加藤 久美 (カトウ クミ)

写真a

所属

観光学部 観光学科

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

外部リンク


経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   観光学部   教授   PhD

  • 1992年01月
    -
    2008年03月

    The University of Queensland   Faculty of Arts

  • 1988年09月
    -
    1990年06月

    Holmes College

  • 1986年05月
    -
    1988年06月

    Ministry of Education, Victoria

  • 1983年04月
    -
    1986年03月

    横浜市教育委員会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 観光学 / 持続可能性 コミュニティ レジリエンス クリティカル クリエイティブ

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   Global SeminarⅠ   専門教育科目
  • 2020年度   Global SeminarⅡ   専門教育科目
  • 2020年度   Heritage Tourism   専門教育科目
  • 2020年度   Sustainability and Management   専門教育科目
  • 2020年度   Tourism and Environment A   専門教育科目

全件表示 >>

【学部】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度   地域暮らしの健康学A   教養教育科目
  • 2014年度   紀州郷土学C   教養教育科目
  • 2014年度   紀州郷土学D   教養教育科目
  • 2012年度   災害とボランティア   教養教育科目
  • 2010年度   地域とグローバル化   教養教育科目

【学部】自主演習 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   「紀の国わかやま文化祭2021」学生による文化の魅力発信
  • 2011年度   放置自転車を考える

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   観光学研究方法論演習   博士後期
  • 2020年度   Tourism Development and Community (M)   博士前期
  • 2020年度   専門研究Ⅱ   博士前期
  • 2020年度   Sustainability and Management(M)   博士前期
  • 2020年度   特別研究   博士後期

全件表示 >>

受賞(教育活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 2010年度   グッドレクチャー賞   和歌山大学   国内
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Critical Tourism Studies in Japan

    (担当区分: 筆頭著者 )

    Critical Tourism Studies Asia Pacific     2020年  [査読有り]

  • Gender and sustainability - exploring ways of knowing - an ecohumanities perspective

    Kumi Kato

    JOURNAL OF SUSTAINABLE TOURISM ( CHANNEL VIEW PUBLICATIONS )  27 ( 7 ) 939 - 956   2019年07月  [査読有り]

     概要を見る

    This article takes up the challenge to apply critical enquiry to the interface between tourism and the United Nations' Sustainable Development Goals (SDGs). Applying a political ecology perspective, it examines the intersectionality of gender and (ocean) sustainability through a study of traditional women divers in Japan. Recognizing the SDGs as an agenda setting platform, this work engages with Goal 5: Gender Equality, and proposes that engaging with multiple and diverse ways of knowing is critical to promoting a sustainability agenda with gender perspectives an essential component. Employing ecohumanities as a methodological foundation, a qualitative study of women divers in Japan (ama) is reported with a focus on their particular relationship with the ocean. The study identifies the power of women's knowledge in its inclusiveness, reciprocity and intuitive way of knowing. The example also shows that while tourism can be an important social and economic force, it can also devalue these core qualities as a result of the negative impacts caused by gender stereotypes. These findings indicate that the sustainability agenda can be advanced by challenging hierarchical systems of knowledge and valuing alternative ways of knowing, in this case, women's knowledges.

    DOI

  • Tourism & SDG 7. Volunteer tourism implementing renewable energy in remote communities

    (担当区分: 筆頭著者 )

    Tourism & SDGs     2019年  [査読有り]

  • Editorial

    Richard Sharpley, Kumi Kato, Yumiko Horita, Yoshiharu Yamada

    Tourism Planning and Development   15 ( 1 ) 1 - 2   2018年01月  [査読有り]

    DOI

  • Debating Sustainability in Tourism Development: Resilience, Traditional Knowledge and Community: A Post-disaster Perspective

    Kumi Kato

    TOURISM PLANNING & DEVELOPMENT ( ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD )  15 ( 1 ) 55 - 67   2018年  [査読有り]

     概要を見る

    This paper proposes resilience as a foundation for sustainability, and sustainable tourism development, identifying that resilience relates to place-based knowledge and senses originating from human-land interaction over a long period of time. A specific case drawn here is the post-disaster recovery phase in rural communities, following the devastation that overwhelmed the northern east coast of Japan on 11 March 2011. Disaster-resilience, although stated as a priority in many of the governmental reconstruction visions, is not easily defined or facilitated. This paper attempts to locate disaster-resilience in the context of sustainable tourism development, through cases of coastal communities in Iwate Prefecture on the Sanriku Coast in their early phase of recovery. With social sustainability-oriented tourism concepts and resilience planning as a framework, the paper argues that the tourism development in the early recovery is vital in assisting communities maintain their connection with their places, which is argued to be the core of resilience. Such resilience is closely related to traditional ecological knowledge found in personal stories, monuments, folktales, literature and arts. This, it is proposed, lays a foundation for a sustainable recovery and reconstruction, in which tourism can play a vital role. This in return asserts tourism's responsibility in advocating sustainability.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Tourism development in Japan : themes, issues and challenges

    Sharpley, Richard, Kumi Kato( 担当: 編集)

    Routledge  2020年05月  ISBN: 9780367221478

  • 大学的和歌山ガイド : こだわりの歩き方

    神田, 孝治, 大浦, 由美, 加藤, 久美, 和歌山大学観光学部

    昭和堂  2018年10月  ISBN: 9784812217351

  • The Routledge International Handbook of Walking

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Walking to care: pilgrimage tourism & conservation (Chapter 23, 232-241))

    Routledge  2017年 

  • Tourism Resilience and Adaptation to Environmental Change: Definitions and Frameworks.

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Spiritual resilience: Fukushima Community and recovery from 3.11)

    Routledge  2017年 

  • Manifesto for living in the anthropocene.

    Gibson, K. Rose, D. and Fincher, C. (eds).( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Listening: Research as an act of mindfulness (Chapter 17, 111-116))

      2015年 

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • ふくしまー新しい光を探して

        2019年

  • 人と大地「オーストラリアウーメラ」

    Science Window   4 ( 5 )   2010年

  • Kodama: forest of tree spirits

    (担当区分: 筆頭著者 )

    DVD (documentary, 27 min)     2010年

  • Addressing global responsibility for conservation through cross-cultural collaboration: Kodama Forest, a forest of tree spirits

    Kumi Kato

    Environmentalist   28 ( 2 ) 148 - 154   2008年06月

     概要を見る

    A commitment to conservation of a place is based on the sense of place expressed by its "conceptual community", including those who are not its residents in the geographical sense, but who nonetheless identify with it for various reasons. With the global nature of environmental issues being clearly recognized, such communities form a "terrain of consciousness" (Berg and Dasmann 1978), extending responsibility for conservation across cultures, time and space. Although the social mobility and diversity brought about by today's technology often work against the development of a sense of place, they also allow the formation of such conceptual communities, who can highlight local distinctiveness while at the same time positioning local issues in a global context, so generating a sense of global responsibility. In the case of Tasmania, Australia, recent international interest in its ecologically and culturally significant places, such as Recherche Bay and the Styx Valley, has intensified the focus on forest issues, building on Tasmania's already well-recognized history of environmentalism. It is important that these issues be recognized in Japan in particular, where a rising awareness about climate change and mass consumerism has alerted the public to the problem of deforestation; however the fact that Tasmania is one of the major sources of woodchips for paper production is not widely known. Awareness by the consumer, it is argued, is a foundation for forming a sense of global responsibility and it is necessary to form a conceptual community of those committed to the same issue. Cross-cultural collaboration is therefore necessary, and creativity can be an effective facilitating agent for this. This paper illustrates this point, through the example of the Kodama Forest, a forest of tree spirits, in North East Tasmania, that arose from such a collaboration between a group of Japanese students and a local community group. The collaboration also facilitated meaningful learning opportunities for the students, who chose to study in Tasmania because of its natural environment. The forest now provides a cultural heritage that also defines the evolution of this conceptual community through on-going collaboration. The importance of human connection at all levels, local, regional and global, in promoting environmental sustainability is addressed through the example of this forest. © 2007 Springer Science+Business Media, LLC.

    DOI

  • “Learn Japanese” Breakfast with Madonna King 2

    (担当区分: 筆頭著者 )

    ABC Radion National - Brisbane     2007年

全件表示 >>

研究交流 【 表示 / 非表示

  • Branding the space

    2010年04月
    -
    2011年03月
     

    共同研究

  • 先住民環境観と土地倫理

    2009年04月
    -
    2010年03月
     

    国際研究交流

  • 熊野古道を中心とした、環境と精神文化

    2009年04月
    -
    2010年03月
     

    国際研究交流

  • 海洋資源利用に関する文化の多様性、普遍性

    2009年04月
    -
    2010年03月
     

    国際研究交流

  • Soundgarden

    2008年04月
    -
    2009年03月
     

    共同研究

全件表示 >>

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • Enhancing Social-Ecological Resilience through Sustainable Tourism Governance in post-corona era:Traditional value-based approach for Community Vision,Capacity and Leadership.

    2020年10月
    -
    2024年03月
     

    国際共同研究加速基金・国際共同研究強化(B)  代表

  • Confronting difficult past: Dark Tourism development in Japan:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    基盤研究(B)  分担

  • サステナブルツーリズムによるSDGsの推進:レジリエンスを基盤として

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    基盤研究(B)  代表

  • ツーリズムによる希望の創出:クリティカル、サステナブルツーリズムの理論と実践

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    挑戦的萌芽研究  代表

  • 海洋資源利用における環境理念の普遍性、文化多様性とサステイナビィリティ

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

    基盤研究(B)  代表

全件表示 >>

財団・企業等との共同研究、受託研究、学術指導等 【 表示 / 非表示

  • 共生知による原子力災害後の持続可能な地域づくり:「光を観る」観光の視点から

    2021年06月
    -
    2022年03月
     

    共同研究  代表

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 「日本版持続可能な観光ガイドライン」のアドバイザー

    2020年08月21日
    -
    2021年03月31日

    国土交通省観光庁

     詳細を見る

    助言・指導

    モデル地区(沖縄県、京都市、ニセコ町、白川村、三浦半島観光連絡協議会)における「日本版持続可能な観光ガイドライン」の取り組みへの指導。

  • 持続可能な観光地マネジメントの推進に関する調査検討委員会

    2020年07月10日
    -
    2021年03月31日

    一般財団法人 運輸総合研究所

     詳細を見る

    「学協会、政府、自治体等の公的委員」以外の委員

    地方自治団体等向けに、国内外でかつようされている主要な観光指標や地域の課題に応じたこれらの指標の活用事例等を含んだガイドラインを作成するため、調査研究を実施する。

  • 編集委員

    2018年04月
    -
    継続中

    Tourism Management Planning

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    編集委員

  • 講師

    2016年01月
    -
    継続中

    追手門学院大学オーストラリア・アジア研究所

     詳細を見る

    講演講師等

    講師

  • Guest editor

    2015年04月
    -
    継続中

    Shima: The International Journal of Research into Island Culture

     詳細を見る

    学術雑誌等の編集委員・査読・審査員等

    Guest editor

全件表示 >>

教員免許状更新講習、司書教諭講習等(受託事業) 【 表示 / 非表示

  • 2009年度   教員免許更新講習

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 委員

    2020年04月
    -
    継続中
     

    UNWTOサステナブルツーリズム推進センター

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員

  • 委員

    2020年04月
    -
    継続中
     

    持続可能な観光地マネジメント推進に関する調査研究会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員

  • 評議委員

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

    和歌山県国際交流協会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    評議委員,任期:4

  • 委員

    2019年04月
    -
    継続中
     

    観光学術学会

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    庶務委員

  • 座長

    2019年04月
    -
    継続中
     

    持続可能な観光指標検討会

     詳細を見る

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    座長

全件表示 >>

その他の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な観光指標開発(観光庁、JTB総合研究所)

    2019年04月
    -
    2020年03月

    その他

     詳細を見る

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    新技術創出等

  • 東北災害復興支援

    2015年04月
    -
    2016年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    飯舘村避難地支援

  • 東北災害復興支援

    2014年04月
    -
    2015年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    飯舘村避難地支援

  • 東北災害復興支援

    2013年04月
    -
    2014年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    飯舘村避難地支援

  • 東北災害復興支援

    2012年04月
    -
    2013年03月

    その他

     詳細を見る

    ボランティア活動等

    復興支援

全件表示 >>