曽我 真人 (ソガ マサト)

写真a

所属

システム工学部 社会情報学メジャー

職名

准教授

emailアドレス

emailアドレス

外部リンク


 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   世界の情報通信研究を知る   教養教育科目
  • 2019年度   情報システム基盤技術   専門教育科目
  • 2019年度   HCIデザイン   専門教育科目
  • 2019年度   社会情報学セミナーⅠ   専門教育科目
  • 2019年度   社会情報学セミナーⅡ   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度   デザイン情報学入門   教養教育科目
  • 2012年度   デザイン情報学入門   教養教育科目

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2017年度   NICT連携遠隔講義
  • 2017年度   ペットと飼い主どうしが楽しんで使えるダイエットシステムの提案
  • 2016年度   脳情報総合研究プロジェクト
  • 2011年度   JavaScript入門
  • 2009年度   Java入門講座1

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   システム工学研究ⅠA   博士前期
  • 2019年度   システム工学研究ⅠB   博士前期
  • 2019年度   システム工学研究ⅡA   博士前期
  • 2019年度   システム工学研究ⅡB   博士前期
  • 2019年度   システム工学講究ⅠA   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度   メディアと情報技術を活用したデザイン概論   その他
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Golf learning environment enabling overlaid display of expert's model motion and learner's motion using KINECT

    Takahiro Kora, Masato Soga, Hirokazu Taki

    KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 19TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2015 ( ELSEVIER SCIENCE BV )  60   1559 - 1565   2015年  [査読有り]

     概要を見る

    Our laboratory has developed a skill learning support environment "Motion Navigator", by which a learner can train himself/herself for a motion just by following model motion displayed on his/her HMD with AR. we have developed a golf learning support environment by improving "Motion Navigator", which takes the necessary elements into account for a learner to mimic and to practice golf swing. By displaying learner's operation superimposed with the model motion simultaneously, the system can give the learner awareness of mistake of his/her motion. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier B.V.

    DOI

  • Proposition and design of a skill learning environment for drawing onto 3D objects using AR

    Kazuma Iwasako, Masato Soga

    KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 19TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2015 ( ELSEVIER SCIENCE BV )  60   1566 - 1574   2015年  [査読有り]

     概要を見る

    Japanese traditional art works, like ceramics painting, need some skills of painting onto three-dimensional objects. Training is needed for a long time to get their skills. Therefore, it is difficult for novices to draw pictures they want. This is the reason that we developed the drawing learning support system using AR. There are two barriers for novice learners to learn drawing, difficulty of fixing their mistakes, and a lot of cost for learning. Using the system, the learner is able to break through these barriers. Our final goal is to develop a skill learning environment for drawing onto 3D objects. The environment assists a learner to get skills for drawing lines keeping uniform width. This skill is available to draw lines with various widths that the learner wants. To accomplish it, the system overlays strokes by AR, and gives advice using text or voices. First, the learner traces strokes overlaid on an object. Next, the system diagnoses the learner's stroke. Finally, the system gives advice to the learner by text or voices. In this paper, we propose and explain the design of the skill learning environment for drawing onto 3D objects using AR. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier B.V.

    DOI

  • Development of a motion learning support system arranging and showing several coaches' motion data

    Toshihiro Yoshinaga, Masato Soga

    KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 19TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2015 ( ELSEVIER SCIENCE BV )  60   1497 - 1505   2015年  [査読有り]

     概要を見る

    Traditional motion learning support systems have a single piece of motion data as a model motion although the data is not always the best one for learners. There is also a fear that some learners regard the model motion as the absolute one. To solve this problem, we proposed a system showing various model motions to the learners. They can select one of the following model motion; arbitrary coach's motion, the coach's motion whose physique is the most similar to learner's one, the average motion of all coaches and the nearest motion to the average. On the system, learners are able to choose one from these four types as a model motion if the system has some coaches' motion data. Through an evaluation experiment, we concluded that the system was helpful for motion learning. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier B.V.

    DOI

  • Development of a Learning Environment for Human Body Drawing by Giving Error Awareness for Bones and Contours

    Masato Soga, Suguru Yamada, Hirokazu Taki

    INTELLIGENT TUTORING SYSTEMS, ITS 2014 ( SPRINGER-VERLAG BERLIN )  8474   640 - 643   2014年  [査読有り]

     概要を見る

    We developed a new learning environment that targets beginners and aims at producing mastery of capabilities for observing body proportions and drawing the human body precisely. The learning environment has functions that create awareness of bones in a motif, and that then evaluate bones and contours shown in the human body sketches.

  • Development of finger motion skill learning support system based on data gloves

    Kazuma Iwasako, Masato Soga, Hirokazu Taki

    KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 18TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2014 ( ELSEVIER SCIENCE BV )  35   1307 - 1314   2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Recently, more and more hearing person starts learning sign language. For finger motion skill learning such as sign language, it is important for an expert to give objective advice to a learner, because the learner is not able to find any motion errors in his/her sign language. In other words the learner needs the self-education tool of sign language which gives good objective advice. However, there are few studies about such a system. In this paper, we developed a finger motion skill learning support system using data gloves. This system helps a learner to recognize motion errors intuitively by himself/herself by overlaying skilled person's 3D models with learner's 3D models of hands and fingers. (C) 2014 The Authors. Published by Elsevier B.V.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学大事典,第15章 教育支援,15-19項目 「身体スキルの学習」

    曽我 真人( 担当: 分担執筆)

    共立出版  2017年07月 

  • デザイン情報学入門

    山岡俊樹,曽我真人,他14名( 担当: 共著,  担当範囲: 第7章「学習支援システムとWebのデザイン」担当執筆)

    日本規格協会  2000年04月 

     概要を見る

    本書は,和歌山大学システム工学部デザイン情報学科の教員16名が,各々の立場から,デザイン情報学とはどのような学問であるかを解説したものである.学科を構成している教員の専門が多彩なことから,視覚,聴覚,CG,ソフトウェア,製品設計,マネジメント,教育支援システムなど,様々な角度から,デザインと情報について解説されているユニークな著書である.分担執筆した章では,教育支援システムの分類と,その実例についてドイツ国立情報処理研究所の例を交えながら解説している.

  • Astronomical Education with the Internet

    尾久土正己,戎崎俊一,中山雅哉,曽我真人,他25名( 担当: 共著,  担当範囲: 第6章第1節「Remote Control System and Internet Technology at Misato Observatory」担当執筆)

    Universal Academy Press, Inc.  1998年12月 

     概要を見る

    本書は,インターネットを利用した天文教育をメインテーマに,世界各国の研究者が,各国の天文教育の現状,カリキュラム,リモート望遠鏡による天文教育,インターネット技術,将来の計画などについて執筆している.世界各国のインターネットによる天文教育の現状を把握することが可能である.その中で,分担執筆した章では,和歌山県のみさと天文台に構築したリモート望遠鏡システムについて,その技術面を中心に詳しく解説している.

  • マルチメディア・コミュニケーション - 表現技術の基礎 -

    日本図学会編:中嶋正之,長江貞彦,近藤邦雄,曽我真人,他6名( 担当: 共著,  担当範囲: 第14章「マルチメディアと教育」担当執筆)

    共立出版  1997年05月 

     概要を見る

    本書は,表現技術の基礎となるマルチメディアを幅広くわかりやすく総説しており,マルチメディアインタフェース,画像生成技術,VR,画像処理,画像データベース,コミュニケーション技術,モデリング,アニメーション,マルチメディアと教育などについて解説している.各章に演習問題があり,教科書としても使用できるよう配慮されている.このうち分担執筆した章は,第14章「マルチメディアと教育」であり,ここでは,教育支援システムの分類と研究の歴史,そして,マルチメディアを教育に利用する場合に,望ましいメディアの選択法について述べている.

Misc 【 表示 / 非表示

  • 透視図法の学習を目的としたスケッチ学習支援システムの構築

    島 治季, 曽我 真人 (担当区分: 最終著者 )

    教育システム情報学会第6回研究会     1 - 8   2021年03月

  • 視聴覚刺激の呈示による タスク処理中の予期的時間評価の変化に関する検証

    佐々木 直人, 曽我 真人 (担当区分: 最終著者 )

    教育システム情報学会第6回研究会     1 - 8   2021年03月

  • ARマーカーにより人物と場所を結び付ける 歴史学習支援システムの構築

    竹中裕樹, 曽我真人 (担当区分: 最終著者 )

    教育システム情報学会第6回研究会     1 - 7   2021年03月

  • CNNを用いた音高想起時の脳波デコーディングの試み

    清水菜々子, 曽我真人 (担当区分: 最終著者 )

    教育システム情報学会第6回研究会     1 - 7   2021年03月

  • 段階的に展開していくARギフトボックスシステムの提案と評価

    西 理沙, 曽我 真人 (担当区分: 最終著者 )

    情報処理学会第83回全国大会     1 - 2   2021年03月

全件表示 >>

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 研究会優秀賞

    2013年   教育システム情報学会  

     概要を見る

    受賞表彰日付2014年9月12日(教育システム情報学会全国大会),国内受賞,2013年度に発表された合計155件の発表の中から最終的に4件が研究会優秀賞として選出された.(それらの発表を審査対象とした賞としては、研究会優秀賞以外の賞は、設定されていません)

  • Nominated for Best Technology Award

    2010年   ICCE2010  

     概要を見る

    2010.11,国際受賞,M2生の城内和也君が国際会議ICCE2010で発表し,発表題目"AR-supported sketch learning environment by drawing from learner-selectable viewpoint"なる発表について,Best Technology Award (最高技術賞)の受賞候補にノミネートされ,"Nominated for Best Technology Award"と書かれた賞状を壇上でいただきました.ただし,残念ながら最高賞は逃しました.

  • 教育システム情報学会第35回全国大会・大会奨励賞

    2010年   教育システム情報学会  

     概要を見る

    2010.8,国内受賞,「ARを用いた自由な構図によるスケッチ学習支援環境」というタイトルで,M2生の城内和也くんが発表した内容について,プレゼンテーションと論文内容の双方を評価対象として,優れた発表であることが認められて受賞しました.受賞の倍率は約39倍(約270件の発表数の中から7件が受賞).なお,この大会では,奨励賞以外の賞はありませんので,大変,価値の高い受賞です.

  • 第18回NICOGRAPH論文コンテスト 優秀論文賞

    2002年   芸術科学会  

     概要を見る

    2002.10,国内受賞

  • KANSAIブロードバンド活用術企画コンペ 第2次(最終)審査通過(最優秀賞に相当)

    2002年   関西メディアコンテンツ・クリエイターズクラブ(財団法人イメージ情報科学研究所を中心とする組織)  

     概要を見る

    2002.7,国内受賞

研究交流 【 表示 / 非表示

  • ARを用いた医療教育支援に関する研究

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    共同研究

  • ARを用いた医療教育支援に関する研究

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

    共同研究

  • スマートフォンを用いた患者参加型医療支援に関する研究

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

    共同研究

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 認知モデルに基づくメタ知識獲得のためのアクティブラーニングのフレームワーク

    2019年07月
    -
    2022年03月
     

    挑戦的研究(萌芽)  代表

  • 認知科学的分析に基づくインタラクションサイクルモデルを礎としたスキル学習支援環境

    2017年04月
    -
    2022年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • 認知状態の脳活動分析を利用したスキル学習支援システムの研究

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 拡張現実感による動作CGアニメーションを利用した非利き側動作の学習支援環境

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    挑戦的萌芽研究  代表

  • 感覚受容・抑制プロテクターを利用した技能教育システムの研究

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    挑戦的萌芽研究  分担

全件表示 >>

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • Hand-MoCapによる技能継承・支援技術の研究開発事業 -技能のデジタル化と教育のための学際的研究-

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

    分担

  • 紀伊半島の自然観察データの蓄積・普及プロジェクト

    2003年04月
    -
    2005年03月
     

    代表

  • Intelligent Multimedia Systems on WWW for Fill-in-blank Program Problems

    1995年04月
    -
    1996年03月
     

    代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師

    2019年09月
     
     

    公立大学法人大阪府立大学

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2019年9月~2019年9月

  • 放送大学和歌山学習センター 面接授業講師

    2019年06月
     
     

    放送大学和歌山学習センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    「シミュレータで太陽系外の宇宙を学ぼう」の講義を土日曜日を使って合計8時限の授業を行った.,日付:29日(土),30日(日)

  • 非常勤講師

    2019年04月
    -
    2019年09月

    放送大学和歌山学習センター

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師(面接授業担当),任期:2019年4月~2019年9月

  • 非常勤講師(面接授業担当)

    2018年07月
    -
    2018年09月

    公立大学法人大阪府立大学

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2018年7月~2018年9月

  • 放送大学和歌山学習センター 面接授業講師

    2018年07月
     
     

    放送大学和歌山学習センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    「シミュレータで太陽系を学ぼう」の講義を土日曜日を使って合計8時限の授業を行った.,日付:7日(土),8日(日)

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • Chair(議長)

    2019年04月
    -
    継続中
     

    KES2019

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    招待セッションの議長として,セッションのオーガナイズ,論文の査読,会議の司会等を務めた,任期:4月~9月

  • Chair(議長)

    2018年04月
    -
    継続中
     

    KES2018

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    招待セッションの議長として,セッションのオーガナイズ,5本の論文の査読,会議の司会等を務めた,任期:4月~9月

  • Chair(議長)

    2017年04月
    -
    継続中
     

    KES2017

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    招待セッションの議長として,セッションのオーガナイズ,6本の論文の査読,会議の司会等を務めた

  • Chair(議長)

    2016年04月
    -
    継続中
     

    KES2016

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    招待セッションの議長として,セッションのオーガナイズ,6本の論文の査読,会議の司会等を務めた

  • PCmember

    2016年04月
    -
    2016年09月
     

    ITHET2016

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    国際会議ITHET2016の投稿論文の査読

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 和歌山大学/鳥取大学合同ビジネス連携交流会 -AI・IoT技術による新たな価値創造へ-

    2018年09月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    「スキル学習支援環境」という演題で研究発表を行った.

  • 第3回和歌山大学・和歌山県工業技術センター研究者交流会

    2018年03月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    研究成果の発表を行った。

  • 第26 回わかやまテクノビジネスフェア

    2017年11月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    研究成果をポスター発表形式で発表した。

  • 和歌山産業振興財団への専門知識の提供

    2017年05月
     
     

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    和歌山産業振興財団が和歌山県の中小企業における技術伝承を推進するために,どのようなことが可能かをアドバイスした.,実施者:和歌山産業振興財団

  • 地震津波シンポジウムへの参加と研究成果のポスターデモ発表

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    地震時の家具の揺れシミュレータを開発し,来場者にデモを行った。

全件表示 >>