長廣 利崇 (ナガヒロ トシタカ)

写真a

所属

経済学部 経済学科

職名

教授

兼務

紀州経済史文化史研究所(副所長)

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

http://edge830.center.wakayama-u.ac.jp/teacher/common_disp.php?fid=308


学歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院経済学研究科 博士後期課程 博士(経済学、大阪大学)   Graduate School of Economics  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 社会経済史学会

  • 経営史学会

  • 企業家研究フォーラム

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 経済史 / 経済史・経営史

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   わかやまを学ぶ   教養教育科目
  • 2019年度   インターンシップA   専門教育科目
  • 2019年度   インターンシップB   専門教育科目
  • 2019年度   インターンシップC   専門教育科目
  • 2019年度   基礎演習Ⅰ   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度   熊野郷土学C   教養教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   日本経済史特殊問題   修士
  • 2018年度   日本経済史特殊問題   修士
  • 2017年度   グローバル経済史特殊問題   修士
  • 2017年度   大学院インターンシップ   修士
  • 2016年度   日本経済史特殊問題   修士

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   歴史でみる現代経済   その他
  • 2011年度   地域産業史   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 経営史

  • 経済成長と人的資源

  • 高等商業学校

  • 企業家

  • 戦間期

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Vocational Training and Academic Study inJapan

    長廣利崇

    Proceedings from International conference EDUCATION AND TRAINING AS BASIS FOR FUTURE     159 - 169   2017年09月  [査読有り]

  • 明治前期の石炭問屋--『中原嘉左右日記』の再検討

    長廣 利崇

    日本歴史 ( 吉川弘文館 )  ( 688 ) 54 - 71   2005年09月  [査読有り]

  • 戦間期日本石炭産業の技術革新と企業間ネットワークの形成

    長廣 利崇

    技術と文明 ( 日本産業技術史学会 )  15 ( 1 ) 43 - 58   2005年05月  [査読有り]

  • 戦間期大規模炭鉱企業における鉱夫の定着化 : 三井田川・山野鉱業所の事例

    長廣 利崇

    社会経済史学 ( 社会経済史学会 )  68 ( 5 ) 545 - 565   2003年  [査読有り]

     概要を見る

    The purpose of this article is to investigate why miners working for the big Japanese companies in inter-war Japan became less likely to search for work elsewhere, through a study of the Mitsui mines of Tagawa and Yamano. Unlike heavy industry, the introduction of new techniques in the 1920s meant that workers in the coal-mining industry no longer needed special training. Miners were therefore able to move from Tagawa or Yamano to other mines. One important way in which management tried to keep workers was by developing welfare services. Reductions in the death and casualty rates and the introduction of relatively high wages were also effective. Towards the end of the decade the depression caused a fall in employment opportunities which further discouraged mobility. In this way, the employment situation at the two mines found stability.

  • 戦間期小規模炭鉱の経営規模拡大

    長廣 利崇

    経営史学 ( 学術雑誌目次速報データベース由来 )  37 ( 2 ) 30 - 55   2002年  [査読有り]

     概要を見る

    In most previous studies of the Japanese coal industrial history, it is assumed that small-scale coal mines were undeveloped. Large-scale coal mines, such as Mitsui and Mitsubishi, were thought to have monopolized the market during the interwar period. However, there is almost no empirical study that analyzes small-scale coal mines. Therefore, this paper examines the case of Arate coal mine, under small-scale management in the coalfields of Chikuhou during the interwar period.<BR>The coal market share of Arate was greatly extended under the oligopoly of large-scale coal mines from 1930 to 1935. In this study, this factor is analyzed from three angles: a market, production, and finances.<BR>What should be emphasized is that Arate produced high-quality coal that was equal to that of large-scale coal mines. Arate operated under a labor-intensive system, using low wage earnings, and was became able to compete at the same production cost as large-scale coal mines.<BR>That is, Arate competed on an equal footing with large-scale coal mines, in both the market and production cost, and grew in management scale. This paper thus presents a critique of the historical image of small-scale coal mines as undeveloped.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 高等商業学校の経営史 -- 学校と企業・国家

    長廣 利崇( 担当: 単著)

    有斐閣  2017年11月  ISBN: 4641165114

  • 日本商業史 Y21

    廣田誠, 山田雄久, 木山実, 長廣利崇, 藤岡里圭( 担当: 共著)

    有斐閣  2017年09月 

  • 戦間期日本石炭鉱業の再編と産業組織―カルテルの歴史分析

    長廣 利崇( 担当: 単著)

    日本経済評論社  2009年07月  ISBN: 4818820628

  • 近世近代の歴史と社会

    長廣利崇( 担当: 共著,  担当範囲: 戦前期三井物産の外国石炭取引:台湾炭取引を中心に)

    清文堂  2009年07月  ISBN: 9784792406837

  • 山口県史通史編近代

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 石炭鉱業の形成(第2編第5章第2節)、石炭鉱業の展開(第3編第5章第2節) 山口県 412-421、724-734)

      2015年 

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The International Coal Cartels in the East Asian Market,1916-37

    長廣利崇・山本裕(共著)

    XVⅢ World Economic History Conference,Boston,Boston Marriott Cambridge & MIT Campus  2018年08月  

  • Japan’s Coal Cartels in the Interwar Period

    First World Conference of Business History,Goethe-Universität Frankfurt am Main  2014年03月  

  • 戦前期日本における企業家と学歴

    長廣利崇

    企業家研究フォーラム  2020年07月11日  

  • 長廣利崇著『高等商業学校の経営史 学校と企業・国家』(有斐閣、2017年11月)をめぐって 経営史学会関西部会 (2018 年度)

      2018年  

  • 戦間期日本の高等商業学校の経営史-修業年限延長をめぐって- 経営史学会

    経営史学会関西部会、龍谷大学  2015年05月  

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 戦前期日本における高等教育と実業家:文科系を中心に

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 20世紀前半東アジアの競争と協調

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 戦争と障害の比較史的研究

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 戦間期日本における高等商業学校と人的資本の形成

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • 障害者の労働に関する比較史的研究

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

    基盤研究(B)  分担

全件表示 >>

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 編集委員

    2019年04月
    -
    継続中

    JRBH編集委員

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員

  • 編集委員

    2019年04月
    -
    継続中

    経営史学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員

  • 非常勤講師

    2018年04月
    -
    2019年03月

    阪南大学

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2018年4月~2019年3月

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 運営参加・支援

    2020年03月
     
     
     

    株式会社エフ・キー 「最初の一滴」から波及する日本一ブランド観光推進事業

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    運営参加・支援,任期:2020年3月~2020年3月

  • 幹事

    2019年04月
    -
    継続中
     

    企業家研究フォーラム

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員

  • JRBH編集委員

    2018年04月
    -
    継続中
     

    経営史学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    経営史学会JRBH編集委員

  • 幹事

    2018年04月
    -
    継続中
     

    企業家研究フォーラム

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員

  • 委員

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    経営史学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    編集委員

全件表示 >>