宮本 伸一 (ミヤモト シンイチ)

写真a

所属

システム工学部 ネットワーク情報学メジャー

職名

教授

emailアドレス

emailアドレス

ホームページ

外部リンク


学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年
    -
    1992年

    大阪大学   大学院工学研究科   通信工学専攻  

  • 1986年
    -
    1990年

    大阪大学   工学部   通信工学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    和歌山大学   システム工学部   教授

  • 2007年04月
    -
    2015年03月

    大阪大学   大学院工学研究科   准教授

  • 2004年11月
    -
    2007年03月

    大阪大学   大学院工学研究科   助教授

  • 2001年04月
    -
    2004年11月

    大阪大学   大学院工学研究科   学内講師

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    米国バージニア州立工科大学   Mobile and Portable Radio Research Group   客員研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

  • 映像情報メディア学会

  • 電子情報通信学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 情報ネットワーク

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

 

【学部】授業等(実験、演習、卒業論文指導、卒業研究、課題研究を含む) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   無線通信システム   専門教育科目
  • 2021年度   信号とシステム   専門教育科目
  • 2020年度   ネットワーク情報学演習   専門教育科目
  • 2020年度   信号とシステム   専門教育科目
  • 2020年度   卒業研究   専門教育科目

全件表示 >>

【大学院】授業等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度   システム工学グローバル講究Ⅱ   博士後期
  • 2020年度   システム工学グローバル講究Ⅰ   博士後期
  • 2020年度   システム工学講究ⅠB   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡA   博士前期
  • 2020年度   システム工学講究ⅡB   博士前期

全件表示 >>

【大学院】サテライト科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度   社会と情報通信システム   その他
 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 環境電磁工学

  • 無線通信方式

  • 無線ネットワーク

  • 自営系無線ネットワーク

論文 【 表示 / 非表示

  • Distributed Transmission for Secure Wireless Links Based on a Secret-sharing Method

    Masaaki Yamanaka, Wei Shencong, Zou Jingbo, Shuichi Ohno, Shinichi Miyamoto, Seiichi Sampei

    IEICE Trans. on Commun.   E102-B ( 12 ) 2286 - 2296   2019年12月  [査読有り]

  • Dynamically Controlled Transmission Standby in WLAN Systems

    Yukio Kojima, Shinichi Miyamoto

    IEICE Communications Express   8 ( 6 ) 213 - 218   2019年03月  [査読有り]

  • Transmission Standby based on Channel Conditions for Efficient Use of Radio Resources in WLAN Systems

    Yukio Kojima, Shinichi Miyamoto

    2018 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC 2018)     165 - 167   2018年11月  [査読有り]

  • Study on Secure Distributed Transmission in Two-way Wireless Communication Links

    Masaaki Yamanaka, Zou Jingbo, Shuichi Ohno, Shinichi Miyamoto, Seiichi Sampei

    5th IEEE GLOBECOM Workshop on Trusted Communications with Physical Layer Security     978   2017年12月  [査読有り]

  • Millimeter-Wave Wireless LAN and Its Extension toward 5G Heterogeneous Networks

    Kei Sakaguchi, Ehab Mahmoud Mohamed, Hideyuki Kusano, Makoto Mizukami, Shinichi Miyamoto, Roya E. Rezagah, Koji Takinami, Kazuaki Takahashi, Naganori Shirakata, Hailan Peng, Toshiaki Yamamoto, Shinobu Nanba

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS ( IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG )  E98B ( 10 ) 1932 - 1948   2015年10月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    Millimeter-wave (mmw) frequency bands, especially 60 GHz unlicensed band, are considered as a promising solution for giga-bit short range wireless communication systems. IEEE standard 802.11ad, also known as WiGig, is standardized for the usage of the 60 GHz unlicensed band for wireless local area networks (WLANs). By using this mmw WLAN, multi-Gbps rate can be achieved to support bandwidth-intensive multimedia applications. Exhaustive search along with beamforming (BF) is usually used to overcome 60 GHz channel propagation loss and accomplish data transmissions in such mmw WLANs. Because of its short range transmission with a high susceptibility to path blocking, multiple number of mmw access points (APs) should be used to fully cover a typical target environment for future high capacity multi-Gbps WLANs. Therefore, coordination among mmw APs is highly needed to overcome packet collisions resulting from un-coordinated exhaustive search BF and to increase total capacity of mmw WLANs. In this paper, we firstly give the current status of mmw WLANs with our developed WiGig AP prototype. Then, we highlight the great need for coordinated transmissions among mmw APs as a key enabler for future high capacity mmw WLANs. Two different types of coordinated mmw WLAN architecture are introduced. One is distributed antenna type architecture to realize centralized coordination, while the other is autonomous coordination with the assistance of legacy Wi-Fi signaling. Moreover, two heterogeneous network (HetNet) architectures are also introduced to efficiently extend the coordinated mmw WLANs to be used for future 5th Generation (5G) cellular networks.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ワイヤレス通信工学

    宮本 伸一( 担当: 共著)

    オーム社  2014年03月 

  • アンテナ・無線ハンドブック

    宮本 伸一( 担当: 共著)

    オーム社  2006年10月 

  • 電磁環境学ハンドブック

    宮本 伸一( 担当: 共著)

    ミマツ  2000年09月 

  • 電子情報通信ハンドブック

    宮本 伸一( 担当: 共著)

    オーム社  1998年11月 

  • 環境電磁ノイズハンドブック

    宮本 伸一( 担当: 共著)

    朝倉書店  1996年06月 

Misc 【 表示 / 非表示

  • Effect of Optical Fiber Link Noise on Performance of Fiber-Radio Microcellular System

    Shinichi Miyamoto, Youn-Hyun Park, Shozo Komaki, Norihiko Morinaga

    Technology Reports of the Osaka University   45 ( 2228 ) 187 - 198   2013年06月

  • 秘密分散法に基づくセキュアな無線通信リンクの形成-狭ビーム形成の効果とその弊害-

    山中 仁昭, 宮本 伸一, 三瓶 政一

    研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) ( 一般社団法人情報処理学会 )  2012 ( 13 ) 1 - 8   2012年09月

     概要を見る

    著者らは,プライベートな無線ネットワークにおいて第三者への情報漏洩の危険性を軽減する手法として,送信ノードから受信ノードへ至る複数のパスを選択した後,秘密分散法の考えに基づき,これらのパスへ情報を分散して伝送する手法を提案してきた.提案方式では,送信ノードにアレーアンテナを搭載することを前提に,選択したパスに対して個別に鋭い指向性 (狭ビーム) を形成し,これらの指向性を時間的に切り替えることにより送受信ノード間における分散伝送を実現する.本報告では,アレーアンテナのアンテナ本数を増大させ狭ビームを形成することの効果とその弊害について明らかにする.狭ビームを形成することにより,情報を無線空間内で大きく分散して伝送することができるため,情報の秘匿性を向上することができると考えられる.その一方で狭ビームを形成することにより,送受信ノード間の伝搬利得が減少するため,送信電力が増大する等の電力面における弊害が生じることが懸念される.本報告では,著者らがこれまでに提案してきた指向性制御法を対象に,このような狭ビーム形成の効果とその弊害について計算機シミュレーションによる評価に基づき検証する.The authors have proposed a secure wireless link creation scheme based on a distributed transmission by providing a plural number of separated propagation routes to a destination. In the proposed scheme, the transmitted information is divided into a plural number of "shared information" by a secret sharing method and sent to the destination separately through the different propagation routes with individually controlled antenna directivities. In this article the positive and negative effects of narrow beam creation at the transmitter will be discussed. By creating a narrow beam at the transmitter, as a positive effect, each shared piece of information will be transmitted to a limited area around each selected path which will improve the secrecy of the original information. On the other side, as a negative effect, the transmitted power of each shared signal will be increased. Both effects are evaluated quantitatively and discussed based on a computer simulation.

  • マルチホップ無線ネットワークによる電波環境制御技術

    宮本伸一

    環境電磁工学情報 EMC   231   90 - 105   2008年03月

  • マルチコードならびに雑音観測チャネルを用いたISM帯DS-SSシステムの人工雑音除去法に関する一検討

    ウナーウォン サックダー, 宮本 伸一, 森永 規彦

    電気学会研究会資料. : The Papers of Technical Meeting on Electromagnetic Theory, IEE Japan. EMT, 電磁界理論研究会   1999 ( 55 ) 11 - 18   1999年08月

  • Characteristics of Electromagnetic Disturbance from Microwave Ovens and Interference with Digital Radio Communications systems

    Journal of Communications research Laboratory   42 ( 3 ) 211 - 223   1995年

全件表示 >>

受賞(研究活動に関するもの) 【 表示 / 非表示

  • 近畿情報通信協議会会長表彰

    2021年06月   近畿情報通信協議会  

  • 活動功労章

    2017年09月   電子情報通信学会・通信ソサイエティ  

  • 活動功労章

    2013年09月   電子情報通信学会・通信ソサイエティ  

  • Communications Letters Exemplary Reviewers

    2010年11月   IEEE Communications Society  

  • 活動功労章

    2010年09月   電子情報通信学会・通信ソサイエティ  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 無線LAN保護のための仮想専用チャネル構築法における稼働守衛端末の動的選択法

    山田健志, 宮本伸一

    2021年電子情報通信学会総合大会  2021年03月  

  • 人工雑音環境下での漏洩同軸ケーブルを用いた無線LANのスループット評価

    永山有希, 藤澤健太, 宮本伸一

    2021年電子情報通信学会総合大会  2021年03月  

  • 仮想専用チャネル構築法を用いた無線LANの遅延特性の評価

    藤澤健太, 宮本伸一

    2021年電子情報通信学会総合大会  2021年03月  

  • 移動BSS共存環境における仮想専用チャネル構築法の伝送性能に関する一検討

    山田健志, 宮本伸一

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2021年01月  

  • 複数の周期性バースト雑音環境下におけるアンライセンス無線通信システムの伝送特性とその改善法

    藤澤健太, 宮本伸一  [招待有り]

    電子情報通信学会短距離無線通信研究会  2020年11月  

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 守衛端末装置、アクセスポイント、無線通信装置および送信方法

    出願日: 2016年09月05日 ( 特願2016-172694 )   公開日: 2018年03月15日 ( 特開2018-42013 )  

    発明者: 宮本伸一、難波秀夫、留場宏道、浜口泰弘  出願人: 国立大学法人和歌山大学、シャープ株式会社

  • 制御装置およびISM装置

    出願日: 2016年09月05日 ( 特願2016-172698 )   公開日: 2018年03月15日 ( 特開2018-42015 )  

    発明者: 宮本伸一、難波秀夫、留場宏道、浜口泰弘  出願人: 国立大学法人和歌山大学、シャープ株式会社

科学研究費 【 表示 / 非表示

  • アンライセンスバンドの高度活用を目指した協調型プライベート無線ネットワーク

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    基盤研究(C)  代表

  • 無線分散ネットワークを活用した分散型制御システム理論の構築

    2012年04月
    -
    2017年03月
     

    基盤研究(A)  分担

 

公開講座等の講師、学術雑誌等の査読、メディア出演等 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 iNARTE EMC講習会

    2020年04月
     
     

    一般社団法人KEC関西電子工業振興センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    EMC業務従事者への解説と資格試験対策

  • 2019年度 iNARTE EMC講習会

    2019年04月
     
     

    一般社団法人KEC関西電子工業振興センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    EMC業務従事者への解説と資格試験対策

  • 2018年度 iNARTE EMC講習会

    2018年04月
     
     

    一般社団法人KEC関西電子工業振興センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    EMC業務従事者への解説と資格試験対策

  • 2017年度 iNARTE EMC講習会

    2017年04月
     
     

    一般社団法人KEC関西電子工業振興センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    EMC業務従事者への解説と資格試験対策,日付:2017年7月7日

  • 2016年度 iNARTE EMC講習会

    2016年04月
     
     

    一般社団法人KEC関西電子工業振興センター

     詳細を見る

    公開講座・講演会の企画・講師等

    EMC業務従事者への解説と資格試験対策,日付:2016年7月22日

全件表示 >>

学協会、政府、自治体等の公的委員 【 表示 / 非表示

  • 近畿ワイヤレス研究者ネットワーク 幹事

    2021年03月30日
    -
    2022年03月31日
     

    総務省 近畿総合通信局

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

     関西を活動拠点としてICT分野の研究開発に取り組む研究者の相互交流を促進し、若手研究者の人材育成を推進し、先進的、独創的な電波の有効活用に向けた研究開発等への支援を通じて、地域の活性化を図ることを目的にし、主な活動は、「研究者の交流促進に関すること。」「最新の電波有効利用に関する技術動向の周知啓発に関すること。」「その他目的を達成するために必要な事項に関すること。」

  • 支部運営委員

    2020年06月
    -
    2022年06月
     

    電子情報通信学会 関西支部

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    関西支部・運営委員

  • Technical Program Committee Member

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

    International Conference on Computing, Networking and Communications (ICNC 2020)

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    Technical Program Committee,任期:2020年度

  • Technical Program Committee Member

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

    2020 IEEE International Conference on Communications (ICC'20)

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    Technical Program Committee,任期:2020年度

  • Technical Program Committee Member

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

    ASIA PACIFIC ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY SYMPOSIUM 2020 (APEMC2020)

     詳細を見る

    学協会、政府、自治体等の公的委員

    Technical Program Committee,任期:2020年度

全件表示 >>