2024/05/09 更新

写真a

モハメド エルバルバリ
Mohamed Elbarbary
所属
国際イニシアティブ基幹 国際観光学研究センター
職名
講師
外部リンク

学歴

  • 2021年

    ブランデンブルク工科大学-コットブス   世界遺産研究   交換留学生  

  • 2019年
    -
    2022年

    筑波大学大学院人間総合科学研究科   世界遺産研究   世界文化遺産学博士号  

     備考を見る

    最優秀論文賞

  • 2019年
    -
    2020年

    筑波大学   理工学群社会工学類   単位取得を伴う移籍 博士課程学生  

  • 2013年
    -
    2016年

    ファユーム大学観光・ホテル学部   観光指導部   観光ガイダンス修士課程  

     備考を見る

    最優秀修士論文

  • 2008年
    -
    2012年

    ファユーム大学観光・ホテル学部   観光指導部   観光ガイダンスの学士号  

     備考を見る

    優秀な成績で優等学位

経歴

  • 2022年04月
    -
    2023年12月

    筑波大学   芸術系   Researcher

  • 2021年12月
    -
    2022年02月

    筑波大学   Degree program in World Heritage Studies   Research Assistant

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    筑波大学大学院人間総合科学研究科   世界遺産研究   博士課程学生

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    筑波大学   理工学群社会工学類   博士課程学生

  • 2013年04月
    -
    2016年11月

    ファユーム大学観光・ホテル学部   観光指導部   修士課程学生

所属学協会

  • 2020年11月
    -
    継続中

    日本地理学会

  • 2016年02月
    -
    継続中

    大統領リーダーシップ・プログラム(PLP)

  • 2016年01月
    -
    継続中

    エジプト歴史研究協会

研究分野

  • 人文・社会 / 文化財科学 / 文化遺産の管理と保護

  • 人文・社会 / 観光学 / 持続可能な観光

  • 人文・社会 / 観光学 / 言語景観

  • 人文・社会 / 人文地理学 / 場所のセンス

研究キーワード

  • 世界文化遺産研究

  • 言語景観

  • 人文地理学

  • 観光学

  • イスラム芸術と建築

論文

  • グローバル都市におけるグラフィティの学際的研究: ハンブルクと東京におけるグラフィティの空間的特徴に焦点をあてて

    Mariko Ikeda, Mohamed N. El-Barbary (担当区分: 最終著者 )

    Fall Academic Conference of the Association of Japanese Geographers, Kansai University, Osaka   104   106   2023年09月

  • 東京におけるタグ付けサブカルチャーのドキュメンテーションに向けた新たなアプローチ

    Mohamed N. El-Barbary, Mariko Ikeda, Ondrej Skrabal, Sanja Ewald (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Processdings of The Tag Conference: Name Writing in Public Space, Hamburg     2023年06月

  • カイロの歴史的建造物の保存と地域社会・地域への影響・関係

    Mohamed N. El-Barbary (担当区分: 筆頭著者 )

    世界遺産研究百科事典     1 - 3   2023年  [招待有り]

  • グローバル都市におけるムスリム移民の言語景観: 旧西ベルリン・ノイケルンの場づくり

    Mohamed N. El-Barbary, Mariko Ikeda (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Proceedings of The 2022 IGU Urban Commission Annual Meeting, Paris     11 - 16   2022年07月

  • 文化遺産に対する地域住民の「場所感覚」:人口統計学的および社会経済学的特性との相関関係

    Mohamed N. El-Barbary, Mariko Ikeda, Yasufumi Uekita (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Journal of Cultural Heritage Management and Sustainable Development     1 - 18   2022年05月  [査読有り]

    DOI

  • 20世紀半ば以降のカイロ歴史地区における文化遺産保存の軌跡と課題: 歴史都市の適切な保存修復アプローチに向けて

    EL-BARBARY Mohamed N., IKEDA Mariko, UEKITA Yasufumi (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Geographical review of Japan series B ( The Association of Japanese Geographers )  94 ( 2 ) 65 - 80   2021年12月  [査読有り]

    DOI

  • 中欧における世界遺産の地域紛争の発生: ドレスデン・エルベ渓谷における市民運動のケース

    Qu F, Mohamed N. El-Barbary, Mariko Ikeda

    HERITAGE 2020 第7回遺産と持続可能な開発に関する国際会議議事録   1   113 - 122   2020年  [査読有り]

  • 観光開発における歴史地区のアイデンティティの変化: カイロ歴史地区カーン・エル・ハリーリ地区の事例

    Mohamed N. El-Barbary, Mariko Ikeda, Yasufumi Uekita (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    HERITAGE 2020 第7回遺産と持続可能な開発に関する国際会議議事録   1   699 - 677   2020年  [査読有り]

  • センス・オブ・プレイスと観光客の満足度及び意図的再訪との関係: エジプトからの証拠

    Mohamed A. Abou-Shouk, Nagoua Zoair, Mohamed N. El-Barbary, Mahmoud M. Hewedi

    International Journal of Tourism Research ( Wiley )  20 ( 2 ) 172 - 181   2018年03月  [査読有り]

    DOI

  • カイロ・イスラム美術館所蔵のファーティマ朝(紀元358-567年/969-1171年)のイスラム工芸品に施されたシーア派の意味合い

    Mohamed N. El Barbary, Aisha Al Tohamy, Ehab Y. Ali (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    ヘリテージ・ツーリズム・ホスピタリティ国際ジャーナル ( Egypts Presidential Specialized Council for Education and Scientific Research )  11 ( 3 (Special Issue) ) 121 - 137   2017年02月  [査読有り]

    DOI

  • ファーティミード時代(358-567 A.H./969-1171A.D.)のカイロのイスラーム建築におけるシーア派の意味合い

    Mohamed N. El-Barbary, Aisha Al Tohamy, Ehab Y. Ali (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    ファユーム大学観光ホテル学部ジャーナル   10 ( 1/2 ) 270 - 299   2016年11月  [査読有り]

  • ファユームのチュニス村 観光投資の機会と課題

    Mohamed N. El-Barbary (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Processdings of The 3rd Young Researchers Conference of Suez Canal University, Egypt     2016年05月

  • アッバース朝・ファーティマ朝の出会いと東方交易路への影響

    Mohamed N. El-Barbary (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    Proceedings of The 16th Conference of the Egyptian Association for Historical Studies, Cairo     2016年

  • エジプトにシーア派を広めるファーティマ朝の政策

    Mohamed N. El-Barbary, Aisha Al Tohamy, Ehab Y. Ali (担当区分: 筆頭著者, 責任著者 )

    The 2nd Young Researchers Conference of Suez Canal University     2015年10月

▼全件表示

Works

  • 研究員

    芸術専門学群 

    2022年04月
    -
    2023年12月
     教材

  • 研究助手

    筑波大学大学院人間総合科学研究科 

    2021年10月
    -
    2022年02月
     教材

  • 教務補助員

    筑波大学大学院人間総合科学研究科 

    2020年10月
    -
    2021年02月
     教材

  • 講師助手 [常勤]

    ファユーム大学観光ホテル学部 

    2016年12月
    -
    2019年03月
     教材

  • デモンストレーター(常勤)

    ファユーム大学観光ホテル学部 

    2013年04月
    -
    2016年12月
     教材

  • ツアーリーダー(常勤)

    カイロ・エクスプレス・トラベル 

    2012年09月
    -
    2013年03月

▼全件表示

受賞(研究活動に関するもの)

  • 国際出版科学奨励賞

    2022年12月   エジプト、ファユーム大学  

  • 最優秀論文賞

    2022年03月   筑波大学博士課程世界文化遺産学専攻  

  • 全額支給の博士号奨学金

    2019年04月   エジプト日本教育パートナーシップ(EJEP)、エジプト  

  • 国際出版科学奨励賞

    2018年12月   エジプト、ファユーム大学  

  • 国際出版科学奨励賞

    2017年12月   エジプト、ファユーム大学  

  • イスラム文明に関する最優秀修士論文

    2016年04月   エジプト歴史研究協会  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • カイロ歴史地区におけるイスラム美術と建築の創造性

    Mohamed N. El-Barbary  [招待有り]

    UNDPシリア歴史都市計画ワークショップ、ベイルート  2018年12月18日