Chakraborty Abhik (チャクラバルティー アビック)

写真a

所属

観光学部 観光学科

職名

准教授

emailアドレス

emailアドレス

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    2012年

    立命館アジア太平洋大学   アジア太平洋研究科  

  • 2007年
    -
    2009年

    立命館アジア太平洋大学   アジア太平洋研究科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   国際観光学研究センター   講師

  • 2013年12月
    -
    2016年03月

    伊豆半島ジオパーク推進協議会   専任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本地理学会

  • 国際自然保護連合

  • American Association for the Advancement of Science (AAAS)

  • 日本地球惑星科学連合

  • International Geographical Union (IGU)

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会

  • 人文・社会 / 人文地理学

  • 人文・社会 / 地理学

  • 人文・社会 / 観光学 / サスティナブルツーリズム

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   Tourism and Landscape   専門教育科目
  • 2020年度   ゼミ・専門演習・Global seminar   専門教育科目
  • 2020年度   基礎演習   教養教育科目
  • 2020年度   プロジェクト自主演習(学術調査および論文作成または学会発表のために必要なスキルの学習)   専門教育科目
  • 2020年度   専門演習Ⅰ   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   学術調査および論文作成または学会発表のために必要なスキルの学習

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   専門研究Ⅰ(短期履修)   博士前期
  • 2020年度   専門研究Ⅱ(短期履修)   博士前期
  • 2020年度   Critical issues in Nature Based Tourism   博士前期
  • 2020年度   Critical Issues in Nature Based Tourism(M)   博士前期
  • 2019年度   Tourism and Heritage Management(M)   博士前期

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 自然保全学

  • 地理学

  • エコツーリズム

  • 山岳地域

  • 複合的システム

論文 【 表示 / 非表示

  • Can tourism contribute to environmentally sustainable development? Arguments from an ecological limits perspective

    Abhik Chakraborty

    Environment, Development and Sustainability ( Springer Science and Business Media {LLC} )    2020年09月  [査読有り]

    DOI

  • A call for mainstreaming geodiversity in nature conservation research and praxis

    Abhik Chakraborty

    Journal for Nature Conservation     2020年08月  [査読有り]

    DOI

  • Mountains as a Global Heritage: Arguments for Conserving the Natural Diversity of Mountain Regions

    Heritage     2020年04月  [査読有り]

     概要を見る

    <jats:p>This concise review posits the urgent need for conserving the natural diversity of mountain environments by envisioning mountains as a global natural heritage. Mountains are recognized as cradles of biodiversity and for their important ecosystem services. Mountains also constitute the second most popular outdoor destination category at the global level after islands and beaches. However, in the current age of accelerating global environmental change, mountain systems face unprecedented change in their ecological characteristics, and consequent effects will extend to the millions who depend directly on ecosystem services from mountains. Moreover, growing tourism is putting fragile mountain ecosystems under increasing stress. This situation requires scientists and mountain area management stakeholders to come together in order to protect mountains as a global heritage. By underlining the salient natural diversity characteristics of mountains and their relevance for understanding global environmental change, this critical review argues that it is important to appreciate both biotic and abiotic diversity features of mountains in order to create a notion of mountains as a shared heritage for humanity. Accordingly, the development of soft infrastructure that can communicate the essence of mountain destinations and a committed network of scientists and tourism scholars working together at the global level are required for safeguarding this shared heritage.</jats:p>

    DOI

  • Emerging Patterns of Mountain Tourism in a Dynamic Landscape: Insights from Kamikochi Valley in Japan

    Land     2020年03月  [査読有り]

     概要を見る

    <jats:p>This article analyzes the emerging contours of mountain tourism in a highly popular destination in the North Japan Alps by reporting the findings of a two-year long study at the Kamikochi Valley. The main aim was to understand the dynamic character of the biophysical landscape and the perceptions of tourism service providers and visitors. The study was conducted using a qualitative design and involved in-depth interviews, observations, and a questionnaire survey for visitors. It was found that while different stakeholders held different perceptions of the landscape, there was a general lack of understanding among tourism service providers and visitors regarding the relationship between long-term processes and fine-scale heterogeneity of the landscape. The prevalence of an engineering approach has led to sweeping changes of key landscape interaction pathways over the years, threatening the heterogeneity and resilience of the natural environment. The findings also indicate a general visitor demand of information on the biophysical environment, and therefore it is of urgent need to address the biophysical integrity of such landscapes, and raise visitor awareness through the provision of relevant information.</jats:p>

    DOI

  • Emplacing non-human voices in tourism research: the role of dissensus as a qualitative method

    Abhik Chakraborty

    Tourism Geographies ( Informa {UK} Limited )    1 - 26   2020年01月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Natural Heritage of Japan: Geological, Geomorphological, and Ecological Aspects

    チャクラバルティーアビック, 目代邦康, Cooper Malcolm, Watanabe, Mahito, チャクラバルティーシャミック( 担当: 共編者(共編著者),  担当範囲: 全文)

    Springer  2018年 

  • Rivers and Society: Landscapes, Governance, and Livelihoods. London

    Cooper Malcolm, チャクラバルティーアビック, チャクラバルティーシャミック( 担当: 共編者(共編著者),  担当範囲: 全文)

    Routledge (taylor and Francis)  2018年 

Misc 【 表示 / 非表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 保護「機能」に着目した21世紀 の国立公園の役割の分析

    日本地理学会  2021年03月28日  

  • The problem of tourism sustainability in an age of global environmental change: Insights from Shiretoko World Heritage Site, Japan

    The 3rd Asian Symposium on Sustainable Tourism for Development. Hiroshima, Japan  2019年  

  • 北アルプスの事例から見た人新世 における動的自然の保全の課題

    チャクラバルティーアビック

    日本地理学会  2018年  

  • Comparative Assessment of Mountain Landscapes and their Use in Alpine Regions

    チャクラバルティーアビック

    . Japan Geoscience Union Meeting  2018年  

  • 複合的環境変化の理解における 質的分析の重要性

    チャクラバルティーアビック

    日本地理学会  2018年  

全件表示 >>

研究交流 【 表示 / 非表示

  • Critical Tourism Studies Wakayama 学会

    2019年04月
    -
    2020年03月
     
  • 日本地理学会秋季大会

    2018年04月
    -
    2019年03月
     
  • UNESCO世界自然遺産地域における自然保護のツールとしてエコツーリズムモデルの提案

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

    共同研究

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 山岳地域における環境変化と観光資源レジリアンスの包括的分析

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

    若手研究  代表

  • 人新世におけるアルパイン・ツーリズムの課題と可能性の分析:日本アルプスの事例

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

    若手研究(B)  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師

    2020年10月01日
    -
    2021年03月31日

    放送大学

     詳細を見る

    非常勤講師

    和歌山学習センターにおける面接授業「世界遺産と観光」の実施(講師)。
    実施日:2020年12月12日(土)・13日(日)

  • 講師

    2020年02月
    -
    継続中

    2019年度山岳科学センター(MSC)・自然保護寄付講座(CPNC)共同国際シンポジウム

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2020年2月~

  • 査読者

    2019年04月
    -
    継続中

    Environment, Development, and Sustainability (Springer)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読者

  • 査読者

    2019年04月
    -
    継続中

    Forests (MDPI)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読者

  • 編集委員会・査読者

    2019年04月
    -
    継続中

    Land (MDPI)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員会・査読者

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 専門委員

    2020年04月01日
    -
    継続中
     

    ProGEO The European Association for the Conservation of Geological Heritage

     詳細を見る

    地質遺産の保護に関する国際交流

    ProGEO国際部会設立委員、専門員

  • 学術雑誌編集委員

    2019年04月
    -
    継続中
     

    Land (MDPI) 学術雑誌編集委員会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    国際学術雑誌編集委員会

  • 編集委員

    2019年04月
    -
    継続中
     

    Sustainability (MDPI) 学術雑誌編集委員会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    国際学術雑誌編集委員会

  • 査読者・審査員

    2018年04月01日
    -
    継続中
     

    Taylor& Francis Journals

     詳細を見る

    査読・論文審査

    学術論文の審査・査読

  • 査読者・審査員

    2018年04月01日
    -
    継続中
     

    MDPI Journals

     詳細を見る

    査読・論文審査

    査読者・審査員

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • ボランティア活動

    2020年04月01日
    -
    継続中

    三俣山荘山岳エコツーリズムコース設定等

     詳細を見る

    山岳エコツーリズム

    北アルプス最奥部のエコツーリズムモデルコースの協同調査

  • ボランティア活動

    2020年04月01日
    -
    継続中

    三俣山荘山岳エコツーリズムガイドブック作成

     詳細を見る

    ガイドブック

    三俣山荘が行っている山岳エコツーリズムのガイドブック構想のアドバイザー

  • ボランティア活動

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    知床半島における世界遺産当事者(環境省、知床財団、地域研究者)との連携

  • ボランティア活動

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    北アルプスにおける山小屋の一部に対して自然保護、エコツーリズム、トレイルマネージメントのアドバイス

  • ボランティア活動

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    大町市立山岳博物館英語展示パネルの修正

全件表示 >>