2024/05/10 更新

写真a

フジナガ ヒロシ
藤永 博
所属
経済学部 経済学科
職名
教授
兼務
副学長、社会インフォマティクス学環(教授)、国際イニシアティブ基幹(副基幹長)
emailアドレス
emailアドレス
外部リンク

学歴

  • 2002年
    -
    2005年

    九州大学   人間環境学府博士課程行動システム専攻  

  • 1989年
    -
    1991年

    イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校   大学院   数学  

  • 1984年
    -
    1987年

    アリゾナ州立大学   大学院 運動・スポーツ科学  

  • 1982年
    -
    1983年

    ウェスタンオンタリオ大学(The University of Western Ontario)  

  • 1979年
    -
    1984年

    日本体育大学   体育学部   体育学科  

  • -
    1989年

    アリゾナ州立大学   Cojjege of Liberal Arts ans Sciences   数学  

▼全件表示

学位

  • 理学修士   1987年

所属学協会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本沿岸域学会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本野外教育学会

  • American College of Sports Medicine

  • 日本体育学会

  • 日本スポーツ心理学会

研究分野

  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 身体運動のバイオメカニクス

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学 / 野外教育

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む)

  • 2023年度   健康とスポーツの心理学的基礎   教養教育科目

  • 2023年度   パラグラフ・ライティング   教養教育科目

  • 2023年度   論理的な文章の書き方   教養教育科目

  • 2023年度   わかやま沿岸域の環境問題を考える   教養教育科目

  • 2023年度   現代社会におけるリーダーシップ   教養教育科目

  • 2023年度   ジェンダー論   教養教育科目

  • 2023年度   驚異の小宇宙・遺伝子   教養教育科目

  • 2023年度   ワーク・ライフ論   教養教育科目

  • 2023年度   わかやま未来学   教養教育科目

  • 2023年度   スポーツ実習K   教養教育科目

  • 2023年度   スポーツ実習I   教養教育科目

  • 2023年度   スポーツ実習C   教養教育科目

  • 2023年度   スポーツ実習A   教養教育科目

  • 2023年度   囲碁から広がる教養の世界   教養教育科目

  • 2023年度   インフォマティクスのための数学   専門教育科目

  • 2022年度   スポーツ実習O   教養教育科目

  • 2022年度   スポーツ実習K   教養教育科目

  • 2022年度   スポーツ実習I   教養教育科目

  • 2022年度   スポーツ実習G   教養教育科目

  • 2022年度   スポーツ実習C   教養教育科目

  • 2022年度   スポーツ実習A   教養教育科目

  • 2022年度   パラグラフ・ライティング   教養教育科目

  • 2022年度   論理的な文章の書き方   教養教育科目

  • 2022年度   わかやま沿岸域の環境問題を考える   教養教育科目

  • 2022年度   驚異の小宇宙・遺伝子   教養教育科目

  • 2022年度   驚異の小宇宙・人体   教養教育科目

  • 2022年度   現代社会におけるリーダーシップ   教養教育科目

  • 2022年度   ジェンダー論   教養教育科目

  • 2022年度   ワーク・ライフ論   教養教育科目

  • 2022年度   わかやま未来学   教養教育科目

  • 2022年度   囲碁から広がる教養の世界   教養教育科目

  • 2021年度   パラグラフ・ライティング   教養教育科目

  • 2021年度   健康とスポーツの心理学的基礎   教養教育科目

  • 2021年度   論理的な文章の書き方   教養教育科目

  • 2021年度   健康とスポーツの生理学的基礎   教養教育科目

  • 2021年度   現代社会におけるリーダーシップ   教養教育科目

  • 2021年度   ジェンダー論   教養教育科目

  • 2021年度   わかやま未来学   教養教育科目

  • 2021年度   ワーク・ライフ論   教養教育科目

  • 2021年度   スポーツ実習O   教養教育科目

  • 2021年度   スポーツ実習K   教養教育科目

  • 2021年度   スポーツ実習I   教養教育科目

  • 2021年度   囲碁から広がる教養の世界   教養教育科目

  • 2021年度   スポーツ実習C   教養教育科目

  • 2021年度   スポーツ実習A   教養教育科目

  • 2020年度   スポーツ実習K   教養教育科目

  • 2020年度   スポーツ実習I   教養教育科目

  • 2020年度   海外短期留学(オーストラリア)   教養教育科目

  • 2020年度   論理的な文章の書き方   教養教育科目

  • 2020年度   驚異の小宇宙・遺伝子   教養教育科目

  • 2020年度   驚異の小宇宙・人体   教養教育科目

  • 2020年度   宗教学   教養教育科目

  • 2020年度   現代社会におけるリーダーシップ   教養教育科目

  • 2020年度   ジェンダー論   教養教育科目

  • 2020年度   ワーク・ライフ論   教養教育科目

  • 2020年度   わかやま未来学   教養教育科目

  • 2020年度   囲碁から広がる教養の世界   教養教育科目

  • 2020年度   学生生活の危機管理   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2019年度   わかやま海洋体験実習A   教養教育科目

  • 2019年度   わかやま未来学B   教養教育科目

  • 2019年度   わかやま未来学A   教養教育科目

  • 2019年度   囲碁から広がる教養の世界   教養教育科目

  • 2019年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2018年度   わかやま未来学B   教養教育科目

  • 2018年度   わかやま未来学A   教養教育科目

  • 2018年度   わかやま海洋体験実習   教養教育科目

  • 2018年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2017年度   わかやま未来学B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   囲碁から広がる教養の世界   教養教育科目

  • 2017年度   学生生活の危機管理   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2017年度   わかやま未来学A   教養教育科目

  • 2017年度   わかやま海洋体験実習   教養教育科目

  • 2017年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2016年度   学生生活の危機管理   教養教育科目

  • 2016年度   わかやま未来学   教養教育科目

  • 2016年度   わかやま未来学   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2016年度   地域暮らしの健康学C   教養教育科目

  • 2016年度   地域暮らしの健康学B   教養教育科目

  • 2016年度   わかやま海洋体験実習   教養教育科目

  • 2016年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2016年度   コーオプ演習DⅢ   専門教育科目

  • 2016年度   コーオプ演習DⅡ   専門教育科目

  • 2016年度   スポーツマネジメント   専門教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   基本研究(スポーツ社会科学)   専門教育科目

  • 2015年度   学生生活の危機管理   教養教育科目

  • 2015年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2015年度   「学問」と私1   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2015年度   リーダーシップ・チームワーク実習   教養教育科目

  • 2015年度   コーオプ演習DⅠ   専門教育科目

  • 2014年度   基本研究(スポーツ社会科学)   専門教育科目

  • 2014年度   コーオプ演習AⅣ   専門教育科目

  • 2014年度   コーオプ演習AⅢ   専門教育科目

  • 2014年度   スポーツマネジメント   専門教育科目

  • 2014年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2014年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2014年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2014年度   わかやま海洋環境体験実習   教養教育科目

  • 2014年度   リーダーシップ・チームワーク実習   教養教育科目

  • 2014年度   学生生活の危機管理   教養教育科目

  • 2013年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2013年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2013年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2013年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2013年度   海外語学・社会演習A   教養教育科目

  • 2013年度   わかやま海洋環境体験実習   教養教育科目

  • 2013年度   リーダーシップ・チームワーク実習   教養教育科目

  • 2013年度   学生生活の危機管理   教養教育科目

  • 2013年度   基本研究(スポーツ社会科学)   専門教育科目

  • 2013年度   プロフェッショナル・スポーツマネジメント   専門教育科目

  • 2012年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2012年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2012年度   基本研究(スポーツ社会科学)   専門教育科目

  • 2012年度   海外語学・社会演習(カーティン大)   教養教育科目

  • 2012年度   インターンシップ事前指導   専門教育科目

  • 2012年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2012年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2012年度   公務人材育成論   教養教育科目

  • 2012年度   わかやま海洋環境体験実習   教養教育科目

  • 2012年度   リーダーシップ・チームワーク実習   教養教育科目

  • 2012年度   スポーツマネジメント   専門教育科目

  • 2012年度   インターンシップと事後指導   専門教育科目

  • 2012年度   21世紀安全学   教養教育科目

  • 2011年度   Seminar on Social Science   専門教育科目

  • 2011年度   海外語学・社会演習(カーティン工科大学)   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2011年度   基本研究(スポーツ社会科学)   専門教育科目

  • 2011年度   人間の社会と倫理   教養教育科目

  • 2011年度   スポーツトレーニングの理論と実際   教養教育科目

  • 2011年度   マリンスポーツ・マネジメント   教養教育科目

  • 2011年度   マリンスポーツと和歌浦の海   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2010年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2010年度   人間の社会と倫理   教養教育科目

  • 2010年度   スポーツトレーニングの理論と実際   教養教育科目

  • 2010年度   マリンスポーツ・マネジメント【マリンスポーツと和歌浦の海】   教養教育科目

  • 2010年度   スポーツ活動のマネジメント   教養教育科目

  • 2010年度   基本研究(スポーツ社会科学)   専門教育科目

  • 2010年度   総合演習   専門教育科目

  • 2009年度   大学生の読み書き   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2009年度   マリンスポーツと和歌浦の海   教養教育科目

  • 2009年度   マリンスポーツ・マネジメント   教養教育科目

  • 2009年度   スポーツ活動のマネジメント   教養教育科目

  • 2008年度   マリンレジャー入門   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   ストレスマネジメント   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技B   教養教育科目

  • 2008年度   マリンスポーツと和歌浦の海   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2008年度   保健体育実技A   教養教育科目

  • 2007年度   Seminar on Social Science   専門教育科目

  • 2007年度   JAPAN STUDY   教養教育科目

  • 2007年度   わかやま学   教養教育科目

  • 2007年度   マリンレジャー入門   教養教育科目

  • 2007年度   マリンスポーツと和歌浦の海   教養教育科目

  • 2007年度   脳と心とからだ   教養教育科目

  • 2007年度   保健体育実技 10クラス   教養教育科目

  • 2006年度   Seminar on Social Science   専門教育科目

  • 2006年度   JAPAN STUDY   教養教育科目

  • 2006年度   マリンスポーツと和歌浦の海   教養教育科目

  • 2006年度   保健体育講義(生理心理学入門)   教養教育科目

  • 2006年度   保健体育実技 10クラス   教養教育科目

▼全件表示

【学部】サテライト科目

  • 2022年度   コロナ後の世界と私たちの生活   連携展開科目

  • 2022年度   癒しとメンタルヘルス   連携展開科目

  • 2021年度   コロナ後の世界に暮らす   連携展開科目

  • 2021年度   「人生論」の哲学   連携展開科目

  • 2021年度   囲碁とコミュニティ創生   連携展開科目

  • 2020年度   現代社会と宗教・心のあつかい方   連携展開科目

  • 2017年度   地域暮らしの健康学D   教養教育科目

  • 2016年度   地域暮らしの健康学B   教養教育科目

  • 2016年度   地域暮らしの健康学C   教養教育科目

  • 2015年度   地域暮らしの健康学A   教養教育科目

  • 2009年度   生活に潜むリスクを考える   教養教育科目

▼全件表示

【大学院】授業等

  • 2023年度   プログラム共通セミナーB   修士

  • 2023年度   プログラム共通セミナーA   修士

  • 2022年度   プログラム共通セミナーB   修士

  • 2022年度   プログラム共通セミナーA   修士

  • 2021年度   プログラム共通セミナーB   修士

  • 2021年度   プログラム共通セミナーA   修士

  • 2020年度   アカデミック・ライティング   修士

  • 2020年度   アカデミック・ライティング   修士

  • 2019年度   アカデミック・ライティング   修士

  • 2016年度   アカデミック・ライティング   修士

  • 2015年度   アカデミック・ライティング   その他

  • 2014年度   アカデミック・ライティングⅢ   その他

  • 2014年度   アカデミック・ライティングⅠ   その他

  • 2014年度   グローバル・キャリア・デザイン   その他

  • 2013年度   アカデミック・ライティングⅢ   その他

  • 2012年度   大学院インターンシップ事前指導   その他

  • 2012年度   グローバル・キャリア・デザイン   その他

  • 2012年度   大学院インターンシップと事後指導   その他

  • 2012年度   キャリア・デザイン・アドバンスト   その他

  • 2012年度   アカデミック・ライティング(日本語B)   その他

  • 2011年度   アカデミック・ライティング(日本語)   その他

  • 2011年度   キャリア・デザイン・アドバンスト   その他

  • 2010年度   アカデミック・ライティング(日本語)   その他

  • 2009年度   留学生のための日本語   修士

  • 2008年度   留学生のための日本語   修士

  • 2007年度   留学生のための日本語   修士

  • 2006年度   外国文献研究〔英〕   修士

▼全件表示

【大学院】サテライト科目

  • 2006年度   地域観光学研究   その他

研究キーワード

  • 野外教育

  • 環境教育

  • 身体運動のバイオメカニクス

論文

  • ナラティヴ・アプローチによる感情体験の言語化

    藤永 博

    和歌山大学経済学会 経済理論   ( 415 ) 37 - 49   2023年12月

  • 潜水経験の異なるレクリエーショナル・ダイバーにおける潜水中の呼吸および 浮力の調整、自律神経活動

    三浦孝仁, 前川真姫, 藤永 博, 天野勝弘, 河端隆志 (担当区分: 最終著者 )

    海洋人間学雑誌   12 ( 1 ) 1 - 8   2023年09月  [査読有り]

  • 健康概念としてのウェルビーイングを再考する

    藤永 博 (担当区分: 筆頭著者 )

    和歌山大学経済学会 研究年報   ( 26 ) 67 - 77   2022年09月

  • 市民的教養の形成を目指す教養教育についてーこれからの持続可能な社会を創る学生のための教養教育を考えるー

    藤永 博

    和歌山大学「教養の森」センター 年報   ( 6 ) 40 - 51   2020年03月

  • 環境市民性を高める教養野外教育プログラムの開発に向けて― 理念とミッションの構築―

    藤永 博

    経済理論 和歌山大学経済学会   395   143 - 159   2018年12月

  • 豊かな自然に恵まれた和歌山県での地方創生 ―「環境・生命文化社会」の実現に向けて―

    藤永 博

    21世紀WAKAYAMA 一般財団法人和歌山社会経済研究所   87   4 - 7   2017年12月  [査読有り]  [招待有り]

  • 「わかやま」の未来を考える

    藤永 博

    和歌山大学「教養の森」センター 年報 第3号     37-40   2016年

  • 学生参加のもとでの授業評価・改善の試み―チームワーク・ルーブリックの作成―

    藤永 博

    和歌山大学「教養の森」センター 年報   第2号   2015年

  • 自発性立位姿勢動揺のフラクタル性に関する考察―自己相関のクロスオーバーと遅れフィードバック制御について―

    藤永 博

    彦根論叢(滋賀大学経済学会) ( 滋賀大学経済学会 )  No. 391 ( 391 ) 50-64 - 64   2012年03月

     概要を見る

    Postural control during quiet stance has mainly been studied by assessing the displacement of the center of foot pressure (COP). It has been suggested that descriptive statistics based on the averaging of COP measures over time could conceal the control principles underlying observed postural dynamics and time series analysis would be needed to reveal them. Recently, researchers have used various fractalmethods to study the long-range correlations in COP signals and have reported important results, including (1)the COP fluctuations during quiet stance are fractional Brownian motions (close to 1/f fluctuations); and (2)the transition from persistent to anti-persistent correlations (crossover) occurs in the velocity of spontaneous postural sway, not in the position, which indicates that the control of spontaneous postural sway is velocity-based. This paper focuses on these two observations and reviews the relevant concepts and analytical methods of fractal or self-similar time series to suggest that (1)stabilogram diffusion analysis and detrended fluctuation analysis are valid and reliable to analyze the COP position and velocity data; (2)appropriate interpretations of obtained results require knowledge of the statistical characteristics of fractional Brownian motions and corresponding functional Gaussian noises; and (3)the diffusion coefficient or scaling exponents characterizing the diffusion property and the correlation structure of COP position and velocity data provide information that may lead to understanding the functional state of the postural control system during quiet stance.

  • 安静立位姿勢制御のフィードバック遅れ時間の推定 ―ラテラリティの考慮の必要性―

    藤永 博

    和歌山大学経済学部 研究年報   14 ( 14 ) 629 - 637   2010年09月

    DOI

  • 幼児の運動技能と姿勢制御の発達について―運動遊びの志向が及ぼす影響に着目して―

    藤永 博

    和歌山大学経済学会 研究年報 13 ( 和歌山大学 )  13   1月30日 - 30   2009年

  • Static standing balance as a component of motor fitness among the 5-year-old children

    International Journal of Fitness, Volume4, Issue2     67-74   2008年  [査読有り]

  • 日中の学生における精神的健康への計画行動理論の予測力

    九州大学橋本氏、中国貴州大学外国語学院胡氏、米国ベイラー大学Lutz氏との共同研究

    健康科学 30巻     27-37   2007年

  • Fluctuations of Center-of-Pressure during Upright Postures by Tai Chi Style Comparison with Normal Postures

    Katsuhiro Amano, Yoriko Atomi, Kazuo Funato, Hiroshi Fujinaga

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE ( LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS )  38 ( 5 ) S438 - S439   2006年05月

  • 重心動揺からとらえた太極拳式立位姿勢の研究

    天野勝弘;藤永 博

    関東学園大学紀要Liberal Arts 第15集     17-36   2006年

  • Performance of dynamic motor tasks in 5-year-old children with different levels of static standing balance

    共同研究

    International Journal of Fitness Volume3, Issue1   3   61-67 - 67   2006年  [査読有り]

  • 日本語版ゴルフ・パフォーマンス尺度――尺度作成および信頼性・妥当性の検討――

    共同研究

    スポーツ心理学研究 ( 日本スポーツ心理学会 )  33 ( 2 ) 35-48 - 48   2006年  [査読有り]

  • 自重負荷トレーニングとしての腕立て伏せの負荷

    共同研究

    関東学園大学紀要 Liberal Arts 14     17-27   2005年

  • インターネットを利用した国際授業協力および学生の自主的な国際交流の推進--和歌山大学における最近の取り組みと今後の課題

    藤永 博, 遠藤 史, 岩田 英朗, 八丁 直行, 武田 勝昭, 長友 文子, 富田 晃彦, 野中 陽一

    経済理論 ( 和歌山大学経済学会 )  320 ( 320 ) 1 - 22   2004年07月

    DOI

  • 日本語版身体的自己知覚プロフィール――尺度の開発と性および身体活動レベルによる差異の検討――

    内田若希、橋本公雄との共著

    スポーツ心理学研究 30-2 ( 日本スポーツ心理学会 )  30 ( 2 ) 27-40 - 40   2004年  [査読有り]

  • 短時間全力運動中のパクーの時間変化に影響を及ぼす因子について

    藤永 博

    和歌山大学経済学部 研究年報 ( 和歌山大学経済学部 )  ( 4 ) 33 - 51   2000年

  • Measurement of Susceptibility to fatigue during brief exercise with maximal effort

    藤永 博

    和歌山大学経済学部 研究年報 ( 和歌山大学経済学部 )  ( 3 ) 33 - 42   1999年

  • 大学における留学準備教育について

    藤永真理子・藤永 博

    和歌山大学経済学会 経済理論 ( 和歌山大学経済学会 )  ( 290 ) 1 - 17   1999年

  • Parameters determining temporal changes in power output during about of high-velocity maximal exertion and their estimation by nonlinear regression

    藤永 博

    和歌山大学経済学部 研究年報 ( 和歌山大学経済学部 )  ( 2 ) 23 - 43   1998年

  • Work and power outputs determined from pedalling and flywheel friction forces during brief maximal exertion on a cycle ergometer

    N Hibi, H Fujinaga, K Ishii

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY AND OCCUPATIONAL PHYSIOLOGY ( SPRINGER VERLAG )  74 ( 5 ) 435 - 442   1996年11月

     概要を見る

    Work and power outputs during short-term, maximal exertion on a friction loaded cycle ergometer are usually calculated from the friction force applied to the flywheel. The inertia of the flywheel is sometimes taken into consideration, but the effects of internal resistances and other factors have been ignored. The purpose of this study was to estimate their effects by comparing work or power output determined from the force exerted on the pedals (pedalling force) with work or power output determined from the friction force and the moment of inertia of the rotational parts. A group of 22 male college students accelerated a cycle ergometer as rapidly as possible for 3 s. The total work output determined from the pedalling force (TWp) was significantly greater than that calculated from the friction force and the moment of inertia (TWf). Power output determined from the pedalling force during each pedal stroke (SPp) was also significantly greater than that calculated from the friction force and the moment of inertia. Percentage difference (% diff), defined by % diff = {(TWp - TWf)/TWf} x 100, ranged from 16.8% to 49.3% with a mean value of 30.8 (SD 9.1)%. It was observed that % diff values were higher in subjects with greater TWp or greater maximal SPp. These results would indicate that internal resistances and other factors; such as the deformation of the chain and the vibrations of the entire system, may have significant effects on the measurements of work and power outputs. The effects appear to depend on the magnitudes of pedalling force and pedal velocity.

    DOI

  • 筋の動的機能に関する研究のための自転車エルゴメーターの利用について

    藤永 博

    和歌山大学経済学会 経済理論 ( 和歌山大学 )  261 ( 261 ) 1 - 15   1994年

  • A Remark on Recent Cycle Ergometry

    藤永 博

    和歌山大学経済学会 経済理論 ( 和歌山大学 )  253 ( 253 ) 93 - 103   1993年

  • The Effect of Aging on Left Ventricular Function as Assessed by Doppler Ultrasound

    Medicine and Science in Sports and Exercise   19 ( 2 )   1987年

  • ASUの学生スポーツ

    藤永 博

    体育の科学   37 ( 5 )   1987年

▼全件表示

書籍等出版物

  • Teach Sailing the Fun Way! 楽しくセーリングを教えよう!

    藤永 博 石津基行 榮樂洋光( 担当: 共著)

    日本セーリング連盟  2010年 

  • 統制感による動機づけ

    竹中晃二・橋本公雄(監訳)身体活動の健康心理学( 担当: 分担執筆)

    大修館書店  2005年 

  • 実証的研究の方法論

    徳永幹雄(編)教養としてのスポーツ心理学15章3節( 担当: 分担執筆)

    大修館書店  2005年 

  • スポーツ心理学に必要な統計解析法

    徳永幹雄(編)教養としてのスポーツ心理学15章4節( 担当: 分担執筆)

    大修館書店  2005年 

Misc

  • これからの養生―「今の自分」と向き合う

    藤永 博

    ニューズレター ようせい 日本養生学会   ( 第44号 ) 6 - 8   2022年06月  [招待有り]

  • 「リモート太極拳」と自己調整学習

    藤永 博

    ニューズレター ようせい 日本養生学会   ( 第43号 ) 7 - 11   2021年06月  [招待有り]

  • Effect Of Practicing Tai Chi On Postural Control Depends On Levels Of Skill Masterly

    Katsuhiro Amano, Shigenobu Yamaguchi, Kenji Nishihata, Kazuo Funato, Hiroshi Fujinaga

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE ( LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS )  44   813 - 813   2012年05月

  • 非言語コミュニケーションに関する送り手と受け手の意識ギャップ

    藤永 博

    野外教育によるコミュニケーションスキルの獲得―プログラム開発と因果モデルの構築― 平成22‐24年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果中間報告書     35-39   2012年03月

  • 海の体験学習による仲間関係基本スキルの獲得に向けた試み

    藤永 博

    基盤研究(B) 野外教育によるコミュニケーションスキルの獲得と日常生活への汎化の検討 研究成果中間報告書Ⅱ     35-43   2009年

  • 多文化協働社会において活躍できる人材の育成を目的とするオンリーワンプログラムについて

    和歌山大学オンリー・ワン創成プロジェクト成果報告書・e-learningと国際コミュニケーション     74-78   2008年

  • 不登校者支援のための居場所づくり―スキューバダイビングをとおした試みに向けて―

    平成19年度科学研究費・基盤研究(B) 研究成果中間報告書 「野外教育によるコミュニケーションスキル獲得と汎化―エビデンスに基づいた実践のための基礎的研究―」     43-49   2007年

  • 野外教育によるコミュニケーションスキル獲得と汎化 ――新たな理論構築のための基礎的研究――

    共同研究

    平成18年度科学研究費・基盤研究(C)(企画調査)「野外教育の体験活動によるコミュニケーションスキル獲得と日常生活への汎化」     32-35   2006年

  • 和歌山県の観光活性化のための戦略――IT・マーケティング・地域スポーツ振興――

    分担執筆(第4部担当)

    地域研究シリーズ29     47-54   2005年

  • 半島の海を活かした健康・医療・福祉プロジェクト成果報告書

    和歌山大学地域連携推進室ニュース04     2004年

  • 心拍変動と感情

    藤永 博

    経済理論 ( 和歌山大学 )  314   23 - 57   2003年07月

  • 情報教育と外国語・異文化教育と国際交流の連携

    藤永 博 藤永真理子

    和歌山大学 システム情報学センター広報 vol.6     pp30-34   2002年

  • 脳波の複雑さの定量分析について : その意義と方法

    藤永 博, 柴山 健伸

    経済理論 ( 和歌山大学 )  303   75 - 93   2001年09月

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • これからの養生 ―「今の自分」と向き合う

    藤永 博

    日本養生学会第 23 回大会(ようせいフォーラム 2022)  2022年03月05日  

  • ウイズコロナの大学教育

    天野勝弘, 藤永 博, 他

    日本養生学会第22回大会(ようせいフォーラム2021)  2021年03月06日  

  • 太極拳オンライン教材の開発プロセスと意義

    蒲生諒太, 藤永 博, 他

    日本養生学会第22回大会(ようせいフォーラム2021)  2021年03月06日  

  • 「リモート太極拳」の実践報告

    藤永 博

    日本養生学会第22回大会(ようせいフォーラム2021)  2021年03月06日  

  • 3D-MOTのトレーニングが新体操競技のパフォーマンスに与える効果(1)-クラブ(こん棒)の投げ・受けのパフォーマンスについて-

    渡邊奈々(日本体育大学大学院)、三輪康廣(日本体育大学)、伊藤雅充(日本体育大学)、藤野健太(日本体育大学)、藤永博(和歌山大学)、天野勝弘(スポーツパフォーマンスデザイン)

    日本体育学会第67回大会  2016年   日本体育学会

  • シンポジウム「呼吸法を考える」」

    日本養生学会第18回大会(ようせいフォーラム2017)  2016年   日本養生学会

  • 3D-MOTのトレーニングが新体操競技のパフォーマンスに与える効果(2)-集中力・注意力の評価-

    天野勝弘(スポーツパフォーマンスデザイン)、渡邊奈々(日本体育大学大学院)、三輪康廣(日本体育大学)、伊藤雅充(日本体育大学)、藤野健太(日本体育大学)藤永博(和歌山大学)

    日本体育学会第67回大会  2016年   日本体育学会

  • Multiple Object Tracking(MOT)システムによる競技者の「見る能力」の評価とトレーニング効果

    スポーツビジョン研究会  2015年   スポーツビジョン研究会

  • バランスWii ボードを用いた重心動揺測定の紹介および大学生における重心動揺への BANSHIN 熱刺激の効果の予備的検討

    日本養生学会第15回大会(ようせいフォーラム2014)  2014年03月   日本養生学会

  • 男子ラクロス選手における心理的競技能力、日中の眠気 健康関連QOLの関係性

    日本養生学会第15回大会(ようせいフォーラム2014)  2014年03月   日本養生学会

  • 東洋医学健康調査票の構成妥当性の検討 ―新たな調査用紙作成に向けて―

    日本養生学会第15回大会(ようせいフォーラム2014)  2014年03月   日本養生学会

  • F スケール問診票を用いた大学生における逆流性食道炎症状の有訴率調査、および同症状 に対する円皮鍼の効果の予備的検討

    日本養生学会第15回大会(ようせいフォーラム2014)  2014年03月   日本養生学会

  • 高齢者の握力と立位姿勢における重心動揺について

    日本体育学会第64回大会  2013年08月   日本体育学会

  • 垂直腕立て支持姿勢の身体動揺と立位姿勢における重心動揺について

    日本体育学会第63回大会  2012年08月   日本体育学会

  • 自発性立位姿勢動揺と1/fゆらぎ

    藤永 博

    日本養生学会第13回大会(ようせいフォーラム2012)  2012年03月   日本養生学会

  • キネシオテープ貼付が単脚直立重心動揺に及ぼす影響

    三浦孝仁 藤永 博 他

    第4回キネシオテーピング療法学会  2011年11月   キネシオテーピング協会

  • 太極拳の実践履歴が立位機能におよぼす影響 ―中高年への運動介入のあり方についての考察―

    天野勝弘 藤永博 他

    日本体育学会第62回大会  2011年09月   日本体育学会

  • 大学生の運動・スポーツ行動の国際比較 ―計画行動理論に準拠して―

    橋本公雄 藤永 博 他

    九州体育・スポーツ学会第60回大会  2011年08月   九州体育・スポーツ学会

  • 非言語コミュニケーション理解に資する体験活動プログラムの開発に向けて

    藤永 博

    第53回大会 自主企画シンポジウム「コミュニケーションスキル育成方略としての野外教育―野外という教育環境を活用したアプローチ―  2011年07月   日本教育心理学会

  • 学童野球選手のメディカルチェックの進め方について

    天野勝弘 藤永 博 他

    日本発育発達学会第9回大会記録集  2011年  

  • 立位姿勢における重心動揺、運動能力、足底面の関連性について ―一般学生を対象として―

    藤永 博

    日本体育学会第61回大会  2010年09月  

  • 圧力中心動揺と運動能力との関係からとらえた幼稚園児の立位姿勢の評価

    藤永 博

    日本体育学会第61回大会  2010年09月  

  • Quality of experience in Tai Chi can change postural control in older women

    藤永 博

    The 57th American College of Sports Medicine Annual Meeting  2010年06月  

  • 子どもの安静立位時足圧中心動揺パターンの分類について―左右の足の圧中心動揺の違いに着目して―

    日本体育学会第60回記念大会  2009年   広島大学 東広島キャンパス

  • 安静立位時の左右の足の圧中心動揺について―前後方向動揺の差分スペクトル解析および自己・交差相関分析の結果

    日本発育発達学会第8回大会  2009年   山梨大学 甲府キャンパス

  • 安静立位時の左右の足の圧中心動揺について

    第24回身体動作学研究会  2009年   身体動作学研究会

  • 太極拳実践高齢者と一般高齢者との姿勢制御能力の比較

    日本体育学会第60回記念大会  2009年   広島大学 東広島キャンパス

  • 野外教育におけるコミュニケーションスキル獲得への挑戦

    日本野外教育学会第12回大会 シンポジウム  2009年   北海道教育大学釧路校

  • 高齢者の太極拳実践年数と姿勢制御能力の関係

    日本体育学会第59回大会  2008年   早稲田大学

  • 幼児の立位姿勢における重心動揺と運動能力 ―同一人物3年間に着目して―

    日本体育学会第59回大会  2008年   早稲田大学

  • 大学新体操競技者における動的平衡性の分析

    日本体育学会第58回大会  2007年   神戸大学六甲台キャンパス

  • Characteristics of center of pressure fluctuation during upright standing in elder Tai Chi practitioners

    The 12th Annual Conference of East Asian Sport and Exercise Science Society  2007年   Shanghai, China

  • Characteristics of Tai Chi upright posture in center of pressure fluctuation

    International Society of Biomechanics XXI Congress  2007年   Taipei, Taiwan

  • スポーツにおける人的ミスの出現様相 ―クレー射撃のトラップ競技を題材として―

    第22回身体動作学研究会  2007年   関西学院大学

  • 小学校高学年における立位姿勢の静的平衡性について

    日本体育学会第58回大会  2007年   神戸大学六甲台キャンパス

  • 太極拳が健康に与える効果 ―文献研究および重心動揺実験の結果から―

    日本養生学会第7回大会  2006年   神戸女学院大学

  • A nonlinear regression model for evaluating the ability to generate power during supramaximal exercise

    International Sport Science Congress Korea Alliance of Health, Physical Education, Recreation and Dance  2006年   Yong In University, Yong In, Korea

  • 幼児期における静的平衡性について

    第57回日本体育学会  2006年   弘前大学文京キャンパス

  • 太極拳式立位における重心動揺

    日本バイオメカニクス学会  2006年   早稲田大学所沢キャンパス

  • Special topics in regression analyses applied to health and sports sciences――logistic and nonlinear regressions――

    韓国成均館大学大学院体育学セミナー  2006年   Sungkyunkwan University, Swan, Korea

  • ゴルフのパッティングにおけるアドレスの再現性

    第57回日本体育学会  2006年   弘前大学文京キャンパス

  • 高齢者の転倒回避能力について

    第20回身体動作学研究会  2006年   日本体育大学

  • 日本人大学生の2種類の身体活動と心理的因子

    第57回日本体育学会  2006年   弘前大学文京キャンパス

  • ヒューマン・パフォーマンスを再考する

    第18回身体動作学研究会(第1回ヒューマン・パフォーマンス研究会)シンポジウム「ヒューマン・パフォーマンスを再考する」  2004年   さいたま市大宮ソニックシティ

  • 短時間の全力運動中のパワー曲線を特徴づけるパラメーターについて

    教育医学  1994年  

▼全件表示

科学研究費

  • 市民的教養を培う教養野外教育の展開―沿岸域の総合管理と環境創造の推進に向けて

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 野外教育によるコミュニケーションスキルの獲得ープログラム開発と因果モデルの構築ー

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • 安静立位姿勢制御のフィードバック遅れ時間の推定方法に関する比較研究

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 野外教育の体験活動によるコミュニケーションスキル獲得と日常生活への汎化の検討

    2007年04月
    -
    2010年03月
     

    基盤研究(B)  分担

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等

  • 日本養生学会第 23 回大会 実行委員長 公開シンポジウム・モデレーター

    2022年03月05日

    日本養生学会

     詳細を見る

    養生 マインドフルネス 感性

    大会実行委員長 公開シンポジウム・モデレーター

  • 査読委員

    2020年04月
    -
    継続中

    養生学研究 日本養生学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員 査読

  • 編集委員

    2020年04月
    -
    継続中

    養生学研究 日本養生学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員,任期:2008

  • 査読委員

    2020年04月
    -
    継続中

    人間福祉学研究 関西学院大学人間福祉学部研究会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読委員

  • オープンセミナー「アドラーと森田の心理学」

    2016年07月

    南紀熊野サテライト

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    オープンセミナー「アドラーと森田の心理学」 講師:中島俊介,日付:2017年7月16日

  • アドラー カフェ

    2016年07月

    南紀熊野サテライト

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    アドラー カフェ,日付:2017年7月16日

  • メディア出演等

    2016年02月24日

    朝日新聞

     詳細を見る

    研究成果に係る新聞掲載、テレビ・ラジオ出演

    コラム わかやま経済 「国体の情熱 継続が課題」

  • オープンセミナー 講演「サイクリングマップを作ろう―地域と健康についてのディープな学びのために」

    2015年04月

    南紀熊野サテライト

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    オープンセミナー 講演「サイクリングマップを作ろう―地域と健康についてのディープな学びのために」,日付:2016年2月27日

  • ニューロトラッカー公開セミナー2015/ 7/ 4

    2015年04月

    一般社団法人ニューロパフォーマンス協会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    知覚と認知,日付:2015/ 7/ 4

  • ニューロトラッカー公開セミナー2015/ 8/ 1

    2015年04月

    一般社団法人ニューロパフォーマンス協会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    Multiple Objects Tracking と視覚認知,日付:2015/ 8/ 1

  • オープンセミナー 講演「自転車でつくる暮らしと健康」

    2015年04月

    南紀熊野サテライト

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    オープンセミナー 講演「自転車でつくる暮らしと健康」,日付:2015年8月9日

  • 放送大学面接授業 

    2014年04月

    放送大学

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    現代スポーツの社会的意義と課題,日付:2014年10月18日・19日

  • CASE4串本海域学生環境サミット

    2011年04月

    CASE学生環境サミット実行委員会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    開催協力 プレゼンテーション審査員,日付:2011年9月6日-12日

  • 編集委員長

    2010年04月
    -
    2019年03月

    養生学研究 日本養生学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員長

  • 放送大学面接授業 

    2010年04月

    放送大学

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    身体トレーニングの理論と実際,日付:2010年7月10日・11日

  • 中国ブロック海洋センター・海洋クラブ責任者会議

    2009年04月

    ブルーシー・アンド・グリーンランド財団

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    「海の体験学習とリスクマネジメント」

  • 査読委員

    2008年04月
    -
    継続中

    養生学研究 日本養生学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員 査読

  • 第2回観光学国際シンポジウム「観光を科学する」

    2007年04月
    -
    2008年03月

    和歌山大学

     詳細を見る

    国際交流事業

    企画 研究者招聘,相手国:アメリカ・オーストラリア

  • 体育・スポーツ・健康に関する教育研究会議

    2007年04月

    九州地区大学体育連合

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    Physical education and physical activity programs and opportunities at Penn State University

  • 査読

    2006年04月
    -
    継続中

    スポーツ心理学研究・日本スポーツ心理学会

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    査読,任期:2006

  • 第7回ようせいサロン

    2006年04月

    日本養生学会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    ゆっくりした動きの価値を見直そう

  • 平成18年度九州体育・スポーツ学会統計法講習会

    2006年04月

    九州体育・スポーツ学会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    ロジスティック回帰分析

  • 講演講師

    2004年09月

    九州・体育スポーツ学会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    九州・体育スポーツ学会プレ・セミナー、「統計講習会初級・中級「分散分析について」」,日付:2004.9

  • 講演講師

    2003年12月

    日本スポーツ心理学会

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    日本スポーツ心理学会ワークショップ、「共分散構造分析について」,日付:2003.12

▼全件表示

学協会、政府、自治体等の公的委員

  • 海南市公害対策審議会委員

    2023年11月18日
    -
    2025年11月17日
     

    海南市

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    市長の諮問に応じ、公害対策について調査審議する。

  • 海南市公害対策審議会

    2021年11月18日
    -
    2023年11月17日
     

    海南市役所

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    市長の諮問に応じ、公害対策について調査審議する。

  • 第5次御坊市総合計画策定アドバイザー

    2020年04月01日
    -
    2021年03月31日
     

    御坊市役所

     詳細を見る

    御坊市総合計画40

    指導・助言

  • 関西経済連合会スポーツ振興委員会委員

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

    公益社団法人 関西経済連合会

     詳細を見る

    日本語

    委員

  • 委員

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    和歌山県海草振興局 ISOCOプロジェクト推進会議

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2019年4月~2020年3月

  • 委員

    2015年11月
    -
    継続中
     

    海南市公害対策審議会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員

  • 常任理事

    2014年04月
    -
    継続中
     

    日本養生学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員

  • 委員

    2012年04月
    -
    2013年03月
     

    平成25年度若年者トータルサポート事業等業務委託プロポーザル審査委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員

  • 実行委員長

    2010年04月
    -
    2011年03月
     

    和歌山県教育庁 体験型修学旅行全国研究大会実行委員会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    実行委員長

  • 委員

    2009年04月
    -
    2017年03月
     

    磯ノ浦地域活性化会議

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2011

  • 委員

    2008年04月
    -
    2015年09月
     

    第70回国民体育大会和歌山県準備委員会総務専門委員会(和歌山県)

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    総務専門委員

  • 委員

    2008年04月
    -
    2010年03月
     

    ナショナルトレーニングセンター支援委員会(和歌山県)

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2008

  • 委員

    2008年04月
    -
    2009年03月
     

    磯の浦地域活性化会議(仮称)設立準備会(和歌山県)

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2008

  • 委員

    2007年04月
    -
    継続中
     

    身体動作学研究会(日本体育大学)

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    運営委員,任期:2006-2007

▼全件表示

その他の社会活動

  • サンゴ調査

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    白浜での環境省委託事業に関わる活動、学生サークルとのコーディネートなど,実施者:特定非営利活動法人自然体験学習支援センター

  • サンゴ調査

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    白浜での環境省委託事業に関わる活動、学生サークルとのコーディネートなど,実施者:特定非営利活動法人自然体験学習支援センター

  • サンゴ調査

    2017年04月
    -
    2018年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    白浜での環境省委託事業に関わる活動、学生サークルとのコーディネートなど,実施者:特定非営利活動法人自然体験学習支援センター

  • サンゴ調査

    2016年04月
    -
    2017年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    白浜での環境省委託事業に関わる活動、学生サークルとのコーディネートなど,実施者:特定非営利活動法人自然体験学習支援センター

  • サンゴ調査

    2015年04月
    -
    2016年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    白浜での環境省委託事業に関わる活動、学生サークルとのコーディネートなど,実施者:特定非営利活動法人自然体験学習支援センター

  • 和歌山県サーフィン連盟顧問

    2010年04月
    -
    2011年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    連盟事業へのアドバイス

  • 磯の浦活性化事業

    2009年04月
    -
    2010年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    磯の浦ビーチ利用状況調査,実施者:和歌山県海草振興局

  • 和歌山県サーフィン連盟顧問

    2009年04月
    -
    2010年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    連盟事業へのアドバイス

  • 旧・田並小学校(串本町田並に所在する廃校)を利用した自然体験学習旅行の誘致と地域活性化プロジェクト

    2009年04月
    -
    2010年03月

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    NPO法人「海と自然の体験学習協会」の事業の学術的にサポート

  • 和歌山県サーフィン連盟

    2008年04月
    -
    2009年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    顧問

  • 和歌ノ浦海底清掃・ビーチクリーンアップ

    2007年04月
    -
    2008年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    里浜環境保全事業への協力 アドバイザー

  • 和歌ノ浦海底清掃・ビーチクリーンアップ

    2006年04月
    -
    2007年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    里浜環境保全事業への協力 アドバイザー

▼全件表示