Progano Ricardo Nicolas (プロガノ リカルド ニコラス)

写真a

所属

国際イニシアティブ基幹 国際観光学研究センター

職名

特任講師

emailアドレス

emailアドレス

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    2019年

    和歌山大学   観光学部 大学院観光学研究科   博士後期課程  

  • 2014年
    -
    2016年

    和歌山大学   観光学部 大学院観光学研究科   博士前期課程  

  • 2013年
    -
    2014年

    和歌山大学   観光学部  

     備考を見る

    研究留学生

  • 2007年
    -
    2011年

    Del Salvador University   東洋学学院   学士  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士   2019年

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    京都外国語大学   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   国際観光学研究センター   特任講師

  • 2018年04月
    -
    2018年08月

    和歌山大学   観光学部   非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2022年03月
    -
    継続中

    Critical Tourism Studies - Asia Pacific (CTS - AP)

  • 2020年12月
    -
    継続中

    CAUTHE (Council for Australasian Tourism and Hospitality Education)

  • 2016年
    -
    継続中

    観光学術学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 地域研究 / 観光地域づくり

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 東洋学、文化人類学

  • 人文・社会 / 観光学 / 文化遺産管理と発展

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   Critical Issues in Tourism A   専門教育科目

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   Tourism and Heritage Management(M)   博士前期
  • 2019年度   Tourism Development and Community (M)   博士前期
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 質的研究方法

  • 異文化間研究

  • 文化遺産

  • 観光

  • 観光行政

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Impact of COVID-19 on Temple Stays: A Case Study from Koyasan, Japan

    プロガノ・リカルド・ニコラス

    International Journal of Religious Tourism and Pilgrimage   9 ( 5 ) 116 - 127   2021年11月  [査読有り]

  • Visitor diversification in pilgrimage destinations: comparing national and international visitors through means-end

    Ricardo Nicolas Progano, Kumi Kato, Joseph M. Cheer (担当区分: 筆頭著者 )

    Tourism Geographies     2020年05月  [査読有り]

  • 巡礼道における観光客の多様化: 熊野古道中辺路においての「means-end theory」による国別研究

    プロガノ・リカルド・ニコラス

        2018年12月  [査読有り]

  • Exploring the Japanese DMO registration system: A case from Tanabe city

    プロガノ・リカルド・ニコラス

    観光学   19   29 - 38   2018年  [査読有り]

  • Spirituality and tourism in Japanese Pilgrimage Sites: Exploring the intersection through the case of Kumano Kodo

    Ricardo Nicolas Progano, Kumi Kato (担当区分: 筆頭著者 )

    Fieldwork in Religion   13 ( 1 ) 22 - 43   2018年  [査読有り]

     概要を見る

    © Equinox Publishing Ltd 2018. Contemporary society understands spirituality as an individualized "quest of self-discovery and reflection" that combines eclectic elements, while disregarding traditional religious organizations. This social context has shaped how sacred sites are managed and promoted in tourism, as well as tourist motivation and behaviour. Still, the information on religious and spiritual-related tourism remains Euro-centric, although around half of an estimated 600 million religious and spiritual travels take place in Asia and the Pacific (UNWTO 2011). In order to contribute to studies on the area, the purpose of this article is to explore the intersection of spirituality and tourism in a non-Western pilgrimage site utilizing the three categories of Olsen (2015) to interpret and organize research materials in a coherent format. The Kumano Kodo pilgrimage trails in Japan were selected as case study. Results showed a variety of Japanese-specific research materials related to contemporary spirituality and tourism that still draw some parallels to the West. Following Olsen's categories, the case study showed mainly elements from spiritual tourism, with some from New Age tourism as well. Wellness was a particularly emphasized characteristic. Further research is suggested to develop Olsen's categorization and to deepen the study of non-Western tourism contexts of contemporary spirituality in different areas.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Niche Tourism

    プロガノ・リカルド・ニコラス( 担当: 単著,  担当範囲: 巡礼ツーリズムと日本の修験体験)

    Edward Elgar Publishing  2022年09月 

  • Recentering Tourism Geographies in the ‘Asian Century’

    プロガノ・リカルド・ニコラス, 加藤久美, チア・ジョセフ( 担当: 共著,  担当範囲: 9. Visitor diversification in pilgrimage destinations: comparing national and international visitors through means-end)

    ラウトレッジ  2022年  ISBN: 9781032208282

  • Handbook of Tourism Impacts and Impact Assessment.

    Cheer, J. M, Progano, R. N, Qu, M, McCormick, A( 担当: 共著,  担当範囲: Tourism in the rural periphery: Revitalization and community resilience in Japan.)

    Edward Elgar Publishing  2022年 

  • Tourism Development in Japan: Themes, Issues and Challenges

    プロガノ・リカルド・ニコラス, 加藤久美( 担当: 共著,  担当範囲: Pilgrimage tourism in regional communities: the case of Tanabe City and Kumano Kodo)

    ラウトレッジ  2021年 

  • Pilgrims: Values And Identities

    プロガノ・リカルド・ニコラス, 加藤久美( 担当: 共著,  担当範囲: Pilgrimage and Tourism in Japan: Shift in Values and Motivation)

    CABI  2021年 

Misc 【 表示 / 非表示

  • Challenges and opportunities for religious stakeholders in tourism

    プロガノ・リカルド・ニコラス (担当区分: 筆頭著者 )

    Wakayama Tourism Review   2   7 - 9   2022年03月  [査読有り]  [招待有り]

  • Introduction to Wakayama Tourism Review Vol. 3

    プロガノ・リカルド・ニコラス (担当区分: 筆頭著者 )

    Wakayama Tourism Review   3   4 - 5   2022年03月  [査読有り]  [招待有り]

  • Emerging Scholar Profile-Dr. Ricardo Nicolas Progano

    Progano, Ricardo Nicolas (担当区分: 筆頭著者 )

    e-Review of Tourism Research   18 ( 4 ) 671 - 672   2021年04月

  • Japanese pilgrimage : A key to regional development

    プロガノ・リカルド・ニコラス (担当区分: 責任著者 )

    Wakayama Tourism Review   1   21 - 23   2021年  [査読有り]

    DOI

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 国費奨学金「研究留学生」

    受賞者:  プロガノ・リカルド・ニコラス

    2013年03月   文部科学省  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Temple stays during COVID: a study during 2020-2021

    プロガノ・リカルド・ニコラス  [招待有り]

    CTR International Conference “International Tourism Research Salon” 2022  2022年03月08日  

  • 鼎談「和歌山の観光イメージの創造―吉田初三郎鳥瞰図を通してー」

    東悦子, 石川肇, プロガノ・リカルド・ニコラス  [招待有り]

    鼎談「和歌山の観光イメージの創造―吉田初三郎鳥瞰図を通してー」  2022年02月22日  

  • コメンテーター

    プロガノ・リカルド・ニコラス  [招待有り]

    観光学術学会 第9回研究集会  2022年02月19日  

  • Religious stakeholders in tourism: Tradition as competitive advantage?

    プロガノ・リカルド・ニコラス

    CAUTHE 2022  2022年02月08日  

  • Reflecting on the guide roles of religious figures.

    プロガノ・リカルド・ニコラス

    International Religious Tourism and Pilgrimage Conference  2021年12月03日  

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • Analysis of tourism guiding in pilgrimage: Model for perception of role of guides

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    若手研究  代表

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • 熊野街道の歴史・文化に関する調査研究

    2022年01月
    -
    2023年03月
     

    共同研究  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師

    2021年04月01日
    -
    2021年09月19日

    学校法人京都外国語大学

     詳細を見る

    非常勤講師

    非常勤講師として「サステナブルツーリズム」の講義を春学期木曜2時限を担当する。