission in Real Interest Rates: How Integrated are the G7 Economies?

    Holmes, M.J, Nabil Maghrebi

    The 14th Meeting of the New Zealand Econometric Study Group (NZESG), March 11-12, 2005, University of Canterbury, New Zealand  2005年  

  • Are there asymmetries in the relationship between foreign exchange fluctuations and stock market volatility in Pacific Basin countries?

    The 12th Annual Conference on Pacific Basin Finance, Economics, Accounting and Business, -Roads toward Sustainable Asian Economic Prosperity, August 10-11, 2004, Bangkok, Thailand, (with Mark J. Holmes and Eric Pentecost)  2004年  

  • The Impact of the Information Technology Bubble on Asian Equity Markets

    Asia Pacific Economics and Business Conference 2002, October 2-4, 2002, Kuching, Sarawak, Malaysia, (with Kim, M.S.)  2002年  

  • Vector autoregression study of South Korean stock market and exchange rate volatility

    Seminars in Business Administration, College of Business Administration, Pusan University, July 8, 1999.  1999年  

  • Environmental risks and financial returns: conflicts and compromises

    United Nations Development Program Conference Series on Religions of the World and Ecology, Harvard University, May 7-10, 1998  1998年  

  • Modern electronic finance: an Islamic perspective

    International Conference on Values and Attitudes in Science and Technology, September 3-6, 1996, Kuala Lumpur, Malaysia  1996年  

  • Return Dynamics of Japanese Stock Index Options

    Annual Conference of the Nippon Finance Association, June 1994, Tokyo, Japan, (with Nishina, K.)  1994年  

  • Technological Innovation and ESG Investment in the Japanese Energy Sector

    Hisatoshi Tanaka, Atsushi Nakashima, Nabil Maghrebi

    Geomate International Conference 2020, Melbourne, Australia   

  • Paradigm Shift in Natural Resources and Energy Policies

    Hisatoshi Tanaka, Atsushi Nakashima, Nabil Maghrebi

    Geomate International Conference 2020, Melbourne, Australia   

▼全件表示

科学研究費

  • 国際金融システム・金融安定性と金融政策

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • 金融リスクの計量化と統計的推測に関わる諸問題の解明

    2010年04月
    -
    2011年03月
     

    基盤研究(A)  分担

  • 金融市場のボラティリティと金融政策および経済変動との関係

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • 国際金融市場の統合と変動性に関する実証分析

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • 国際金融市場及びその制度に関する理論・実証分析

    2003年04月
    -
    2006年03月
     

    基盤研究(C)  代表

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等

  • 招へい教員(招へい教授)

    2023年04月01日
    -
    2024年03月31日

    大阪大学 数理・データ科学教育研究センター

     詳細を見る

    招へい教員

    ボラティリティ指標の開発、改良を担うVXJ研究グループのメンバーとして研究を行う

  • アソシエイトエディター 編集委員

    2023年02月15日
    -
    2026年02月15日

    INCEIF University ISRA Research Management Centre

     詳細を見る

    編集

    ・期間内にオンライン提出システムを通じて査読の実施
    ・受理された論文の質を確保するために編集者に原稿に関する推奨を行う
    ・関連する現行の提出を奨励し、招待することにより、IJOFを促進する。
    ・IJOFの影響力を高め、雑誌を評判の良い索引に掲載することに貢献する
    ・ジャーナルの読者層の継続的な成長を支援する。
    ・雑誌のテーマ別特集号について提案する。
    ・その他の形でIJOFの発展に貢献すること

  • 招へい教員(招へい教授)

    2022年04月01日
    -
    2023年03月31日

    大阪大学数理・データ科学教育センター

     詳細を見る

    招へい教員

    ボラティリティ指標の開発、改良を担うVXJ研究グループのメンバーとして研究を行う

  • 招へい教員(招へい教授)

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日

    国立大学法人大阪大学数理・データ科学教育研究センター

     詳細を見る

    研究

    ボラティリティ指標の開発、改良を担うVXJ研究グループのメンバーとして研究を行う

  • DeGruyter著書出版の編集委員長

    2019年04月
    -
    継続中

    Handbook of Analytical Studies in Islamic Finance and Economics

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    DeGruyter著書出版の編集委員長

  • Associate Editor

    2019年04月
    -
    継続中

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    Associate Editor

  • 学術雑誌論文査読

    2019年04月
    -
    継続中

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • マルマラ大学イスラム経済学・金融研究所アドバイザリーボード

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    国際交流事業

    Member, Advisory Board,相手国:Marmara University Institute of Islamic Economics and Finance, Istanbul Turkey

  • MMDS-VXJボラティリティ指数

    2019年04月

    MMDS-VXJ研究グループ 大阪大学数学・データ科学センター (Center for Mathematical Modelling and Data Science)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • メディア出演等

    2019年03月03日

    産経新聞

     詳細を見る

    研究成果に係る新聞掲載、テレビ・ラジオ出演

    特色ある研究・教育両立

  • DeGruyter著書出版の編集委員長

    2018年04月
    -
    継続中

    Handbook of Analytical Studies in Islamic Finance and Economics

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    DeGruyter著書出版の編集委員長

  • MMDS-VXJボラティリティ指数

    2018年04月

    MMDS-VXJ研究グループ 大阪大学数学・データ科学センター (Center for Mathematical Modelling and Data Science)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 学術雑誌論文査読

    2017年04月
    -
    継続中

    Quantitative Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • 学術雑誌論文査読

    2017年04月
    -
    継続中

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • MMDS-VXJボラティリティ指数

    2017年04月

    MMDS-VXJ研究グループ 大阪大学数学・データ科学センター (Center for Mathematical Modelling and Data Science)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 編集査読委員

    2016年04月
    -
    継続中

    その他

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等,任期:なし

  • MMDS-VXJボラティリティ指数

    2016年04月

    MMDS-VXJ研究グループ 大阪大学数学・データ科学センター (Center for Mathematical Modelling and Data Science)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 編集査読委員

    2015年04月
    -
    継続中

    その他

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等,任期:なし

  • MMDS-VXJボラティリティ指数

    2015年04月

    MMDS-VXJ研究グループ 大阪大学数学・データ科学センター (Center for Mathematical Modelling and Data Science)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 著書裏書き-"Introductory mathematics and statitics for islamic finance..." A. Mirakhor and N. Krichene

    2014年04月
    -
    継続中

    John Wiley & Sons出版

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    著書裏書き-"Introductory mathematics and statitics for islamic finance..." A. Mirakhor and N. Krichene

  • MMDS-VXJボラティリティ指数

    2014年04月

    MMDS-VXJ研究グループ 大阪大学数学・データ科学センター (Center for Mathematical Modelling and Data Science)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • メディア出演等

    2013年07月03日

    Tunis Afrique Presse

     詳細を見る

    研究成果に係る新聞掲載、テレビ・ラジオ出演

    Interview-Article

  • 学術雑誌論文査読

    2013年04月
    -
    継続中

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • 学術雑誌論文査読

    2013年04月
    -
    継続中

    Journal of Risk Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • 学術雑誌論文査読

    2013年04月
    -
    継続中

    Applied Economics

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • CSFI-VXJボラティリティ指数

    2013年04月

    CSFI-VXJ研究グループ 大阪大学金融保険教育研究センター(Center for the Study of Finance and Insurance)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 編集査読委員

    2012年04月
    -
    継続中

    その他

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等,任期:なし

  • CSFI-VXJボラティリティ指数

    2012年04月

    CSFI-VXJ研究グループ 大阪大学金融保険教育研究センター(Center for the Study of Finance and Insurance)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 編集査読委員

    2011年04月
    -
    継続中

    その他

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等,任期:なし

  • CSFI-VXJボラティリティ指数

    2011年04月

    CSFI-VXJ研究グループ 大阪大学金融保険教育研究センター(Center for the Study of Finance and Insurance)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 編集査読委員

    2010年04月
    -
    継続中

    その他

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等,任期:なし

  • CSFI-VXJボラティリティ指数

    2010年04月

    CSFI-VXJ研究グループ 大阪大学金融保険教育研究センター(Center for the Study of Finance and Insurance)

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本金融市場におけるボラティリティ指数の更新・公開普及(教育研究等のため)

  • 学術雑誌論文査読

    2009年04月
    -
    継続中

    Journal of Risk Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • Symposium on Islamic finance and banking: values and perceptions

    2009年04月
    -
    2010年03月

    Aye Mengistu 氏

     詳細を見る

    国際交流事業

    研究者招待・発表学会開催(和歌山大学・立命館アジア太平洋大学の共同開催),相手国:エチオピア

  • イスラム金融の勉強会

    2009年04月

    和歌山大学大阪の柑芦会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    イスラム金融入門・2010年3月10日

  • 研究わくわく人生塾

    2009年04月

    和歌山大学大阪の柑芦会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    米国の金融危機とグローバル金融市場の変動・2009年 7月 31日

  • 編集査読委員

    2008年04月
    -
    継続中

    その他

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集査読委員等,任期:なし

  • Public Lecture on Islamic Finance

    2008年04月

    アジアパシフィック立命館大学・アジア経済研究所・後援:サウディ大使館・日本経済新聞

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本における初のイスラミック金融の公開講義のために準備・招待・連携

  • 学術雑誌論文査読

    2007年04月
    -
    継続中

    Asia Pacific Journal of Financial Studies

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • 和大・UiTM(マラ工科大学)の協定

    2007年04月
    -
    2008年03月

    学生支援・国際交流理事

     詳細を見る

    国際交流事業

    UiTMの訪問・準備会議参加・協定の作成への貢献,相手国:マレーシア

  • 学術雑誌論文査読

    2006年04月
    -
    継続中

    International Review of Economics and Finance

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

  • 学術雑誌論文査読

    2006年04月
    -
    継続中

    International Economic Journal

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    学術雑誌論文査読

▼全件表示

学協会、政府、自治体等の公的委員

  • アドバイザリーボード委員

    2023年04月01日
    -
    2024年03月31日
     

    マルマラ大学イスラム経済学・金融研究所 Marmara University Institute of Islamic Economics and Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • アドバイザリーボード委員

    2022年04月01日
    -
    2023年03月31日
     

    マルマラ大学イスラム経済学・金融研究所 Marmara University Institute of Islamic Economics and Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • アドバイザリーボード委員

    2021年04月01日
    -
    2022年03月31日
     

    マルマラ大学イスラム経済学・金融研究所 Marmara University Institute of Islamic Economics and Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • アドバイザリーボード委員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    Journal of Islamic Research

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • アドバイザリーボード委員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    マルマラ大学イスラム経済学・金融研究所 Marmara University Institute of Islamic Economics and Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • 招へい教員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    大阪大学 数理・データ科学教育研究センター

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    招へい教員,任期:2020年4月~2021年3月

  • 編集委員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • アドバイザリーボード委員

    2019年07月08日
    -
    2020年03月31日
     

    マルマラ大学イスラム経済学・金融研究所 Marmara University Institute of Islamic Economics and Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • 編集委員

    2019年04月01日
    -
    2020年03月31日
     

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • アドバイザリーボード委員

    2019年03月23日
    -
    2019年03月31日
     

    Journal of Islamic Research

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • 編集委員

    2019年03月08日
    -
    2019年03月31日
     

    ISRA International Journal of Islamic Finance

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    アドバイザリーボード

  • 委員

    2014年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:大阪大学 金融・保険教育研究センター 特任教授

  • 委員

    2013年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:大阪大学 金融・保険教育研究センター 特任教授

  • 委員

    2012年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:大阪大学 金融・保険教育研究センター 特任教授

  • 委員

    2011年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:大阪大学 金融・保険教育研究センター 特任教授

  • 委員

    2010年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:大阪大学 金融・保険教育研究センター 特任教授

  • 委員

    2009年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:大阪大学 金融・保険教育研究センター 特任教授

  • 委員

    2008年04月
    -
    継続中
     

    不明

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:該当なし

▼全件表示

その他の社会活動

  • 大阪大学MMDSセンターのVXJ 指数およびNewVXJ指数法等

    2023年04月
    -
    2024年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    数理・データ科学教育研究センターでの教育研究業務を担当,実施者:VXJ研究グループ 大阪大学 金融保険教育研究センター Center for Mathematical Modelling and Data Science

  • 大阪大学MMDSセンターのVXJ 指数およびNewVXJ指数法等

    2022年04月
    -
    2023年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    数理・データ科学教育研究センターでの教育研究業務を担当,実施者:VXJ研究グループ 大阪大学 金融保険教育研究センター Center for Mathematical Modelling and Data Science

  • 大阪大学MMDSセンターのVXJ 指数およびNewVXJ指数法等

    2021年04月
    -
    2022年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    数理・データ科学教育研究センターでの教育研究業務を担当,実施者:VXJ研究グループ 大阪大学 金融保険教育研究センター Center for Mathematical Modelling and Data Science

  • 大阪大学MMDSセンターのVXJ 指数およびNewVXJ指数法等

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    数理・データ科学教育研究センターでの教育研究業務を担当,実施者:VXJ研究グループ 大阪大学 金融保険教育研究センター Center for Mathematical Modelling and Data Science

  • Clarivate Analytics Academic Reputation Survey

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    世界大学評判・ランキング等におけるClarivate Analytics Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Times Higher Education Academic Reputation Survey

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • QS Global Academic Survey -QS World University Ranking

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    QS世界大学ランキングにおけるQS Global Academic Surveyへ限定された招待者として参加

  • Clarivate Analytics Academic Reputation Survey

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    世界大学評判・ランキング等におけるClarivate Analytics Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • QS Global Academic Survey -QS World University Ranking

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    QS世界大学ランキングにおけるQS Global Academic Surveyへ限定された招待者として参加

  • Times Higher Education Academic Reputation Survey

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Times Higher Education Academic Reputation Survey

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Clarivate Analytics Academic Reputation Survey

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    世界大学評判・ランキング等におけるClarivate Analytics Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Times Higher Education Academic Reputation Survey

    2016年04月
    -
    2017年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2016年04月
    -
    2017年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2015年04月
    -
    2016年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2014年04月
    -
    2015年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2013年04月
    -
    2014年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2012年04月
    -
    2013年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2011年04月
    -
    2012年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • Thomson Reuters Academic Reputation Survey

    2010年04月
    -
    2011年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    THE世界大学ランキングにおけるThomson Reuters Academic Reputation Surveyへ限定された招待者として参加

  • 新CSFI-VXJおよびVXJ 指数

    2010年04月
    -
    2011年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    The Economist の日本経済・世界経済に関する記事 -2011/3/24- http://www.economist.com/node/18440971 -,実施者:CSFI-VXJ研究グループ 大阪大学 金融保険教育研究センター

  • 高度金融人材産学協議会

    2009年04月
    -
    2010年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    金融工学トップレベル人材育成プログラム・2010年1月29日,実施者:経済産業省・野村総合研究所

  • Asian Children against Natural Disasters Wakayama Declaration

    2007年04月
    -
    2008年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    和歌山県教育委員会-自然大震災に対するアジア子供の宣言-アラビア語への翻訳

▼全件表示