2024/02/02 更新

写真a

タムラ マサオキ
田村 正興
所属
経済学部 経済学科
職名
准教授
外部リンク

学歴

  • 2009年
    -
    2013年

    東京大学   大学院経済学研究科  

  • 2008年
    -
    2009年

    London School of Economics and Political Science  

  • 2005年
    -
    2007年

    東京大学   大学院経済学研究科  

  • 2001年
    -
    2005年

    京都大学   経済学部  

学位

  • 経済学博士   2014年

  • MSc Economics   2008年

  • 経済学修士   2007年

  • 学士(経済学)   2005年

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   経済学部   准教授

  • 2017年04月
    -
    2022年03月

    名古屋商科大学   経済学部、ビジネススクール   講師、准教授

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本政策投資銀行   設備投資研究所   客員研究員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    京都大学   薬学研究科   特定助教

  • 2013年01月
    -
    2015年03月

    一橋大学   イノベーション研究センター   特任助手

研究分野

  • 人文・社会 / 理論経済学

  • 人文・社会 / 経済統計

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 医療経済学

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む)

  • 2022年度   ゲーム理論   専門教育科目

  • 2022年度   ミクロ経済学Ⅱ   専門教育科目

  • 2022年度   ミクロ経済学Ⅰ   専門教育科目

  • 2022年度   経済数学   専門教育科目

【大学院】授業等

  • 2022年度   産業組織論   修士

  • 2022年度   契約理論   修士

  • 2022年度   ゲーム理論   修士

  • 2022年度   ミクロ経済学   修士

論文

  • What discourages adults’ use of insulin-infusion pumps in Japan, habit or financial aid?

    Sayaka SAKODA, Masaoki Tamura, Naohiko Wakutsu

    International Journal of Economic Policy Studies ( Springer Science and Business Media {LLC} )    2023年02月  [査読有り]

    DOI

  • Effects of tourism promotion on COVID-19 spread: The case of the “Go To Travel” campaign in Japan

    M. Tamura, S. Suzuki, Y. Yamaguchi

    Journal of Transport & Health ( Elsevier {BV} )  26   2022年09月  [査読有り]

    DOI

  • The Global Financial Crisis and Healthcare Inequality in Japan

    Sayaka Sakoda, Masaoki Tamura, Naohiko Wakutsu

    Social Indicators Research ( Springer Science and Business Media {LLC} )  161 ( 1 ) 273 - 286   2022年05月  [査読有り]

     概要を見る

    <jats:title>Abstract</jats:title><jats:p>The aim of this study is to clarify whether health-care inequality in Japan widens during a depression, even though Japan has a universal health-care system. To this end, we investigate the time-series fluctuations in health-care expenditure inequalities in Japan for the period 2008–2017, which includes the period during which the global financial crisis affected Japan. We construct an economy-wide inequality index comparing the actual health-care expenditure at various income levels (low, middle and high) against the estimated health-care needs. The findings of the study are as follows. First, the rich (the top 20% income class) spend far more than their estimated needs on health care, whereas the poor (bottom 20%) spend far less. Second, during the global financial crisis, health-care inequality especially among the working generation became greater in Japan, mainly because not only the low-income class but also the middle-income class (the bottom 30–60%) was unable to pay for health care.</jats:p>

    DOI

  • On Otaki’s Keynesian Macroeconomic Model

    Masaoki Tamura

    Theoretical Economics Letters     2019年  [査読有り]

    DOI

  • Economic Signals

    Masaoki Tamura

    ( SpringerBriefs in Economics )    2018年

    DOI

  • A Signaling Explanation for Political Parties and Advertisements

    Masaoki Tamura

    Theoretical Economics Letters     2018年  [査読有り]

    DOI

  • Prize Promotions as Costless Commitments

    Masaoki Tamura

    Managerial and Decision Economics   38 ( 4 ) 556 - 564   2017年06月  [査読有り]

    DOI

  • 薬価改定ルール、自己負担率及び医療技術評価に関する一考察 -制度が実勢価格に与える影響についての理論的考察-

    フィナンシャルレビュー   ( 128 )   2016年

  • 医療費の真の国際比較 -高齢化率補正の試み-

    柿原浩明, 迫田さやか, 田村正興, 和久津尚彦

    週刊社会保障 ( 法研 )  70 ( 2885 ) 26 - 31   2016年

  • イノベーションの社会全体への波及効果にも目を向けよ -オプジーボ問題を考える-

    柿原浩明, 田村正興, 和久津尚彦

    国際医薬品情報 ( 国際商業出版 )  ( 1056 ) 24 - 27   2016年

  • 景品戦略の理論:企業の動学的非整合性問題とその解決方法

    田村 正興

    高知論叢 ( 高知大学経済学会 )  ( 110 ) 1 - 14   2015年

  • 新薬創出加算制度が日本の産業構造転換とGDP成長に果たす役割に関する研究

    柿原浩明, 山口道利, 田村正興, 米田紘康, 馬欣欣

    社会保険旬報 ( 社会保険研究所 )  2609 ( 2609 ) 26 - 31   2015年

  • 研究開発促進税制の意義とその効果

    柿原浩明, 米田紘康, 田村正興, 山口道利, 馬欣欣

    社会保険旬報   2603   2015年

  • The Economics of Control Principles of Welfare Economics Abba P. Lerner

    田村正興

    社会科学研究   66 ( 2 ) 199 - 212   2015年

    DOI

  • 書評 “Is Democracy Possible Here? : Principles for a New Political Debate” (Ronald Dworkin 著)

    社会科学研究   64 ( 2 )   2013年

    DOI

  • Monetary Growth Theory under Perfect and Monopolistic Competitions

    Masayuki Otaki, Masaoki Tamura

    Theoretical Economics Letters     2013年  [査読有り]

    DOI

  • Anonymous Giving as a Vice: An Application of Image Motivation

    Masaoki Tamura

    Theoretical Economics Letters     2012年  [査読有り]

    DOI

▼全件表示

書籍等出版物

  • Economic Signals

    Masaoki Tamura( 担当: 単著)

    Springer  2018年  ISBN: 9789811089374

  • 薬学と社会

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: セクション「薬価基準制度と後発品の役割」「薬物療法の経済評価の重要性と基本的な評価手法」を柿原浩明氏・和久津尚彦氏と分担執筆)

    中山書店  2017年  ISBN: 9784521744483

  • 社会科学における善と正義 ロールズ『正義論』を超えて

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: R. ドウォーキン『いま民主主義は実現できるか?――新たな政治議論のための原則』を執筆)

      2015年05月  ISBN: 9784130302067

  • 平成長期不況 政治経済学的アプローチ

    大瀧雅之編( 担当: 分担執筆,  担当範囲: p83-86を執筆)

      2008年  ISBN: 9784130402392

科学研究費

  • 1型糖尿病思春期発症時の社会経済状況が与える影響についての計量経済学的研究

    2022年04月
    -
    2026年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • COVID-19がもたらす健康格差の統計的研究

    2022年04月
    -
    2025年03月
     

    基盤研究(C)  代表

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等

  • 非常勤講師

    2022年09月01日
    -
    2023年03月18日

    名古屋商科大学大学院

     詳細を見る

    非常勤講師

    非常勤講師として「Business Analysis in Healthcare」の授業を担当する。

  • 非常勤講師

    2022年09月01日
    -
    2023年03月18日

    名古屋商科大学

     詳細を見る

    非常勤講師

    非常勤講師として「経済政策」の授業を担当する。

  • 客員主任研究員

    2022年05月01日
    -
    2023年03月31日

    株式会社日本政策投資銀行

     詳細を見る

    助言・指導

    株式会社日本政策都市銀行設備投資研究所の業務全般に関する事項についてのアドバイス