幹 浩文 (ミキ ヒロフミ)

写真a

所属

システム工学部 電気電子工学メジャー

職名

講師

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学   工学研究科   マイクロシステム工学専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
     
     

    和歌山大学システム工学部・光メカトロニクス学科

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本電気学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 加工学、生産工学 / マイクロマシン

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目
  • 2020年度   微分・ベクトル解析演習   専門教育科目
  • 2020年度   電気回路演習   専門教育科目
  • 2020年度   電気電子工学研究実習   専門教育科目
  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目

全件表示 >>

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡB   博士前期
  • 2020年度   MEMS工学   博士前期
  • 2020年度   システム工学研究ⅠA   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度   暮らしの中の計測と制御の技術   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • MEMS (Micro Electro Mechanical Systems)、マイクロファブリケーション、医療用マイクロデバイス

論文 【 表示 / 非表示

  • Anisotropic wet etching on the β-phase poly(vinylidene fluoride) film

    Hirofumi Miki, Ryota Sugii, Taisuke Tominaga, Shigeki Tsuchitani

    Micro & Nano Letters ( Institution of Engineering and Technology (IET) )  15 ( 10 ) 666 - 669   2020年08月  [査読有り]

    DOI

  • Electric field control of propulsion force of a boat driven by chemical Marangoni effect

    Shigeki Tsuchitani, Takumi Ikebe, Hirofumi Miki, Kunitomo Kikuchi

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   592   2020年05月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Elsevier B.V. Chemical Marangoni propulsion (CMP) is a driving on fluid by surface tension imbalance around object caused by anisotropic distribution of surfactant or by the reaction of Marangoni convection caused by the surface tension gradient. The purpose of the study is a remote control of the propulsion force in CMP. Electrostatic interaction of ionic surfactants as propellant with external electric field (EF) is expected to modify the surfactant distribution and modulate the surface tension gradient. We selected surface active imidazolium-based ionic liquids (ILs) as propellants. Effects of the application of the EF (667 kV/m) to the IL layer emitted from the object on the propulsion force and the accompanying Marangoni convection were evaluated on aqueous surface. When hydrophobic ILs with [PF6] anion were used, the application of the EF decreased the propulsion force and also decreased the flow velocity and flow width of Marangoni convection. The decreasing rate of the propulsion force increased with the alkyl-chain length of the IL cations. The maximum decreasing rate was 33 %. We considered that the main reason for the EF-induced reduction in the propulsion force is the decrease in the surface tension gradient due to the increases in the surface tension of the emitted IL layers caused by the rearrangement of the surface active IL molecules on aqueous surface. This is the first report about the EF control of the propulsion force in CMP.

    DOI

  • Novel structure of microneedle arrays for the transdermal drug delivery applications

    Hirofumi Miki, Ryota Nishikata, Koji Minehira, Shigeki Tsuchitani

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   14 ( 1 ) 163 - 164   2019年  [査読有り]

  • Lithographic Micropatterning on the β-PVDF Film Using Reactive Ion Etching Aim for High-Resolution Skin Sensors

    Hirofumi Miki, Ryota Sugii, Yutoku Kawabata, Shigeki Tsuchitani

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   14 ( 10 ) 1575 - 1577   2019年  [査読有り]

  • Unstable Spreading of Ionic Liquids on an Aqueous Substrate

    Shigeki Tsuchitani, Taiga Fukutake, Daiki Mukai, Hirofumi Miki, Kunitomo Kikuchi

    LANGMUIR ( AMER CHEMICAL SOC )  33 ( 41 ) 11040 - 11046   2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    The spontaneous spreading of thin liquid films over substrate surfaces is attracting much attention due to its broad applications. Under particular conditions, surfactants deposited on substrates exhibit unstable spreading. In spite of the large effects of the stability of the spreading on the accuracy and efficiency of industrial processes that use the spreading, understanding how the stability of the spreading process is governed by the physical and chemical properties of the system is still little known. Recently, ionic liquids have been characterized as a new kind of surfactant due to their special properties. Here, we investigate the stability of the spreading of deposited imidazolium-based ionic liquids on an aqueous substrate. We focus mainly on the effects that the water solubility of the ionic liquids has on the stability. Hydrophobic ionic liquids exhibit spreading that has a highly periodic and petal-like unstable spreading front, whereas hydrophilic ionic liquids spread without such a regular spreading front and their spreading area shrinks after reaching its maximum. We propose a model for the generation of unstable spreading of hydrophobic ionic liquids, i.e., the unstable spreading front is created by the penetration of oncoming water in front of the spreading tip into the more viscous spreading ionic liquid layer, like the viscous fingering that occurs in a Hele-Shaw cell. However, the direction of the penetration is the opposite of the direction that the interface moves (the spreading direction), which is contrary to that in viscous fingering.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • インクジェット技術における微小液滴の吐出・衝突・乾燥

    幹浩文( 担当: 分担執筆,  担当範囲: p.215~224)

    技術情報協会  2009年08月 

Misc 【 表示 / 非表示

  • Electro active chemical Marangoni locomotor

    S. Tsuchitani, T. Ikebe, and H. Miki

    9th international conference on Electromechanically Active Polymer (EAP) transducers & artificial muscles (EuroEAP2019) ( The EuroEAP Society )    21   2019年06月  [査読有り]

  • Electric field control of propulsion force of chemically driven Marangoni locomotor

    S. Tsuchitani, T. Ikebe, H. Miki, and K. Kikuchi

    ASME 2018 International Mechanical Engineering Congress & Exposition ( The American Society of Mechanical Engineers )    IMECE2018-87233   2018年11月  [査読有り]

  • A Novel structure of microneedle device and its fabrication technology by using biocompatible polyvinyl alcohol (PVA) and gelatin

    Hirofumi Miki, R. Nishikata, Y. Oku and S.Tsuchitani

    4th World Congress on Materials Science & Engineering ( Scientific Future Group )    56   2018年08月  [査読有り]

  • Etching properties of piezoelectric β-phase poly (vinylidene fluoride) film

    Hirofumi Miki, R. Sugii, S.Tsuchitani

    4th World Congress on Materials Science & Engineering ( Scientific Future Group )    48   2018年08月  [査読有り]

  • PVDF micro machining for the high resolution skin-like tactile sensors

    Hirofumi Miki, R. Sugii, T. Kawabata, S. Tsuchitani

    Proceedings of the International Conference on Sensing Technology, ICST ( IEEE Computer Society )  2017-   1 - 4   2018年02月  [査読有り]

     概要を見る

    This work report PVDF micro machining process by RIE without much loss of its piezoelectric constant. L/S (70/130-μm) of fine structure was realized in this work with high etch rate. O2 mixing feed gases of CF4, CHF3, SF6 and 100 % of O2 were used. At the condition of 100% O2 gas plasma and at a higher of RF power, the better of surface state and higher of aspect ratio structure could be realized.

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 暮らしの中の計測と制御の技術

    幹 浩文

    南紀熊野サテライト, (大学院講義)  2018年11月  

  • 低侵襲性医療用マイクロニードルアレイの研究開発

    幹 浩文

    大阪府立大学・和歌山大学 工学研究シーズ合同発表会  2017年10月  

  • 低侵襲医療用マイクロ触診プローブの基礎研究

    幹 浩文

    公益財団法人わかやま産業振興 財団 第23回わかやまテクノ・ビジネスフェア, わかやま発技術シーズ発表会  2014年11月  

  • 医療デバイスへの応用志向触覚センサ基礎研究

    幹 浩文

    和歌山大学・大阪府立大学工学 研究シーズ合同発表会  2014年11月  

特許 【 表示 / 非表示

  • 感圧センサ

    出願日: 2015年02月18日 ( 特願2015-30099 )   公開日: 2016年08月22日 ( 特開2016-151531 )  

    発明者: 土谷茂樹、幹浩文、松下正人、岩田耕治、吉田隆彦  出願人: 国立大学法人和歌山大学、ニッタ株式会社

研究交流 【 表示 / 非表示

  • 柔軟性分布型感圧触覚センサに関する研究

    2014年04月
    -
    2015年03月
     

    共同研究

  • 球面多極磁界分布シミュレーション&磁気キリックトルクシミュレーション

    2007年04月
    -
    2008年03月
     

    共同研究

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • 微細加工を用いて指先同様に柔かく高感度・高分解能をもつ新規触覚センサは実現可能か

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • マランゴニー効果を用いた自発運動の電磁界による能動制御

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 周辺に高段差をもつ微小領域での機能性材料マイクロパターン形成手法の研究

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 電子導電性高分子アクチュエータを用いた能動カテーテルの開発

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

    基盤研究(C)  分担

  • 個人認証・識別用熱方指紋センサーに関する研究

    2007年04月
    -
    2010年03月
     

    基盤研究(C)  代表

全件表示 >>

公的資金(他省庁、省庁の外郭団体、地方自治体等) 【 表示 / 非表示

  • 海外渡航

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    代表

  • 医療用高分子マイクロマシンの開発

    2009年04月
    -
    2011年03月
     

    分担

  • 長距離飛翔機能性インクジェット機構の研究 - 研究代表者

    2008年04月
    -
    2010年03月
     

    代表

  • 柔軟性基板・高信頼性個人認証用指紋検出技術の開発(JST受託研究) - 研究代表者

    2007年04月
    -
    2008年03月
     

    代表

財団・企業等からの寄附金、公募型研究助成等 【 表示 / 非表示

  • システム工学部寄附金(公益財団法人小笠原科学技術振興財団研究助成)

    2014年09月
    -
    2015年03月
     

    研究助成  代表

  • システム工学部寄附金(パナソニックエレクトロニックデバイス株式会社研究助成)

    2007年04月
    -
    2009年03月
     

    研究助成  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • オープンキャンパス出展

    2019年07月
     
     

    その他

     詳細を見る

    小・中・高校生を対象とした学部体験入学・出張講座等

    研究室・研究紹介,デモ・展示

  • 暮らしの中の計測と制御の技術(大学院講義)

    2018年11月
     
     

    南紀熊野サテライト

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    センサ技術

  • オープンキャンパス出展

    2018年07月
     
     

    その他

     詳細を見る

    小・中・高校生を対象とした学部体験入学・出張講座等

    研究室・研究紹介,デモ・展示

  • 工学研究シーズ合同発表会

    2017年10月
     
     

    大阪府立大学・和歌山大学

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    企業との共同研究と連携促進:(発表テーマ: 低侵襲性医療用マイクロニードルアレイの研究開発),日付:2017.10.31

  • オープンキャンパス出展(2005 ~ 2017 )

    2017年07月
     
     

    その他

     詳細を見る

    小・中・高校生を対象とした学部体験入学・出張講座等

    研究室・研究紹介,デモ・展示

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 実行委員

    2014年04月
    -
    2014年09月
     

    2014年度教育システム情報学会 JSISE

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    企画

  • 実行委員

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

    第19回知能メカトロニクスワークショップ

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    企画

  • technical program committee

    2010年10月
    -
    2012年03月
     

    ICST(International Conference on Sensing Technology )

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    実行委員・論文査読

  • 発表会座長

    2010年09月
    -
    2011年03月
     

    第14回知能メカトロニクスワークショップ

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    学協会、政府、自治体等の公的委員

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 企業訪問(1社)

    2020年03月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    三菱電機エンジニアリング㈱を訪問し、卒業生の活躍ぶりの確認と企業側の評価・ニーズの調査および本学の一学科制について説明を行い,大学と企業との連携を深めることによって今後社会に必要な人材育成を有効に進める取組を行った。

  • 企業訪問(1社)

    2017年10月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    関西日立(株)を訪問し、卒業生の活躍ぶりの確認と企業側の評価・ニーズの調査および本学の一学科制について説明を行い,大学と企業との連携を深めることによって今後社会に必要な人材育成を有効に進める取組を行った。

  • 第6回システム工学部同窓会

    2016年10月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    第6回システム工学部同窓会に出席し,OB学生や退職教員との親睦を深めると同時に社会との連携を推進するいい機会であった。

  • 企業訪問(2社)

    2016年01月
     
     

    その他

     詳細を見る

    社会との連携を推進する活動

    ダイハツ工業(株)とパナソニックフォト・ライティング(株)2社を訪問し、卒業生の活躍ぶりの確認と企業側の評価・ニーズの調査および本学の一学科制について説明を行い,大学と企業との連携を深めることによって今後社会に必要な人材育成を有効に進める取組を行った。