菊地 邦友 (キクチ クニトモ)

写真a

所属

システム工学部 電気電子工学メジャー

職名

助教

emailアドレス

emailアドレス

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    2010年

    和歌山大学   大学院システム工学研究科   システム工学専攻 博士後期課程  

  • 2005年
    -
    2007年

    和歌山大学   大学院システム工学研究科   システム工学専攻 博士前期課程  

  • 2001年
    -
    2005年

    和歌山大学   システム工学部   光メカトロニクス学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    和歌山大学 システム工学部   Faculty of Systems Engineering   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 精密工学会

  • 高分子学会

  • 日本機械学会

  • 電気学会

  • 日本ロボット学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   電気電子工学研究実習   専門教育科目
  • 2020年度   電気電子工学実験A   専門教育科目
  • 2020年度   システム工学入門セミナー   専門教育科目
  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2011年度   身の回りのデジタル機器のしくみ   教養教育科目

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   マイクロコンピュータとIoTを活用した筋電信号取得システムの開発
  • 2016年度   マイクロコンピュータとIoTを活用した筋電信号取得システムの開発
  • 2015年度   マイクロコンピュータを活用した筋電信号取得システムの開発
  • 2014年度   マイクロコンピュータ開発環境の構築と応用システムの開発
  • 2014年度   マイクロコンピュータを活用した筋電信号取得システムの開発

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2020年度   システム工学研究ⅠA   博士前期
  • 2020年度   システム工学研究ⅠB   博士前期

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 複合材料

  • 高分子センサ

  • 高分子アクチュエータ

  • 微小電気機械システム

  • 3Dプリンタ

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Electric field control of propulsion force of a boat driven by chemical Marangoni effect

    Shigeki Tsuchitani, Takumi Ikebe, Hirofumi Miki, Kunitomo Kikuchi

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   592   2020年05月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Elsevier B.V. Chemical Marangoni propulsion (CMP) is a driving on fluid by surface tension imbalance around object caused by anisotropic distribution of surfactant or by the reaction of Marangoni convection caused by the surface tension gradient. The purpose of the study is a remote control of the propulsion force in CMP. Electrostatic interaction of ionic surfactants as propellant with external electric field (EF) is expected to modify the surfactant distribution and modulate the surface tension gradient. We selected surface active imidazolium-based ionic liquids (ILs) as propellants. Effects of the application of the EF (667 kV/m) to the IL layer emitted from the object on the propulsion force and the accompanying Marangoni convection were evaluated on aqueous surface. When hydrophobic ILs with [PF6] anion were used, the application of the EF decreased the propulsion force and also decreased the flow velocity and flow width of Marangoni convection. The decreasing rate of the propulsion force increased with the alkyl-chain length of the IL cations. The maximum decreasing rate was 33 %. We considered that the main reason for the EF-induced reduction in the propulsion force is the decrease in the surface tension gradient due to the increases in the surface tension of the emitted IL layers caused by the rearrangement of the surface active IL molecules on aqueous surface. This is the first report about the EF control of the propulsion force in CMP.

    DOI

  • Unstable Spreading of Ionic Liquids on an Aqueous Substrate

    Shigeki Tsuchitani, Taiga Fukutake, Daiki Mukai, Hirofumi Miki, Kunitomo Kikuchi

    Langmuir ( AMER CHEMICAL SOC )  33 ( 41 ) 11040 - 11046   2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 American Chemical Society. The spontaneous spreading of thin liquid films over substrate surfaces is attracting much attention due to its broad applications. Under particular conditions, surfactants deposited on substrates exhibit unstable spreading. In spite of the large effects of the stability of the spreading on the accuracy and efficiency of industrial processes that use the spreading, understanding how the stability of the spreading process is governed by the physical and chemical properties of the system is still little known. Recently, ionic liquids have been characterized as a new kind of surfactant due to their special properties. Here, we investigate the stability of the spreading of deposited imidazolium-based ionic liquids on an aqueous substrate. We focus mainly on the effects that the water solubility of the ionic liquids has on the stability. Hydrophobic ionic liquids exhibit spreading that has a highly periodic and petal-like unstable spreading front, whereas hydrophilic ionic liquids spread without such a regular spreading front and their spreading area shrinks after reaching its maximum. We propose a model for the generation of unstable spreading of hydrophobic ionic liquids, i.e., the unstable spreading front is created by the penetration of oncoming water in front of the spreading tip into the more viscous spreading ionic liquid layer, like the viscous fingering that occurs in a Hele-Shaw cell. However, the direction of the penetration is the opposite of the direction that the interface moves (the spreading direction), which is contrary to that in viscous fingering.

    DOI

  • Study of the influence of the hydration level on the electromechanical behavior of nafion based ionomeric polymer-metal composites actuators

    Laos Alexandre Hirano, Lenin Wagner Acerbi, Kunitomo Kikuchi, Shigeki Tsuchitani, Carlos Henrique Scuracchio

    Materials Research ( UNIV FED SAO CARLOS, DEPT ENGENHARIA MATERIALS )  18   154 - 158   2015年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The ionomeric electroactive polymers-metal composites (IPMC) are materials that realize bending movements in response to an electrical stimulus and can be applied to the artificial muscles development. This paper investigated the influence of the hydration level on the electromechanical behavior of Nafion based IPMC. An experimental apparatus composed by a system to measure the bending force and to control the electrical stimulus and the relative humidity around the sample was developed. The main results indicated that samples with higher hydration level produce larger bending forces, but they show a more expressive back relaxation with lower time constant. A discussion about the results considering some models described in the literature conclude the paper.

    DOI

  • 機能性高分子アクチュエータ・センサの電気機械特性評価

    菊地 邦友, 土谷 茂樹, 安積 欣志 (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  54 ( 1 ) 27 - 32   2015年  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • Microfabrication of ionic polymer actuators by selective plasma irradiation

    Kunitomo Kikuchi, Tomohisa Taniguchi, Hirofumi Miki, Shigeki Tsuchitani, Kinji Asaka

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering ( WILEY-BLACKWELL )  9 ( 5 ) 572 - 574   2014年09月  [査読有り]

     概要を見る

    A novel method for fabricating a miniaturized ionic polymer-metal composite (IPMC) with plated gold electrodes is developed by combining selective plasma irradiation and electroless plating. The membrane is irradiated by SF6 or CF4 plasmas through a stencil mask prior to plating to prevent deposition of a gold electrode in the plasma-irradiated area. Miniaturized IPMCs are fabricated with a 400-μm-wide line-and-space pattern. The proposed method has the potential to realize miniaturized IPMCs combined with microelectromechanical system (MEMS) devices because this provides a direct and simple fabrication process. © 2014 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by John Wiley & Sons, Inc.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • IOP Trusted reviewer status

    受賞者:  菊地邦友

    2020年09月   IOP Publishing  

  • SI2017優秀講演賞

    2017年   第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2017)  

     概要を見る

    2017.12.23,国内受賞,印加電圧波形の制御により揺れ戻り軽減させたイオン導電性高分子金属接合体の動作特性評価

  • IOP Publishing Reviewer Awards 2016: Smart Materials and Structures

    2016年   IOP Publishing  

     概要を見る

    2017.03.07,国際受賞,Smart Materials and Structures Outstanding Reviewers of 2016

  • The Best Presentation Award

    2016年   The 10th Asian-Australasian Conference on Composite Materials (ACCM10)  

     概要を見る

    2016.10.18,国際受賞,A Novel Approach of Development of a Reverse-operation Soft Gripper Using Ionic Polymer-Metal Composite with Micro Printing techniques

  • SI2013優秀講演賞

    2013年   第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2013)  

     概要を見る

    2013.12.20,国内受賞,微細パターンを有するイオン導電性高分子アクチュエータの作製精度向上と特性評価

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 高分子アクチュエータを応用した異分野融合型デバイスの開発

    菊地邦友  [招待有り]

    公益財団法人 科学技術交流財団 次世代アクチュエータ材料応用研究会 令和2年度第2回研究会  2021年01月29日  

  • マルチマテリアル技術を用いたソフトアクチュエータ

    第18回 若手研究者研究成果発表会  2019年12月   一般社団法人和歌山情報サービス産業協会, 公益 財団法人 わかやま産業振興財団

     概要を見る

    菊地邦友

  • 微細加工技術を用いたイオン導電性高分子アクチュエータ作製プロセスの開発

    菊地邦友  [招待有り]

    日本MRS研究会「ソフトアクチュエータ産業化研究会」シンポジウム 『ソフトアクチュエータ、ソフトセンサとプロセス技術』  2019年11月  

  • ソフトアクチュエータ・センサの高機能化と応用デバイスに関する研究

    菊地邦友

    MOBIO産学連携オフィス連続企画 テーマ別大学・高専合同研究シーズ発表会『プラスチック・樹脂(材料・加工)編』  2019年06月   MOBIO入居・連携大学・高専 , MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪), 東大阪市, (公財)東大阪市産業創造勤労者支援機構

  • 装着者の脚の内側に配置したリンク機構により重量物の支持運搬を支援するパワーアシストスーツの開発

    坪井 和広, 原 亨成, 小川原 光一, 鈴木 新, 菊地 邦友

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2019年   一般社団法人 日本機械学会

     概要を見る

    <p>In this paper, we present a power assist suit that supports and transports heavy objects with a single motor. The leg mechanism of the power assist suit is made of upper and lower parallel links and springs. It is designed to be located inside the wearer's legs so that the power assist suit becomes small and light-weight, and the stability during transportation is improved. We measured the surface electromyogram (EMG) during luggage lifting experiments and confirmed that the burden of the wearer's back and legs is reduced when wearing the developed power assist suit.</p>

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • マルチマテリアルを用いた高分子アクチュエータの開発

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • ソフトロボティクスへの応用を目指した高分子アクチュエータのコンプライアンス制御

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • イオン液体を動力源とする微小自発運動機構の研究

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • ドライプロセスを用いた高分子アクチュエータ融合デバイスの研究

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

    若手研究(B)  代表

  • 周辺に高段差をもつ微小領域での機能性材料マイクロパターン形成手法の研究

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  分担

全件表示 >>

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • ソフトマテリアル応用部会 研究会

    2016年12月
     
     

    計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 ソフトマテリアル応用部会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    生体由来の分子モーターがご専門の角五彰先生(北大)と,筋骨格システムとロボットがご専門の田原健二先生(九大)を講師に招き,最新の研究成果についてご発表いただいた。,日付:2016.12.14

  • ソフトマテリアル応用部会シンポジウム「次世代アクチュエータ応用研究開発の最前線」

    2015年12月
     
     

    計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 ソフトマテリアル応用部会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    高分子アクチュエータ技術を含む次世代アクチュエータ技術の普及を目的に、シンポジウムの企画、運営をした。同アクチュエータを用いた応用研究や開発の現状について、世界的に研究を進められてきた4名の先生方にご講演いただいた。,日付:2015.12.13

  • 和歌山大学 土曜講座 (12月) : 人に優しい医療実現を目指す高分子素材のアクチュエータ・センサ

    2014年12月
     
     

    和歌山大学 地域創造支援機構 地域連携・生涯学習センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    2014年度テーマ「医を多面的に考える」に関連し、高分子アクチュエータ・センサについて概説した,日付:2014.12.06

  • 2014年度和歌山大学公開体験学習会

    2014年11月
     
     

    和歌山大学協働教育センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    「柔らかい機械 - 高分子アクチュエータ」と題して、高分子ソフトアクチュエータの最新研究成果を公開した。,日付:2014.11.23

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • プログラム委員会委員

    2020年12月
     
     
     

    第21回 公益社団法人 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会

     詳細を見る

    国内学会講演会プログラム委員

    プログラム委員会委員

  • 実行委員

    2020年10月
    -
    2021年09月
     

    2021年度精密工学会秋季大会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    2021年度精密工学会秋季大会実行委員

  • 商議員

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    公益社団法人 精密工学会関西支部

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    商議員は、商議員会におきまして事業年度ごとの事業・予算執行などの重要な会務を商議して頂きます。

    定期学術講演会に合わせて、商議員会を開催いたしますので、開催場所は未定です。

  • 「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    2020年01月
    -
    2020年12月
     

    公益社団法人計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 ソフトマテリアル応用部会 副主査

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員,任期:2020年1月~2020年12月

  • プログラム委員会委員

    2019年12月
     
     
     

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会

     詳細を見る

    国内学会講演会プログラム委員

    プログラム委員会委員

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • @sys (和歌山大学システム工学部同窓会)

    2021年04月01日
    -
    2022年03月31日

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    副会長

  • @sys (和歌山大学システム工学部同窓会)

    2020年04月
    -
    2021年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    副会長

  • @sys (和歌山大学システム工学部同窓会)

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    副会長

  • @sys (和歌山大学システム工学部同窓会)

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    副会長

  • 和歌山大学同窓会

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    和歌山大学同窓会理事

全件表示 >>