似内 映之 (ニタナイ エイジ)

写真a

所属

紀伊半島価値共創基幹 産学連携イノベーションセンター

職名

准教授

兼務

理事補佐、産学連携イノベーションセンター(副センター長)

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年
    -
    1998年

    室蘭工業大学   大学院工学研究科博士後期課程   生産情報システム工学専攻  

  • 1992年
    -
    1994年

    室蘭工業大学   大学院工学研究科博士前期課程   電気電子工学専攻  

  • 1987年
    -
    1992年

    室蘭工業大学   工学部第二部   電気工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   産学連携イノベーションセンター   専任准教授

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    和歌山大学   産学連携・研究支援センター   専任准教授

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    和歌山大学システム工学部光メカトロニクス学科   Faculty of Systems Engineering, Department of Opto-Mechatronics   助教

  • 1998年04月
    -
    2007年03月

    和歌山大学システム工学部光メカトロニクス学科   Faculty of Systems Engineering, Department of Opto-Mechatronics   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国光学会

  • 日本光学会

  • 応用物理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 光工学、光量子科学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2021年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2021年度   電気電子工学研究実習   専門教育科目
  • 2021年度   システム工学入門セミナー   専門教育科目
  • 2021年度   研究倫理   教養教育科目

全件表示 >>

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2009年度   迷路探査ロボット
  • 2009年度   迷路探索ロボット
  • 2009年度   迷路探査ロボット
  • 2008年度   スラロームロボットの製作
  • 2007年度   PICを使ったロボットの作製

全件表示 >>

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2021年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2021年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2021年度   システム工学研究ⅠA   博士前期
  • 2021年度   システム工学研究ⅠB   博士前期

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 光物性

  • 材料光学

  • 光計測

  • 光工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Design of Reference Pattern and Input Phase Mask for Coaxial Holographic Memory

    Yusuke Saita, Takanori Nomura, Eiji Nitanai, Takuhisa Numata

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS ( JAPAN SOC APPLIED PHYSICS )  50 ( 9 )   2011年09月  [査読有り]

     概要を見る

    Design methods of a reference pattern and an input phase mask for a coaxial holographic memory are described. By the proposed method, it is expected that the useless consumption of the dynamic range of a recording medium will decrease, and the light efficiency and the interference efficiency between the signal beam and the reference beam will be improved. A reference pattern and an input phase mask are designed by a simulated annealing. The performance of the proposed design method is confirmed by numerical simulations and optical experiments. Furthermore, the holographic memory system using both the designed reference pattern and the designed input phase mask is also confirmed by numerical simulations and optical experiments. (C) 2011 The Japan Society of Applied Physics

    DOI

  • Dynamic recording of a digital hologram with single exposure by a wave-splitting phase-shifting method

    Hiroyuki Suzuki, Takanori Nomura, Eiji Nitanai, Takuhisa Numata

    OPTICAL REVIEW ( OPTICAL SOC JAPAN )  17 ( 3 ) 176 - 180   2010年05月  [査読有り]

     概要を見る

    The wave-splitting phase-shifting digital holography using a pixelated microretarder array is proposed. By using four intensity images recorded by the pixelated microretarder array, Stokes parameters of the incident wave can be calculated. The fully complex amplitude distribution of the object wave can be obtained by using Stokes parameters, if the polarization states of the object and reference waves are linear and orthogonal. Two sets of experimental results are provided to verify the feasibility of the proposed method. One is the result for a movie recording using a CW laser and the other is the result for instant recording using a single pulsed laser.

    DOI

  • Image quality improvement of digital holography by superposition of reconstructed images obtained by multiple wavelengths

    Takanori Nomura, Mitsukiyo Okamura, Eiji Nitanai, Takuhisa Numata

    APPLIED OPTICS ( OPTICAL SOC AMER )  47 ( 19 ) D38 - D43   2008年07月  [査読有り]

     概要を見る

    A method to improve the image quality of a digital holographic reconstructed image by means of speckle reduction is proposed. The size and position of the speckles are changed according to the wavelengths to record a digital hologram. By superposing reconstructed images with different wavelengths, the effect of speckle is reduced so that the image quality is improved. Optical experiments are given to confirm the proposed method. (c) 2008 Optical Society of America

    DOI

  • Image quality improvement of digital holography by superposition of reconstructed images obtained by multiple wavelengths

    Takanori Nomura, Mitsukiyo Okamura, Eiji Nitanai, Takuhisa Numata

    Applied Optics   47 ( 19 ) D38   2008年  [査読有り]

    DOI

  • Polarization imaging of a 3D object by use of on-axis phase-shifting digital holography

    Takanori Nomura, Bahram Javidi, Shinji Murata, Eiji Nitanai, Takuhisa Numata

    OPTICS LETTERS ( OPTICAL SOC AMER )  32 ( 5 ) 481 - 483   2007年03月  [査読有り]

     概要を見る

    A polarimetric imaging method of a 3D object by use of on-axis phase-shifting digital holography is presented. The polarimetric image results from a combination of two kinds of holographic imaging using orthogonal polarized reference waves. Experimental demonstration of a 3D polarimetric imaging is presented. (c) 2007 Optical Society of America.

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 2種類の近赤外LEDを用いた食品中の異物検出法の検討

    山下尚峻, 似内映之

    第35回近赤外フォーラム  2019年11月  

  • 低コヒーレンス干渉法とクラマース-クローニッヒの関係式を用いた薄板ガラスの位相屈折率測定

    島慧一郎, 似内映之

    Optics & Photonics Japan 2018 日本光学会年次学術講演会  2018年11月  

  • 2種類の近赤外LEDを用いた梅干し内部の異物検出法の検討

    山下尚峻, 似内映之

    WAKASA 和歌山大学システム工学部・近畿大学生物理工学部学生研究成果発表会  2018年03月  

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 第41回冬期講習会

    2015年01月
     
     
     
  • 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2014

    2014年11月
     
     
     
  • 第75回応用物理学会秋季学術講演会

    2014年09月
     
     
     
  • 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2013

    2013年11月
     
     
     
  • 第74回応用物理学会秋季学術講演会

    2013年09月
     
     
     

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 電子ホログラフィを用いた3DストレスフリーなHMDの開発

    2016年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 脆弱な瓦礫上での脚歩行ロボットによる足探りに関する研究

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 波面符号化並列位相シフト法による瞬時複素振幅情報取得に関する研究

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • ワンショット位相シフト法を用いたディジタルホログラフィの開発

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

    基盤研究(C)  分担

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • 「ビヨンド・”ゼロ・カーボン”を目指す”Co-JUNKAN”プラットフォーム」研究拠点に関する国立大学法人和歌山大学による研究開発

    2022年04月
    -
    2024年03月
     

    受託研究  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 紀陽イノベーションサポートプログラム 評価委員

    2021年01月01日
    -
    2022年02月11日

    株式会社紀陽銀行

     詳細を見る

    助言・指導

    一般事業会社を中心として事業体からのビジネスプランについて
    審査を行っていただきます。
    一次審査:書類審査(15~20社)※集合はなし
    二次審査:プレゼンテーション審査(8社程度)1日

  • 紀陽イノベーションサポートプログラム 評価委員

    2020年01月01日
    -
    2020年03月31日

    株式会社紀陽銀行

     詳細を見る

    助言・指導

    一般事業会社を中心として事業体からのビジネスプランについて
    審査を行っていただきます。
    一次審査:書類審査(15~20社)※集合はなし
    二次審査:プレゼンテーション審査(8社程度)1日

  • 青少年のための科学の祭典・2010おもしろ科学まつり和歌山大会

    2010年04月
     
     

    青少年のための科学の祭典・2009おもしろ科学まつり和歌山大会実行委員会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    めっきで絵を描こう,日付:2010.12

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 和歌山県商工観光労働部所管公募型プロポーザル方式等事業者選定委員会委員

    2021年05月20日
    -
    2021年06月30日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    和歌山県アクセラレーションプログラムの実施事業者選定に当たり、専門的知見を活かし候補者の提案内容を審査いただく。

  • わかやま産品販促支援事業審査委員

    2021年04月01日
    -
    2022年03月31日
     

    公益財団法人わかやま産業振興財団

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    令和3年度わかやま産品販促支援事業の補助金申請者に対する審査を行う。

  • 和歌山県商工観光労働部所管公募型プロポーザル方式等事業者選定委員会委員

    2020年05月20日
    -
    2021年03月31日
     

    和歌山県

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    和歌山県商工観光労働部所管公募型プロポーザル方式等事業者選定委員会委員に就任し、専門的立場から意見をいただく。

  • わかやま産品販促支援事業審査委員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    公益財団法人わかやま産業振興財団

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    令和2年度わかやま産品販促支援事業の補助金申請者に対する審査を行う。

  • 経営支援等補助金審査会審査委員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    公益財団法人わかやま産業振興財団

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    和歌山県の令和2年度経営支援等補助金審査会の審査委員として依頼

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • わかやまテクノ・ビジネスフェアにおける研究シーズ発表

    2020年11月25日
     
     

    公益財団法人わかやま産業振興財団

     詳細を見る

    近赤外透過画像を用いた食品内部の異物検出に関する研究

    自らの研究シーズの発表を行った

  • 研究トピックス(一般誌記事)

    2009年03月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    似内映之 螢雪時代4月臨時増刊「学部・学科案内号」