YASHIMA Yuji

写真a

Name of department

Faculty of Tourism, Department of Tourism

Job title

Professor

Concurrent post

Faculty of Tourism(Vice Dean)

Mail Address

E-mail address


Education 【 display / non-display

  • 2009
    -
    2011

    Hiroshima University   Graduate School of Social Sciences   博士後期課程マネジメント専攻  

  • 1993
    -
    1998

    Seikei University   Graduate School of Business   博士後期課程  

  • 1991
    -
    1993

    Seikei University   Graduate School of Management  

Degree 【 display / non-display

  • Master of Business Administration

Academic & Professional Experience 【 display / non-display

  • 2016.04
    -
    Now

    Wakayama University   Faculty of Tourism   教授

  • 2013.04
    -
    2016.03

    Kyushu Kyoritsu University   Faculty of Economics   教授

  • 2003.04
    -
    2013.03

    Kyushu Kyoritsu University   Faculty of Economics   助教授/准教授

  • 1999.04
    -
    2003.03

    Kyushu Kyoritsu University   Faculty of Economics   講師

Association Memberships 【 display / non-display

  • JAPAN SOCIETY FOR TOURISM STUDIES

  • The Japan Boki Association(Accounting Theory, Education and Practice Association)

  • 経営行動研究学会

  • 日本会計研究学会

  • THE JAPANESE ASSOCIATION OF MANAGEMENT ACCOUNTING

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & social sciences / Accounting / Management Accounting

  • Humanities & social sciences / Business administration / Tourism

 

Classes (including Experimental Classes, Seminars, Graduation Thesis Guidance, Graduation Research, and Topical Research) 【 display / non-display

  • 2019   Independent Study C   Specialized Subjects
  • 2019   SeminarⅠ   Specialized Subjects
  • 2019   Thesis   Specialized Subjects
  • 2019   SeminarⅡ   Specialized Subjects
  • 2019   Finance   Liberal Arts and Sciences Subjects

display all >>

Satellite Courses 【 display / non-display

  • 2017   NA   Liberal Arts and Sciences Subjects

Independent study 【 display / non-display

  • 2019   LIP那智勝浦町小阪地区,地域の文化や風習の体験、獣害対策、農作業、冊子作りを通じて地域の方々と触れ合い、地域・自分・社会のあり方・つながり方を考える
  • 2019   プロジェクト自主演習,「「和大生×中紀バス」旅行商品企画からツーリズム・サプライチェーン・マネジメントを体験的に学ぶ」
  • 2019   自主演習,「中山間地域における防災対策に与えるコミュニティ形成過程の影響 – 那智勝浦町小阪区の伝統行事に着目して」
  • 2018   LIP那智勝浦町小阪地区
  • 2017   LIP那智勝浦町

Classes 【 display / non-display

  • 2019   Research Methodology in Tourism   Doctoral Course
  • 2019   Thesis   Doctoral Course
  • 2018   NA   Doctoral Course
  • 2018   Accounting for tourism   Master's Course
  • 2018   Research Methodology in Tourism   Doctoral Course

display all >>

 

Research Interests 【 display / non-display

  • Balanced Scorecard

  • Public Private Partnership

  • Destination Management

  • Social enterprise

  • Park Management

display all >>

Published Papers 【 display / non-display

  • 旅行者のリスク態度 - ダイビング旅行選択を事例に -

    水戸康夫,八島雄士

    日本国際観光学会自由論集   ( 3 ) 67 - 72   2019.09

  • Relationship Between Self-enumeration Bias and Earned Units

    水戸 康夫, 進本 眞文, 八島 雄士, 権 純珍

    九州共立大学研究紀要 = Study journal of Kyushu Kyoritsu University ( 九州共立大学 )  7 ( 2 ) 17 - 30   2017

     View Summary

    We made a test on self-enumeration bias in this paper. As the results of out experiment, we foundthat self-enumeration bias existed for the half of examinees and that it was small relatively and aboutone percent. Moreover, we also confirmed that the deflection of answers depended on gender and that itwas affected by the reorganization and behavior for any risk. Since the number of examinees with selfenumerationbias is too large, we show that it is important to study this issue furthermore.

  • A Study on Management for Urban Marathon Race : Approach for the Customer Satisfaction of Race and Effect of Runners Performance

    長野 史尚, 八島 雄士, 磯貝 浩久

    経営行動研究年報 ( 経営行動研究学会 )  ( 25 ) 68 - 72   2016  [Refereed]

  • Case Studies of Management Accounting Systems for Corporate Social Responsibility

    八島 雄士, 権 純珍, 河路 武志

    成蹊大学経済学部論集 ( 成蹊大学経済学部学会 )  46 ( 1 ) 93 - 108   2015.07

  • Purchase of Textbook and the Number of Credit Earing

    水戸 康夫, 八島 雄士, 進本 眞文, 権 純珍

    九州共立大学研究紀要 = Study journal of Kyushu Kyoritsu University ( 九州共立大学 )  6 ( 1 ) 35 - 42   2015

     View Summary

    The purpose of this paper is to clarify the correlation among the number of credit earning,attendance, and purchase of textbook. We set up the hypothesis that attendance for lectures or purchaseof textbook reflect time discount rate and tested weather there is correlation between those factorsand the number of students' credit earning, or not. As the result of our test, there were no significantdifferences about attendance for lectures or purchase of textbook between subjects, whose creditearning is above the average, those, whose it is below the average. Moreover, we found that the markingstandards of some lectures are not adequate by a careful examination of experience.

    DOI

display all >>

Books etc 【 display / non-display

Misc 【 display / non-display

  • The Views of "Inter-local" related to working out rural strategies

    HOSONO Kenji, IWASAKI Shinnosuke, YASHIMA Yuji, LEE Jihyang

    日本マネジメント学会全国研究大会報告要旨集 ( NIPPON ACADEMY OF MANAGEMENT )  ( 68 ) 43 - 46   2013.10

     View Summary

    日本農業の歴史は、中山間地域や島嶼部など厳しい自然条件の不利性を克服してきた歴史でもある。このように高い技術を蓄積してきた日本の農山漁村であるが、近年における経済のグローバル化はこれらの持続性を脅かす状況を生み出している。そこで本研究の目的は、グローバルの対抗軸として「インターローカル」(=農村間連携)という概念を設定し、経済のグローバル化の下で農山漁村の再生戦略を構築するにあたって、この「インターローカル」の概念の有効性を明らかにすることである。「インターローカル」とは筆者が提案している造語であり、ローカル(=農山漁村)の英知を(インターネットのWorld Wide Webのように)対等の関係で共有し、交流・連携を深めていくという概念である。農山漁村の連携によって地域再生戦略の質を高めることで、それぞれの社会経済的状況が底上げされることを期待している。本研究は、2013年1月に広島大学で開催された地域シンポジウム「民泊・体験型修学旅行のいま、これから。」について、その考え方や実施状況、および広島県内で各自治体が個別的に進めてきた民泊・体験型修学旅行受入の取組の変化を検証し、地域再生戦略の構築に与える効果を考察することで、「インターローカル」の基本構造の構築に繋げたい。

  • <Abstracts of Doctor's Theses in 2010>

    八島 雄士

    広島大学マネジメント研究 ( 広島大学マネジメント学会 )  ( 11 ) 135 - 136   2011.03

     View Summary

    広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻 平成22年度博士論文要旨〈学会員の論文要旨のみ掲載〉

  • Perspectives of Balanced Scorecard as a Communication Tool:from the case study of Park Management

    Yashima Yuji

    Annual Conference of JMDA ( Japan Management Diagnosis Association )  2009 ( 0 ) 4 - 7   2009

     View Summary

    Balanced Scorecard is primarily used to manage strategies for achieving the vision of companies and nonprofit organizations. Recently, state and local government finances are tight. Therefore, it is necessary to solve social problems in a way not to depend on government. In this study, I consider a balanced scorecard for a social network from a case study of Park Management. I have three conclusions which is the building of social capital, and establishing management cycles, developing human resources by EQ concept. Social problem is comprehensive. It is applicable to solve the problem from economy of connection.

    DOI

  • A Study of Management Development by the Balanced Scorecard : A Case of College Seminar

    YASHIMA Yuji

    日本経営教育学会全国研究大会研究報告集 ( NIPPON ACADEMY OF MANAGEMENT )  ( 54 ) 77 - 79   2006.10

     View Summary

    本報告は、バランスト・スコアカード(BSC)を、コミュニケーションを促進するためのツールとして位置づけ、その可能性を探求することを目的とする。具体的には、大学の学部ゼミを仮想WEB制作会社とみたて、ゼミ生を、経営担当、デザイン業務担当、プログラム業務担当という形で業務分担する。顧客は、経済学部の教員を想定する。プログラムとしては、ゼミ活動のビジョンを作成し、その実現のための戦略や収入をえるためのサービス内容を検討し、BSCによりアクションに落とし込み、WEB制作業務を実施する。ゼミ生にとっては、このプログラムを体験することによって、経営および運営の経験と知識を体得することができ、知識社会で必要とされるコミュニケーション能力が身につくことが期待される。

  • A Study of Management Development of University

    Yashima Yuji

    日本経営教育学会全国研究大会研究報告集 ( NIPPON ACADEMY OF MANAGEMENT )  ( 50 ) 33 - 36   2004.10

     View Summary

    価値観の多様化や少子化の影響によって、大学における教育および研究は、変革の時期にある。この現象は、大学のみならず、社会および経済自体の知識社会への移行を背景としている。大学の改革に関して、本学会の創立者である山城教授が提唱された「経営教育」の概念および実学一体の研究は、多くの示唆を含んでいる。本報告では、この点を基礎として、大学における経営教育の実践方法を検討する。報告では、知識社会への移行を前提として、野中教授の提唱する「知識創造理論」というコンセプトに基づくモデルを考察する。そのキー概念は知的資本の集積と有効活用である。知識の獲得や創造は人間だけが行える活動である。したがって、知識社会における価値創出源泉は知的資本が中心となる。そのため、自立し、創造力を備えた「人づくり」が、社会の進歩の鍵をにぎる。知的資本は、企業のみならず、大学でもさまざまなところに偏在している。上述した「人づくり」を大学における経営教育によって実現するためには、現に暗黙知となっている大学内の知的資本を形式知へと昇華させ、大学内に流通させる必要がある。形式知化した知識は、デジタル化ができるので、情報技術を活用することができる。このようなモデルを活用することによって、学生が経営教育研究にもとづいた実践を仮想経験でき、知識創造の訓練ができれば、上述した「人づくり」の大きな手助けとなる。この報告は将来の人材育成の啓発の一助たらんとするものである。

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • CSR活動に関する業績評価の現状-聞き取り調査を中心に

    八島雄士, 河路武志, 権純珍

    経営行動研究学会第17回九州部会,別府市,立命館アジア太平洋大学  2014.11  

  • 非営利組織の業績評価をめぐる現状と課題−香川オリーブガイナーズにおけるワークショップを事例に―

    八島雄士, 李只香, 長野史尚, 堀込孝二

    経営行動研究学会第16回九州部会,北九州市,九州国際大学地域連携センター  2014.04  

  • The Views of "Inter-local" related to working out rural strategies

    HOSONO Kenji, IWASAKI Shinnosuke, YASHIMA Yuji, LEE Jihyang

    日本マネジメント学会全国研究大会報告要旨集  2013.10.18   NIPPON ACADEMY OF MANAGEMENT

     View Summary

    日本農業の歴史は、中山間地域や島嶼部など厳しい自然条件の不利性を克服してきた歴史でもある。このように高い技術を蓄積してきた日本の農山漁村であるが、近年における経済のグローバル化はこれらの持続性を脅かす状況を生み出している。そこで本研究の目的は、グローバルの対抗軸として「インターローカル」(=農村間連携)という概念を設定し、経済のグローバル化の下で農山漁村の再生戦略を構築するにあたって、この「インターローカル」の概念の有効性を明らかにすることである。「インターローカル」とは筆者が提案している造語であり、ローカル(=農山漁村)の英知を(インターネットのWorld Wide Webのように)対等の関係で共有し、交流・連携を深めていくという概念である。農山漁村の連携によって地域再生戦略の質を高めることで、それぞれの社会経済的状況が底上げされることを期待している。本研究は、2013年1月に広島大学で開催された地域シンポジウム「民泊・体験型修学旅行のいま、これから。」について、その考え方や実施状況、および広島県内で各自治体が個別的に進めてきた民泊・体験型修学旅行受入の取組の変化を検証し、地域再生戦略の構築に与える効果を考察することで、「インターローカル」の基本構造の構築に繋げたい。

  • Perspectives of Balanced Scorecard as a Communication Tool:from the case study of Park Management

    Yashima Yuji

    Annual Conference of JMDA  2009   Japan Management Diagnosis Association

     View Summary

    Balanced Scorecard is primarily used to manage strategies for achieving the vision of companies and nonprofit organizations. Recently, state and local government finances are tight. Therefore, it is necessary to solve social problems in a way not to depend on government. In this study, I consider a balanced scorecard for a social network from a case study of Park Management. I have three conclusions which is the building of social capital, and establishing management cycles, developing human resources by EQ concept. Social problem is comprehensive. It is applicable to solve the problem from economy of connection.

  • A Study of Management Development by the Balanced Scorecard : A Case of College Seminar

    YASHIMA Yuji

    日本経営教育学会全国研究大会研究報告集  2006.10.27   NIPPON ACADEMY OF MANAGEMENT

     View Summary

    本報告は、バランスト・スコアカード(BSC)を、コミュニケーションを促進するためのツールとして位置づけ、その可能性を探求することを目的とする。具体的には、大学の学部ゼミを仮想WEB制作会社とみたて、ゼミ生を、経営担当、デザイン業務担当、プログラム業務担当という形で業務分担する。顧客は、経済学部の教員を想定する。プログラムとしては、ゼミ活動のビジョンを作成し、その実現のための戦略や収入をえるためのサービス内容を検討し、BSCによりアクションに落とし込み、WEB制作業務を実施する。ゼミ生にとっては、このプログラムを体験することによって、経営および運営の経験と知識を体得することができ、知識社会で必要とされるコミュニケーション能力が身につくことが期待される。

display all >>

Research Exchange 【 display / non-display

  • 宿泊業における管理会計情報の構築に関する研究

    2020.04
    -
    2021.03
     

     Joint research

  • 「都市間関係の新たな展開の探索:震災からの学びとパンデミック後の復興と持続へのチャレンジ」(和歌山大学国際観光学研究センター・研究支援プログラムA)

    2020.04
    -
    2021.03
     

     Joint research

  • 「訪日旅行者をターゲットとするスポーツ参加の商業化によるコミュニティ開発:ゼネラルマネジャーの役割変容に着目したアクションリサーチ」(和歌山大学国際観光学研究センター・研究支援プログラムB)

    2019.04
    -
    2020.03
     

     Joint research

  • 観光目的地の競争優位性:訪日客の増加を契機とするDMOマネジャーの役割の変容

    2019.04
    -
    2020.03
     

     Joint research

  • 「観光目的地の競争優位性 – DMOマネジャーの役割に着目して」(和歌山大学国際観光学研究センター・研究支援プログラムB)

    2018.04
    -
    2019.03
     

     Joint research

display all >>

KAKENHI 【 display / non-display

  • 農業外企業の事業活動が中山間島しょ部における農業・農村の持続性向上に与える効果

    2020.04
    -
    2023.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Co-investigator

  • 観光目的地の競争優位性:訪日客の増加を契機とするDMOマネジャーの役割の変容

    2019.04
    -
    2022.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(B)  Principal investigator

  • CSR活動への継続的投資を促進する管理会計システムの導入研究:銀行業を中心に

    2015.04
    -
    2018.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Principal investigator

  • パフォーマンス発揮を可能にする陸上競技会マネジメントモデルの構築:時間に着目して

    2014.04
    -
    2017.03
     

    Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research  Co-investigator

  • ネットワーク型ビジネスモデル:農村型コミュニティビジネスの価値創出要因と課題

    2014.04
    -
    2017.03
     

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  Co-investigator

 

Committee member history in academic associations, government agencies, municipalities, etc. 【 display / non-display

  • 専門委員

    2020.02
    -
    2020.03
     

    独立行政法人大学改革支援・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    専門委員,任期:2020年2月~2021年3月

  • 委員

    2017.08
    -
    2019.03
     

    「福岡市立霊園における合葬墓等構想委員会」

     View Details

    国や地方自治体、他大学・研究機関等での委員

    委員,任期:2017年8月~2019年3月