宮川 智子 (ミヤガワ トモコ)

写真a

所属

システム工学部 環境デザインメジャー

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 奈良女子大学   Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture   Human Environment and Science Students  

  • 奈良女子大学   人間文化研究科   人間環境科学  

  • 奈良女子大学   人間文化研究科   住環境学  

  • 奈良女子大学   Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture   Residential Environment  

  • University of Newcastle upon Tyne   Faculty of Law, Economics and Social Science   Town and Country Planning  

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 生活環境学修士

  • 学術博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    2016年04月

    和歌山大学   システム工学部   教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本造園学会

  • 日本都市計画学会

  • 日本建築学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

  • 環境・農学 / 環境影響評価

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   地域学   教養教育科目
  • 2020年度   地域協働演習基礎   連携展開科目
  • 2020年度   地域協働演習A   連携展開科目
  • 2020年度   地域協働演習B   連携展開科目
  • 2020年度   地域協働演習C   連携展開科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度   紀伊半島の環境と生活   教養教育科目

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2011年度   歴史的環境の保全について考える
  • 2011年度   楽環楽しく環境を学ぶ
  • 2010年度   快適な住環境について考える
  • 2010年度   楽環楽しく環境を学ぶ
  • 2010年度   町並みについて考える

全件表示 >>

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学特別講究Ⅱ   博士後期
  • 2020年度   システム工学特別研究   博士後期
  • 2020年度   システム工学グローバル講究Ⅰ   博士後期
  • 2020年度   システム工学グローバル講究Ⅱ   博士後期
  • 2020年度   システム工学特別講究Ⅰ   博士後期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度   紀伊半島の環境と生活   その他
  • 2012年度   紀伊半島学Ⅱ   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ボロブドゥール

  • 土地利用変遷

  • 都市再生

  • 環境再生

  • 景観計画・戦略

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • CHARACTERISTICS OF CULTURAL LANDSCAPE IN THE GATEWAYTOWN OF KUDOYAMA

    Tomoko Miyagawa, Sakura Yamaguchi, Sayuri Yoshino (Aoyama), Shinpei Yamamoto, Masahiro Takasago

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE ( GEOMATE INT SOC )  19 ( 76 ) 82 - 88   2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Managing historic environment and cultural heritage are important not only from the conservation of cultural assets and local environment but it is also necessary to consider the perspectives from the community. This paper aims to examine a case study focusing on houses and local resources in the center of Kudoyama, known as the gateway town to the World Heritage Site, Koyasan in Wakayama, Japan. Study methods used are field observations and literature reviews. From the results, characteristics of the town center of Kudoyama became clear as follows; about half of all houses have been built with single or semi-second story houses to form relatively reduced height of skylines. Thus, it creates viewpoints to surrounding mountains within the town center on undulating landform. In terms of local resources, a variety of natural and historic elements have been found to create a historic environment in town center of Kudoyama. In addition, some traditional design of houses is representing the similarities with surrounding areas of the World Heritage Sites of Yoshino and Koyasan. In future, managing cultural landscape may be necessary to balance the needs of the community and tourism.

    DOI

  • REGENERATION FOR SOCIO ECOLOGICAL PRODUCTION LANDSCAPE IN SERIOUSLY ENVIRONMENTAL DAMAGEDRURAL AREA

    Azegami Takato, Abe Hirokazu, Otsuka Noriko, Miyagawa Tomoko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE   16 ( 54 ) 16 - 22   2019年02月  [査読有り]

    DOI

  • ENVIRONMENTAL REGENERATION AND MANAGEMENT IN PARTNERSHIP IN THE NORTHWEST OF ENGLAND

    Miyagawa Tomoko, Olver Clare, Otsuka Noriko, Abe Hirokazu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GEOMATE   16 ( 54 ) 9 - 15   2019年02月  [査読有り]

    DOI

  • 製塩業による環境影響の実態と産業跡地再生の現状に関する研究―英国ノースウィッチ・ウッドランズを対象として―

    山出美弥, 阿部浩和, 宮川智子

    日本建築学会技術報告集 ( Architectural Institute of Japan )  24 ( 56 ) 351 - 356   2018年02月

     概要を見る

    © 2018 Architectural Institute of Japan. All rights reserved. The purpose of this study is to identify the history of the development salt industry and situation of environment damage from salt mining in Northwich Woodlands, Cheshire, the UK. 1) Saltmaking in Cheshire dates back over 2000 years. There were 44 salt works had been built. 2) The landuse changes were shown ground subsidence before 1875s to 1930s, it's area was about 174ha. 3) Restoration of brownfields started from 1990s and 2000s in parallel with conservation of historical and industrial heritage also open spaces, footpaths, cycle way, horse riding and pram. 4) The Salt Works has the status of an 'Anchor Point' on the European Route of Industrial Heritage (ERIH). It suggests that to improve the image of the environmental damage site.

    DOI

  • Lessons and achievements from the Mersey Forest by networking partnership for twenty years

    Tomoko Miyagawa, Clare Olver, Noriko Otsuka, Takefumi Kurose, Hirokazu Abe

    International Journal of GEOMATE ( GEOMATE International Society )  15 ( 48 ) 48 - 54   2018年

     概要を見る

    In the UK, community forest projects have created an increase of new accessible open green spaces in post-industrial areas. However, there is a scarcity of sustainable funding for long-term management. Therefore, the partnership is recognized to be a key mechanism to maximize the benefits and to share the risks with a range of organization to maintain the quality of green spaces. This study is to clarify the achievements and the roles of the Mersey Forest over the last twenty years in developing partnership approaches in the Northwest of England. The study methods are based on literature reviews regarding on published literature on environmental regeneration and the data provided from the Mersey Forest, and interviews with representatives of the Mersey Forest. The first 10 years from 1994 to 2004 focused on planting trees for creating new and extending woodland. After that opportunity for large-scale new planting decreased and there was a need for managing the newly created open green spaces. Therefore, it has entered in the management phase and the role of the Mersey Forest is shifting to strengthen partnership working by providing advice to landowners. It also became clear that community forest approaches have been achieved together with landowners and partners through partnership working led by the Mersey Forest for over twenty years. Thus, the Mersey Forest has evolved from a governmental inspired organization to a community empowered organization.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Rural and urban sustainability governance

    浅野 耕太, 高田 光雄

    United Nations University Press  2014年  ISBN: 9789280812336

  • 和歌山大学宮川研究室・林田研究室・御坊市教育委員会・NPOスサノヲ、第3章「町並みの再発見と住民による地域発掘―和歌山県旧御坊町・塩屋町―」、「生きている文化遺産と観光」、藤木庸介編著

    学芸出版社  2010年03月 

  • 地域居住とまちづくり

    せせらぎ出版  2005年  ISBN: 4884161459

  • シリーズ都市再生2 持続可能性を求めて-海外都市に学ぶ

    日本経済評論社  2005年  ISBN: 4818817732

Misc 【 表示 / 非表示

  • CHARACTERISTICS OF CULTURAL LANDSCAPE AS STREETSCAPE IN KUDOYAMA TOWN

    Tomoko Miyagawa, Rena Ozaki, Kyota Matsuyama, Shinpei Yamamoto, Masahiro Takasago (担当区分: 筆頭著者 )

    Proceedings of 6th Int. Conf. on Structure, Engineering & Environment (SEE)     192 - 197   2020年11月  [査読有り]

  • THE POTENTIAL USE OF GREEN INFRASTRUCTURE IN THE REGENERATION OF BROWNFIELD SITES: THE CASE OF OSAKA BAY AREA IN JAPAN

    Noriko Otsuka, Yuto Isehara, Hirokazu Abe, Tomoko Miyagawa

    Proceedings of AESOP Annual Congress 2017   ( 336 )   2017年07月  [査読有り]

  • Greening Brownfields with Open Space Strategies in Sakai City, Japan

    Tomoko Miyagawa, Noriko Otsuka, Takefumi Kurose, Hirokazu Abe

    Proceedings of ECLAS Conference 2016     2016年09月  [査読有り]

  • APPLYING THE GREEN INFRASTRUCTURE CONCEPT FOR REGENERATING THE REGION AFFECTED BY THE NUCLEAR ACCIDENT IN THE FUKUSHIMA PREFECTURE

    Noriko Otsuka, Tetsuo Yasutaka, Hirokazu Abe, Tomoko Miyagawa

    THE 10th EUROPEAN CONFERENCE ON ECOLOGICAL RESTORATION ABSTRACT VOLUME     2016年08月  [査読有り]

  • Lessons from The International Comparison of Contaminated Land Policies with Risk Governance in Japan, The Netherlands and The UK

    Tomoko Miyagawa, Noriko Otsuka, Hirokazu Abe

    Proceedings of Fifth International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment     771 - 776   2015年11月  [査読有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 重大な環境被害を受けた中山間地域におけるリスクベースの社会・生態的環境の再生

    2018年07月
    -
    2020年03月
     

    挑戦的研究(萌芽)  分担

  • 旧産業景観の形成における長期的な維持管理とパートナーシップ形成の手法に関する検討

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 環境汚染を内包する産業ランドスケープのGI化のためのプラットフォーム構築

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • シビアな環境汚染除染以降のブラウンフィールド問題とリスクコミュニケーションの課題

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 持続可能な低未利用地の再生・管理と良好な景観の維持管理に関する検討

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    若手研究(B)  代表

全件表示 >>

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金(株式会社総合資格(和歌山))

    2021年02月
     
     
     

    寄附金  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 講師

    2017年11月
    -
    継続中

    立命館大学

     詳細を見る

    講演講師等

    講師,任期:2017年11月~

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 和歌山下津港長期構想検討委員会委員

    2020年11月26日
    -
    2022年03月31日
     

    公益社団法人 日本港湾協会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    和歌山下津港の長期構想に関する審議を行う。

  • 和歌山下津港長期構想検討委員会

    2020年11月26日
    -
    2022年03月31日
     

    公益社団法人 日本港湾協会

     詳細を見る

    港湾

    和歌山下津港における長期構想について審議を行う。

  • 委員

    2020年02月
    -
    2021年01月
     

    和歌山県地方港湾審議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2020年2月~2022年1月

  • 委員

    2019年12月
     
     
     

    和歌山県国土利用計画審議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2019年12月~2022年12月

  • 委員

    2019年08月
     
     
     

    和歌山市景観審議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2019年8月~2021年8月

全件表示 >>