OZEKI Ayako

写真a

Name of department

Faculty of Education, Social Studies Education

Job title

Associate Professor

Mail Address

E-mail address

External Link


Education 【 display / non-display

  • 1997
    -
    2001

    Kyoto University   Graduate School of Human and Environmental Studies  

  • 1994
    -
    1997

    Kyoto University   Graduate School of Human and Environmental Studies  

  • 1990
    -
    1994

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education   哲学科  

Degree 【 display / non-display

  • Doctor (Human and Environmental Studies)

  • Master (Human and Environmental Studies)

Academic & Professional Experience 【 display / non-display

  • 2007.04
    -
    Now

    Wakayama University   Faculty of Education   准教授

  • 2004.10
    -
    2005.06

    ニース大学   客員研究員

  • 2003.10
    -
    2007.03

    Wakayama University   Faculty of Education   助教授

  • 2002
    -
    2003

    Kwansei Gakuin University   School of Humanities

  • 2002
     
     

    Aichi University   Faculty of Letters

display all >>

Association Memberships 【 display / non-display

  • 日本社会学会

  • ベルクソン哲学研究会

  • 日本現象学会

  • 日本倫理学会

  • デュルケーム/デュルケーム学派研究会

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & social sciences / Philosophy and ethics

  • Humanities & social sciences / History of thought

 

Classes (including Experimental Classes, Seminars, Graduation Thesis Guidance, Graduation Research, and Topical Research) 【 display / non-display

  • 2021   Philosophical Anthropology-Religion   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2021   Philosophical Anthropology-Ethics   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2021   Study of Life and Death   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2021   Philosophy   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2021   Introduction to Social Studies   Specialized Subjects

display all >>

Satellite Courses 【 display / non-display

  • 2019   NA   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2018   NA   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2017   NA   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2016   NA   Liberal Arts and Sciences Subjects

Classes 【 display / non-display

  • 2021   Development of Inquisitive Teaching Materials - Education for Citizens Who Parti  
  • 2020   Development of Inquisitive Teaching Materials - Education for Citizens Who Parti  
  • 2020   Seminar on Philosophy   Master's Course
  • 2019   Seminar on Philosophy   Master's Course
  • 2019   Seminar on Philosophy   Master's Course

display all >>

 

Research Interests 【 display / non-display

  • 自我

  • ベルクソン

  • 哲学

  • 身体

Published Papers 【 display / non-display

  • 永遠の真理と変化する実在――デュルケムとベルクソンにおける言語的観念の役割――

    小関彩子 (Part: Corresponding author )

    科学研究費成果報告書『デュルケム社会学の成立と受容――ディシプリンとしての社会学を考えるために』     26 - 36   2019

  • 近代学校教育における時間意識の淵源―イエズス会中等教育を事例として

    小関 彩子 (Part: Corresponding author )

    和歌山大学教育学部紀要―人文科学―   第68集   55 - 62   2018

  • 良識を涵養する知性と知性を超えるもの

    小関 彩子 (Part: Corresponding author )

    科学研究費挑戦的萌芽研究報告 今、新たな教養像の構築に向けて、教育哲学の果たすべき役割とは?     36 - 46   2015

  • 自由と創造

    小関 彩子 (Part: Corresponding author )

    アガペを生きる―アガペ会創立30周年記念誌―     71 - 81   2012

  • 生命の一元論

    小関 彩子 (Part: Corresponding author )

    環境と健康   Vol.24 ( No.1 Spring2011 ) 59 - 67   2011  [Invited]

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 社会学の基本デュルケームの論点

    デュルケーム/デュルケーム学派研究会, 中島, 道男, 岡崎, 宏樹, 小川, 伸彦, 山田, 陽子( Part: Joint author,  Work: ベルクソン:閉じた社会/開いた社会)

    学文社  2021.01  ISBN: 9784762030390

  • Considérations inactuelles Bergson et la philosophie française du XIXe siècle

    OZEKI Ayako( Part: Contributor,  Work: L'individualisme est-il un égoïsme? ―L'énergie vivante s'incarnant dans la personnalité chez Bergson et Durkheim―)

    GEORG OLMS VERLAG、  2017 

  • Historia Juris 比較法史研究-思想・制度・社会

    小関彩子( Part: Contributor,  Work: 法と自然-ベルクソンの社会分析を手がかりにして)

    未来社  2004 

  • 雰囲気と集合心性

    小関彩子( Part: Contributor,  Work: ベルクソンにおける自我論と自我を超えるもの)

    京都大学学術出版会  2001 

Misc 【 display / non-display

  • 座談 信仰を思想する 最終回 内在と超越、信仰の内側と外側

    森岡正博, 中畑邦夫, 小関彩子, 鈴木敦詞, 原敬子

    福音宣教   2021年 ( 12月号 ) 20 - 29   2021.12  [Invited]

  • 座談 信仰を思想する 第2回 森岡正博氏からの質問と、執筆者の応答

    森岡正博, 中畑邦夫, 小関彩子, 鈴木敦詞, 原敬子

    福音宣教   2021年 ( 11月号 ) 2 - 11   2021.11  [Invited]

  • 座談 信仰を思想する 第1回 宗教から出た思想と、宗教に憧れる思想

    森岡正博, 中畑邦夫, 小関彩子, 鈴木敦詞, 原敬子

    福音宣教   2021年 ( 10月号 ) 2 - 7   2021.10  [Invited]

  • アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、ベルクソンの神

    小関 彩子 (Part: Corresponding author )

    福音宣教   2021年 ( 8・9月号 ) 42 - 47   2021.08  [Invited]

  • 「連載:玩味玩読デュルケームのことば 第7回 」

    小関彩子 (Part: Corresponding author )

    『科学研究費補助金基盤研究(B)「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か―― デュルケーム社会学を 事例として」ニュースレター』   3   12 - 13   2018  [Invited]

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • The concept of personality in Durkheim-----Generality, commonness, abstractness, and universality

    OZEKI Ayako

    International Sociological Association, XIX World Congress of Sociology, RC08 History of Sociology  2018.07.21  

  • Durkheim standing outside of Durkheimian epistemology

    OZEKI Ayako

    3rd ISA Forum of Sociology, R25 Language and Society Session: Sociological Studies of Language: Theory & Method  2016.07  

  • デュルケム認識論における二つの位相

    小関 彩子

    科研費研究「社会学のディシプリン再生はいかにして可能か―デュルケーム社会学を事例として」第2回全体研究会シンポジウム  2016.04  

  • 永遠の真理と変化する実在―デュルケムとベルクソンにおける言語的観念の役割――

    小関 彩子

    第30回デュルケーム・デュルケーム学派研究会  2015.04  

  • ベルクソンとデュルケムにおける言語の社会性と個人性

    小関 彩子

    第36回ベルクソン哲学研究会  2015.03  

display all >>

Research Exchange 【 display / non-display

  • 国際シンポジウムに参加、Johannes SCHICK氏の発表原稿「痛みに満ちた存在論」を翻訳

    2011.04
    -
    2012.03
     

     International research exchanges

  • 国際シンポジウムに参加、Hwang氏の発表原稿「ベルクソンとシモンドンにおける類と個体」を翻訳

    2009.04
    -
    2010.03
     

     International research exchanges

  • 法政大学において開催された学会でのフランス語原稿を翻訳、討議

    2008.04
    -
    2009.03
     

     International research exchanges

  • 同地において、客員研究員として、フランス現象学を研究

    2004.04
    -
    2006.03
     

     International research exchanges

KAKENHI 【 display / non-display

  • 社会学のディシプリン再生はいかにして可能か―デュルケーム社会学を事例として

    2015.04
    -
    2019.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  Co-investigator

  • 今、新たな教養像の構築に向けて、教育哲学の果たすべき役割とは?

    2012.04
    -
    2015.03
     

    Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research  Co-investigator

  • ベルクソン哲学におけるスピリチュアリスムと現象学的身体論の統合可能性の研究

    2006.04
    -
    2009.03
     

    Grant-in-Aid for Young Scientists(B)  Principal investigator

 

Instructor for open lecture, peer review for academic journal, media appearances, etc. 【 display / non-display

  • 非常勤講師

    2021.04.01
    -
    2021.09.30

    和歌山県立医学大学

     View Details

    非常勤講師

    「哲学」
    前期 木曜1コマ(8:50~10:00)

  • 非常勤講師

    2020.04.10
    -
    2021.12.14

    国保野上厚生総合病院附属看護専門学校

     View Details

    非常勤講師

    非常勤講師として「倫理学」の講義を4月10日~7月17日 金曜3時限を担当する。

  • 非常勤講師

    2019.04
    -
    2019.08

    国保野上厚生総合病院附属看護専門学校

     View Details

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2019年4月~2019年8月

  • 論文査読

    2018.04
    -
    Now

    『哲学』、日本哲学会

     View Details

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    論文査読

  • 「海外語学・社会演習D」(ナント・オーデンシア・ビジネススクールにおける語学研修)引率

    2018.04
    -
    2019.03

    その他

     View Details

    国際交流事業

    和歌山大学の学生を引率し、交流協定校であるオーデンシア・ビジネススクールの教職員と交流。,相手国:フランス

display all >>

Course for renewal of teaching license, teacher-librarian course, etc. (contracted business) 【 display / non-display

  • 2021  【選択】倫理学入門(教員免許状更新講習)
  • 2020  【選択】倫理学入門(教員免許更新講習)
  • 2015  教員免許状更新講習「哲学あたまで考えてみる」
  • 2014  教員免許状更新講習「哲学あたまで考えてみる」
  • 2013  教員免許状更新講習「哲学あたまで考えてみる」

display all >>

Committee member history in academic associations, government agencies, municipalities, etc. 【 display / non-display

  • 委員

    2008.04
    -
    2011.03
     

    和歌山県立桐蔭中学校・高等学校 学校評議員

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員,任期:3年

Other Social Activities 【 display / non-display

  • 和歌山中ロータリークラブ

    2010.12
     
     

    その他

     View Details

    社会との連携を推進する活動

    例会にて卓話

  • ロータリー財団国際親善奨学生オリエンテーション

    2009.04
    -
    2010.03

    その他

     View Details

    社会との連携を推進する活動

    ロータリー財団から国際親善奨学生として派遣される留学生に対するオリエンテーションでスピーチ。

  • 和歌山城南ロータリークラブ

    2008.11
     
     

    その他

     View Details

    社会との連携を推進する活動

    例会にて卓話

  • 御坊東ロータリークラブ

    2008.03
     
     

    その他

     View Details

    社会との連携を推進する活動

    例会にて卓話