NISIMURA Ryuichi

写真a

Name of department

Organization for Cross-Curricular and Cross-Disciplinary Education, Data Intelligence Education and Research Division

Job title

Lecturer

Concurrent post

School of Socio-Informatics(Since R5 FY)

Mail Address

E-mail address

Homepage

External Link


Education 【 display / non-display

  • 2001
    -
    2004

    Nara Institute of Science and Technology   情報科学研究科   情報処理学専攻  

  • 1999
    -
    2001

    Nara Institute of Science and Technology   情報科学研究科   情報処理学専攻  

  • 1995
    -
    1999

    Nagoya University   School of Engineering   電気電子情報工学科  

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学)

Academic & Professional Experience 【 display / non-display

  • 2019.04
    -
    Now

    Wakayama University   Data Intelligence Education and Research Division   講師

  • 2007.04
    -
    2019.03

    Wakayama University   Faculty of Systems Engineering   助教

  • 2004.04
    -
    2007.03

    Wakayama University   Faculty of Systems Engineering Department of Design and Information Sciences   助手

Association Memberships 【 display / non-display

  • 情報処理学会

  • ヒューマンインタフェース学会

  • 日本音響学会

  • 教育システム情報学会

  • 電子情報通信学会

Research Areas 【 display / non-display

  • Informatics / Web and service informatics

  • Informatics / Intelligent robotics

  • Informatics / Learning support systems

  • Informatics / Perceptual information processing

 

Classes (including Experimental Classes, Seminars, Graduation Thesis Guidance, Graduation Research, and Topical Research) 【 display / non-display

  • 2021   Introduction to Data Science B   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2021   Advanced Data ScienceB   Cooperative Development Subjects
  • 2021   Introduction to Data Science A   Liberal Arts and Sciences Subjects
  • 2021   Advanced Data ScienceA   Cooperative Development Subjects
  • 2021   Invitation to Data Science B   Liberal Arts and Sciences Subjects

display all >>

Satellite Courses 【 display / non-display

  • 2021   IT Society and Data Science   Cooperative Development Subjects

Independent study 【 display / non-display

  • 2021   サウンドプログラミングに関する演習
  • 2021   自主演習全体の成績質保証の担当
  • 2020   Social Networking Serviceと関連プロダクトの研究と実験的実装
  • 2020   自主演習全体の成績質保証の担当
  • 2018   雑賀崎の地域PR企画に用いるための「水車」の製作

display all >>

Classes 【 display / non-display

  • 2021   Systems Engineering Global Seminar Ⅱ   Doctoral Course
  • 2021   Systems Engineering Global Seminar Ⅰ   Doctoral Course
  • 2021   Systems Engineering Advanced Research   Doctoral Course
  • 2021   Systems Engineering Advanced Seminar Ⅱ   Doctoral Course
  • 2021   Systems Engineering Advanced Seminar Ⅰ   Doctoral Course

display all >>

 

Research Interests 【 display / non-display

  • 音情報処理

  • ウェブシステム

  • 教育支援

  • ヒューマンインタフェース

  • データサイエンス

Published Papers 【 display / non-display

  • 声道形状と声帯音源特性の操作に基づいたグロウル系歌唱の印象付与法

    溝渕翔平, 西村竜一, 松井淑恵, 入野俊夫, 河原英紀

    電子情報通信学会論文誌   Vol.J99-D, No.3   283-292   2016.03  [Refereed]

  • Effect of continuity and phonetic information on recognition of degraded word sounds

    Morimoto Takashi, Irino Toshio, Nishimura Ryuichi, Kawahara Hideki

    The Journal of the Acoustical Society of Japan ( The Acoustical Society of Japan (ASJ) )  Vol.70, No.11 ( 11 ) pp.578-588 - 588   2014.11  [Refereed]

     View Summary

    模擬難聴を実現する一手段として劣化音声を用いることが考えられている。日常会話における聴取特性を調べたい場合,単音節ではなく単語以上の単位の音声を使うことが望ましい。しかし,音声発話に伴う調音や韻律の連続性や心的辞書内のモーラ遷移情報がどの程度結果に影響しているか分かっていない。そこで本研究では,単語了解度試験用リストFW03中の低親密度単語の劣化音声における音響的な連続性やモーラ遷移情報の影響を評価することを試みた。まず,自然発話単語の劣化音声の聴取実験の結果と対比するために,単音節を有意味あるいは無意味に並ぶようにした単音節系列劣化音声を用いた聴取実験を行った。更に,自動音声認識器を用いて自然発話単語における劣化音声の認識実験を行い,人間の聴取実験結果と対比して考察した。この結果,人間でも自動音声認識器で抽出可能な音響的な連続性やモーラ遷移情報に支えられて劣化音声を認識していることが示唆された。

  • Automatic scoring method for open answer task in the SJ-CAT speaking test considering utterance difficulty level.

    Hao Lu, Takeshi Yamada, Shingo Imai, Takahiro Shinozaki, Ryuichi Nisimura, Kenkichi Ishizuka, Shoji Makino, Nobuhiko Kitawaki

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference(APSIPA) ( IEEE )    1 - 5   2014

    DOI

  • Controlling "shout" expression in a Japanese POP singing performance: analysis and suppression study

    Yuri Nishigaki, Ken-Ichi Sakakibara, Masanori Morise, Ryuichi Nisimura, Toshio Irino, Hideki Kawahara

    14TH ANNUAL CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL SPEECH COMMUNICATION ASSOCIATION (INTERSPEECH 2013), VOLS 1-5 ( ISCA-INT SPEECH COMMUNICATION ASSOC )    2904 - 2908   2013  [Refereed]

     View Summary

    Degree of "shout" singing performance is effectively controlled by combining global spectral shape equalization, peak cancellation in frequency modulation spectrum of FO trajectory, and synchronized shape-modulation of voice spectral envelope. This "shout-reduction" processing is based on a symmetry based FO extractor with fine temporal resolution, a temporally stable representation of instantaneous frequency of periodic signals, and the TANDEM-STRAIGHT, a speech analysis, modification and resynthesis framework. The proposed procedure successfully converted an expressive Japanese POP song performance with "shout" into a plain performance without damaging original naturalness. Possibility of adding artificial "shout" to plain performance is also discussed.

  • Controlling linguistic information and filtered sound identity for a new cross-synthesis vocoder

    Taiki Nishi, Ryuichi Nisimura, Toshio Irino, Hideki Kawahara

    Acoustical Science and Technology   34 ( 4 ) 287 - 288   2013  [Refereed]

     View Summary

    A study was conducted to propose a new cross-synthesis framework based on an interference-free representation of a power spectrum combined with normalization and modulation transfer function design for spectral envelope preprocessing of speech sounds. The proposed cross-synthesis enabled control of the linguistic information and the timbre identity. The spectral envelope of speech was extracted in the proposed method using a F0-adaptive procedure called TANDEM-STRAIGHT. It was demonstrated that the procedure effectively removed interference caused by periodic excitation from the spectrogram of the speech and yielded a smooth representation. A two-staged procedure was also introduced to remove the timbre-modifying components from the speech spectral envelope. The primary procedure involved the approximation of the global spectral shape and the secondary one was the filtering of temporal modulations.

    DOI

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 音響キーワードブック

    日本音響学会 編( Part: Joint author,  Work: 「Web音声インタフェース」)

    コロナ社  2016.02 

  • Computer processing of asian spoken languages

    Shuichi Itahashi and Chu-yu Tseng( Part: Joint author,  Work: STRAIGHT, a framework for speech analysis, modification and synthesis)

    Consideration Books  2010.03 

  • Computer Vision

    Xiong Zhihui( Part: Joint author,  Work: Chapter 8: Humanoid with interaction Ability Using Vision and Speech Information)

    IN-TECH  2008.11 

Misc 【 display / non-display

  • コロナ時代における研究発表会(日本音響学会編)― 遠隔開催でみえた日本音響学会の底力と会員の愛 ー

    荒木 章子, 荒井 隆行, 岩谷 幸雄, 鵜木 祐史, 小澤 賢司, 西浦 敬信, 西村 竜一, 水町 光徳

    日本音響学会誌   78 ( 4 ) 170 - 175   2022.04  [Invited]

  • 音声認識を用いた講義音声の早口分析

    池川 心, 西村 竜一 (Part: Corresponding author )

    情報処理学会第84回全国大会講演論文集   2   309 - 310   2022.03

  • LTEと5G通信環境の下でラズベリーパイを用いたドローン映像の配信蓄積システム

    松本隆誠, 藤井政宗, 曽我真人, 西村竜一, 浅野勇大

    教育システム情報学会2021年度学生研究発表会(関西地区)     2022.03

  • クラウドソーシング収集発話を用いた深層学習若年話者判別

    奥本佑哉, 西村竜一 (Part: Corresponding author )

    情報処理学会第84回全国大会講演論文集   4   165 - 166   2022.03

  • 地域との協働による創造性教育の進展

    谷口祐太, 松坂江莉, 西村竜一, 中島敦司

    第18回ものづくり・創造性教育に関するシンポジウム講演論文集     31 - 34   2022.02

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 音声入力・認識機能を有するWebシステムw3voice

  • 音声情報案内システム「たけまるくん」, 奈良県生駒市北コミュニティセンター

  • 学内受付案内ロボット ASKA, 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科

Awards & Honors 【 display / non-display

  • 学会活動貢献賞

    2016   日本音響学会  

     View Summary

    2017.3.10,国内受賞,学会活動貢献賞は、日本音響学会の学会活動の活性化に多大な貢献があった若手の正会員又は学生会員に贈呈される。

  • FITヤングリサーチャー賞

    2008   FIT2007 第6回情報科学技術フォーラム(情報処理学会)  

     View Summary

    2008.9,国内受賞

  • 情報処理学会 第65回全国大会 大会奨励賞

    2004    

KAKENHI 【 display / non-display

  • 協調的ライブ記録が支えるアクティブラーニング@オンラインの技術研究

    2021.04
    -
    2024.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Principal investigator

  • 認知モデルに基づくメタ知識獲得のためのアクティブラーニングのフレームワーク

    2019.07
    -
    2023.03
     

    Grant-in-Aid for Challenging Research(Exploratory)  Co-investigator

  • 音響信号から学修者の活性度を測るPBL指導支援システムの開発

    2018.04
    -
    2021.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Principal investigator

  • 聴覚特性に基づく明瞭音声の客観指標と音声聴覚支援手法の開発

    2016.04
    -
    2020.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(A)  Co-investigator

  • 聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築

    2015.04
    -
    2018.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  Co-investigator

display all >>

Public Funding (other government agencies of their auxiliary organs, local governments, etc.) 【 display / non-display

  • 安全安心ICT基盤としての子ども話者識別技術の開発

    2011.04
    -
    2012.03
     

    Principal investigator

  • 音声対話制御に基づく若年話者判別法の研究

    2010.04
    -
    2011.03
     

    Principal investigator

  • テキストコーパスを必要としない大語彙音声認識システムの開発

    2010.04
    -
    2011.03
     

    Principal investigator

  • 音声認識の大衆化を目指したドメイン操作インターフェイスの研究開発

    2009.04
    -
    2010.03
     

    Principal investigator

  • ウェブ入力インタフェースのためのトピック適応型音声認識の研究開発

    2008.04
    -
    2009.03
     

    Principal investigator

display all >>

Joint or Subcontracted Research with foundation, company, etc. 【 display / non-display

  • 令和3年度学生関係人口創出事業(学生関係人口創出に係るマッチングアプリケーションシステムの構築)

    2021.06
    -
    2022.03
     

    Contracted research  Co-investigator

  • AIを活用した学校の生活記録と支援システム

    2021.04
    -
    2022.03
     

    Contracted research  Co-investigator

  • AIを活用した学校の生活記録と支援システム

    2020.04
    -
    2021.03
     

    Contracted research  Co-investigator

  • 医療現場における利用者適応型多言語間コミュニケーション支援のための基盤技術の研究開発

    2010.08
    -
    2012.03
     

    Contracted research  Co-investigator

  • 肉声メディアによるウェブ教材用遠隔受講者確認システムの開発

    2008.08
    -
    2009.03
     

    Contracted research  Principal investigator

 

Instructor for open lecture, peer review for academic journal, media appearances, etc. 【 display / non-display

  • 「おもしろミライまつり2021」実行委員・事務局長

    2021.11.13
    -
    2021.11.14

    文化庁, 厚生労働省, 和歌山県, 和歌山県教育委員会, 第36回国民文化祭、第21回全国障害者芸術・文化祭和歌山県実行委員会, 青少年のための科学の祭典・和歌山大会実行委員会, おもしろ環境まつり実行委員会, 和歌山大学, 一般財団法人雑賀技術研究所, 一般財団法人和歌山環境保全公社, 和歌山県地球温暖化防止活動推進センター

     View Details

    国民文化祭, 科学教育, オンラインイベント

    「紀の国わかやま文化祭2021」地域文化発信事業の採択を受けて、実行委員・事務局長として、同催しの企画から運営まで担った。

  • テレビ和歌山「みんなで作る和歌山情報 わくわく編集部」

    2021.11.12
     
     

    テレビ和歌山

     View Details

    おもしろミライまつり

    テレビ和歌山「みんなで作る和歌山情報 わくわく編集部」に出演し、「おもしろミライまつり2021」について紹介した。

  • 「青少年のための科学の祭典 ― 2021おもしろ科学まつり ― 和歌山大会(2021年度 和歌山おもしろ科学大賞 投稿動画コンテスト)」実行委員・事務局長

    2021.11.08
    -
    2022.02.18

    青少年のための科学の祭典・和歌山大会実行委員会, 和歌山大学, 一般財団法人雑賀技術研究所, おもしろ環境まつり実行委員会

     View Details

    青少年のための科学教育における社会貢献、動画クリエイターの人材育成

    実行委員会(事務局長)として、優良な科学教育動画コンテンツの共有を目的とした投稿動画コンテストを企画、開催した。また、優秀作品を投稿した動画クリエイターを表彰した。投稿作品数:21

  • 和歌山放送(ラジオ)ラジオカフェサタデー

    2021.11.06
     
     

    和歌山放送

     View Details

    おもしろミライまつり, データサイエンス教育

    和歌山放送(ラジオ)ラジオカフェサタデーに出演し、本学のデータサイエンス教育や「おもしろミライまつり2021」について紹介した。

  • 岸和田サテライトわだい浪切サロン『地域と大学生をつなぐ「ワダイ」のオープンラボ!』

    2021.10.20
     
     

    和歌山大学岸和田サテライト

     View Details

    協働教育、地域連携

    本学岸和田サテライト主催の「わだい浪切サロン」の講師を担当した。題目「域と大学生をつなぐ「ワダイ」のオープンラボ!」コロナ禍のため、オンライン開催となり、和歌山大学協働教育センター(クリエ)からライブ配信を行った。

display all >>

Committee member history in academic associations, government agencies, municipalities, etc. 【 display / non-display

display all >>

Other Social Activities 【 display / non-display

  • 「第18回ものづくり・創造性教育に関するシンポジウム」幹事

    2022.02.27
     
     

    ものづくり・創造性教育施設ネットワーク, 和歌山大学協働教育センター(クリエ)

     View Details

    ものづくり・創造性教育, 大学ネットワーク

    全国の国立大学や私立大学、高等専門学校、各種専門学校等のものづくり・創造性教育に関連する教育機関・センターが参加する「ものづくり・創造性教育施設ネットワーク」によるシンポジウムを和歌山大学協働教育センター(クリエ)が主催するにあたり、幹事を担当した。

  • 「第54回関西合同音声ゼミ」幹事

    2021.12.11
     
     

    その他

     View Details

    研究交流における社会貢献、ボランティア活動

    幹事校として、第54回関西合同音声ゼミをオンライン開催した。

  • 「第53回関西合同音声ゼミ」運営

    2021.07.10
     
     

    その他

     View Details

    研究交流における社会貢献、ボランティア活動

    第53回関西合同音声ゼミを遠隔開催するにあたり、オンライン開催システムの運用を行った。(幹事:京都工芸繊維大学)

  • 「第52回関西合同音声ゼミ」運営

    2020.12.12
     
     

    その他

     View Details

    研究交流における社会貢献、ボランティア活動

    第52回関西合同音声ゼミを遠隔開催するにあたり、オンライン開催システムの運用を行った。(幹事:同志社大学)

  • 「第51回関西合同音声ゼミ」運営

    2020.07.25
     
     

    その他

     View Details

    研究交流における社会貢献、ボランティア活動

    関西地区関連研究室が合同開催する第51回関西合同音声ゼミにおいて、オンライン開催のシステムの構築、運用を行った。(幹事:大阪工業大学)

display all >>