橋本 正人 (ハシモト マサト)

写真a

所属

システム工学部 化学メジャー

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年
    -
    1991年

    東京大学大学院   大学院理学系研究科   化学専攻 修士・博士課程  

     備考を見る

    修士・博士課程

  • 1982年
    -
    1986年

    東京大学   理学部   化学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士   1991年

  • 理学修士   1988年

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    継続中

    和歌山大学   システム工学部   教授

  • 1997年04月
    -
    2010年09月

    和歌山大学   システム工学部   助教授(准教授)

  • 1994年05月
    -
    1997年03月

    スウェーデン・ウメオ大学 博士研究員

  • 1991年04月
    -
    1994年04月

    東京大学   工学部合成化学科   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 近畿工業化学会

  • ドイツ化学会

  • 日本結晶学会

  • 日本化学会

  • 王立化学会(イギリス)

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2020年度   化学実験Ⅳ   専門教育科目
  • 2020年度   化学実験Ⅲ   専門教育科目
  • 2020年度   科学技術英語B   専門教育科目

全件表示 >>

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2020年度   無機反応化学   博士前期
  • 2020年度   システム工学研究ⅠA   博士前期

全件表示 >>

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 無機合成化学

  • ポリオキソメタレート

  • ペルオキソメタレート

  • 無機構造化学

論文 【 表示 / 非表示

  • Control over the preference for binding sites of polyoxometalates to silver ethynide clusters by surface charge modification

    Sho Tamari, Kosuke Ono, Masato Hashimoto, Tomoji Ozeki

    DALTON TRANSACTIONS ( ROYAL SOC CHEMISTRY )  44 ( 44 ) 19056 - 19058   2015年  [査読有り]

     概要を見る

    A polyoxometalate-silver ethynide composite cluster, [Ag-42(CO3)-{ C = CC(CH3)(3)}(27)(alpha-A-SiW9Nb3O40)(2)](-) (1), demonstrates that we can select the binding site of a polyoxometalate to the silver alkynide cluster by tuning the surface charge of the precursor polyoxometalate. Multidimensional and multinuclear NMR spectra revealed that 1 maintains its precise atomic connectivity in the solution.

    DOI

  • Synthesis, structure and spectroscopic analyses of aquachloridooxidodiperoxidomolybdate(VI)

    Masa-aki Saito, Masato Hashimoto

    DALTON TRANSACTIONS ( ROYAL SOC CHEMISTRY )  43 ( 2 ) 402 - 405   2014年  [査読有り]

     概要を見る

    A novel aquachloridooxidodiperoxidomolybdate(VI), [MoClO(O-2)(2)(OH2)](-), was crystallised as tetraethylammonium and triethylmethylammonium salts from strongly acidic aqueous solutions, and was structurally analysed by single crystal X-ray diffraction and NMR spectroscopy. The aqueous behaviour of the present anion observed by O-17 NMR agrees with that reported in a previous speciation study.

    DOI

  • Calcium and strontium salts of (glycinato- <i>k</i><sup>2</sup><i>N</i>,<i>O</i>)oxidobis(peroxido-<i>k</i><sup>2</sup><i>O</i>,<i>O’</i>)vanadate(V) tetrahydrate

    Takeshi Higuchi, Ayana Uchida, Masato Hashimoto

    Acta Crystallogr., Sect. C   69 ( 12 ) 1494 - 1497   2013年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The title salts calcium (glycinato-κ2 N,O) oxidobis(peroxido-κ2 O,O′)vanadate(V) tetrahydrate, Ca[VO(O2)2(NH2CH2COO)] ·4H2O, and strontium (glycinato-κ2 N,O)oxidobis(peroxido-κ2 O,O′)vanadate(V) tetrahydrate, Sr[VO(O2)2(NH2CH2COO)] ·4H2O, crystallized at pH ca 7.4 with similar lattice parameters. The glycinate anion acts as a bidentate N,O-chelating ligand, and the V atom has a pentagonal bipyramidal geometry, with two η2- peroxo groups and the glycinate N atom in the equatorial plane, and one terminal oxo and a glycinate O atom at the axial positions. The H atoms of three of the four water molecules in the strontium salt exhibited disorder over three positions for each molecule. © 2013 International Union of Crystallography.

    DOI

  • Dipotassium Diaquadiphosphatooctaperoxotetramolybdate, [K-2(P2O7){MoO(O-2)(2)}(2){MoO(O-2)(2)(OH2)}(2)](2-) - a One-Dimensional Double Chain Array of Polyanions Linked by Potassium Cations

    Koji Aoki, Keisuke Iwata, Takahiro Iwata, Masato Hashimoto

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY ( WILEY-V C H VERLAG GMBH )  ( 10-11 ) 1808 - 1814   2013年04月  [査読有り]

     概要を見る

    A dipotassium diaquadiphosphatooctaperoxotetramolybdate, [K2(P2O7){MoO(O2)2}2{MoO(O2)2(OH2)}2]2, was crystallised as a tetramethylammonium salt and its structure was determined by single-crystal X-ray diffraction. The diaquadiphosphatooctaperoxotetramolybdate moiety (POPMo4) consists of four molybdenum decahedra and one 4-diphosphate group. All Mo atoms bear two peroxo groups at their equatorial positions. Two of the four Mo atoms are also coordinated by a water molecule. The four molybdenum decahedra are separated and linked by the diphosphate group. The POPMo4 moieties are linked by potassium atoms to form an infinite anionic 1D double chain. The chains are connected by hydrogen bonds to water of crystallisation molecules to form a 2D network. POPMo4 or its precursor gives a 31P NMR signal at = 7.3 ppm in the reaction solution and is stable at low pH and a high Mo/diphosphate molar ratio.

    DOI

  • Potassium, rubidium and ammonium salts of -(formato-2O:O)--oxido-bis[oxidobis(peroxido-2O,O)molybdate(VI)]

    Masaki Takehara, Masato Hashimoto

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION C-CRYSTAL STRUCTURE COMMUNICATIONS ( WILEY-BLACKWELL )  69   37 - +   2013年01月  [査読有り]

     概要を見る

    The unit-cell parameters of the three title salts, namely, tripotassium, K3[Mo2(CHO2)O3(O2)4], trirubidium, Rb3[Mo2(CHO2)O3(O2)4], and triammonium -(formato-2O:O)--oxido-bis[oxidobis(peroxido-2O,O)molybdate(VI)], (NH4)3[Mo2(CHO2)O3(O2)4], which were all crystallized at pH 3, are quite similar, but the potassium and rubidium salt structures are noncentrosymmetric, whereas that of the ammonium salt is centrosymmetric. Formate acts as an O:O-bridging ligand in the complex anion and is bound to a -oxido-bis(oxidodiperoxidomolybdate) unit.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • INOR 711-Characterization and 31P NMR study of [X2{PW3O9.5(O2)3(OH)0.5(OH2)}4]8-(X=K+, Rb+, NH4+)

    Shinya Kitaura, Kiyotaka Kihara, Masato Hashimoto, Seichi Okeya

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY ( AMER CHEMICAL SOC )  234   2007年08月

  • INOR 906-Speciation study of phosphorus-containing Strandberg type heteropolymolybdate anions

    Masato Hashimoto, Ingegaerd Andersson, Lage Pettersson

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY ( AMER CHEMICAL SOC )  234   2007年08月

  • INOR 693-Novel peroxodiphosphatomolybdate -structural and 31P NMR study-

    Koji Aoki, Keisuke Iwata, Masato Hashimoto, Seichi Okeya

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY ( AMER CHEMICAL SOC )  234   2007年08月

  • INOR 704-31P NMR study of peroxophosphatotunstates in aqueous/acetonitrile mixed media

    Yusuke Hamamatsu, Shinya Kitaura, Kiyotaka Kihara, Takahiro Terada, Masato Hashimoto, Seichi Okeya

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY ( AMER CHEMICAL SOC )  234   2007年08月

  • INOR 696-Characterization and 31P NMR study of [PMo10O35(O2)]7-with various counter cations

    Keisuke Iwata, Koji Yamanaka, Koji Aoki, Masato Hashimoto, Seichi Okeya

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY ( AMER CHEMICAL SOC )  234   2007年08月

Works 【 表示 / 非表示

  • 環境調和型選択酸化触媒のナノ構造制御

    2003年
     
     

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • プロピオン酸基を配位子としたペルオキソタングステートの合成と構造解析

    奥田裕一, 橋本正人

    錯体化学会第70回討論会  2020年09月30日  

  • ペルオキソジホスファトタングステートの合成と溶液内挙動の追跡

    植田悠斗, 橋本正人

    錯体化学会第70回討論会  2020年09月29日  

  • 硫酸基を配位子として含むペルオキソモリブデートの合成と構造

    古川裕太, 橋本正人

    錯体化学会第70回討論会  2020年09月29日  

  • 希土類(III)イオンを含むペルオキソイソモリブデートの合成、構造解析と発光特性およびタングステン類似体との比較

    大川裕太, 橋本正人

    錯体化学会第70回討論会  2020年09月29日  

  • 31P, 51V NMRを用いた高濃度多リン酸ペルオキソバナデート系の錯形成挙動の調査と形成錯体の単離

    櫃本雄一朗, 橋本正人

    錯体化学会第70回討論会  2020年09月29日  

全件表示 >>

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会討論会

    2020年09月
     
     
     
  • 錯体化学会討論会

    2019年09月
     
     
     
  • 11th International Vanadium Symposium

    2018年11月
     
     
     
  • 錯体化学会討論会

    2018年07月
     
     
     
  • 錯体化学討論会

    2017年09月
     
     
     

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • ペルオキソへテロポリタングステートの構造制御-溶媒と陽イオンが担う役割とは?-

    2007年04月
    -
    2011年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • ビルディングブロックの集積によるイオン性金属過酸化物ポリマーの分子構築

    2003年04月
    -
    2006年03月
     

    萌芽研究・萌芽的研究  代表

  • 平面四角形型錯体の反応モデルとしての五配位錯体

    1999年04月
    -
    2002年03月
     

    基盤研究(C)  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 非常勤講師

    2015年04月
    -
    2015年09月

    広島大学大学院工学研究院

     詳細を見る

    非常勤講師等

    非常勤講師,任期:2015/04/08~2015/09/30

  • 論文審査

    2013年04月
    -
    継続中

    Inorganic Chemistry Communications, Journal of Molecular Catalysisなど ( Elsevier)

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    論文審査,任期:継続中

  • 南紀熊野サテライト講義

    2010年04月
     
     

    和歌山大学

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    南紀熊野サテライト講義「みんなの科学入門」を行なった。(7コマ分),日付:2010.11~2010.12

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 学協会、政府、自治体等の公的委員

    2020年03月
    -
    2021年03月
     

    公益社団法人日本化学会 オリンピック小委員会委員

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員,任期:2020年3月~2021年3月

  • 委員

    2020年02月
    -
    2021年02月
     

    日本化学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    化学グランプリ・オリンピック委員会化学オリンピック小委員会,任期:1年

  • (近畿支部選出)2020年度代議員

    2019年11月
    -
    2020年10月
     

    公益社団法人日本化学会近畿支部 2020年度公益社団法人日本化学会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    (近畿支部選出)2020年度代議員,任期:2019年11月~2020年10月

  • 委員

    2019年10月
    -
    2020年09月
     

    日本化学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    代議員,任期:1年

  • 委員

    2019年03月
    -
    2020年02月
     

    公益財団法人日本化学会グランプリ小委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2019年3月~2020年2月

全件表示 >>