彦次 佳 (ヒコジ ケイ)

写真a

所属

教育学部 保健体育

職名

准教授

emailアドレス

emailアドレス


 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   スポーツ実習A8   教養教育科目
  • 2019年度   スポーツ実習A3   教養教育科目
  • 2019年度   スポーツ実習B3   教養教育科目
  • 2019年度   スポーツ実習B4   教養教育科目
  • 2019年度   現代健康・スポーツ論L   教養教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   【選択】生涯スポーツの考え方とニュースポーツ実践   教養教育科目
  • 2018年度   【選択】生涯スポーツの考え方とニュースポーツ実践   教養教育科目
  • 2018年度   スポーツ老年学   教養教育科目
  • 2017年度   生涯スポーツの考え方とニュースポーツ実践   教養教育科目
  • 2016年度   生涯スポーツの考え方とニュースポーツ実践   教養教育科目

全件表示 >>

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2014年度   「マスターズ甲子園」 ボランティア
  • 2013年度   「マスターズ甲子園」ボランティア

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   体育学特論A   修士
  • 2019年度   体育学特別演習A   修士
  • 2018年度   体育学特論A   修士
  • 2018年度   体育学特別演習A   修士
  • 2017年度   体育学特論A   修士

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   オトナの生涯スポーツライフとプロモーション    その他
  • 2018年度   ジェロントロジー・スポーツ   その他
  • 2017年度   ジェロントロジースポーツ入門   その他
  • 2016年度   オトナのスポーツのススメ   その他
 

論文 【 表示 / 非表示

  • スポーツイベント観戦者の理想とする快感情と再観戦意図の関連性について:Bリーグ大阪エヴェッサの観戦者に着目して

    伊藤 央二, 彦次 佳, 山口 志郎

    スポーツ産業学研究   30 ( 2 ) 207 - 213   2020年04月  [査読有り]

  • Relationships of involvement and interdependent happiness between domestic and international Japanese masters games tourists

    Eiji Ito, Kei Hikoji

    Annals of Leisure Research     1 - 7   2019年04月  [査読有り]

  • Discriminant Analysis of Adopters and Adherers of Sport Activities: Focused on the Differences of Their Support Needs

    Sonoda Daichi, Chogahara Makoto, Hikoji Kei, Tani Megumi, Matsumura Yuki

    Journal of Asiania Sport for All   14 ( 1 ) 22 - 36   2017年04月  [査読有り]

  • 成人期以降における運動・スポーツの開始と頻度増加の実現要因に関する縦断的研究

    彦次 佳, 長ヶ原 誠

    体育・スポーツ科学     2008年03月  [査読有り]

  • 成人スポーツ参加者におけるスポーツのスペシャリゼーションの類型化

    彦次 佳, 長ヶ原 誠, 山口 泰雄

    自由時間研究     2004年07月  [査読有り]

Misc 【 表示 / 非表示

  • ラップ曲の歌詞の有無によるリラクセーション効果の検討

    森川 貴嗣, 彦次 佳, 亀島 信也, 長田 典子

    日本心理学会大会発表論文集 ( (公社)日本心理学会 )  82回 ( 0 ) 739 - 739   2018年08月

    DOI

  • 大学体育専攻生を対象としたバスケットボール講義における楽しさの類型化

    彦次 佳, 村瀬 浩二

    和歌山大学教育学部紀要. 人文科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編 ( 和歌山大学教育学部 )  68 ( 2 ) 87 - 91   2018年02月

     概要を見る

    The purpose of this study was to classify the enjoyment of the basketball class for the university students. Using the self-administered questionnaire with the FSS (Flow State Scale), we investigated the structure of the flow state of the students of physical education and sports chair, W university. First, as the results of factor analysis, we extracted 6factors for the structure of the enjoyment of the basketball class: 1) Confidence, 2) Autotelic Experience, 3) Loss of Self-Consciousness, 4) Action-Awareness Merging, 5) Concentration, and 6) Clear goals. Secondly, we divided the survey participants into the skillful and unskillful group (subjectively). And it was revealed that the skillful group tended to acquire the sense of Flow more than the unskillful group, while the participants would experience the sense of Flow in spite of skillful or unskillful.

    DOI

  • 国外マスターズスポーツ大会参加者の阻害要因および阻害要因折衝:World Masters Games 2017 Auckland参加者の事例報告

    彦次 佳, 伊藤 央二

    生涯スポーツ学研究 ( 日本生涯スポーツ学会 )  15 ( 2 ) 49 - 55   2018年

     概要を見る

    The World Masters Games, which is the one of the biggest participant sport events, willbe hosted in Kansai in 2021. The purpose of this report was to explore constraints and constraintnegotiation among Japanese masters games participants in the international masters games. Semi-structured interviews were conducted with eight Japanese masters athletes in the World MastersGames 2017 Auckland by asking about any problems they experienced (constraints) and thestrategies they adopted to overcome those problems (constraint negotiation). The results revealedthat Japanese participants in the international masters games experienced time constraints relatedto work and family responsibilities. To overcome those constraints, they tried to manage their workschedules (time negotiation) and to gain both understanding and support from their colleaguesand families (interpersonal negotiation) in order to participate in the international masters games.Through a series of interviews, we cognized that Japanese participants in the international mastersgames stood face to face with their constraints to overcome them using their respective strategies.

    DOI

  • Constraints and Constraint Negotiation when Participating in Domestic and International Masters Games

    Ito Eiji, Hikoji Kei

    International Journal of Sport and Health Science ( 一般社団法人 日本体育学会 )  16 ( 0 ) 120 - 127   2018年

     概要を見る

    <p>Japan will host the Rugby World Cup 2019, the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games, and the World Masters Games 2021 Kansai. A total of 30,000 domestic and 20,000 international athletes are expected to participate in the World Masters Games 2021 Kansai. However, little is known about constraints and constraint negotiation among such sport tourists (i.e., masters athletes). Therefore, the purpose of this study is to investigate the constraints and constraint negotiation experienced when Japanese masters athletes participate in domestic and international masters games. Semi-structured interviews were conducted with five Japanese masters athletes who had participated in both domestic and international (outside of Japan) masters athletic games and who belonged to the prefectural Masters Athletics Association. Thematic analysis of the transcribed data was conducted in an inductive manner. Our results indicated that: (a) time, physiological, and masters-game-specific constraints exist in both domestic and international contexts, while financial and travel constraints exist only in international contexts; (b) family, time, financial, and psychological negotiation exist in both domestic and international contexts; and (c) constraints and constraint negotiation may differ depending upon the nature of participation in the masters games (i.e., the level of involvement and social orientation).</p>

    DOI

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • マスターズスポーツメガ大会の開催による地方自治体の地域活性化に関する縦断的検証

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 身体づくりと体力づくりを目的とした食と運動に関する教育・啓発キャンペーン

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

    挑戦的萌芽研究  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 査読

    2020年04月
    -
    継続中

    体育学研究(日本体育学会)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読

  • 査読

    2020年04月
    -
    継続中

    International Journal of Sport and Health Science

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読

  • 査読

    2019年04月
    -
    継続中

    生涯スポーツ学研究(日本生涯スポーツ学会)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読

  • 査読

    2019年04月
    -
    継続中

    International Journal of Sport and Health Science

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読

  • 査読

    2019年04月
    -
    継続中

    体育・スポーツ科学(兵庫体育・スポーツ科学学会)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 副委員長

    2020年04月
    -
    継続中
     

    ワールドマスターズゲームズ関西2021 硬式野球運営員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    副委員長

  • 委員

    2020年04月
    -
    継続中
     

    和歌山県都市公園等指定管理者選定委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員

  • ワーキンググループ委員

    2019年07月
    -
    2020年06月
     

    スポーツ振興事業助成審査委員会事業助成評価

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    ワーキンググループ委員,任期:2019年7月~2021年6月

  • 地区選出評議員(近畿)

    2019年06月
    -
    2021年05月
     

    日本体育学会体育社会学専門領域

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    評議員

  • 東京2020オリンピック聖火ランナー・和歌山県枠の選出

    2019年04月
    -
    継続中
     

    東京2020オリンピック聖火ランナー和歌山県実行委員会委員

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    東京2020オリンピック聖火ランナー・和歌山県枠の選出

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • オリックス・バファローズウェスタンリーグ公式戦@紀三井寺球場

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    本学後援事業である本イベントで、大学として受託した観客調査を実

  • オリックス・バファローズウェスタンリーグ公式戦@紀三井寺球場

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    本学後援事業である本イベントで、大学として受託した観客調査を実

  • 和歌山県フライングディスク協会

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    会長

  • オリックス・バファローズウェスタンリーグ公式戦@紀三井寺球場

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    本学後援事業である本イベントで、大学として受託した観客調査を実

  • 日本フライングディスク協会

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    理事,実施者:日本フライングディスク協会

全件表示 >>