YAMAGUCHI Masanori

写真a

Name of department

Faculty of Education, Science Education

Job title

Professor

Mail Address

E-mail address

Homepage

External Link


Degree 【 display / non-display

  • 博士(農学)

Academic & Professional Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    Wakayama University   Faculty of Education Department of Organic Biochemistry   professor   Ph.D.

  • 2010.04
    -
    2020.03

    Wakayama University   Faculty of Education   准教授

  • 2008.04
    -
    2010.03

    Wakayama University   Faculty of Education   講師

  • 2005
    -
    2007

    Hirosaki University   School of Medicine   助教

Association Memberships 【 display / non-display

  • 2020
    -
    Now

    日本応用糖質科学会

  • 2018.01
    -
    Now

    糖質応用研究コンソーシアム

  • THE JAPANESE SOCIETY OF CARBOHYDRATE RESEARCH

  • THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY

Research Areas 【 display / non-display

  • Nanotechnology/Materials / Molecular biochemistry

  • Life sciences / Food sciences

  • Nanotechnology/Materials / Biochemistry

  • Life sciences / Bioorganic chemistry

 

Classes (including Experimental Classes, Seminars, Graduation Thesis Guidance, Graduation Research, and Topical Research) 【 display / non-display

  • 2021   NA   Specialized Subjects
  • 2021   NA   Specialized Subjects
  • 2021   NA   Specialized Subjects
  • 2021   NA   Specialized Subjects
  • 2021   NA   Specialized Subjects

display all >>

Independent study 【 display / non-display

  • 2021   土壌微生物から有用な酵素を探査する
  • 2021   野菜および果物中に含まれる酵素の調査
  • 2019   魚の骨格標本の作成とその分析
  • 2019   カロテノイド類の抽出
  • 2018   土壌微生物由来の有用酵素探査研究

display all >>

Classes 【 display / non-display

  • 2021   Development of Inquisitive Teaching Materials - Water  
  • 2021   Special Experiment of Organic Chemistry   Master's Course
  • 2021   Special Lecture on Organic Chemistry   Master's Course
  • 2020   Research Work   Master's Course
  • 2020   Special Lecture on Organic Chemistry   Master's Course

display all >>

 

Research Interests 【 display / non-display

  • oligosaccharide synthesis

  • 糖鎖工学

  • プロテオグリカン

  • グリコサミノグリカン

  • proteoglycan

display all >>

Published Papers 【 display / non-display

  • Synthesis of Bio-active Carbohydrate Chains Using Carbohydrate Reconstruction Reaction by Glycosidase

    Masanori Yamaguchi (Part: Lead author, Corresponding author )

    Bulletin of the faculty of education wakayama university natural science   72   107 - 111   2022.02  [Refereed]

  • Chemo-Enzymatic Synthesis of Oligosaccharides and Glycoconjugates

    Kenji Yamamoto, Masanori Yamaguchi

    Comprehensive Glycoscience 2nd edition     525 - 547   2021.06  [Refereed]  [Invited]

  • Development of educational material (III) utilizing widely used organic compound (carbohydrate)

    Masanori Yamaguchi (Part: Lead author, Corresponding author )

    Bulletin of the faculty of education wakayama university natural science   71   125 - 128   2021.02

  • Fundamental Studies on Robot and Robotic Vision in Paddy Field for Removing Egg Mass of Apple Snails

    Ijima Hiroshi, Yamaguchi Masanori

    Bulletin of the faculty of education wakayama university natural science ( 和歌山大学教育学部 )  70   25 - 27   2020.02

     View Summary

    現在、日本の農業は後継者不足や従事者の高齢化、また都市圏均衡を中心とした兼業農家の増加で、十分に農作業に時間を割ける従事者が減少している。このような問題に対して、農作業の機械化、環境に強い品種への改良、さらには新たな農薬や肥料の開発が進められてきた。一方、害虫除去や雑草の除去作業などの手作業は依然必要であり、十分農作業が軽減されているとは言えない。特に、温暖な地域の水田で劇的に増加しているスクミリンゴガイ(通称ジャンボタニシ)は、水田で頻繁に繁殖を繰り返し、幼苗を捕食することから、それを定期的に除去する作業が農業従事者にとって大きな負担となっており、現在稲作農家は多様な作業が求められている。著者らは、このような稲作における手作業を代替するための手法の一つとして、稲の育成初期に水田を巡回し育成環境を保全するロボットの研究開発を進めることとした。手始めに本論文では、水田を巡回させるロボット開発の見通しと問題点を整理し、また、ロボットに搭載するための映像センサの開発の一つとして、水田中の映像から、有害となるジャンボタニシの卵塊を検出した結果について報告する。

    DOI

  • Development of Educational Material (II) Utilizing Widely Used Organic Compound (Carbohydrate)

    Yamaguchi Masanori (Part: Lead author, Corresponding author )

    Bulletin of the faculty of education wakayama university natural science   70   29 - 32   2020.02

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • CARBOHYDRATES:ヒアルロン酸

    Masanori Yamaguchi( Part: Sole author,  Work: すべて)

    和歌山大学学芸学会  2022.03 

  • CARBOHYDRATES:多糖の利用

    Yamaguchi Masanori( Part: Sole author,  Work: すべて)

    和歌山大学学芸学会  2021.03 

  • Glycan research that contributes to the future of humanity

    Yamaguchi Masanori( Part: Sole author,  Work: 全て)

    文部科学教育通信・ジ アース教育新社  2020.04 

  • CARBOHYDRATES:構造多糖

    Yamaguchi Masanori( Part: Sole author,  Work: すべて)

    和歌山大学学芸学会  2017.03 

  • Novel proteoglycan glycotechnology: a new procedure for the isolation and analysis of proteoglycans

    YAMAGUCHI Masanori, KOJIMA Kaoru( Part: Joint author,  Work: 81-94)

    Nova Science Publishers (New York)  2017.01 

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 新規なプロテオグリカン糖鎖工学 コンドロイチン硫酸含有分子の化学-酵素的合成とその応用

    山口 真範, 高垣 啓一, 柿崎 育子, 今 淳, 遠藤 正彦

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 ( (公社)日本生化学会 )  82回   4P - 085   2009.09

  • DP-118-7 胸膜悪性中皮腫細胞に対する新規化学療法の可能性(第108回日本外科学会定期学術集会)

    中井 款, 吉原 秀一, 諸橋 一, 山口 真範, 柿崎 育子, 今 淳, 佐々木 睦男

    日本外科学会雑誌 ( 一般社団法人日本外科学会 )  109 ( 2 ) 581 - 581   2008.04

  • セレクチンリガンド活性を失わせるシアル酸シクラーゼの作用機序の解析

    金森審子, 山口真範, 石田秀治, 木曽真, 神奈木玲児

    生化学     2008

  • 4-メチルウンベリフェロンと4-メチルエスクレチンの胸膜悪性中皮腫に対する検討

    中井 款, 吉原 秀一, 諸橋 一, 宮本 慶一, 山口 真範, 柿崎 育子, 今 淳, 佐々木 睦男

    日本癌治療学会誌 ( (一社)日本癌治療学会 )  42 ( 2 ) 366 - 366   2007.09

  • Ultraviolet (UV)- and UV-Related Cytokine-Mediated Transcriptional Mechanisms of Type VII Collagen Gene (COL7A1) Expression in the Skin, with Special Reference to Photoaged Skin and Anti-Aging [Emerging Theories of Host Defense. The 10th Meeting Hirosaki International Forum of Medical Science. Communication Center Hirosaki University School of Medicine. Hirosaki on November 21-22, 2006]

    Kon Atsushi, Igarashi Manami, Yamaguchi Masanori, Kojima Kaoru

    The Hirosaki medical journal ( Hirosaki University )  59   S154 - S161   2007

     View Summary

    Chronic ultraviolet (UV) radiation results in photoaged skin characterized by deep wrinkle formation.Recent studies suggest that diminishment of anchoring fi brils( AF), stabilizing the association of the basement membraneto the underlying dermis, are involved in photoaged skin. Expression of COL7A1, encoding type VII collagen that is amajor component of AF, is also decreased in photoaged skin. In this study, we have investigated COL7A1 transcriptionby UV and UV-related cytokines involved in photoaged skin. Nuclear run-on assay, luciferase assay and gel shift assayrevealed that UV and UV-related cytokines( TNF-α, IL-1β) tissue specifi cally downregulated COL7A1 transcription inepidermal keratinocytes, whereas COL7A1 transcription was upregulated by each modulator in dermal fi broblasts. Theresponsive element of each modulator was located between nucleotide -524 and -22 of COL7A1 promoter and AP-1 andNF-κB families band to this region. Taken together, these data strongly suggest that the downregulation of COL7A1transcription in epidermal keratinocytes, main cells expressing COL7A1 in the skin, and subsequent diminishment of AFare involved in photoaged skin. We also have discussed relation between these results and pathophysiology of wrinkleformation, characteristic feature of photoaged skin.

display all >>

Awards & Honors 【 display / non-display

  • 地域ソリューション部門 優秀賞

    Winner: 富士化学工業株式会社(宇治田雄一郎)和歌山大学(山口真範)

    2022.03   池田泉州銀行   梅酢を使用したプロテオグリカン量産化技術の確立

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • ガラクト-N-ビオースの新規合成法の開発とその応用展開

    Masanori Yamaguchi

    第7回糖質応用研究コンソーシアム  2022.03.14  

  • 和歌山発糖鎖研究:プロテオグリカンの新規抽出法とその応用

    Yamaguchi Masanori

    第6回糖質応用研究コンソーシアム  2021.03.01  

  • 和歌山発糖質研究:糖鎖合成とその幅広い応用利用について

    山口真範  [Invited]

    第168回テクノサロン  2020.11.20  

  • スキャニング画像の色濃度モデルに基づいた薄層クロマトグラフィーによる糖分析の高精度化

    井嶋博、山口真範、山野彰夫、中筋隼都

    第62回 自動制御連合講演会  2019.11.09  

  • 生理活性糖鎖の効率的合成方法の開発

    山口真範、山口実沙子

    第92回 日本生化学会大会  2019.09.19  

display all >>

Patents 【 display / non-display

  • 新規シアロ糖鎖の製造方法

    Patent no: 10975346

    Date registered: 2021.04.13  アメリカ

    Date applied: 2012.09.11 ( 15/041396 )   Publication date: 2016.06.09 ( US-2016-0160163 )  

    Inventor(s)/Creator(s): 山口真範  Applicant: 国立大学法人和歌山大学

     View Summary

    様々な生理活性を有するシアロ糖鎖の製造装置に関する特許である。世界に先駆けたシアロ糖鎖の自動合成を成し得る合成装置の特許で、困難であったシアロ糖鎖の合成を自動的に実施するとこを可能とした。

  • β-ガラクトシダーゼ

    Patent no: 特許第6771756号

    Date registered: 2020.10.02 

    Date applied: 2016.04.26 ( 特願2016-87956 )   Publication date: 2017.11.02 ( 特開2017-195793 )  

    Inventor(s)/Creator(s): 山口真範  Applicant: 国立大学法人和歌山大学

     View Summary

    土壌微生物より単離した新規な酵素βーガラクトシダーゼとその酵素を用いた生理活性糖鎖の効率的合成法の確立の特許。腸内環境改善をもたらす糖鎖、およびガン関連糖鎖抗原の合成における革新的技術の特許である。

  • 抗ウイルス用繊維又は繊維製品

    Patent no: 6723773

    Date registered: 2020.06.26 

    Date applied: 2016.03.15 ( 特願2016-50963 )   Publication date: 2017.09.21 ( 特開2017-166082 )  

    Inventor(s)/Creator(s): 山口真範  Applicant: 国立大学法人和歌山大学

     View Summary

    プロテオグリカンを原材料とした、インフルエンザウイルスやヘルペスウイルスに対して防疫効果のあるマスクの創出を可能とした特許。

  • 免疫グロブリンA分泌促進剤

    Patent no: 6629021

    Date registered: 2019.12.13 

    Date applied: 2015.09.18 ( 特願2015-184634 )   Publication date: 2017.03.23 ( 特開2017-57174 )  

    Inventor(s)/Creator(s): 山口真範  Applicant: 国立大学法人和歌山大学

     View Summary

    腸管免疫を賦活化する新規なオリゴ糖の構造の発見と、その合成法の発明の特許。

  • 反応性基導入α‐ガラクトースの製造方法

    Patent no: 6556448

    Date registered: 2019.07.19 

    Date applied: 2014.12.24 ( 特願2014-260418 )   Publication date: 2016.07.07 ( 特開2016-119847 )  

    Inventor(s)/Creator(s): 山口真範  Applicant: 国立大学法人和歌山大学

     View Summary

    強い抗腫瘍活性を有するαーガラクトシルセラミド類縁体の合成法の発明。抗ガン剤の開発に対する特許。

display all >>

KAKENHI 【 display / non-display

  • 次世代型合成法を用いた生理活性糖鎖の合成とその医学的利用技術の創出

    2017.04
    -
    2020.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Principal investigator

  • 画像解析と数理モデルによる糖分析の高度化

    2017.04
    -
    2020.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Co-investigator

  • 医療応用を目指した糖鎖プローブの次世代型合成法の開発

    2012.04
    -
    2016.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Principal investigator

  • 医療応用を目指した糖鎖分子プローブの創成

    2009.04
    -
    2012.03
     

    Grant-in-Aid for Young Scientists(B)  Principal investigator

  • 生活習慣病予防のために特産果実成分を有効利用する方法の検討とその機能性の解明

    2009.04
    -
    2010.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Co-investigator

Public Funding (other government agencies of their auxiliary organs, local governments, etc.) 【 display / non-display

  • 大学発新産業創出拠点プロジェクト

    2012.10
    -
    2015.03
     

    Principal investigator

Joint or Subcontracted Research with foundation, company, etc. 【 display / non-display

  • ビフィズス菌を特異的に増殖促進させる新規プレバイオティクスの効率生産法の開発(研究成果最適展開支援プログラム A-STEP産学共同<育成型>)

    2020.12
    -
    2023.03
     

    Contracted research  Principal investigator

  • 梅酢を利用したプロテオグリカンの製造

    2020.08
    -
    2022.06
     

    Joint research  Principal investigator

  • コンドロイチン硫酸オリゴ糖のフコシル化および多硫酸化合成法の開発

    2020.07
    -
    2021.03
     

    Joint research  Principal investigator

  • フコシル化コンドロイチン硫酸オリゴ糖の合成法の開発

    2019.04
    -
    2020.03
     

    Joint research  Principal investigator

  • シアロ糖鎖合成技術の開発

    2018.05
    -
    2019.03
     

    Joint research  Principal investigator

display all >>

 

Instructor for open lecture, peer review for academic journal, media appearances, etc. 【 display / non-display

  • 田辺中学生の大学見学における授業の公開

    2021.11.12
     
     

    和歌山大学

     View Details

    授業の公開

    大学見学に来校した田辺中学校の学生に、授業を公開し大学での化学に触れてもらった。

  • 第45回全国高等学校総合文化祭 自然科学部門 審査員

    2021.07.31
    -
    2021.08.01

    文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟

     View Details

    審査員

    第45回全国高等学校総合文化祭自然科学部門の審査員。口頭発表(化学;42件)を審査を行い、それぞれの発表に対してのコメントおよび助言を行った。

  • 夢ナビライブ2021 Web in Summer

    2021.07.10
     
     

    株式会社フロムページ

     View Details

    全国の高校生への講義、および質問対応

    私の開講した夢ナビライブに参加した全国の高校生(149名)に対しての生命科学における質問を受けそれに対しての教示を行った。また大学での研究の紹介を実際の研究室へwebカメラを持ち込み講義を行った。

  • 夢ナビ講義「ウイルスをブロックする超マスク!その鍵を握る糖鎖とは?」

    2021.06.25
    -
    2021.07.18

    株式会社フロムページ

     View Details

    全国の高校生(1,2,3年生)への講義

    糖の基本的な化学構造の説明を行い、身近にある糖鎖を取り上げて糖鎖が我々の日常に深くかかわっていることを講義した。その糖鎖が持つ一つの機能としてウイルス防疫機能があり、なぜウイルスを糖鎖で防疫できるのか、糖鎖は人工的にどのようにして合成するのかを生命科学および有機化学に基づいて解説した。

  • イノベーションストリーム2020

    2020.11.16
    -
    2021.01.31

    うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会

     View Details

    プロテオグリカン

    梅酢を用いて抽出したプロテオグリカンの機能性の紹介と応用利用法の開発の発表。

display all >>

Course for renewal of teaching license, teacher-librarian course, etc. (contracted business) 【 display / non-display

  • 2021  【選択】身近な化合物:糖の生命科学最前線(教員免許状更新講習)
  • 2020  【選択】身近な化合物:糖の生命科学最前線(コロナ対策のため開講中止)(教員免許更新講習)
  • 2019  【選択】身近な化合物:糖の生命科学最前線
  • 2018  【選択】身近な化合物:糖の生命科学最前線
  • 2017  【選択】身近な化合物:糖の生命科学最前線

display all >>

Committee member history in academic associations, government agencies, municipalities, etc. 【 display / non-display

  • 第45回全国高等学校総合文化祭 自然科学部門 審査員

    2021.05
    -
    2021.08.02
     

    文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    第45回全国高等学校総合文化祭を実施するにあたり事前の打ち合わせを行い会の運営に関わった。また文化祭においては二日間にわたり自然科学部門の化学部門における口頭発表の審査および講評をおこなった。

  • 理事

    2020.06.01
    -
    Now
     

    和歌山バイオサイエンス連絡協議会

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での理事

    和歌山県の活性化をバイオサイエンス分野からの振興を目指す活動を行っている。地域の農産物の高付加価値化を軸に和歌山県の産業および文化の振興に寄与している。

  • 寄稿

    2019.12
    -
    2020.09
     

    株式会社ジアース教育新社 文部科学教育通信への寄稿

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    寄稿,任期:2019年12月~2020年9月

  • 令和元年度和歌山県高等学校総合文化祭自然科学部門 審査員

    2019.11.23
    -
    2019.11.24
     

    和歌山県高等学校文化連盟自然科学部会 

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    令和元年度和歌山県高等学校総合文化祭自然科学部門における高校生の発表に対する審査および研究方法における助言を行った。

  • 委員

    2016.04
    -
    2017.03
     

    平成28年度スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2016年4月-2017年3月

display all >>

Other Social Activities 【 display / non-display

  • KSIIイノベーション共創フィールド

    2021.10.05
     
     

    経済産業省

     View Details

    学術紹介

    自身の研究成果を社会実装するための紹介を行うため、研究成果情報を提供した。

  • 2021紀の国わかやま総文祭自然科学部門 第一回審査委員会

    2021.06.19
     
     

    文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟

     View Details

    審査に関する事前会議

    2021紀の国わかやま総文祭での自然科学部門における審査の基準についての検討会議。

  • 大学発ベンチャー設立準備会議

    2018.04
    -
    2019.03

    その他

     View Details

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    大学発ベンチャー設立における準備会議,実施者:山口真範、バイオ・サイト・キャピタル株式会社

  • 創業支援会議

    2018.04
    -
    2019.03

    その他

     View Details

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    大学発ベンチャー設立における会議,実施者:山口真範、和歌山県庁

  • ウイルス不活化剤の開発会議

    2018.04
    -
    2019.03

    その他

     View Details

    産業界、行政諸機関等と行った共同研究、新技術創出、コンサルティング等

    インフルエンザ不活化の活性を持つ糖鎖の産業化に向けての会議,実施者:山口真範、日立化成株式会社

display all >>